ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

ニュース 社会

橋本元神戸市議詐欺罪で逮捕の可能性は?

投稿日:2017-09-15 更新日:

Advertisements

元神戸市議の橋本健(37)氏による、政務活動費(政活費)の不正受給問題で、市議会は13日、政活費計約910万円だまし取ったとする詐欺罪で、橋本氏に対する告発状を兵庫県警に提出、県警は受理しました。

告発状では、橋本氏は市政報告ビラの印刷代として虚偽の収支報告書を市議会に提出し、平成22~26年度に政活費計約910万円をだまし取ったとしています。橋本氏は、所属していた自由党市議団などの調査に不正を認めています。

今回詐欺罪に相当するわけですが、逮捕の可能性はあるのでしょうか?調べてみました。

橋本健プロフィール

  • 生年月日:1980年2月16日(37歳)
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 血液型:A型

 

橋本健略歴

1980年2月16日に神戸市東灘区に生まれ、1981年からは、ポートアイランドの方で、幼稚園と小学校の途中までに通われていたようです。次には、西神ニュータウンの方で、小学校、中学校、高校まで通っています。

2005年には大阪大学歯学部を卒業し、歯科医師免許を取得しています。

ちなみに、大阪大学の歯学部の偏差値は60でやや難関です。国内最難関の東京医科歯科大学の歯学部の偏差値62と共に、歯学部ではトップクラスの大学ですね!

学生時代に塾を主宰されて、高校生向けに受験指導をしていました。その際に抱いた教育行政への疑問が、政治家を目指す原点になられたようです。

参考:http://www.hashimoto-ken.com/profile.html

橋本健架空領収書疑惑

今回報道されているのが、橋本元市議自身の政治活動を有権者に知らせるための「ハシケン通信」という政策チラシになります。

この「ハシケン通信」を発注、支払いにいくつかの疑惑が生じています。

2010年~14年の5年間で計12回発行しているこのチラシですが、そのうち8回、合計56万5000部を「大林印刷」という印刷業者に発注し、720万5330円の「政治活動費」を支払っています。

しかし、この「大林印刷」はネットで探しても存在せず、謄本もないので、個人商売とも考えられますが、存在は未確定のままです。

その「大林印刷」の領収書を書いたとされる方によると、橋本氏に頼まれ2015年頃まで、よくわからないまま印刷業務の実体のない請求書や領収書を渡していたとのことで、橋本氏よりお金をいただていたというような事実はなかったようです。

また、橋本市議がこの領収書問題を隠蔽する方向のメールも送っていたことが判明しました。

もう言い逃れできない状況ですね。

橋本健診療報酬不正請求疑惑

また、もう一つの不正請求疑惑が診療報酬不正請求疑惑です。

橋本元市議は、元々歯科医です。2012年には「神戸中山手歯科」を開業しています。

患者には友達も多く、神戸市議や自民党の関係者も患者としてきていました。その友人たちには患者が負担すべき診療費を奢ってあげていたということです。

また、実際はやってもいない診療をやったとカルテに書き、診療報酬を水増しした額を、社会保険事務所や国保連合に提出していたのです。

診療費を奢ってもらっていた友人や市議たちは、「タダだからまた行こう。定期的に行っても良いかも」と思うわけで、まさに詐欺の常習犯ですね。

この場合の処置としては、

  1. 戒告
  2. 医業停止・歯科医業停止(最長3年間)
  3. 免許取り消し(一生医者や歯科医には戻れません)
  4. 保険医取り消し(厚生労働省による処分で最長5年間)

となり、橋本元市議の場合は、2と4が濃厚です。

詐欺罪での逮捕は?

比較的記憶に新しい事件では、あの号泣会見で有名な元兵庫県議の野々村竜太郎氏ですが、今回と同じく政務活動費の不正受給をしました。その際には詐欺罪で起訴され、懲役3年、執行猶予4年の判決が出ています。野々村氏は逮捕されず、在宅起訴となりました。というのも、利息も含めた1800万のお金を返金していたからです。

その流れでいうと、橋本元市議も全額返金すれば、逮捕ではなく在宅起訴という流れになり、執行猶予付きの判決になりそうですね。

 

まとめ

一見爽やかなそうな外見とは裏腹に、せこい内容のことばかりしていました。それが本当ならば、許されないことです。

有権者、家族、全てが裏切られた感は否めません。血税の重さを受け止め、深く反省して頂きたいと思います。

 

<追記>

政務活動費(政活費)約690万円をだまし取ったとして、詐欺罪で2月に在宅起訴された元神戸市議の橋本健被告(38)について、神戸地裁は初公判を9月21日午後2時から開くと決めた。橋本被告は昨年夏、自民党の今井絵理子参院議員との不倫疑惑や政活費の不正受給問題が発覚。昨年8月に市議を辞職後、公の場に姿を見せておらず、法廷での発言が注目される。

起訴状などによると、同被告は在職中の2011~14年度の政活費について、市政報告の制作発注費名目などの架空の領収書を添付した虚偽の収支報告書を作るなどし、計約690万円を詐取したとされる。

当時の所属会派「自民党議員団」による昨年9月の聞き取り調査に橋本被告は不正を認め、不正受給分として約910万円を市に返還した。兵庫県警は2月、政活費約1300万円を詐取したとして詐欺容疑で書類送検。神戸地検は詐取した額を絞り込んで在宅起訴した。

神戸市会の政活費を巡っては2月、詐欺罪に問われた会派「自民党神戸」(解散)の元市議3人に神戸地裁が有罪判決を言い渡し、確定している。

参考:https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201809/0011630304.shtml

Advertisements

-ニュース, 社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「健康格差」の原因と改善法とは?

本来、医療は誰にとっても平等であるべきです。しかし現実は違います。お金がある人は手厚い医療を受け長生きし、低所得者はお金も時間もないから病院に行くことすらしません。残酷な「健康格差」の実態に迫ります。 …

クロネコヤマトの強さの理由は「ボトムアップ」にあり。

1976年、ヤマト運輸が提供する「宅急便」サービスが産声を上げました。それから40年、その歴史の中には数々のヒットのヒントが隠されています。 1948年入社、1971年にヤマト運輸2代目社長に就任した …

小泉進次郎が東京10区で応援演説!~若狭勝を封じ込める~

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は21日、小池氏のかつての地盤で「打倒百合子」の象徴となる東京10区の東京都中野区、練馬区、豊島区に計3時間張り付き、自民党公認候補への支持を訴えました。 早朝から山形県 …

「テレビ金沢の暴れ馬」馬場ももこアナウンサーの破天荒なエピソードとは?

読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」でアシスタントを務める林マオアナウンサーが14日、同局系「行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美女3時間!高橋一生ドッキリに一同騒然」に出演し、夫が「ミヤネ屋」の …

マンションの大暴落が始まる!要注意エリアはどこ?

地価上昇などを反映して首都圏の新築マンションの販売価格が高騰する中、東京23区内では東部や北部の「城東、城北エリア」の人気が高まっています。このエリアは利便性に優れながら比較的地価が安く、割安な価格で …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク