ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

来年結婚20周年になる歌手で女優の今井美樹の略奪愛の真相とは?

投稿日:

Advertisements

この1カ月で、歌手で女優の今井美樹(55)さんの露出が増えています。6月6日に発売された新アルバムの宣伝のためで、新聞、雑誌、テレビ、ラジオと出まくりなのです。

それがネットニュースでも報じられましたが、そこにつくコメントは「何でこんな人が幸せなんだろう。見るたびに不快になる」などと、容赦ないものが大半なのです。

そんな今井美樹さんの略奪愛の真相を調べてみました。

今井美樹プロフィール

  • 生年月日:1963年4月14日(55歳)
  • 出身地:宮崎県児湯郡高鍋町
  • 血液型:AB型
  • 身長:169cm
  • 職業:歌手、女優
  • 所属事務所:IRc2 CORPORATION

今井美樹略歴

中学時代には松任谷由実に熱中し、ピアノの弾き語りをする。1981年、横浜で行われたインターハイに100mハードルとリレーメンバーとして出場。高校を卒業後、スチュワーデスを目指し上京。

1983年、ファッション系女性情報誌『エムシーシスター』(mc Sister)でモデルとしてデビュー。1984年、山田太一脚本のTVドラマ『輝きたいの』女優活動もスタート。1986年、映画『犬死にせしもの』(井筒和幸監督)に出演、唯一のヌードシーンがある。

1986年、『黄昏のモノローグ』で歌手デビュー。フォーライフ・レコードのディレクターは松田直で、後にワーナーに移籍するまで、松田が一貫して担当。1988年、3枚目のオリジナルアルバム『Bewith』、資生堂秋のキャンペーンソングになった4枚目のシングル『彼女とTIP ON DUO』のヒットでブレイク。

1990年、ドラマ『想い出にかわるまで』に主演。1991年、長編アニメ映画『おもひでぽろぽろ』で声優として出演。この後も、テレビ番組やプラネタリウムのナレーターなどの活動を行う。ドラマ『あしたがあるから』に主演。その主題歌『PIECE OF MY WISH』も今井自らが歌い、自身初のミリオンセラーとなる。

1992年、それまで多くの曲のアレンジを手がけていた佐藤準に代わって、アルバム『Flow Into Space』で一部曲を除くプロデュースに久石譲が起用され、また初めて布袋寅泰が楽曲を提供する。1993年 シングル『Bluebird』発売。布袋作曲による初めてのシングル。

1996年、シングル『PRIDE』が自身最大のヒット。ワーナーに移籍し、シングル『flowers』、アルバム『未来』を発表。

1999年、4月 – 6月に女優・歌手として『蘇える金狼』に出演、番組の主題歌『SLEEP MY DEAR』を発売。6月6日に布袋寅泰と入籍、3年後の2002年に長女を出産した。

2000年1月、約9年ぶりのドラマ『ブランド』で主演し、自ら歌った主題歌『Goodbye Yesterday』がヒット。

2002年、EMIミュージック・ジャパンに移籍、以前のスタッフ(作詞の岩里祐穂、作曲のMAYUMI、柿原朱美、編曲の佐藤準、ディレクター松田直など)と共にアルバム『Pearl』を制作。

2004年10月、4年ぶりの全国ツアーで布袋と共演。同月シングル『おもいでに捧ぐ』(島袋優作曲)発表。

2005年7月、シングル『愛の詩』発売。初の川江美奈子作曲によるシングルで、この後、現在までのシングルはすべて川江の作曲による。

2006年12月31日、NHK紅白歌合戦に初出場し『PRIDE』を歌う。布袋もギターで参加・共演した。

2007年、映画『象の背中』に、役所広司演じる主人公の妻役として主演。

2010年5月、歌手デビュー25周年を記念して、小野リサ、川江美奈子、土岐麻子、手嶌葵が今井楽曲をカバーするコンサート「Voices feat.今井美樹&friends」が開かれる(東京・オーチャードホール)。同年6月、コブクロの小渕健太郎らとともに、宮崎口蹄疫被害者救援ソング『太陽のメロディー』をリリース。

2011年、1月に『冬のサクラ』で11年ぶりの連ドラ出演。5月、第4回ベストマザー賞音楽部門を受賞。

2015年12月31日、NHK紅白歌合戦へ9年ぶり2回目の出場となり『PIECE OF MY WISH』を歌唱披露。なお、紅白リハーサルでは、布袋が客席から観覧していた。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E4%BA%95%E7%BE%8E%E6%A8%B9

今井美樹への批判

「不倫略奪婚を払拭しようと必死」「そのほほ笑みに邪心がチラチラと見え隠れしている」などと、猛烈にバッシングされています。

夫の布袋寅泰(56)さんが前妻の山下久美子(59)さんと離婚したのは、1997年でした。1999年に今井美樹さんと再婚し、02年にはひとり娘が誕生しています。

「山下さんは離婚後に出版した著書の中で、今井さんの存在が自分たちの結婚生活の破綻の一端になったことをチラつかせています。最後まで名前を明かさずに『彼女』としていますが、今井さんであることは推して知るべし。しかも今井さんと山下さんは親友だったというから、複雑ですよねえ」(芸能ライター・エリザベス松本氏)

とはいえ、再婚してから、もう20年近く経っています。それでも、世間は許してくれないものなのでしょうか。

「今井さんは“略奪愛した女”として広く認知され、『離婚届を郵便受けに入れた』『離婚を促す嫌がらせ電話を、山下にかけ続けた』なんてあらぬウワサが拡散されるようになった。あの一件以来、今井さんは女が憧れる女から一転、女が嫌いな女に……検索サイトによっては、いまだに『今井美樹』で検索すると、最初に『略奪愛』という関連ワードが出てきます」(エリザベス松本氏)

今井美樹さんにとっては、いつまでたっても解けない“呪い”のようなものなのでしょうか。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000010-nkgendai-ent

そんな今井美樹の略奪愛とはどういうものだったのでしょうか?

今井美樹の略奪愛の真相とは?

略奪愛の真相とは?

1999年6月6日に布袋寅泰さんと入籍した今井美樹さん。

この結婚に対して布袋寅泰さんの前妻、山下久美子さんから略奪したと大きな反発がありました、いわゆる略奪愛として有名です。

2003年06月に発売された山下久美子さんの著書「ある愛の詩(うた)」(幻冬舎文庫)によると

  • 元々布袋さん(松任谷由美さん等)のバックメンバーのドラムの椎野恭一さんの彼女としてツアーの打ち上げなどに参加。当時布袋さんの奥さんだった山下久美子さんとも仲良くなり、「ミキちゃん」と呼ばれようになる。
  • その後、布袋さんと不倫関係になる。
  • 旦那に愛人ができたことに気づいた山下さんが今井さんに相談。それに対して「心の中に広がった思いは止められない」と応える。
  • 布袋さん・山下さんが共演したライブの打ち上げで、2人が仲よさそうなのを見た今井さんが不機嫌になり「私、途中下車しまーす」と雰囲気をぶち壊して帰る。
  • この頃から嫌がらせが始まり、布袋さんと不倫中に山下さんに電話をかけて「もしもし、布袋さんいますか?」(今井)『仕事に出てますが、何か伝言でも…』(山下)「あ、いいです。今うちに来ましたから。(ガチャ)」(今井)。
  • 山下さんに離婚届を送りつける。
  • 離婚成立。その後今井さんは布袋・山下の所属する音楽事務所に移籍し山下さんが出ていく形になる。
  • 布袋寅泰さんが作詞作曲『PRIDE』。「あなたへの愛こそが私のプライド」という歌詞の元2006年、紅白に出演し熱唱する。

という内容となっています。

それに対して布袋寅泰さんは、

俺は当時の荒れ果てた生活に疲れ切っていた。

そんなとき、俺の眼の前に、透き通った水のような、心地のよい柔らかな風のような、穏やかな春の日差しのぬくもりにも似た彼女がいた。

そして俺は恋に落ちた。そう、恋に落ちたのは俺なのだ。俺は気持ちを抑えきれずに彼女に伝えた。

彼女は勿論俺の気持ちを拒んだ。

それでも自分の気持ちを殺せなかった俺は、彼女の気持ちを奪った。

決して彼女が俺を誰かから奪ったのではない。

穏やかな毎日を送っていた感徐に俺が恋をしたばかりに、「略奪愛」だの「不倫」だの、憶測どころか事実無根の記事で書きたてられるようになるなんて・・・

俺は自分を呪わしく思う。

久美ちゃんとの離婚は、今井美樹という人物がこの世に存在しなくても間違いなく起こった。

時を経て美樹ちゃんに求婚したのは俺であり、美樹ちゃんが俺を求めたなどという事実は決して存在しないことを断言させていただく。

と反論していますが、気になる点では、今井美樹さんは布袋寅泰さんと付き合う前の彼氏、椎野恭一さんとも不倫関係だったいうことです。やはりそういう体質なのかな?なんて思ってしまいますよね。

今井美樹は不倫体質?

その椎野恭一さんの元嫁がモデルさんで、今井美樹さんと親友関係だったそうで、今井美樹さんは結婚式に花束を持ってモデル仲間と祝福してるレポートが雑誌に載っていました。

その1ヶ月後には椎野恭一さんと不倫関係になります。奥さんはノイローゼになり、松任谷由実さんの逆鱗にふれたという噂もありました。

さらにここからが凄いところなのですが、椎野恭一さんの奥さんがノイローゼで入院した為、なかなか奥さんと別れられずにいる間に、今井美樹さんは布袋寅泰さんとも不倫がはじまりました。

結局、椎野恭一さんが奥さんと別れた頃には、今井美樹さんに去られたという展開になり、恐ろしく二股不倫という状況だったようですね。

元々今井美樹さんは布袋寅泰のファンだったのです。芸能界入って女優やり始めた頃から布袋寅泰さんのファンだったんでしょうね。

山下久美子さんに近づいたのも最初から略奪するつもりで近づいていたのでしょうか?

今井美樹さんは女優をやっていましたが、歌手としても活動されていた時に、作詞作曲を布袋寅泰さんに頼んでいるんです。スタッフからは今井美樹さんとイメージが違いすぎるからと止められたのに、それを振り切って布袋寅泰さんに楽曲提供を依頼しています。

依頼された布袋寅泰さんは2曲欲しいと言われたのに7曲も作ってきて今井美樹さんをびっくりさせました。すでにこのころから二人の間には何かあったのかもしれません。じゃなかったらわざわざスタッフが止めたのに布袋寅泰さんに頼む理由がありませんので・・・。

自宅に遊びにも来るし、その上仕事でも一緒になるとかなり二人は親密な関係になっていきます。すっかり布袋寅泰さんも今井美樹さんにメロメロになってしまい、山下久美子さんが布袋寅泰さんの浮気相手について相談していましたが、まさか相談している相手が布袋寅泰さんの浮気相手だとは思わなかったんでしょうね。

今井美樹の嫌がらせの内容

今井美樹が山下久美子から布袋寅泰を略奪するために様々な嫌がらせをして略奪してしまいました。

今井美樹さんが略奪するためにした嫌がらせは、ほとんどが山下久美子さんを追い詰めるようなことばかりでした。

まず自宅に電話をかけて「布袋寅泰いますか?」と聞き、いないと答えると「今こちらでシャワーを浴びてますから! 」といってガチャギリしたり、自宅に離婚届を送ったりとかなり陰湿なことをされています。

結局布袋寅泰さんと山下久美子さんが離婚したのは1997年のことでした。見事略奪できた今井美樹さん。略奪したとたんに正式にプロポーズを受けたそうですが、実際は結婚する気がなかったと言い出したんです。奪うのが趣味の方なのでしょうか?もし、そうだとしたら最悪ですね。

略奪する気で付き合っていたのに、略奪が成功したら付き合わなくなるのは不倫するのが楽しいって言っているだけですよね。人として略奪するのも悪いですが、簡単に略奪されてしまう布袋寅泰さんにも問題があります。

略奪に成功した後のつけは?

略奪に成功した今井美樹さんですが、世間的からはかなりバッシングを受けました。世間から略奪に対してかなりバッシングされていたものの、略奪したことに対して、というよりも山下久美子さんへの嫌がらせに対して一番バッシングされてしまっていたのではないでしょうか?

山下久美子さんが二人の仲に気がつき、本人に問い詰めてみると「好きになったんだから仕方ないじゃない!」と開き直ってしまったのです。まだ二人の間に子供がいなくてよかったですよね。この開き直りもバッシングされる一つですよね。

人間、自分のしたことは自分に返ってくるものです。今井美樹さんも高岡早紀さんに略奪されかけました。当時、高岡早紀さんも保阪尚希さんと結婚しておりW不倫とかなり話題になっていました。

布袋寅泰さんも不倫がバレてしまうと「タダの火遊び」という開き直りで保阪尚希さんにかなり切れられていました。今井美樹さんは自分も過去にやったこともあるので、許す方向で再構築しましたが、保阪尚希さんと高岡早紀さんは離婚してしまいました。

なかなかのドロドロ具合ですね。しかし、山下久美子さんはそんな仕打ちをされたにも関わらず、それほど批判することもなく、随分と大人の対応をされています。今井美樹さんの批判が増える一方で、山下久美子さんは株が上がりましたね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

歌手で女優の今井美樹さんの略奪愛の真相について調べてみました。陰湿な嫌がらせは本当に最悪ですね。今井美樹さんの恋愛は人を不幸にしてしまう愛し方のようです。20年経っても批判が挙がってしまうのは、今井美樹さんが山下久美子さんと親友だったこと、開き直ったこと、陰湿な嫌がらせが相当女性の反感を買ってしまいました。当然ですよね。その過去の事実が消えることはありません。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017年☆世界で最もハンサムな顔100人~ノミネートされた日本人は~

先日、2017年の「世界で最もハンサムな顔100人」に、三浦春馬さんがノミネートされたということが発表されました。 他の日本人の中からも、ノミネートされた方がいるとのことで、調べてみました! 「最も美 …

和製モンローと言われていたタレントの井上和香が離婚の危機?

タレントの井上和香さんが、26日放送の人気バラエティー番組「ダウンタウンDX」(読売テレビ・日本テレビ系)に出演し、結婚6年目の井上和香さんは「子供が生まれてから、結婚祝いはしていないですね。私の誕生 …

フリーアナウンサーの加藤綾子が女優進出の理由とは?

自身の誕生日を迎える前日の4月22日、元フジテレビアナウンサーの加藤綾子(33)さんが、華々しく連続ドラマにデビューしました。嵐の二宮和也さん主演の「ブラックペアン」(TBS)、朝の連続テレビ小説「半 …

小出恵介の酒癖の悪いエピソード

NHKは23日、俳優の小出恵介(33)さんが主演したドラマ「神様からひと言~なにわお客様相談室物語~」が放送中止となった件について、小出恵介さんの所属事務所が損害賠償を行うことで合意に至ったと発表しま …

芸人の横澤夏子が結婚式を挙げた結婚式場はどこ?

昨年7月に1歳年上の会社員男性「ダイキさん」と結婚したお笑いタレントの横澤夏子(27)さんが14日、自身のインスタグラムを更新し、前日に都内のホテルで行った挙式・披露宴を報告しました。 そんな横澤夏子 …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク