ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

元祖小悪魔女優・加賀まりこの事実婚のパートナーとは?

投稿日:

Advertisements

女優の加賀まりこ(74)さんが23日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜・9時55分)で、過去にダウンタウン・松本人志(54)さんに連絡先を教えるも、電話が無かったことを明かしました。

加賀まりこさんは好きになったら自分から行く方だと話し、過去に松本人志さんのことが気に入ってプロデューサーを通じて電話番号渡したそうですが、かかってこなかったといいます。

そんな加賀まりこさんの事実婚のパートナーについて調べてみました。

加賀まりこプロフィール

  • 本名:加賀 雅子(かが まさこ)
  • 生年月日:1943年12月11日(74歳)
  • 出身地:東京都神田区小川町(現:千代田区神田小川町)
  • 血液型:O型
  • 身長:156cm
  • 職業:女優、司会者
  • 配偶者:清弘誠(事実婚)
  • 所属事務所:有限会社活動屋

加賀まりこ略歴

父・加賀四郎は大映のプロデューサーとして知られ、姪に俳優の田中健夫人の女優、加賀千景を持つという芸能一家の中で育つ。

姉は13歳年上、兄は12歳年上。小学生の時分より隣町である神田神保町の古本街に通い、澁澤龍彦翻訳の「マルキ・ド・サド選集」を愛読。小さい時から思ったことは何でも口にする歯に衣きせぬ毒舌だったという

高校生になると行動範囲は広がり、六本木や麻布界隈で飯倉の高級イタリアレストラン「キャンティ」に学生服のまま通っていた。

千代田区の一橋中学を経て明星学園高等学校入学。同校在学中の1960年、通学姿を見初めた篠田正浩と寺山修司に路上でスカウトされ、フジテレビ系ドラマ『東京タワーは知っている』でデビュー。

松竹と5年間の新人契約を交わして1962年に『涙を、獅子のたて髪に』で映画デビュー。その後、数々の映画やCMで作品にてプロフェッショナルな演技力と、小悪魔的なルックスで人気を呼ぶ。反面、常に歯に衣着せぬ発言、かつ強気であったため「生意気」のレッテルを貼られ、尖ったキャラクターイメージでお馴染みとなり、『夜のヒットスタジオSUPER』の司会でもその言動が波紋を呼ぶこととなる。

20歳の時、次々に舞い込んでくる仕事と女性週刊誌がイメージだけで書く記事に嫌気がさし、人生をリセットする目的で半年先のスケジュールまでキャンセルして、単身パリに渡る。それまでに稼いだ金で豪遊のかたわら、イヴ・サン=ローラン、フランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダール、フランソワーズ・サガンらと交友する

半年が経ち、金が底をつき帰国を考えていた矢先に国際電話で演出家・浅利慶太から「舞台に出るかい?」と舞台出演の打診をされる。帰国後、劇団四季の舞台『オンディーヌ』に出演。連日大入りの大盛況で日生劇場始まって以来の大成功となる。この舞台で初めて、女優としての喜びを知り、以降女優業に本腰を入れる

川端康成は大変加賀を気に入っており、撮影所や劇場によく見学にきたり、ともに朝食を摂ることもある仲であった。加賀は川端について「いいダチ」と述懐している。

1972年未婚のまま女児を妊娠、シングルマザーとして育児をする決意するも、1972年2月14日、出産7時間後に子供は死亡した

現在ではTBS社員の演出家・清弘誠と事実婚の関係である

2017年10月18日放送分のフジテレビ系『良かれと思って!』に出演した際、6歳下のドラマ演出家と事実婚している加賀は「60歳の時から(事実婚している)。向こうが振り向いてくれた。5年越し、55歳の時から(アプローチしていた)」と自分から男性に働きかけたことを明かした

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%B3%80%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%93

加賀まりこの「夜のヒットスタジオ」での問題発言

加賀まりこさんには、デビュー当初からの奔放な物言いで、昔から生意気なイメージがありました。近年も数々の問題発言を量産し、今では、常に怒られそうな怖ささえ感じます。その問題発言を挙げればきりがありませんが、特に大問題となったのは、加賀まりこさんが「歌手に媚びない」と宣言して司会に就任した「夜のヒットスタジオ」での発言でした。

B’z

1990年のB’z出演時には、稲葉浩志さんに「男前だと思ってたのに、スッピンを見て”何だ”と思った」、松本孝弘さんに「不細工なほう」と大放言。

松田聖子

本人に対して「あなた、ケバくない?」と発言したようです。毒舌といえばそうですが、デリカシーが無い発言ですね。アイドルなんて、メイクしてできるだけかわいい姿でテレビに出ていますので、ケバくなりますよね。

でも、加賀まりこさんが司会をすると決まった時に「歌手にこびない司会」をすると明言していたそうですから、これはこれでありだったんでしょうね。しかも結構長寿番組となりました。

徳永英明

これは本人に対して「ジョーズみたいな歯ね、ブサイク」と言ったようです。

こびるこびないは別として、人としてどうなんでしょうか?この発言を見るだけだとそう思ってしまいますが、テレビが自由な時代だったので許されたのでしょうか。

ちなみに加賀まりこさんの発言で苦情の電話はすごかったようです。

酒井法子

「キャバクラ行けば一番になれるわよ」といったそうですが、良かれと思っての番組内では「そういう(子)。媚びの売り方がね」とあくまで率直に評価したような様子でした。

まあ、酒井法子さんが相当ぶりっ子だったんでしょうね。ガンガンレイブパーティーに行っちゃうくらいなので、本人も「夜のヒットスタジオ」では素を出していなかったんでしょうね。これは加賀まりこさんのコメントは的を射ていたんだろうなと思います。

久保田利伸

「あんた、ほんとにサル顔ね」と言い放ったそうです。「あ~、今ニューヨークにいる人?そうそう。若い時はもっとひどかったわよ」とも言っていました。確かにちょっとサル顔ですね。でも、この人の魅力は見た目じゃなく、歌唱力は本気ですごい方ですよね。

南野陽子

「あら案外色黒なのね、時代劇では 綺麗な人だと思ったけど」これも結構ひどい気がします。確かに色黒のイメージは無いですが、近くで見るとそうだったんでしょうか。しかし、調べてみると、他にもいろいろな暴言があるみたいですね。

加賀まりこさんに暴言を吐かれて泣いてしまって、楽屋に籠城した人もいたそうです。

そんな加賀まりこさんですが、シングルマザーで出産していた経験があるようなのです。

加賀まりこがシングルマザーで出産

加賀まりこがシングルマザーで出産

加賀まりこさんといえば、コケティッシュな美貌と、尖った言動で「小悪魔」「和製ブリジッド・バルドー」と呼ばれた昭和の女優さんです。その昔、プレイボーイとして名をはせた布施明さんとの秘めたる熱愛によって、加賀まりこさんの小悪魔的な印象にはさらに拍車がかかりました。しかも、その顛末が、大変衝撃的だったのです。

1972年、加賀まりこさんが未婚のまま女児を妊娠・出産したことで、「相手は布施明なのでは?」と大変な騒ぎになったのです。
数々のキレイどころを口説きまくっていたとされる布施明さんと恋愛関係に発展するも、秘めたままでいたのは、事務所の方針だったとも言われていました。そして、1972年2月14日、出産7時間後にお子さんは亡くなられたようです。生まれてすぐに亡くなられたというのは、母親としてかなりのショックです。考えただけでも想像ができないほどの悲しみだったと思います。

また、お子さんの父親が布施明さんという証拠が他にはないので、おそらくデマだと思われます。シングルマザーで出産した後の1974年に当時のフジテレビのプロデューサーの高田明侑さんと一度結婚をされていますが、1980年に離婚をされています。お二人にはお子さんがいませんでした。

そんな加賀まりこさんの現在のパートナーの方はどんな方なのでしょうか?

加賀まりこのパートナーは?

加賀まりこのパートナーは?

加賀まりこのパートナーのお名前は清弘誠(きよひろまこと)さんです。生年月日などの詳細はあまり情報がありませんでした。

加賀まりこさんの6歳年下ということなので、1949年ころの生まれではないかと思われます。大学は教育大学に通っていたそうですが、先生になりたかったようですね。でも途中で映像が好きになってしまって、演出家になられたそうです。

演出家も演者にわかりやすく伝えるスキルが必要でしょうから、先生になるための工程も無駄ではなかったようですね。

加賀まりこさんとはもともと麻雀仲間だったそうですが、日本プロ麻雀連盟 感謝祭2017と2016に加賀まりこさんとお二人で参加されている写真がありました。

2010年放送の「ぴったんこカンカン」に加賀まりこさんが出演されたときに、清弘誠さんが「塀の中の中学校」の番宣のために、共演したことがあって、そのときにお互いパートナーであるということを告白したようですね。事実婚っていうとけっこうデリケートな話題ですが、そこはさすが加賀まりこさん、サバサバと包み隠さずオープンです。

清弘誠の演出作品

清弘誠さんの代表作といえば、「渡る世間は鬼ばかり」のようです。

そのほかにも、2011年モンテカルロ・テレビ祭テレビ・フィルム部門最優秀作品賞を受賞したという「塀の中の中学校」や仲間由紀恵さんと泉ピン子さん共演の「ジョシデカ!-女子刑事-」、長渕剛さんの「とんぼ」、加勢大周さん・浜田雅功さん・的場浩司さんのAD青春物語である「ADブギ」なんかも演出されていました。

実は、「ダウンタウンなう」でダウンタウンの浜田雅功さんは、そのドラマで清弘誠さんに初めて怒られたようです。出番が来ていたのにも関わらず、ずっと共演者とおしゃべりとしており、そろそろ行かないと思い現場に行ったら、清弘誠さんに「君たちのドラマだぞ!」と怒られたようです。浜田雅功さんは当時を思い返し反省していました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

加賀まりこさんの事実婚のパートナーについて調べてみました。「ダウンタウンなう」でも発言していましたが、籍を入れないのは、全部名前を変えたりしないといけないのが面倒くさい、籍を入れることにこだわりがない、などの理由があるということでした。加賀まりこさんらしいなぁと感じました。

まだまだ毒舌?と美貌が健在の加賀まりこさんの今後の活躍に注目です。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

岡田義徳が大手事務所を独立したメリットとは?

俳優の岡田義徳(40)さんと女優の田畑智子(37)さんが今月1日に結婚しました。9日、マスコミ各社へ連名の直筆メッセージを送り、発表しました。「お付き合いを始めてから約6年半、紆余曲折ありましたが、た …

歌手に女優に活躍中の小柳ルミ子と大澄賢也の離婚の真相とは?

3月にハワイ旅行を楽しんだという小柳ルミ子(65)さん。現在、NHK大河ドラマ『西郷どん』では、由羅役を熱演し、話題になっています。渡辺謙さん演じる島津斉彬に対して敵意を燃やし続けている姿は圧巻です。 …

佐伯チズの元マネージャーの現在は~消えた2億円~

美容家の佐伯チズ氏が20日、フジテレビ系「ノンストップ!」のインタビューに応じ、最近3年間メディア露出がまったくなかった理由について、信頼していた事務所スタッフが佐伯チズ氏の引退を吹聴していたことを明 …

市川海老蔵の娘の受験した小学校とは?

市川海老蔵(40)さんの長女麗禾(れいか)ちゃん(6)が来年1月の東京・新橋演舞場「初春歌舞伎」(3~26日)の夜の部「日本むかし話」で幼少かぐや姫役で出演することが10日、分かりました。 麗禾ちゃん …

肉食系女子だった白石美帆の元カレとは?

V6の長野博(45)さんと女優の白石美帆(39)さん夫妻が13日、第1子の妊娠をそれぞれの所属事務所を通じて報道各社にファクスで発表しました。2016年11月に結婚。2年半の交際を経て“いい肉(11・ …

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサーリンク