ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

スポーツ 芸能

男子ゴルフの永久シード選手である片山晋呉の悪評とは?

投稿日:

Advertisements

男子ゴルフの永久シード選手で、5度の賞金王にもなった片山晋呉氏の不適切な行為が物議を醸しています。

そんな片山晋呉氏の悪評について調べてみました。

片山晋呉プロフィール

  • 生年月日:1973年1月31日(45歳)
  • 出身地:茨城県下館市
  • 身長:171cm
  • 職業:プロゴルファー

片山晋呉略歴

子供のころ、ゴルフ場経営者の父の影響でゴルフを始め、5歳でラウンドデビュー。それ以後もゴルフの英才教育を受け、茨城県内屈指のゴルフの名門校である水城高等学校から日本大学に進学。日本オープン選手権・ベストアマチュア賞などを獲得する。在学中の1994年に、日本学生ゴルフ選手権競技で優勝する。

1995年にプロゴルファーテスト合格。グローイングツアー(現在のチャレンジトーナメント)では上位に君臨するも、レギュラーツアーでは予選落ちを繰り返すが、江連忠プロ(ティーチングプロ)の指導の下で頭角を現す。1998年に後援競技の「サンコー・グランドサマートーナメント」でレギュラーツアー初優勝を果たした。

2000年、ダンロップフェニックストーナメントやメジャータイトルの「ゴルフ日本シリーズ・JTカップ」などで優勝を飾り、初の賞金王(賞金ランキング1位)に輝く。2003年に日本プロゴルフ選手権大会で初優勝を達成。2004年に2度目の日本ツアー賞金王になった。2005年は日本オープン選手権とABCチャンピオンシップで優勝し、2年連続3度目の賞金王が確定した。トレードマークはカウボーイハットであったが2009年夏からイメージチェンジを計っている。ツアー競技で優勝するたびに様々なパフォーマンスを繰り広げることでも知られる。

2001年、全米プロゴルフ選手権で4位入賞。この時アメリカのゴルフファンにも「カウボーイ・シンゴ」という愛称で呼ばれた。

2007年、背中や右膝などを痛めていたため、全英オープンを欠場。

2008年、昨年に引き続き背筋痛を理由として7月17日から開催の全英オープンを欠場。欠場表明後、国内ツアーで永久シード獲得となる通算25勝にあと1と迫っており、2連覇がかかる7月3日から開催の日本ゴルフツアー選手権に出場した。世界最古のメジャー大会を袖にした形となった片山の行動に対して、全英オープンを主催するR&Aは日本ゴルフツアー機構会長小泉直に対して、次年以降の日本ツアー出場枠の削減を示唆したという。小泉は8月25日の理事会の定例会見において「非常に恥ずかしい思いをした」と自身の心境を振り返った。小泉によれば特別顧問青木功も「われわれがつくった地盤を壊す選手がいて困る」と憤慨していたという。

2008年8月5日、全英オープンに続いて、出場登録していた全米プロゴルフ選手権を背筋痛のため欠場することを発表した

2008年の日本オープンゴルフ選手権競技ではドライバーをバッグから抜いたクラブセッティングで戦い、-1で完全優勝。通算25勝となり、永久シード権を獲得。

2009年のマスターズ・トーナメントでは10アンダーで回り、首位と2打差の4位に入る大健闘を見せた。マスターズでの日本選手としては伊沢利光(2001年)と同じ順位であり、首位との差では中嶋常幸(1991年)の4打差を抜いて最も接近する日本人最高成績となった。

2009年シーズンはマスターズ・トーナメントで4位に入ったものの、未勝利に終わる。

2010年シーズンのマスターズ・トーナメントで昨年の雪辱を果たそうとするが、結果は「75 77 計152(+8)」の78位タイで無念の予選落ち。

2013年シーズンのコカ・コーラ東海クラシックで-7で並んだ星野英正、冨山聡とのプレーオフを制し、2008年の三井住友VISA太平洋マスターズ以来5年ぶりの優勝を果たした(通算27勝目)。

2016年にはユーラシアカップのアジア選抜に選出。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%B1%B1%E6%99%8B%E5%91%89

片山晋呉のわがままが問題視されていた!

片山晋呉氏は5月30日に行われた日本ツアー選手権森ビル杯のプロアマ戦でアマチュアの招待客に不愉快な思いをさせ、プレーを断念させたといいます。

日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長や石川遼選手会長は極めて深刻と受け止め、今後、片山晋呉氏に対し懲戒・制裁委員会で処分を検討すると発表しました。

「片山は招待客に対してポケットに手を入れたまま話をしたり、グリーンでの客のライン読みをせずに自身の練習の方を優先するなどの態度をとったそうです。

招待客はそうした片山晋呉氏の態度に対し激怒し、わずか3ホールで帰ったそうです。JGTOの準則には『(プロアマで)同伴アマチュアに不適切な対応をしたり、不快感を与えるような態度をしてはならない』と明記されていますから、片山には重い処分が下される可能性が高いのでは」(スポーツ紙記者)

今年から新選手会長に就任した石川遼氏は選手の意識改革として、ファンサービスの充実やプロアマ大会での招待者へのおもてなしを明確に打ち出したばかりでした。その矢先の“不祥事”です。

「片山はプロ転向から約23年、日本を代表するプレーヤーとして実績も申し分ないのですが、以前からプレーマナーやファンサービスの態度の悪さは問題視されていました。プライベートでも、片山の女性問題でドロ沼離婚調停が長い間続くなど、何かとトラブルが少なくありません。それもこれも、小さい時から甘やかされて、チヤホヤされてきたからという背景もあるかもしれません」(スポーツライター)

片山晋呉氏は実家がゴルフ練習場を経営しており、自身も2歳からゴルフを始め5歳の時にラウンドデビュー。1995年にプロテストに合格すると‘97年には賞金シード獲得、2001年の全米プロ、’09年のマスターズでは4位に入るなど輝かしい経歴を残しています。

そんな片山晋呉氏の普段のワガママぶりを「垣間見た」と話すのは、ある飲食店の客のひとりです。

「もう4~5年前ぐらいですが、都内でも人気の日本料理店で彼は若い女性と二人で訪れ最初のうちは談笑していたのですが、急に持参したワインを取り出し『これ開けて』と言い出したんです。

もともと料理長やオーナーさんと知り合いだったようで、お店の方も苦笑しながら、ワインを開けましたが、そのうち提供される食材の食べ方に『俺だったら、これには違うタレを使う』とか『その肉、もっと大きくカットして』とかワガママを言い始め、次第に『ちょっとそれかして、俺にやらせて』と料理長の包丁を取り上げようとしたり……。常連さんなのかもしれませんが、カウンター席で大きな声で電話をしたり、とにかく大人のマナーとは程遠い感じを受けました」

そんな片山晋呉氏に対する処分は6月中に発表される予定です。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180611-00012588-jprime-ent&p=1

プロゴルファー片山晋呉の悪評が噴出中!

タレントの大桃美代子(53)さんは8日、自身のブログを更新しました。10年ほど前にプロアマ大会で片山晋呉さんとラウンドしたことがあったといいます。「みなさんとまわると言うより、ご自身が使っているクラブメーカーの方が付ききりでクラブチェックをしたり、修正点をメーカーさんと話していたり」と招待客そっちのけの実態を暴露しました。

当時は「プロの勝利への執念なんだろう」と受け止めましたが、他のタレントから「宮里プロと一緒で、バンカーからの出し方とか教えてくれて優しかった」と聞き、「うらやましいな~と思ったものでした」。

一方、野球解説者の金村義明氏(54)は同日放送のTOKYO MXテレビ『バラいろダンディ』で「男子は(愛想がいいといわれる女子と)スポンサーとの距離が違う。プロアマに出たくない先鋒が片山だった。素晴らしい人間性のいい選手がいっぱいいるのに、こういうことになると女子ともっと差がつけられそう」と名指しで批判しました。

また、プロアマ戦に参加中の片山晋呉氏を目撃したことのあるツアー関係者も本紙の取材に、「ハンドボール大の球体を両腕と胸で挟んだままスイングする練習器具があるじゃないですか? 片山プロはあれを挟んだままラウンドしていた。とても同伴の招待客をもてなしているようには見えませんでした」と証言しています。同情論が広がらないのも、人徳のなさというべきなのでしょうか。

そんな片山晋呉氏の性格が悪いと言われています。

片山晋呉の性格が悪いと評判!

片山晋呉のゴルフマナーが悪い

ゴルフのプレー中にミスショットをするとそのクラブでキャディバックをたたいたり、キャディに罵声を浴びせるたり、プレー中にした食事を平気でコースに捨てたり、というマナーに関する悪い評判があります。

片山晋呉の態度が悪い

片山晋呉がファンにサインをしているところを見た人がいないこと、また笑顔がない、と言われています。

片山晋呉の性格が悪い

また性格の悪さを表現しているのは片山晋呉氏が仲間や後輩からの人望がないということに尽きるでしょう。

例えば、”いつでも言ってくれれば教えてやるのに”と愚痴をこぼした際、裏で”片山選手に教えられるくらいなら下手なままでよい”といわれたそうです。相当嫌われていますね。

またアメリカで共に修業した相手が”関わりたくないほどの変人だった”と答えているそうです。

ただ、以上の事は確証はなくすべて伝聞の情報なので、具体的な日付も相手の名前もツアーの名前も明らかになっていませんが、それでも、一つ一つのエピソードが片山晋呉氏であれば間違いなくやりそうだという補完情報となっているのも事実ですよね。

これほどまでに悪評が多方面から噴出をしている状態は、異常事態ですので、やはり今までの行いが良くなかった結果だと思います。

またゴルフはテニスのように紳士のスポーツの一つです。いくら成績が良いからといって、評価されません。

幼少期から恵まれた環境でゴルフを習得することができ、かなりラッキーな境遇だったと思います。でも、成績が良くてもそれだけで評価されないのがゴルフです。やはり、バランス良くマナーや態度など、人格的な部分も併せての評価になると思います。

今回これだけ世間に知れ渡ることになったので、片山晋呉氏にもこれを機会に改める部分は改めていって欲しいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロゴルファーの片山晋呉氏の悪評について調べてみました。多方面から出てきていますので、確証ではないですが、ほぼ内容的には事実なのではないかと思われます。

今回の報道で片山晋呉氏ご自身はどう感じたのでしょうか?今後の変化に注目したいですね。

Advertisements

-スポーツ, 芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ちびまる子ちゃん役でブレイクした森迫永依の現在とは?

2006年にフジテレビ系人気アニメの実写ドラマ版「ちびまる子ちゃん」で、まる子を演じた女優の森迫永依(20)さんが、8日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)にVTR出演し、新 …

日本や海外でも人気の「ONE OK ROCK」のヴォーカル・Takaの元カノとは?

元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞(29)さんとロックバンド「ONE OK ROCK」のヴォーカル・Taka(29)さんがお泊まりデートしていたことが「週刊文春」の取材でわかりました。 そんな …

NHKを退職した有働由美子がジャーナリストになりたい理由とは?

NHKからの退社を電撃発表した有働由美子アナウンサー(49)。政界進出も取り沙汰される中、フリーアナになるのかと思いきや、今後はジャーナリストで活動していくといわれています。ニューヨークでの取材経験な …

桐生祥秀選手の韓国人の噂を検証!!!

9月9日、日本学生対校選手権において、100mで9秒98を出して、19年ぶりに日本新記録を出した桐生祥秀選手。 一夜明けて、ニュースになったりして、やったんだ!という実感がわいてきたようですが、桐生祥 …

歌舞伎界の「名門の娘」と言われた松たか子の歌唱力は?

女優として高い評価を受ける松たか子(40才)さんは、高麗屋という名門で産声をあげました。しかし、あまりにも歌舞伎界の名門という重圧で「名門の娘」といわれることから逃げたくてピアニストの道に進もうとした …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク