ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

若手注目女優の浜辺美波がブレイクしたきっかけとは?

投稿日:

Advertisements

女優の浜辺美波さんが1日、Twitterを開設し、記念すべき初投稿として15日よりスタートとなる日曜ドラマ「崖っぷちホテル!」(日本テレビ系、10:30~)の岩田剛典さん、戸田恵梨香さんらそうそうたる顔ぶれと並んだ集合写真を公開しています。Twitter開設を喜ぶ声が続々寄せられているようです。

そんな浜辺美波さんのブレイクしたきっかけについて調べてみました。

浜辺美波プロフィール

  • 生年月日:2000年8月29日(17歳)
  • 出身地:石川県
  • 血液型:B型
  • 身長:155cm
  • 職業:女優
  • 所属事務所:東宝芸能

浜辺美波略歴

2011年、第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』に応募、ニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。東宝芸能のシンデレラルーム所属となる。同年公開の映画『アリと恋文』主演で女優デビュー

2015年、5月25日に1st写真集『瞬間』を発売。同年9月21日放送のスペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の本間芽衣子を演じて注目される

2016年、小林立の人気麻雀漫画『咲-Saki-』の実写ドラマ化作品で主人公・宮永咲を演じた。連続テレビドラマ初主演 

2017年、住野よるのベストセラー小説『君の膵臓をたべたい』の実写映画にてヒロイン・山内桜良を演じた。同作で第42回報知映画賞新人賞、第30回日刊スポーツ映画大賞新人賞(『亜人』とあわせて)を受賞。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E8%BE%BA%E7%BE%8E%E6%B3%A2

浜辺美波がTwitter開設

「浜辺美波です! Twitterを始めてとみようと思います。 マネージャーさんと二人体制で、これまで以上に情報を伝えられればなと思います!」の書き出しとともに、本写真を投稿した浜辺美波さん。写真には、謎の訪問客・宇海役の岩田剛典さんをはじめ、戸田恵梨香さん、中村倫也さん、くっきー(野性爆弾)さん、チャド・マレーンさん、佐伯大地さん、鈴木浩介さん、西尾まりさん、宮川大輔さん、りょうさん、渡辺いっけいさんら破産寸前の元高級ホテルの従業員たちにふんする面々がズラリと並んでいます。

「そして、、昨日の「崖っぷちホテル!」撮影中Twitterを始めるとお知らせしたら、わざわざ集まって写真を撮らせてくださいました ありがとうございます!美波」と共演者たちがTwitterに投稿する写真のために浜辺美波さんに協力したことを明かしました。

投稿の日付に4月1日とあるため、エイプリルフールのサプライズではないかという疑問も上がっていましたが、所属事務所である東宝芸能に取材したところ公式Twitterであることを確認。ファンからは「開設おめでとうございます」「キタァァァァー!!!この日を待ってました!」「自分のペースで投稿していってください!」「美波さんらしい素敵なツイート楽しみにしてます」と歓迎、エールの嵐でした。また、撮影に協力したドラマの共演者たちへの「皆さん優しい素晴らしいメンバーですね」といった声も見られました。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000004-flix-movi

そんな浜辺美波さん次々と映画やテレビで主演しており、注目されている女優さんの一人です。そんな浜辺美波さんの人気の理由を調べてみました。

浜辺美波のブレイクしたきっかけとは?

浜辺美波が『しゃべくり007』の登場

3月26日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、女優の浜辺美波さんが出演しました。「尖りまくっていたオーディション」など意外な過去が語りました。浜辺美波さんは、過去に沢口靖子(52)さんや長澤まさみ(30)さんがグランプリを獲得した『東宝シンデレラオーディション』にて2011年にニュージェネレーション賞を受賞して芸能界入りしています。プロダクション「東宝芸能」に所属し、さまざまな映画やドラマに出演してきましたが、特別枠なわけではなく、新人である以上はオーディションを受けて役を獲得していくのが通例です。

現在17歳の浜辺美波さんは、高校入学を機に地元の石川から上京し、家族と離れて寮生活を送っているといいます。

上田晋也(くりぃむしちゅー)は「寂しくなかった?」と尋ねますが、浜辺美波さんは「ホームシックにもならなくて、向いてるのかな? こっち(東京)の方が」と答えました。

だがその生活ぶりについて聞いていくと「友達とあまり遊びに行かない」「原宿、渋谷とか(行ったこと)まだないです」など意外な一面が判明したのです。

「気になりはするんですけど、あと一歩が踏み出せなくて」と、浜辺美波さんがそういった街に行ったことがない理由を話すと、思わず上田晋也さんは「東京、向いてないと思うよ」とバッサリ切り捨てました。

さらに学校の友達も連絡先を知っているのは二人しかおらず、「カラオケは一人で行きます」。家で一人でいることが好きで「カーテン閉めて、暗くしたりするのが好きで、落ち着く」と明かしました。

浜辺美波さんは笑顔でエピソードを話すものの、上田晋也さんは「ちょいちょい気を使う」「このままけがれないでほしい」と、17歳の浜辺美波さんを心配していました。

そんな浜辺美波さんに視聴者は「媚びてなくていい」「大人っぽくて落ち着いている」「ピュア」「かわいい」など、SNSで盛り上がりをみせたのです。

浜辺美波のブレイクしたきっかけとは?

そんな浜辺美波さんが一躍脚光を浴びたのは、2015年に放送されたアニメを実写化したドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(フジテレビ系)で演じた“めんま(本間芽衣子)”という重要な役どころで瑞々しい存在感を発揮してからでした。

その後も『咲-Saki-』(TBS系)や『賭ケグルイ』(TBS系)など立て続けにアニメや漫画の実写化作品で主演に抜擢され、「ドラマの出来はともかく主人公は可愛い!」「主役の子の透明感がすごい」と話題になったのです。

いずれの作品も原作ファンが多く実写化を嫌悪する声は少なからずあったが、「浜辺美波が主演ならアリ」と原作ファンも納得せざるを得ない魅力を放っていました。

なお、『賭ケグルイ』の監督を務めた英勉監督は浜辺美波さんの演技について「急にやるというか、急にトップスピードになる」「カメラが回っていない普通の時と、女優魂のスイッチが入る時の切り替えの差があるというか、ギャップがあって、そこはすごく面白い」と評価しています。

現在17歳の浜辺さんの大きな魅力は、見る者を画面に引きつけてやまない、年齢に不釣り合いなほどの「圧倒的なヒロイン感」と言われています。その部分が顕著な形で表れたのが「賭ケグルイ」での蛇喰(じゃばみ)夢子役。女子高生の可愛らしい面を見せたかと思えば、ギャンブルに興奮した時はまさに「賭け狂う」表情を見せ、卑劣な手を使う敵には冷酷に振る舞う……と浜辺美波さんの美少女ぶりと相まって、まさにハマり役となりました。

彼女がさらにブレイクしたのは昨年の大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』でのヒロイン・山内桜良役が大きいでしょう。鑑賞者からは「自然で等身大の演技が心に響いた」と称賛する声が続出しましたが、素の浜辺美波さんとヒロインの性格は全然違い役作りに苦戦した……と彼女は明かしています。苦労して作り上げた甲斐あってか、同作の演技で「第41回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞しました。“ポスト広瀬すず”の呼び声も急速に高まってきています。

浜辺美波の女優魂

浜辺美波さんのなり切りぶりを可能にする「女優スイッチ」。確かに浜辺美波さんを見ていると、役に対してのためらいが一切無いように見受けられます。だからこそ『君の膵臓をたべたい』で演じた桜良のような、重い膵臓病を患いながら明るく振る舞い、それでいていつ命が消えてもおかしくない、危うげではかないヒロインから、「賭ケグルイ」の夢子まで、幅広いキャラクターを自分のものにできているのかもしれません。

どんな役にも染まれる女優魂、自分の中に取り込むことが可能であることが、浜辺美波という女優の特筆すべき点と言えるでしょう。「賭ケグルイ」はもちろん、2015年放送のスペシャルドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(フジテレビ系)、ドラマと映画双方で主演を務めた「咲-Saki」といったマンガやアニメの実写作品での演技が原作ファンの批判の的になっていないのも、その証拠でしょう。

浜辺美波さんご自身もマンガやアニメの実写版について「どれくらい原作に寄せるかが重要」と常に考えているようです。「賭ケグルイ」については「ぎりぎりコスプレにならない作品ということでした。衣装を着ると、引き締まるところもありますね。普段とは全然違う髪形ですし、メークをしていて、やるぞ!という気持ちになります」と振り返っています。

浜辺美波の二面性の魅力

浜辺美波さんは、みずみずしさと透明感を併せ持つ正統派の美少女ですが、そこにとどまろうとしないのも女優としての魅力となっています。アイドルや女優に詳しいライターの風間直人さんは、浜辺さんを「超正統派」と位置付けながら、「実際に取材をしてみると、そんなイメージとは裏腹に、ふと無表情になった時には妖艶さや冷たさを感じ、芝居で見せる鋭い目つきや不敵な笑みなど、ただ可愛くて演技がうまい若手女優という枠に収まらない奥深さを感じます」と印象を語っています。

更に「清純さと妖艶さ、柔らかさと鋭さ、無邪気さと不気味さと、天使のオーラをまとった小悪魔のような、極端なまでの二面性を備え、芯の強さ、真っすぐさ、表情表現の素晴らしさなど、計り知れない魅力にあふれていて、今最も目が離せない女優さん」と断言しています。

参考:https://mainichi.jp/articles/20180309/dyo/00m/200/009000c

浜辺美波が「崖っぷちホテル!」で新人パティシエに挑戦

そんなブレイク女優の浜辺美波さんは、4月15日スタートのドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)では、空気の読めない若き新人パティシエに扮しています。

本作の舞台は、かつて栄華を誇りながらも、現在では負債総額3億円に迫る破産寸前のド底辺ホテル。超絶ラフでホテルに似つかしくない風貌の男・宇海直哉(岩田)が客として現れ、次から次へと破天荒な注文をつけ始めたことから、さまざまな奇跡が起こっていきます。劇中に登場するロケーションは客室、ロビー、プレイルーム、レストランなど、全てがホテルの敷地内のみです。“クセ者”だらけのキャラクターが集うシチュエーションコメディとして描かれています。

日本テレビ連続ドラマレギュラー初出演となり、社会人役に初挑戦する浜辺美波さん。「料理人の役と聞いて『料理ができないから頑張ろう!』と最初に思いました。空気が読めない役で、人との距離感がおかしくて、どんどん相手に踏み込んでいってしまう部分があると聞いて、人との距離感や常識というものを忘れて演じたいと思いました」「毎回身軽な気持ちで現場に挑んでいきたいと思います」と意気込みは十分です。

同ドラマの宣伝でしばらくは日テレ系バラエティに出ずっぱりの浜辺美波さんですが、3月24日放送の『メレンゲの気持ち』では、「揚げ物命」で大好きな鶏のから揚げを朝イチで食べたり、コンビニレジ横のホットスナック(コロッケやアメリカンドックなど)が大好きだったりという、“透明感”と対極の食の趣味を明かして盛り上がりました。

映画やドラマで女優魂で振り切った演技を披露してくれている浜辺美波さんとのギャップがまた彼女の魅力であることは間違いなさそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今話題の女優さんである、浜辺美波さんのブレイクのきっかけについて調べてみました。女優さんとしての演技もさることながら、やはり見た目が透明感があり、可愛いということで瞬く間に大人気になっています。

まだまだこれから浜辺美波さんの快進撃が続きそうですね。今後の浜辺美波さんの活躍に注目です。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Sexy Zoneの”キラキラ王子”中島健人がスーパーアイドルと言われる理由とは?

2011年、帝国劇場で一輪のバラを持ち、平均年齢14.4歳のジャニーズ最年少グループとしてとしてメジャーデビューを果たしたSexy Zone。その中で、最年長メンバーとして活躍しているのが中島健人(2 …

宮根誠司の子供は全員で何人なのか?

「宮根さんの娘さんが都内の有名私立小学校をお受験し、見事合格しました。来年4月からは奥さんと娘さんは東京で生活することになりますが、大阪で『ミヤネ屋』の生放送がある宮根さんはこちらに残り、独り暮らしに …

中村仁美が結婚生活に不満爆発?鬼嫁エピソードとは?

2月14日放送の「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に元フジテレビアナウンサーの中村仁美さんがゲスト出演しました。大竹一樹(さまぁ~ず)との夫婦生活について明かしました。 …

市川海老蔵の娘の受験した小学校とは?

市川海老蔵(40)さんの長女麗禾(れいか)ちゃん(6)が来年1月の東京・新橋演舞場「初春歌舞伎」(3~26日)の夜の部「日本むかし話」で幼少かぐや姫役で出演することが10日、分かりました。 麗禾ちゃん …

小泉今日子が熱愛を認めた豊原功補との再婚の可能性は?

女優の小泉今日子(51)が所属事務所から独立したことが1日、分かりました。15年に設立した制作会社サイトで発表しました。 小泉今日子さんは「私、小泉今日子は2018年1月31日をもちまして永年お世話に …

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサーリンク