ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

2世俳優の石橋静河の演技力の評価とは?

投稿日:

Advertisements

東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する「第60回(2017年度)ブルーリボン賞」が23日、決まりました。授賞式は2月8日、東京・内幸町のイイノホールで行われました。

俳優・石橋凌(61)さんと女優・原田美枝子(59)さんの次女・石橋静河(23)さんが新人賞を受賞しました。76年度に母も受賞しており、新人賞の親子受賞は、史上初の快挙です。「同じ賞をもらえるのはうれしい」と照れ笑いをしました。

そんな石橋静河さんの演技力の評価について調べてみました。

石橋静河プロフィール

  • 生年月日:1994年7月8日(23歳)
  • 出身地:東京都
  • 職業:女優、ダンサー
  • 所属事務所:SUPER TRAMP

石橋静河略歴

俳優の石橋凌と女優の原田美枝子の次女として生まれる

4歳よりクラシックバレエを始め、15歳でボストン、カルガリーにバレエスクールに留学後、2013年帰国。その後、コンテンポラリーダンサーとして活動していたが、2015年始めより役者としての活動を開始。 2016年、野田秀樹演出の舞台『逆鱗』に出演

2017年公開、映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(第67回ベルリン国際映画祭フォーラム部門入選)にて、池松壮亮とW主演で初主演を果たし多くの新人賞を受賞。ブルーリボン賞新人賞は1976年に母親の原田美枝子も受賞しており、史上初の親子受賞となった

姉の優河は、シンガーソングライターで、2017年にユニクロのCMで共演している

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E6%A9%8B%E9%9D%99%E6%B2%B3

石橋静河の家族は芸能人一家?

石橋静河さんは、1994年7月8日生まれの女優さんです。2015年に役者として活動し始めたばかりですが、すでに映画や舞台に出演するなど活躍の場を広げています。ポカリスエット「イオンウォータ」のCMに登場する橋本愛さんのお姉ちゃん役、そう聞くと、石橋静河さんの姿を思い浮かべることができるかもしれません。

そんな石橋静河さんが、実は2世女優であることをご存じでしょうか。石橋静河さんの父は石橋凌さんで、母は原田美枝子さんと聞けば、存在感を漂わせつつも、透明感のある美しい容姿にも納得がいきます。ファンケル「カロリミット」のCMでのポッチャリさんの妹役としての印象も強い石橋静河さんですが、特に演技のレッスンをしていた経験はないといいます。

石橋静河の家族は芸能人一家?

石橋静河さんには、4つ上の兄・大河さんと、2つ上の姉・優河さんがいます。お兄さんは、芸能人ではなく一般人とのことですが、お姉さんは、優河という名前で活動するシンガーソングライターです。優河さんは、これまでにアルバムも2枚リリースしており、音楽プロデューサーの牧村憲一さんもほれ込む歌声で、これからの活躍が期待されている逸材です。歌や、ダンスにお芝居と、姉妹そろって感性豊かな才能を持っているお2人ですが、共に、両親の存在を自ら公にすることはせずに芸能活動を続けてきました。

お母さんの原田美枝子さんも、自分の色がつかないようにとの配慮から、あえて親子関係を公にしていないそうです。最近は2世タレントが多く、バラエティ番組での親子共演も珍しくありません。石橋凌・原田美枝子ご夫妻がそうした道を選ばないのは、優河さんと石橋静河さん、娘さんには娘さんの人生があり、お二人の才能を信じていらっしゃるのでしょうね。素敵なご家族です。

石橋静河はダンサーになりたかった?

役者デビュー前はダンサーとして活躍していた石橋静河さん。父に石橋凌さん、母に原田美枝子さんと“大先輩”を両親に持つ彼女ですが、幼いころは女優を夢見ていたわけではなかったそうです。

「4歳からバレエを始めたんですが、その先に女優とは考えていませんでした。親を見て、大変な仕事で簡単な世界ではないとわかっていたので……。でも10代のころにアメリカとカナダにバレエ留学をして、そこで演劇の面白さに衝撃を受けて“こんなお芝居ならやってみたい”って思ったんです。昔から親には好きなことをさせてもらっていたので、今も“自分がやりたいことなら、頑張りなさい”って応援してくれています」

共演者、そして監督やスタッフにも恵まれ、役者として大きなステップを駆け上がり始めた石橋静河さん。今後はどんな女優になりたいのでしょうか?

「女優……と呼ばれること自体まだ恥ずかしくて。“女優”ってすごい言葉じゃないですか(笑)。でも今後は芝居で生きていきたいし、食べてもいきたい。幼いころから始めたダンスも生かしながら、踊りとお芝居、両方で刺激し合ってそれがいい“表現”になれば。私だからこそできる“おもしろいこと”を見つけていきたいです」

石橋静河の演技力の評価は

ブルーリボン賞新人賞

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」では、昼は看護師、夜はガールズバーで働く女性という役どころを熱演しています。初主演作に全部を出し切りましたが、撮影後、不安が押し寄せたそうです。

「何一つ監督の要望に応えられなかったことが強く残った。辞めた方がいいと思って、ぺしゃんこになった」。一時は廃業も頭をよぎったそうですが、周囲の「よかった」という声や新人賞の評価に「ここにいていいんだなって。お芝居をする人としていていいよって言われた気がした」と静かに喜びました。「いずれは主演という立場で戻ってきたいか?」との記者の質問に、「いつかは」と力強く宣言しました。

石井裕也監督の最新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で、昼は看護師、夜はガールズバーで働く女性という美香を演じたのは、俳優・石橋凌と女優・原田美枝子の娘、石橋静河さん。お母さんは演技派ですが、まだ彼女はぎこちなく、演じ切るのがイッパイイッパイな様子はありました。

しかし、石井監督いわく「石橋さんは演技経験がほとんどなく、彼女の何もできないとまどい、余裕のなさ、緊張感がこの映画にとって重要だった」と語っています。そう、新人女優のぎこちなさを美香というキャラに転換させたのです、さすが石井監督です。

また本作は、ドキュメンタリー的な雰囲気もあります。「リアルな東京の風景に見えたのは、ゲリラ撮影の一発勝負だから(笑)」と石井監督。なんだか新宿や渋谷あたりにいるような臨場感がすごいですよね。また、劇中での石橋静河さんの独特なワールドが出来上がっています。お母さん同様、演技の評価はお墨付きですね。

東京ジェムストーン賞

また、石橋静河さんは冒頭のブルーリボン賞の新人賞だけではなく、第30回東京国際映画祭にて、石井裕也監督作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で、「東京ジェムストーン賞」を受賞しています。

「東京ジェムストーン賞」とは、同映画祭が掲げたビジョンのひとつ“映画の未来の開拓”に沿って宝石の原石のような輝きを放つ若手俳優を見出し、その輝きを増す一助となることを目的として新設された賞です。第1回目は、石橋静河さんのほか、『勝手にふるえてろ』松岡茉優、『アケラット ロヒンギャの祈り』ダフネ・ロー、『マリリンヌ』アデリーヌ・デルミの4名が受賞しました。

石橋静河さんは、「このような賞をいただくことができて、本当にうれしく思います。わたしはお芝居を始めてまだ日が浅いのですが、出会う人や出会う作品、このような機会などに本当に恵まれていて、幸せに思います」と受賞の喜びをコメントしました。続けて、「これからも努力をすることを忘れずに頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べました。東京ジェムストーン賞を受賞するということは、やはり期待されている女優さんということなのでしょう。演技力の評価がこのような賞を受賞していることで証明されていますね。

石橋静河の今年公開の映画は

佐藤泰志さんの初期の代表作を新鋭・三宅唱監督が映画化する「きみの鳥はうたえる」が2017年6月3日、北海道函館市でクランクインしました。同作には、主人公の僕を演じる柄本佑さんとともに、若手随一の実力派・染谷将太さん、進境著しい女優・石橋静河さんが出演しています。

石井裕也監督作「映画 夜空は最高密度の青色だ」で鮮烈な映画主演デビューを飾った石橋静河さんは、「佐知子という魅力的な女性を演じられることを、とても嬉しく思います。原作を読んだときに、とてもリアルな匂いや光の情景が目に浮かびました。函館の地に身を委ねて、一瞬一瞬を大切に感じていきたいと思います」と意気込みました。そして、「三宅唱監督、柄本佑さんと染谷将太さんをはじめとする素晴らしい役者さん方、そしてスタッフの皆さんとともに、佐藤泰志さんが思い、描いた、青春の香りのようなものを、画面に焼き付けられればと思います」と胸中を明かしました。

また、三宅唱監督が映画化した「きみの鳥はうたえる」は、2018年秋に公開予定です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

石橋凌さんと原田美枝子さんご夫妻の次女で女優の石橋静河さんの演技力の評価について調べてみました。まだ演技に関して日が浅いのにも関わらず、独特の雰囲気を持ち合わせ、力強く演じている姿には、初々しさと同時にベテランの風格も持ち合わせた今後期待の女優さんの一人には間違いないですね。色々な役を演じて欲しい、そう思える女優さんですね。

映画だけではなく、ドラマにも出演されるのかもしれないですね。今後の活躍に注目です。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

川田裕美アナウンサーの元カレとは?

フリーアナウンサーの川田裕美(34)さんが10日放送の日本テレビ「誰だって波乱爆笑」(日曜前9・55)に出演しました。読売テレビのアナウンサー試験合格の裏話を披露しました。 番組では川田裕美アナウンサ …

「世界の北野」と言われているビートたけしが愛人と新会社設立?

お笑い界最大の実力者で世界的な映画監督でもあるビートたけし(71)さんが3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」を退社し、独立することが13日、分かりました。 そんなビートたけしさん、新しい会社が噂の …

YOSHIKIの年収がすごいことに!総資産は〇〇〇億円?

今夜放送されるバラエティ番組『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル』(ABC・テレビ朝日系列24局/1月1日18時)に、GACKTさんのパートナーとしてYOSHIKIさん …

女優の広瀬アリスとプロバスケットボールの田中大貴選手の結婚の可能性は?

女優の広瀬アリス(23)さんが18日、都内で行われた「GEORGIA JAPAN CRAFTSMAN」の発売記念イベントに勝地涼(31)さん、お笑い芸人のひょっこりはん(30)さんとともに登場しました …

星野源の病気の再発率はどの程度?

28日にNHK総合で放送される『SONGSスペシャル 星野源』で、5月に放送された『おげんさんといっしょ』(NHK総合)で星野源さんが演じ話題となったキャラクター“おげんさん”がナビゲーターを務めまし …

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク