ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

スポーツ

井岡一翔の引退の可能性は?

投稿日:

Advertisements

ボクシングWBA世界フライ級王者の井岡一翔(28)さん=井岡=が保持していた王座を返上したことが9日、明らかになりました。大阪市内で会見を行った、井岡一翔さんの父で所属ジムの井岡一法会長(50)が発表しました。

井岡一翔と夏場以降話し合いを重ねてきたという井岡一法会長は「(年末の)試合への準備が間に合わないので、いったん(ベルトを)返上しようということになった。(井岡)本人がスイッチを切り替えたら、来年に世界前哨戦をノンタイトルでやるかもしれないが、それも本人次第。本人のモチベーションがなく、身を引くなら引退式もやる。二つに一つ」と引退の可能性にも言及しました。

11年から続いていた大みそかの世界戦も6年連続でストップになります。井岡一翔さんとの対戦を熱望していたWBC世界フライ級王者・比嘉大吾(22)さん=白井・具志堅=との統一戦実現も絶望的となりました。

そんな井岡一翔さんが、なぜ引退と言わることになったのか、調べてみました。

井岡一翔プロフィール

  • 本名:井岡一翔(いおか かずと)
  • 生年月日:1989年3月24日(28歳)
  • 階級:フライ級
  • 身長:165.6cm
  • 出身地:大阪府堺市
  • スタイル:右ボクサーファイター

井岡一翔略歴

日本の男性プロボクサー。第33代日本ライトフライ級王者。 元WBC世界ミニマム級王者。元WBA世界ミニマム級王者。元WBA世界ライトフライ級王者。元WBA世界フライ級王者。世界最速での3階級制覇王者。元プロボクサーである父・井岡一法が会長を務める井岡ボクシングジム・プロフェッショナル所属。大阪府堺市出身。興國高等学校卒業・東京農業大学中退。メディア応対はマネジメント契約を結んでいるトラロックエンターテインメントが行なっている。

弟が2人いる。井岡ボクシングジム初代会長で井岡弘樹ボクシングジム会長の元世界2階級制覇王者井岡弘樹は叔父(一法の弟)。2017年5月17日、かねてから結婚前提交際を公にしていた歌手の谷村奈南とこの日結婚したことを明らかにした

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E5%B2%A1%E4%B8%80%E7%BF%94

王座返上の理由とは?

井岡一翔さんは4月23日に5度目の防衛に成功し、元WBA世界ライトフライ級王者具志堅用高の「世界戦14勝」の日本記録に並びました。その後、5月17日に歌手の谷村奈南さんと結婚し、9月にハワイで挙式をしました。現在は都内で暮らしています。夏場以降話し合いを重ねてきたという井岡一法会長は「新婚やし、いろいろ生活の準備があるようです。プライベートのこと、夫婦のことに口は出せない」と、井岡一翔さんが私生活に時間を割いていることを明かしました。井岡一法会長は「試合前に仮住まいでもいいから環境を変えて(大阪のジムで)やるのが大事だが、環境を変えられなかった」と説明しました。

井岡一翔さんも28歳です。ブランクが長引けば選手生命に影響を及ぼします。井岡一法会長は「2つに1つやから。本人にスイッチが入れば、3カ月あれば試合の準備はできる。モチベーションがないなら、引退せな仕方がない。仮に身を引くなら、引退式もやる」と引退の可能性もにおわせました。

その一方で「でも、やる気はあると思いますよ。週に3、4日走ってると言うてるし、体重もキープしてる。やる気がなければ、しませんよ」と弟子であり息子の“復活”に期待をかけました。

世界王者が階級変更や進退に関係なく王座を返上するのは極めて異例のことです。11年の大みそかから6年続き、“年の瀬の風物詩”となっていた井岡一翔さんのファイトもストップすることが決まりちょっと残念ですよね。今回引退という話も出てきています。一体、井岡一翔さんはどうされるのでしょうか?

妻の谷村奈南のツイッターに批判コメント殺到!

今回の井岡一法会長の会見の報道を受け、谷村奈南さんのSNSには「結婚せん方がよかったんちゃう?」など、谷村奈南さんを批判するコメントが殺到しました。

これに対して谷村奈南さんは「誰の言葉にそう思ったのですか?本人からの言葉でそう思ったのですか?そうでないなら、まず本人の言葉を聞いてから批判するなりしてください」と、批判コメントのハンドルネームを挙げながらけんか腰で反論しました。数回、コメントで反論し合うやり取りが続きました。

しかし、谷村奈南さんは時間を置いてからあらためて「不安な気持ちにさせてしまい、ごめんなさい。(中略)その、違う部分を本人の口から必ず、ファンの皆さんへ、お伝えします。わたしが話せることが少なくて本当にごめんなさい」とファンに呼びかけました。

さらに「わたしも、ちゃんと話せない立場とタイミングで、言葉を書いてしまったこと反省しています。余計みなさんの今の気持ちを逆なでというか、良い方向には向かないことでした。ほかのみなさんにも、ごめんなさい」と謝罪の言葉をつづりました。

今回の谷村奈南さんの対応を見て、メンタル面が不安定な感じを受けました。何か今のタイミングでは話せないけど、いずれ井岡一翔さん本人からこうなった事情を話すということです。何か病気でもなっているのでしょうか?様々なプレッシャーがありうつ病になっているのではないか?とも言われています。真相は、井岡一翔さんが発表するまで待ちましょう。

交際は反対されていた?

実は、井岡一翔さんと谷村奈南さんの結婚はすんなりと、ではなかったのです。

井岡一翔さんは歌手の谷村奈南さんと結婚前提に2015年から交際していることを明らかにしましたが、父・井岡一法会長は反対しており結婚に至るにはまだ障壁があったようです。

交際は約1年。2015年年明けに都内でツーショット写真を週刊誌に撮られた際は友人であることを強調していました。「弟みたいなもの」と話していた井岡一翔さんでしたがその後、真剣交際に発展しました。

井岡一翔さんの所属事務所からは報道各社にFAXで「谷村奈南さんとお付き合いさせて頂いております。しかしながら結婚の準備を行っている事実はありません」と送られていました。

ただ番組で井岡一翔さんは「初めて結婚したいと意識した人」と話しいました。互いに結婚の意思を確認し合っているのは間違いないと言われていました。

一方で難題もありました。父・井岡一法会長は「認めていない」と大反対していました。交際の報告は2015年末に受け、谷村奈南さんとも年明けに1度会い「礼儀正しい子」と好印象を持っていました。ただ結婚の話は寝耳に水でした。

「まだ向こうの親にも会ったことがない。順序が違う」と不信感をあらわにしていました。「一翔も一緒になりたい気持ちはあるんやろうけどアスリートなんやから。相手は辞めて、一翔に尽くせるのか」と谷村奈南さんに芸能界引退の覚悟を求めていました。

今回谷村奈南さんのツイッターが炎上した背景にはこういう事情もあったのでしょうか?

真相は分かりませんが、王座返上に関してもお父様である井岡一法会長の会見であり、本人ではなかったということ、結婚してからの環境の変化で練習が思うように出来ておらず、井岡一翔さんに対して、今後どうするのか引退を迫った辺りからしても、何かしら溝があるように感じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現在のところ、井岡一翔さんは、トレーニングには励んでいるものの、練習不足ということで王座返上になりました。井岡一翔さんは、おそらく何かしらのトラブルを抱えており、引退するか、しないのか、井岡一法会長より決断を迫られています。果たしてどういう結論に至るのでしょうか?今後の井岡一翔さんの発言に注目ですね。

Advertisements

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タレントのマギーに熱愛報道!一時期芸能界から消えたと言われた理由とは?

「今年の春ごろだったかな、武尊(たける)がプライベートの飲み会にマギーを連れてきたんですよ。とくに『彼女だよ』なんて説明はなかったけど、それはそれはいい雰囲気でしたよ」(武尊の知人) FRIDAYがこ …

「鉄人」と言われていた衣笠祥雄が患っていた上行結腸がんとはどういう病気か?

広島で活躍し、2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)氏が23日、上行結腸がんのため、都内で死去しました。71歳。京都府出身。通夜・葬儀は家族のみで執り行い、お別れの会など …

歌手の小柳ルミ子のサッカー愛が半端ない!サッカー好きになったきっかけとは?

W杯ロシア大会で決勝トーナメント進出を決めた西野ジャパン。それに便乗した芸能人がテレビを賑わせているが、注目は何といっても小柳ルミ子(65)さんでしょう。 そんな小柳ルミ子さんがサッカーを好きになった …

水泳の萩野公介選手とシンガーソングライターのmiwaの結婚の可能性は?

2016年リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダリスト、萩野公介(24)選手=ブリヂストン=と人気シンガー・ソングライター、miwa(28)さんが真剣交際していることが8日、分か …

「獣のような滑り」発言のTBSの石井大裕アナウンサーの嫁がすごい!

18日、平昌オリンピックスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒選手のインタビューで、TBSの石井大裕アナウンサーが「獣のような滑り」と声をかけたことが物議を醸しました。 そんな …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク