ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

社会 芸能

経済評論家であり2度の離婚歴がある勝間和代のパートナー女性との馴れ初めとは?

投稿日:

Advertisements

経済評論家の勝間和代氏が28日、ブログを更新し、女性と交際し、一緒に暮らしていることを公表しました。この告白に、各方面からその勇気を称える声が相次ぎました。

そんな勝間和代さんとパートナーの女性との馴れ初めについて調べてみました。

勝間和代プロフィール

  • 生年月日:1968年12月14日(49歳)
  • 出身地:東京都葛飾区
  • 職業:著述家、評論家、プロ雀士

勝間和代略歴

東京都葛飾区生まれ。実家はテープレコーダーのヘッドケースをプレス加工で製造する町工場。4人兄弟の末子(11歳と10歳年上に姉、8歳上に兄)。

葛飾区立住吉小学校、慶應義塾中等部、慶應義塾女子高等学校を経て慶應義塾大学商学部卒業。早稲田大学大学院ファイナンス研究科専門職学位課程を修了し、ファイナンス修士(専門職)の学位を取得。須田一幸教授のゼミに参加した。

高校時代から公認会計士試験の勉強を始め、23歳で公認会計士としての登録が可能 となる3次試験に合格。なお2次試験には19歳で合格しており、旧試験制度では当時の最年少記録。2009年(平成21年)に研修(CPE)を受けなかったため日本公認会計士協会より懲戒処分を受け、2011年(平成23年)2月上旬に会計士協会に廃業届を提出した。また、中小企業診断士試験の合格者である。

大学在学中の21歳のとき最初の出産をした。3女の母である。長女は現在父親と暮らしている。2回の離婚を経験し、現在は独身。

ITに詳しく、中学時代からパンチカードで付属の大学のコンピュータでプログラムを作っていた。ニフティサーブのウインドウズフォーラム・マルチメディア会議室のボードリーダーを務めていたこともある。ISDNを自宅に引いたときに「葛飾区の個人宅で2軒目」と言われた逸話もある。第一種情報処理技術者試験の上位にあたる高度情報処理技術者(オンライン情報処理技術者試験)の合格者でもある

2015年1月、麻雀のプロ団体、最高位戦日本プロ麻雀協会のプロ試験に合格。春からD1リーグに所属する

好きなことに夢中になりやすい性格であり、オタク気質であることを自認しており、「オタク趣味の間に仕事をしているのではないか」と思っている。

発達障害を持っていることを公表している。子供時代より現在までADHDの症状をもち、軽度のADHDと診断を受けている。

2010年の香山リカとの論争が話題となった。5月、自らホストをつとめる経済情報番組『デキビジ』(2010年5月2日BSジャパンで放送)に元2ちゃんねる管理人の西村博之をゲストとして招き対談を行った。しかし、終始議論が噛み合わず、西村の抗議にもすぐに話題を変えてとりあわなかった。この西村との対談について、5月6日に同ブログで「(西村および視聴者に対して)不快感をもたらした」として謝罪した。また、同番組内(2010年5月9日放送)でも改めて謝罪した。一方、西村は、対談が和やかに進まなかった件について、「(自分は)睡眠時間が短いと機嫌が悪くなる」と釈明した。この件は、勝間と西村が朝5時半まで朝生に出演していて、9時からデキビジの収録が行われ、両名とも寝不足が原因であったと語っている

2018年(平成30年)5月、自身が両性愛者で増原裕子と同棲関係にあることをカミングアウトした

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E9%96%93%E5%92%8C%E4%BB%A3

勝間和代が同性愛をカミングアウト

勝間和代さんのカミングアウトについて、作家の乙武洋匡氏はツイッターで「勝間和代さん、渾身のカミングアウト。そして、早く“渾身の”なんて意気込むことなく、さらりと自然体で周囲に伝えられる社会にしていきたいですよね」と、その告白を評価しています。

これに勝間和代氏も「わーーー乙武さん、ありがとうございます。ほんとうに、勇気を振り絞ったので、読み取っていただいてうれしいです」と感謝しました。

都議会の音喜多駿議員もツイッターで「勝間和代さんが同性を愛し、一緒に暮らしていることを告白。もっと自由な社会になるといい、自由を作りたいと思える出来事です」と評価しました。元NHKアナウンサーの堀潤氏も「ありふれた日常の一コマに」とつぶやいています。

フジテレビ元アナウンサーの長谷川豊氏も「アメリカじゃあとっくに普通の事。日本でも当たり前に受け入れられるようになったらいいな。別に何の問題もないよね。好き同士なんだし。勇気あるカミングアウトを支持!」、元陸上400メートルハードル日本代表の為末大氏も「すごいいい話」とつぶやくなど、反響は広がっています。

そんな勝間和代氏のお相手である増原裕子氏とはどういう方なのでしょうか?

勝間和代のパートナーである増原裕子とは?

増原裕子の経歴

  • 神奈川県横浜市出身。慶應義塾女子高等学校卒、慶應義塾大学文学部卒、慶應義塾大学大学院フランス文学修士課程卒業。
  • 株式会社トロワ・クルール代表取締役。
  • 2012年、東小雪と同棲を開始する。
  • 2014年1月、『ふたりのママから、きみたちへ』(東小雪との共著)、『レズビアン的結婚生活』(東小雪、マンガ家すぎやまえみことの共著)を発表。
  • 2015年11月5日、渋谷区「パートナーシップ証明書」第1号証明書を受理したが、2017年12月25日、パートナー解消に伴い渋谷区に証明書を返還した。
  • 2018年5月、勝間和代が増原と同棲関係にあることをカミングアウトした。

増原裕子の功績

東京ディズニーリゾートでの同性挙式

2012年3月、東京ディズニーランドがパーク内のシンデレラ城を一般客の結婚式用に開放する「ディズニー・ロイヤルドリーム・ウェディング」の企画を発表した。これに際し、増原裕子氏らが同性カップルでも挙式が可能であるか東京ディズニーリゾートに問い合わせたところ、同性同士の利用は問題ないとされたものの、「一般客への影響」を理由として、どちらかがタキシード(男性用衣装)を着なければならないと回答されたようです。

これをパートナーがTwitterで発信すると、オリエンタルランドの対応について批判的な反響が広がりました。その後、東京ディズニーリゾートはアメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーに確認した上で、増原裕子氏らに対して先の回答を撤回し「同性カップルによる同性での結婚式は可能」と伝え、これは特例でなく同性カップルによる挙式を東京ディズニーランドでも認めることを公にも発表しました。

この発表に、同性愛者からは「やはりディズニーは夢をかなえてくれる」と喜びの声が上がり、増原裕子氏とパートナーも後日感謝の意を伝えるため東京ディズニーランドを訪問したそうです。

この出来事は「(LGBT)コミュニティにとって2012年を代表する大きなムーブメントの一つとなった」として、増原裕子氏とパートナーは同年、LGBT文化・コミュニティの発展に貢献した人物・団体を表彰する「Tokyo SuperStar Awards」のコミュニティ賞を受賞しました。

翌2013年3月1日、増原裕子氏たちは東京ディズニーシーで式を挙げ、日本のディズニーリゾートで同性挙式をした最初のカップルとなりました。

渋谷区「パートナーシップ証明書」

2015年4月1日に施行された渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例に基づき発行される「パートナーシップ証明書」の申請を、受付開始の同年10月28日8時30分に手続きし、11月5日、第1号証明書を受理しました。2017年12月25日、パートナー解消に伴い渋谷区に証明書を返還しています。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%97%E5%8E%9F%E8%A3%95%E5%AD%90

勝間和代とパートナーである増原裕子の馴れ初めとは?

そんな素敵すぎるお2人の女性。お付き合いの馴れ初めやきっかけは何だったのでしょうか?なんとお2人の出会いは高校の同窓会だったそうです。

2015年12月。勝間和代さんの恩師が、その年の11月に渋谷区の同性パートナー制度第1号になったのは、この高校の卒業生だと口にしたそうです(増原さんのこと。)

それを聞いた勝間和代さんは、そんな子もいるんだ。そういうニュースもあったな、と軽く聞き流したそうです。それから1ヶ月も経たないうちに、友人がフェイスブックにあげた写真に、増原裕子氏が写っているのを見つけ、この人知ってるよ、高校の後輩なんだよ、と何の気なしに書き込みをし、その友人の紹介で、勝間和代氏は増原裕子氏と知り合いになったそうです。

然るべきときに偶然が偶然を呼んだ感じですよね。

増原裕子さんにとっては、勝間和代さんは働き方について学んできた尊敬の対象でした。勝間和代氏の著書なども読まれていたそうです。

増原裕子氏の元パートナーの東小雪さんと共に勝間和代氏の家の食事会に招かれ、勝間和代氏が運営するサロン「勝間塾」にも参加するようになったそうです。

勝間和代氏にとっては、興味はあったもののほとんど知らなかったLGBTの世界。増原裕子氏にに誘われ、日本最大のLGBTイベント「東京レインボープライド」の見学にも行かれました。

「東京レインボープライド」とは、LGBT当事者や、その存在を理解し支え合う仲間たちが集う祭典のことです。

渋谷の街を行進するパレードにも参加し、多様性の素晴らしさを訴える列に加わったそうです。

LGBTに興味があることを隠さなくては、と思っていた思いが増原裕子氏に出会って少しづつ溶けていったようです。

勝間塾でもLGBTに関するセミナーを開くと、メンバーの中でも「実は私も」とカミングアウトする人が出てきたりしたようです。

その後、2017年12月。増原裕子氏は東小雪さんと「離婚」し、パートナーシップを解消しました。

翌年の1月、勝間和代氏は募った増原裕子氏に自分の気持ちを打ち明けたそうです。出会ってから2年、そして2人は一緒に暮らし始めたそうですね。

料理も整理整頓も得意な勝間和代さんが、家事の大半を担っているようです。増原裕子氏は食器の片付けや花の水やりなど細々としたことを行い家事の分担をしているそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

勝間和代氏と増原裕子氏の馴れ初めについて調べてみました。高校の同窓会が馴れ初めのきっかけになったようですね。勝間和代氏のお相手の増原裕子氏はLGBTに関して様々な活動をされていた女性でした。

勝間和代氏の勇気あるカミングアウトには驚きましたが、そのようなことが自然と言えるような世の中になるといいですね。

Advertisements

-社会, 芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

満島ひかりの専科CMが可愛い!歌唱力もすごい!

女優の満島ひかりさんが出演する資生堂「専科 パーフェクトホイップマスク」の新TVCMが公開されました。同CMではお風呂で泡パックした満島ひかりさんが、水鉄砲で遊びながら楽しそうに保湿タイムを過ごす様子 …

ママとして女優復帰した榮倉奈々と賀来賢人の離婚の噂とは?

女優の榮倉奈々(30)さんが18日放送のTBS日曜劇場「99・9 ―刑事専門弁護士―SEASON2」(日曜後9・00)の最終回2時間SPに出演することが15日、分かりました。2016年に放送されたシー …

今や3児のパパであるダイヤモンド・ユカイと三浦理恵子の離婚原因とは?

20日、ロックシンガーのダイアモンド☆ユカイさんが自身のブログを更新し、双子の息子さんたちが通う幼稚園のPTA会長だったことを明かし、驚きの声が挙がっています。 ダイアモンド☆ユカイさんには頼音(らい …

結婚間近という噂もあった鈴木京香と長谷川博己が破局!その理由とは?

一時期は結婚間近と言われていた鈴木京香(50才)さんと長谷川博己(41才)さんが破局していたことが明らかになりました。 そんな鈴木京香さんと長谷川博己さんの破局理由について調べてみました! 鈴木京香プ …

鈴木紗理奈が離婚した理由は?

タレント、鈴木紗理奈(40)さんが11日、日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演しました。2013年に離婚した元夫との現在の関係を明かしました。 鈴木紗理奈さんは08年にレゲエアーティスト …

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

スポンサーリンク