ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

とにかく異性にモテモテ?の川田裕美アナウンサーの年収はいくら?

投稿日:

Advertisements

フリーアナウンサーの川田裕美(35)さんが、古巣の読売テレビで7月1日に放送される紀行番組「クチコミ新発見! 旅ぷら」(日曜・前10時55分)にゲスト出演し、同じ2006年入社の同局・虎谷温子アナウンサー(35)と初夏の京都のクチコミスポットを巡りました。

そんな川田裕美アナウンサーの年収について調べてみました。

川田裕美プロフィール

  • 生年月日:1983年6月22日(35歳)
  • 出身地:大阪府泉大津市
  • 血液型:B型
  • 身長:158cm
  • 最終学歴:和歌山大学経済学部
  • 所属事務所:セント・フォース
  • 職歴:讀賣テレビ放送アナウンサー(2006.4-2015.3)

 

川田裕美アナウンサー略歴

父の仕事の関係による転勤で名古屋、長野、札幌、小樽に住んでいたこともある。2006年に大学卒業と同時に読売テレビ(ytv)入社。ニュースデビューは、2006年7月22日。『情報ライブ ミヤネ屋』が関西ローカル放送や一部地域ネットだった時期には火曜日にレギュラーで出演していた。

2011年4月4日からは、産休に入った先輩アナウンサー・森若佐紀子の後任司会として『情報ライブ ミヤネ屋』にレギュラー出演。以降2015年2月まで4年間に渡り、森若が産休から職場へ復帰した2012年6月以降も引き続き同番組の司会を務め、宮根誠司のアドリブへの対応や個性豊かなコメンテーター陣の扱いが上手く生放送に強い司会ぶりが評価されていた

2015年2月に会見を開き、「新しいステージで自分を試したい」と読売テレビの退社とフリーアナウンサーへの転身を発表

2015年4月からセント・フォースに所属し、フリーアナウンサーとして東京を拠点に活動を開始。4月1日には『川田裕美オフィシャルブログ「Sweet Room」』をアメーバブログに開設、続いてセント・フォース公式モバイルサイト『cent.FORCE Channel』にもブログを開設した

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E7%94%B0%E8%A3%95%E7%BE%8E

川田裕美アナウンサーがモテモテ?

虎谷温子アナウンサーが「絶対に川田を連れていきたい」という「日本三大縁結び神社」の一つ、貴船神社にも参拝しました。

独身の川田裕美アナウンサーは取材会で「せっかく行ったので、期待したいですね」と恋愛成就に色気を見せると、すでに2児の母の虎谷温子アナウンサーは「川田は読売テレビにいた時から、とにかくモテるんです」と証言。

一方で「結構、趣味が…。世話焼きで面倒見がいいので、頼りない感じの男性が好きなんですよ」と暴露しました。

川田裕美アナウンサーが「よく言えば、母性本能が強いんです」と苦笑すると、虎谷温子アナウンサーは「(フリーになり)今や収入も桁違い。お金目当ての人にだけは気をつけてください。これが友達としてのアドバイス」と笑わせました。

入社時から大の仲良し。「『川田とロケに行くんです』というと、社内のみんなにうらやましがられた」という虎谷温子アナウンサーが「一緒に仕事をした人に好かれて、もう一回仕事を…と思う人。東京のテレビ局でも、川田のいいところがそのまま受け入れられて、すごくうれしい。関西弁がキツいっていうのはありますけど」と評すと、川田裕美アナウンサーは「悪口やん、それ!」と息の合ったやり取りを展開しました。

一方の川田裕美アナウンサーも「虎谷は頭の回転が速くて、話も面白い。サバサバしているので、男女両方に好かれる。それにお母さんになっても、この美しさを保っているなんて。仕事でバリバリやって、家のことも…。改めて尊敬します。私もそうなりたい」と、互いをリスペクトし合っていました。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000315-sph-ent

そんな川田裕美アナウンサーですが、なぜフリーになったのでしょうか?

川田裕美アナウンサーがフリーになった理由とは?

最近フリーになるアナウンサーの方が増えていますが、フリーになる理由は人それぞれだと思いますが、川田裕美アナウンサーがフリーになった理由は何だったのでしょうか?

調べてみると、川田裕美アナウンサーがフリー転身の考え始めたのは、フリーになる2年前からのようで、『ワクワクする感覚を覚え、新しいことに挑戦したい思いという思いが芽生えた』そうです。

そして、フリーになってからは『4年間のミヤネ屋で得たノウハウで生放送の情報番組をやりたい。やったことないラジオ番組、街ブラや旅番組、本を書いたり女優もしたい』と語ったそうです。

そんな話を聞いた先輩でフリーアナの宮根誠司アナウンサーは、もう少し考えた方がいいんではといったそうです。

宮根誠司アナウンサーは、これは親切で言ったのか、それとも”フリーは君には難しい”と思っていったのかは不明です。

また、フリー転身の理由は熱愛ではないということですが、現時点ではあまり熱愛の報道はないように思います。

ということで、おそらく色々と仕事の幅を広げたいということでフリーになったと思われます。

そんな川田裕美アナウンサーの年収はいくらくらいなのでしょうか?

川田裕美アナウンサーの年収は?

2015年に局アナを辞めてからバラエティ番組に出演し、かなりおもしろキャラであることが判明してからあちこちの番組に呼ばれるようになった川田裕美アナウンサー。

それでも、退社後しばらくはそんなに見かけなかったですよね。

でも、なぜ「ミヤネ屋」で絶頂だった読売テレビを辞めてフリーになったのでしょうか?収入として、読売テレビはミヤネ屋が好調なことも有りかなり待遇がいいと思われます。

局アナと言えば会社員で、それでも年収500万〜1000万だと言われています。

川田裕美アナウンサーがそれだけもらっていたかどうかは定かではないですが、レギュラーで毎日出ていて、ニュース読みも他の番組のアシスタントもやっていることを考えれば結構もらっていたはずと推測されます。

それに対してフリーになると「成功すれば」ベテランで最高1億円以上を稼ぎ出す人も居るようですが、さすがにそこまではないとは思いますが、局アナよりかは収入は良いと思われます。

しかも、川田裕美アナウンサーが言うには「東京で自分の力を試してみたい」と言うことだったので、直接的には給料に不満がありフリーになったということではありません。ただ言い換えれば「自分の力を試してみる」というのは「フリーで人気が出れば読売テレビでもらっていた給料をどれだけ越えられるか」とも取れるかも知れませんね。

また、川田裕美アナウンサーは、レギュラーの本数がセントフォースの中でもトップクラスだと言われています。テレビで7本とも8本とも言われているようです。

当然そうなると気になるのは年収ですが、仮に一本50万円としても7本あれば1週間350万円で一ヶ月1400万円。でも最近は格安で色々使われる方が使いやすいといことで、一本30万円としても7本あれば、1週間で210万円ですね。一ケ月840万円。それが一年となると、1億80万円。

そのうち取り分がどの程度かは不明ですが、半分としても5000万円ですよね。セントフォースはフリーアナウンサーばかりで、出来高制になっているようですので、もっと取り分は多い可能性もありそうですが・・・。

どちらにせよ、局アナ時代とは桁が違ってきますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

川田裕美アナウンサーの年収について調べてみました。億まではいかなくても、5000万以上ではないかと思います。

今後の川田裕美アナウンサーの活躍に期待したいですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コウメ太夫と元嫁の離婚の原因は?

この度、お笑い芸人のコウメ太夫さんが、4日フジテレビ系で放送された「バイキング」に出演して、8月29日に写真週刊誌「FLASH」で交際を報じられるも、破局となったプロレスラーでグラビアアイドルの加藤悠 …

今までに車を2台プレゼントされていたタレントの重盛さと美の彼氏とは?

タレントの重盛さと美(29)さんが、13日放送のバラエティ番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で、以前に恋人からもらった誕生日プレゼントを告白しました。重盛さと美さんが「人生で車を2台 …

元日本代表の前園真聖がW杯の解説で株上げ!ある事件で逮捕された過去から更生!

「ダウンタウン」の松本人志(54)さんが、8日に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」で、サッカー・ロシアW杯の解説で同番組にレギュラー出演するサッカー解説者・前園真聖氏(44)が“株を上げた”と指 …

本田朋子と五十嵐圭の馴れ初めとは?

7日放送のフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜・後9時)では、元フジテレビでフリーアナウンサーの本田朋子(34)さんの自宅を突撃訪問しました。夫でプロバスケットボール・新潟アルビレ …

北村一輝はバツイチで俳優の息子もいた!

笑福亭鶴瓶と「ViVi」モデル・emmaがMCを務め、ゲストの友人や関係者に徹底取材することでその素顔に迫っていくバラエティー「A-Studio」の12月15日(金)今夜の放送回に俳優の北村一輝さんが …

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク