ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

東尾理子が不妊治療で第3子妊娠するもアンチが多い理由とは?

投稿日:2017-11-07 更新日:

Advertisements

タレントでプロゴルファーの東尾理子(41)さんが第3子を妊娠したことが7日、分かりました。ABCテレビの報道情報番組「キャスト」でご本人が生報告しました。

番組終盤には、東尾理子さんは「実は新しい命を授かりました」とサプライズで生報告しました。第3子妊娠に「私もびっくりしているんですけど・・・」とはにかみました。

出産時期については、「来年の4月に予定しています」と明かし、「主人にはもう少し働いてもらわないといけない」と共演者を笑わせました。「ここが初発表ですよ!」と念を押すと、スタジオからは歓声が上がりました。

そんな東尾理子さんですが、アンチが批判が多いようで、理由を調べてみました。

東尾理子プロフィール

  • 名前:東尾理子(本名:石田理子)
  • 生年月日:1975年11月18日(41歳)
  • 出身地:福岡県福岡市
  • 所属:サーフビバレッジ

東尾理子略歴

父・修と母(一般人)の間に生まれる。父・修が西鉄・太平洋・クラウンライラーライオンズの投手だったため、福岡県で生まれた。一人っ子。

ゴルフ愛好家の父と、アマチュアながらあまたの女子ゴルフ大会に参加していた母の影響から、理子自身も8歳からゴルフを始めた。ライオンズはその後西武鉄道が買収し、埼玉県へ移ったが、理子自身は中学入学時から上京。帝京高等学校入学後、ゴルフ部を発足させてキャプテンを務める。2年生の時に日本女子アマチュアマッチプレー優勝。

1994年に日本大学へ進学。全米女子アマにおいてベスト8入りを果たす。

1995年にフロリダ大学へ留学。「アカデミック・オールアメリカン」、「ダイナ・ショア・アワード」を受賞。1998年5月、フロリダ大学心理学科卒業。

1999年に日本女子プロゴルフ協会のプロテストを合格し、プロゴルファーとなる。同じ1999年、アメリカフュチャーズツアー優勝。2003年11月大王製紙エリエールレディスオープン準優勝。

2009年7月、新聞報道を受けて石田純一との交際を自身のブログにて認め、同年9月29日の「ロンドンハーツ」で石田と2010年春に結婚することを発表した。

2012年11月5日には、石田純一との間に男児理汰郎が誕生した

2015年8月31日、第2子妊娠を報告、2016月3月24日に女児を出産。2017年11月7日、第3子妊娠を報告

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%B0%BE%E7%90%86%E5%AD%90

ママスタで東尾理子のアンチスレッド

実は、東尾理子さんですが、「ママスタ」という「ママ向けコミュニティスタジアム」のサイトでは同じママ同士、意見交換などをしており、東尾理子さんはこのサイトでかなり批判されてしまっているようです。

アンチスレッドが存在する?

東尾理子さんといえば、石田純一さんと結婚をし話題になった後、「不妊治療」を行い第一子の理汰朗君を出産したことで有名ですが、頻繁に更新されるブログの内容や写真について同じ「ママ」達からかなりの批判を受けています。

なんとママスタには東尾理子さんの「アンチスレッド」が存在しているようです。

内容としては似たり寄ったりなのですが「不妊治療」に対することや「子育て」に関する内容が多いようです。同じ母親として、不妊治療を公にすることや、生まれて間もない息子をブログに頻繁に載せることに対する批判が多いようでした。

今回の第3子妊娠に関しても早くもコメントが続々届いているようです。

「今回は安定期まで報告を黙ってられたんだね。もしかして、あまり嬉しくない妊娠だった?」

「都知事事件から干され気味って記事みたから話題作りで焦ったのかもね」

「我が家は9年治療したけど、お金がなくて治療を諦めざるを得なかった。
流産もしたし、結局は産めなかった。辛いです…
ってことを夏のお茶会で話したんだんよね。
その時すでに妊娠判明してたんだね。
今まで、治療のすべてを公表してたんだから、言ってくれてもよかったのに…
なんか複雑…
その時具合悪いって言ってたから、風邪だと思ってた。
悪阻だったんだね。
お金があるって羨ましい。」

参考:http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=2060612

となかなか見ていると辛辣な言葉が飛び交っております・・・。私は東尾理子さんのブログには、不妊治療に関すること、お子さんに関すること、かなりの数アップされていました。中には、見る方によっては気分を害する内容もあるのでしょう。ありのままに発信されていることが、アンチスレッドまでたってしまう理由の一つなのかもしれません。

「りえちゃん」という女性の存在

長男・理汰朗君を出産しママとなった東尾理子さんですがテレビ番組や講演などのお仕事で日々多忙に過ごされているようです。そんな中、頻繁に更新される東尾理子さんのブログに「りえちゃん」という謎の女性が度々登場しているようです。

東尾理子さんのブログ購読者の中では有名のようで、どうやら東尾理子さんの「いとこ」のようですね。そして東尾理子さんの実家に10年以上も同居しているようです。

東尾理子さんがゴルフの日本ツアーに出ていた時はキャディーをしていた事もあったようで、東尾理子さんにとってはただの「いとこ」ではなく家族同然の存在なのでしょう。

そして東尾理子さんが仕事で家を空けるときなどは「りえちゃん」に子守を任せているようです。ご自身のブログでも「りえママ」と綴る程、理汰朗君はなついており、なんと東尾理子さん抜きでりえさんと理汰朗君二人で出かけることもよくあるようです。

そんなこともあり、「子育てしていない」「産むだけ産んで・・・」などど批判されています。これもアンチが多い理由の一つでしょう。

東尾理子さんのブログ→https://ameblo.jp/riko-higashio/

不妊治療というデリケートな問題

不妊治療を公開している芸能人の方は、矢沢心さん、保田圭さん、川崎希さん、加藤貴子さん、大島美幸さん、はしのえみさん、杉山愛さんなど、名前を挙げたらきりがないくらいの方が不妊治療をされています。

「不妊治療」を公開するのは個人の自由ですが、やはり、発信の仕方を間違えると、共感から批判になるようですね。それほどまでに、「不妊治療」という問題が、心身ともに非常にデリケートな問題であるといえるでしょう。

東尾理子の告白に松野明美が批判

2012年6月3日、当時、第1子妊娠5か月の東尾理子さんが自身のブログで、不妊治療の末授かった赤ちゃんに82分の1の確率でダウン症候群の可能性があることを告白しました。医師からは、「羊水染色体分析をすれば、100%の結果がわかりますがどうしますか?」と聞かれましたが、東尾理子さんは夫の石田純一さんと相談したうえで、羊水検査を受けないことを決めたと告白していました。

そんな彼女の選択に、<強い女性ですね><勇気づけられました>など、ブログには応援コメントが3000以上も寄せられました。

しかしその一方で、インターネットの掲示板などには、東尾理子さんの発表自体を疑問視する声も少なくなったのです。

元マラソンランナーで現熊本県議会議員の松野明美さんも、「公表するようなものではないと、私は思いました…」と複雑な思いをにじませました。

「東尾さんのブログを読まれて“がんばろう”と思われるかたもいらっしゃると思います。いろんな立場のかたがいるから、いろんな意見があると思う。でも子供が生まれる前から“可能性があります”というのは、何がいいたいのかなって思うんです。ダウン症の子を持つ母としては、正直少し怒りがこみあげてきました」

松野明美さんの次男・健太郎くんはダウン症ですが、「私の元気なイメージが崩れる」「ダウン症を受け入れられなかった」などの理由で、しばらくは公にしなかったようです。

「私の場合、妊娠8か月のときに息子に心臓病があると医師にいわれました。でもその後、羊水検査は受けませんでした。そして出産後、生後10日目で、息子がダウン症であることがわかったんです。医療は進歩しましたけど、個人的には出生前診断は余計なお節介だと思うんです。出産するとき、障がいの有無にこだわってほしくないです」

インターネット上では、松野明美さんに賛同する意見も見られました。実際に生まれ、ダウン症でなかった場合、東尾理子さんには「よかったですね」との祝福が寄せられるでしょう、そうなれば結果的にダウン症の人やその親を傷つけることになりはしないか、との指摘がありました。そのうえで、「82分の1の確率」をあえて明らかにする意図が分からないといっています。少々手厳しい感じもしますが、実際に松野明美さんのお子さんはダウン症ということで松野明美さんにしか分からない感情も沢山あると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

東尾理子さんはおそらくご自身の不妊治療が誰かの役に立てばということでブログで情報を発信したり、お茶会を開催されたりしていると思います。ご本人としては、良いことをしているつもりでも、受けた相手によっては、そう思わないということですよね。それはなにも、不妊治療に限ったことではないです。しかし、妊娠って、妊娠したいと強く強く思ってもできるわけでもなく、努力したからって結果が伴うわけでもない、非常に神秘的な世界なんですよね。

きっと東尾理子さんは批判も受ける覚悟で発信しているのでしょうね。それにしても、アンチの方が多いことに驚きました。

第3子が来春出産ご予定ということで、無事元気な赤ちゃんが生まれるといいですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017年☆世界で最もハンサムな顔100人~ノミネートされた日本人は~

先日、2017年の「世界で最もハンサムな顔100人」に、三浦春馬さんがノミネートされたということが発表されました。 他の日本人の中からも、ノミネートされた方がいるとのことで、調べてみました! 「最も美 …

苦労人で努力家の若手俳優・磯村勇斗が俳優を目指したきっかけとは?

「ありがたいことに自分の時間が少なくなってきているようです。誰かが『頑張っているね、ちょっとは休んでね』と言ってくれると癒やされる……」と多忙な日々を振り返ったのは、若手俳優の磯村勇斗(25)さん。2 …

本木雅弘の長男のUTAがモデルデビュー!そのきっかけとは?

本木雅弘(52才)さんと内田也哉子(42才)さんの長男が「UTA」としてモデルデビューを果たしていました。 そんなUTAさんがモデルになったきっかけについて調べてみました。 UTAプロフィール目次1 …

歌手の小柳ルミ子のサッカー愛が半端ない!サッカー好きになったきっかけとは?

W杯ロシア大会で決勝トーナメント進出を決めた西野ジャパン。それに便乗した芸能人がテレビを賑わせているが、注目は何といっても小柳ルミ子(65)さんでしょう。 そんな小柳ルミ子さんがサッカーを好きになった …

「鉄人」と言われていた衣笠祥雄が患っていた上行結腸がんとはどういう病気か?

広島で活躍し、2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)氏が23日、上行結腸がんのため、都内で死去しました。71歳。京都府出身。通夜・葬儀は家族のみで執り行い、お別れの会など …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク