ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

ニュース

自民福田副大臣が離党!理由は?安倍政権内部崩壊か!

投稿日:

Advertisements

安倍総理による”解散表明”を25日に控え、政権の足元が揺れています。現職の副大臣が自民党を離党する考えを明らかにしましたほか、安倍総理と関係が深い中山恭子参院議員も午後、小池都知事と会談して新党への参加を表明しました。

24日朝、若狭氏と共に記者会見に現れたのは自民党に所属する福田峰之衆院議員です。福田氏は安倍政権を支える現職の副大臣で、さらには安倍総理の盟友・麻生副総理の派閥に所属しています。

次々に安倍総理の周囲が離党を表明し始めました。民進党に続き、内部崩壊へと突き進むのでしょうか・・・?

 

福田峰之プロフィール

  • 生年月日:1964年4月8日(53歳)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 出身校:立教大学社会学部産業関係学科
  • 前職:亀井善之衆議院議員秘書
  • 所属政党:自由民主党(麻生派)
  • 選挙区:比例南関東ブロック(神奈川8区)
  • 当選回数:3回
  • 在任期間:2005年9月11日ー2009年7月21日 2012年12月19日ー現職

福田峰之略歴

神奈川県横浜市生まれで、東京学芸大学付属世田谷小学校、東京学芸大学付属世田谷中学校、神奈川県立白山高等学校、立教大学社会学部産業関係学科卒業を卒業しています。

1999年、横浜市会議員選挙に出馬し、初当選しました。2003年、横浜市議会員に再選し、2005年、6年4ケ月で市議を辞職しました。同年第44回衆議院議員総選挙に神奈川8区から自由民主党公認で出馬し、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活当選しました。

2009年の第45回衆議院議員総選挙では、比例復活にもならずに落選。

2012年、第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で神奈川8区から出馬し、比例南関東ブロックで復活当選しました。

2017年8月、第3次安倍第3次改造内閣で、内閣府副大臣に任命されました。

2017年9月24日、記者会見を行い、自民党を離党して若狭勝氏、細野豪志氏らが結成する新党へ参加する意向を表明しました。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%B3%B0%E4%B9%8B

福田副大臣の離党理由は

まず、福田副大臣の略歴を見ていても、あまり選挙に強い方とは言えないですよね。なのに、なぜ、安倍政権の元、内閣府副大臣を務めていたのでしょうか?

それは、スバリ「知名度を上げるため」と言われています。

また、同じ神奈川8区には江田憲司氏がいてなかなか勝てない状況にあります。直近でも比例で復活当選していますが、江田憲司氏が圧倒的に強いです。

なので、離党の一つの理由は選挙区を変えるという理由があるのかもしれないですね。

ただ、福田副大臣、甘利氏や麻生太郎副総理財務相にも断りを入れていなかったので、いきなりの鞍替えで、かなり上層部の反感を買っているのが現状です。

しかも、菅義偉官房長官も気にかけていたそうですが、その最中での離党という事でかなり自民党内部はお怒り状態となっているそうです。

小池新党では都心を中心に候補者を擁立するようで、福田峰之氏は都心でなら優位に選挙戦を戦えると考えたのでしょうかね?

また、自民党の「支部長選出規定」が関係している可能性もあります。

自民党は2日の役員会で、次期衆院選の候補者内定を意味する支部長選びで、新たな基準を導入することを決めた。直近の衆院選で2回以上連続して選挙区で敗れ、比例代表で復活当選した議員は暫定的な支部長とし、党員獲得などが不十分なら差し替えを検討する。競争原理を導入し、組織の引き締めを図る。

と発表されました。福田副大臣は3回選挙に出馬して、3回とも選挙区で敗北しています。

また、小池氏と福田氏は環境関連の議連を通じて親交があったといわれています。

他にも選挙区情勢が厳しかったり、小池氏や若狭氏と接点を持ったりしている自民党議員は他にもいるとの見方もあり、党内からは「同調者が出るか、今は誰にも分からない」と不安の声も漏れています。

まとめ

安倍政権の現職の副大臣がいきなり離党で鞍替えは、周囲も気にかけていた議員だけに相当ショックが大きいと思われます。

自民党執行部は「ドミノ」を防ぐため、次に離党の動きがあれば対抗馬を擁立するなど厳しい姿勢で臨む方針です。

さぁ、いよいよ衆議院議員総選挙がおもしろくなりそうですね。

Advertisements

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「電波子17号」こと徳永美穂が大学生と駆け落ちをした理由とは?

41歳の主婦と21歳大学生の“駆け落ち”が芸能界に波紋を広げています。駆け落ちが明らかになったのは、主婦の家族が捜索のためにSNSを通じて情報提供を呼びかけたのがきっかけでした。 この主婦というのが実 …

3度目のノミネートでアカデミー賞を受賞した辻一弘の特殊メイクの技術力とは?

第90回アカデミー賞授賞式が現地時間3月4日(日本時間3月5日)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催され、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で主演ゲイリー・オールドマン氏の …

練習の虫だった宇野昌磨選手が身長が低い理由とは?

初めての五輪を、他と変わらない一つの大会ととらえて無心に戦い抜いた宇野昌磨選手。2006年トリノ五輪女子金メダルの荒川静香さんと同じ演目の「トゥーランドット」を演じきりました。その結果、転がりこんでき …

日本における巡航ミサイル「トマホーク」の必要性とは?

政府は、地上の目標を攻撃できる巡航ミサイルを開発する方向で検討に入りました。 防衛省が2018年度から研究を始める予定の対艦ミサイルに対地攻撃能力の付加を計画しているもので、日本が対地巡航ミサイルを本 …

慶応義塾大学は犯罪隠蔽体質の大学なのか?

立場を利用して女子学生を「洗脳」し、不倫関係に・・・慶応義塾大学総合政策学部の奥田敦教授(57)が同大2年生のSさん(21)に接近し始めたのは昨年の10月のことでした。 以降、Sさんはサークルを辞め、 …

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク