ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

加藤浩次のMCとしての評価とは?

投稿日:

Advertisements

極楽とんぼの加藤浩次さんが29日放送のフジテレビ系「おじゃMAP!!」で、2006年に相方・山本圭壱が起こした不祥事で心が折れかけた時、元SMAPの香取慎吾さんからの電話で救われたことを打ち明けました。

加藤浩次さんと香取慎吾さんはドラマ「人にやさしく」で共演した間柄でした。番組では酒を酌み交わしながら、加藤浩次さんが「借りがあるって言い方じゃないんだけど…山本がさ、事件起こした時あったじゃない?慎吾ちゃんがさ、どっから聞いたのかわからないけど、俺の携帯に電話してきてくれたじゃない、アレ。アレねえ、俺はすっげえうれしかったの、アレ」と、思い出話を始めました。

「何も聞かずにだよ、『加藤さん、大丈夫ですか?僕はもう加藤さんのこと応援してますから』みたいなことを慎吾ちゃんが言ってくれて。俺ねえ本当にね、アレは1個ねえ、こう『いや~』って、あん時、気持ちも折れかけてたの、俺、実は。『もういいか』みたいな。慎吾ちゃんの電話で『俺やんなきゃダメだな』って思ったとこ。正直なとこ。何にも嘘もない」と、香取の思いやりで立ち直ったことを明かした。

そんな加藤浩次さん、MCとしていくつかのレギュラー番組を担当されていますが、MCとしての評価を調べてみました。

加藤浩次プロフィール

  • 生年月日:1969年4月26日(48歳)
  • 出身地:北海道小樽市
  • 血液型:O型
  • 身長:176cm
  • 最終学歴:北海道小樽潮陸高等学校
  • 出身:劇団東京ヴォードヴィルショー
  • コンビ名:極楽とんぼ
  • 相方:山本圭壱
  • 芸風:コント(つっこみ)
  • 立ち位置:左
  • 事務所:吉本クリエイティブ・エージェンシー
  • 配偶者:緒沢凜

加藤浩次略歴

高校卒業後、西濃運輸の札幌支店に就職。事務職を務めるも入社初年度の12月末を以って辞職し、翌年2月に上京する。

大道具などのアルバイトを経て1989年4月、佐藤B作率いる「劇団東京ヴォードヴィルショー」養成所「闘魂塾」へ第4期生として入団。そこで山本圭壱と出会い、「極楽とんぼ」を結成

1989年8月、バッタモン倶楽部オーディションに合格し吉本興業入り。

1993年4月8日より、自身初のレギュラー番組『とぶくすり』に極楽とんぼとして出演。『新しい波』の選抜メンバーを中心にレギュラーが選考された。

『とぶくすり』、『めちゃ2モテたいッ!』へのレギュラー出演を経て、1996年10月19日より、『めちゃ2イケてるッ!』が開始し、ゴールデンタイムのレギュラー出演となる。

1999年4月、極楽とんぼの冠番組『極楽とんぼのとび蹴りヴィーナス』が開始。

2000年10月6日より、ラジオ『極楽とんぼの吠え魂』が開始。

2001年7月7日、元女優の緒沢凛と結婚。

2004年4月4日より、『儲かりマンデー!!(現:がっちりマンデー!!)』のキャスターを務める。

2006年4月3日より、日本テレビ『スッキリ!!』のメインキャスターを務める。

2006年7月18日、相方である山本圭一の不祥事と山本の所属事務所との契約解除及びコンビ解散が吉本興業によって発表される。ただし、加藤自身は「解散は自分と山本が決めること」として解散の事実は認めなかった。これを受けて、『極楽とんぼの吠え魂』の急遽打ち切りが決定。7月21日に終了。

2007年4月6日より、ラジオ『加藤浩次の吠え魂』が開始。

2014年4月19日より、ラジオ『まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜』に出演。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%B5%A9%E6%AC%A1

加藤浩次のMC番組

加藤浩次さんは『スッキリ』(日本テレビ系)を筆頭に、『スーパーサッカー』、『がっちりマンデー!!』『この差って何ですか?』(ともにTBS系)など4つのレギュラー番組でMCを担当しています。本職はお笑い芸人ですが、今や好視聴率番組、長寿番組を抱える売れっ子MCといった印象が強いですね。

とくに『スッキリ』では、加藤浩次さんが夏休みで不在時には、逆にその存在感が高まったほどでした。加藤浩次さんがMCとして重宝される秘密はどこにあるのでしょうか?

加藤浩次のMCとしての評価

柔軟な対応力

MCのできる芸人さんはたくさんいますが、どうしても自分が主体となって、おいしいところを欲しがる傾向があります。でも加藤浩次さんは、自分からは前に出ていかず、話を進めるか、掘り下げるか、それとも笑いに持っていくか、状況を見ながら臨機応変に対応しています。ここが他の芸人MCとの大きな違いだと思います。進行役、ボケ役、人に笑いを渡すサポート役。何でもできる“七変化MC”といえるでしょう。

このように柔軟な対応ができるのは、加藤浩次さんの番組に対する考え方が大きいと思います。先日、加藤さんにインタビューをした時に、「僕は歯車の一つでしかない」とおっしゃっていましたが、この一言に集約されているといえます。あくまで自分は使われる立場であるということを自覚していて、番組の意図を汲み取ろうとする誠実な姿勢で臨んでいます。だから番組スタッフからのウケもいいのです。

番組の構成力

さらに、一つ一つの素材が何のためにあるのかをよく理解していて、それを自分で組み立てる構成力もあります。番組全体がよく見えていて、どこで盛り上げるか、山を作るポイントをしっかり考えているのです。若いころから構成作家との交流を重ねていた上に、極楽とんぼでネタ作りをしていた経験が生きているのでしょう。

加藤浩次さんといえば、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)のようなバラエティー番組で見せる“キレキャラ”の印象が強いという人も少なくないでしょう。しかし本来は、コントでも大喜利でも何でもできる芸人さんです。役者をやらせても芸人の中ではトップクラスの実力があります。“キレ芸”は番組スタッフによる演出で定着したというだけで、万能タイプの加藤浩次さんの一面に過ぎません。

その万能性が最も発揮されているのが、今の『スッキリ』です。テリー伊藤さんがいなくなってからは番組そのものが大きく変わって、以前よりもコメンテーターが多く出ています。中にはテレビでは扱いづらい人もいて、台本通りに進まないシーンもたくさんあるようです。でも加藤浩次さんは出演者の個性を引き出しながら、うまくコントロールしています。同番組には世界的なアーティストが出演することもありますが、その対応にも安定感があります。

ストレート勝負

その「スッキリ」の中で加藤浩次さんが3つのやってはいけないことを守っているようです。

質問に作為をこめない

いちばん大事なのは、相手に対して悪意とか下世話な感覚とか、こんなコメントを言わせようとか、僕に作為があるとダメで、それさえなければ何を聞いてもいいと思っています。

人によって意見を変えない

ゲストも、しゃべろうと思って来てくれています。下手な変化球よりも、ストレートがいい。でも、絶対に悪意、邪なもの、視聴者が聞きたがっているだろうから、というものに迎合してはいけない。計算高いと鼻につくじゃないですか。そこだけは気をつけています。僕は器用じゃないし、テクニックもない。だから、ストレートで勝負するしかないと思っています。肝に命じているのは、人によって意見を変えたり、昨日言った意見の真逆を言わないこと。昨日言ったことに対して違うなと思ったら、翌日に「昨日はAと言いましたけど、やっぱり違うような気がしてきました」と絶対に言うようにしているんです。そうしないとズルだと思うんです。

相手にゆだねて、口を出さない

僕が番組をやらせてもらうときは、キャスティングには一切口を出さず「お任せします」と言っています。僕が口を出すと、自分がやりやすいスタッフを集めることになってしまいますから。だって、やりづらいほうが面白くなることもあるじゃないですか。僕のやり方は、これからも変わらないと思います。

加藤浩次さんの真っすぐな人柄がにじみ出ているようなMCぶりですね。そんな「スッキリ」で加藤浩次さんが暴言を吐く場面があったようです。

民放が元SMAP3人を徹底排除

11月23日放送の情報番組『スッキリ』が、ジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんを“排除”するような不自然な映像を放送しました。このとき、司会の加藤浩次さんが「なんだよ、それ」とブチ切れていたと話題でした。

この日、日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日のワイドショーは、前日に行われた「GQ MEN OF THE YEAR 2017」授賞式のVTRを放送しました。“今年最も輝いた男性著名人”に送られる毎年恒例の賞で、今年は稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんをはじめ、レーシングドライバーの佐藤琢磨さん、俳優の長谷川博己さん、ロバートの秋山竜次さん、将棋の佐藤天彦名人、ミュージシャンの野田洋次郎さん、俳優の斉藤工さんの計9名が受賞しました。

「授賞式での立ち位置は、元SMAPの3人が真ん中でした。主催する雑誌『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン)最新号の表紙も元SMAPの3人が飾っており、明らかにこの3人の受賞がメインでした。にもかかわらず、日本テレビとフジテレビは、3人がその場に“居なかった”かのような編集を施して放送したのです。

もっとも編集が“あからさま”だった『スッキリ』は、受賞者9人がかなりの引きの画で一瞬映ったものの、真ん中の元SMAP3人を避けるようにして両側の3人ずつを抜いた映像を使用しました。長谷川博己さんや秋山竜次さんのコメント映像が流れる中、ワイプに映った加藤浩次さんが「そっか! 香取くんと草なぎくんと、吾郎ちゃんも選ばれてるのよね」と切り出すと、慌てたようにハリセンボン・近藤春菜さんのワイプ映像に切り替わったのです。

「近藤のワイプに切り替わると、かすかに『なんで居ないの? なんだよそれ』と加藤浩次さんがブチ切れているような音声が流れ、同時に近藤春菜さんは苦笑いを浮かべていました。さらに、このVTRが終わった瞬間、加藤浩次さんは意味深げに頭を抱えながらうなだれ、3人を排除した番組に落胆している様子だったようです。

ちょっと聞き取り辛いですが、不満そうな表情をして最後はうなだれている姿が見て取れます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな「スッキリ」ですが、10月より水卜麻美アナウンサーを起用してから、視聴率が伸びたようです。「好きな女性アナウンサーランキング」4年連続女王の看板アナが存在感を発揮し、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」やフジテレビ「とくダネ!」が並ぶ朝の激戦区で高視聴率を獲得しています。

ストレート勝負の加藤浩次さんと、人気の水卜麻美アナウンサーでますます「スッキリ」を盛り上げていって欲しいですね。

 

参考:http://toyokeizai.net/articles/-/144418

参考:https://www.news-postseven.com/archives/20150825_343270.html

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「あさイチ」出演中の井ノ原快彦の絶賛エピソードとは?

スポニチ本紙昨報でNHK朝の看板番組「あさイチ」の司会を3月末で降板することが明らかになったV6の井ノ原快彦(41)さんが、6日にも番組内で正式発表することが3日、分かりました。コンビを組む有働由美子 …

熱い男の松岡修造は本当は弱かった?そんな松岡修造を支えてきた嫁はどんな人?

スポーツキャスターで元テニスプレイヤーの松岡修造さんが、7月8日、都内で新刊『弱さをさらけ出す勇気』の出版記念イベントに登場しました。 そんな松岡修造さんのお嫁さんについて調べてみました。 松岡修造プ …

高畑淳子の新居はどこ?

女優の高畑淳子(62)さんが9日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演し、昨年、長男で俳優の高畑裕太(24)さんが起こした事件後、転居先の近隣住民の人情に救われたことを涙ながらに語りました。 高畑淳子 …

中村七之助が甥っ子に馳せる「門出二人桃太郎」

中村七之助さんが9月上旬、沖縄・波照間島で”婚前旅行”をしていたと「女性自身」が報じました。お相手は、2014年8月に写真週刊誌「FLASH」で交際を報じられた女性でした。居合わせたお客さんの話しによ …

相変わらず綺麗な女優の仙道敦子が23年ぶりに女優業に復帰した理由とは?

女優・仙道敦子(48)さんが、TBS系の7月ドラマ『この世界の片隅に』に、主人公・すず(松本穂香)の母親役で出演します。 そんな仙道敦子さんが女優業に復帰された理由について調べてみました。 仙道敦子プ …

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク