ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

スポーツ

桐生祥秀選手の100m9秒台の快挙!その経歴は?

投稿日:2017-09-09 更新日:

Advertisements

陸上の日本学生対校選手権の第2日だった9日、福井市の福井県営陸上競技場であり、男子100メートル決勝は桐生祥秀(東洋大)が、なんと9秒98(追い風1.8メートル)で見事優勝しました!

従来の記録は伊東浩司氏が1998年アジア大会(バンコク)で出した10秒00で、桐生祥秀選手は19年ぶりに日本記録を更新しました。

これまでの自己ベストで日本歴代だった10秒01を0秒03縮めました。

9秒台をたたき出し、世界と同等に戦える速さの桐生祥秀選手ですが、経歴を調べてみました。

桐生祥秀プロフィール

  • フルネーム:きりゅう よしひで
  • 競技:陸上
  • 種目:短距離走
  • 大学:東洋大学
  • 生年月日:1995年12月15日
  • 出身地:滋賀県彦根市
  • 身長:176cm
  • 体重:70kg
  • コーチ担当者:土江寛裕

桐生祥秀成績

  • オリンピック 100m予選7組4着(2016年) 400mR 2位(2016年)
  • 世界選手権 100m予選2組4着(2013年) 400mR 3位(2017年)
  • 国内大会決勝 日本選手権 100m優勝(2014年)
  • 最高世界ランク 100m 17位 10秒01(2013年)

自己ベスト

  • 60m   6秒56(2016年)
  • 100m   9秒98(2017年)
  • 200m   20秒41(2013年)
  • 400m   47秒41(2013年)

獲得メダル

日本男子陸上

  • 銀   オリンピック2016 リオデジャネイロ 4×100mR
  • 銅   世界陸上選手権2017 ロンドン 4×100mR
  • 銅   ワールドリレーズ2015 ナッソー 4×100mR
  • 銀   世界ジュニア選手権2014 オレゴン 4×100mRと100m

桐生祥秀経歴

中学生まで

小学校時代はサッカーをしており、ゴールキーパーで彦根市選抜チームに所属していました。

彦根市立南中学校への進学を機に陸上を始め、3年生の時の全日中では200m決勝で中学歴代6位の記録となる21秒61(+1.8)をマークするも、21秒18の中学記録で優勝した日吉克実に敗れ2位、400mR(4走)で8位の成績を収めています。

高校時代

京都の洛南高校へ進学しました。1年生の時には国体少年B100mを10秒58(-0.2)で制し、2週間後の日本ユース選手権100mでは1年生で唯一決勝に進出して10秒79(-0.6)の3位に入りました。

高校2年時の4月15日、京都府高校春季大会200mで20秒88(+1.1)を記録し、高校歴代9位タイ・高校2年歴代2位に躍り出ました。

5月19日、京都府高校総体の市内ブロック大会・2年100m予選を10秒43(+1.1)、20日の準決勝を10秒39(+0.9)と、それぞれ自己ベストを更新して通過すると、決勝では10秒27(+1.8)を記録し、宮崎久選手が1992年に記録した10秒28ユース日本最高記録を0秒01更新しました。

10月5日、ぎふ清流国体100m決勝において10秒21を記録し、ユース世界最高記録、ジュニア日本記録、高校記録を塗り替えました。

高校3年時の時織田記念100m予選では10秒01記録し、これは日本歴代2位・日本ジュニア新・日本高校新・日本国内の競技会での日本人最高のタイムを記録しました。

6月15日、インターハイ近畿予選の200m決勝を20秒41を記録し、1994年に高橋和裕選手が記録した20秒57を更新する高校新記録を樹立しました。

10月の国体では少年男子A100mを10秒22で優勝し、一昨年の少年男子B100m、前年の少年男子A100mに続いて3連覇を達成しました。

2月9日、日本ジュニア室内大阪の60mに出場すると、予選で6秒63をマークしてジュニア日本新記録を樹立しました。決勝でもジュニア日本新記録となる6秒59をマークし、日本記録と0秒04差のタイムで初優勝しました。

大学時代

2014年5月16-17日、第93回関東インカレの100mに出場すると、決勝で10秒05のジュニアアジア記録・日本学生タイ記録・セカンドベストをマークして優勝し、大学初タイトルを獲得しました。

6月7-8日、日本選手権では100mを10秒22で制し初優勝しました。

9月、第83回日本インカレの個人種目は200mだけの出場になったが、20秒59(-0.1)をマークし、日本インカレ初タイトルを獲得しました。

2015年、3月28日、アメリカ合衆国のテキサス州で開催された大会の100mに出場し、9秒87を記録して優勝しました。

2016年、5月20日、関東インカレの100m決勝を10秒35(-1.4)で制し、2大会ぶりの2度目の優勝を果たしました。

6月11日日本学生個人選手権の100m準決勝で3年ぶりの自己ベストタイとな10秒01(+1.8)をマークし、日本学生記録も更新し、通算5度目の10秒0台は日本人最多回数となりました。

2017年、8月12日の世界陸上男子4×100mリレーでは第3走者を務め銅メダルを獲得しました。

9月9日、第86回天皇賜盃日本学生陸上競技対校選手権大会男子100m決勝において、9秒98を記録しました。伊東浩司氏が1998年に樹立した日本記録10秒00を19年ぶりに更新すると共に、正式に日本人選手初の9秒台のスプリンターとなりました。

感動の瞬間はこちらから↓

後半ぐんぐんと伸びてきてMAXになる辺りでフィニッシュでしたね。素晴らしい走りです!さすが、過去に数々の記録を塗り替えてきた桐生祥秀選手の走りです。

高校3年時の時に10秒01を記録し日本人最高タイムを記録してから4年、なかなか10秒の壁を超えれなかったですが、世界レベルの9秒台をたたきだした桐生祥秀選手。本当におめでとうございます!

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%90%E7%94%9F%E7%A5%A5%E7%A7%80

まとめ

つい先日、世界陸上で日本の渾身のリレーをみて感動したばかりですが、それから約1ケ月後に、日本人が100mで9秒台をたたき出すとは思いもよらず、桐生祥秀選手ご自身もとても喜んでいたのが印象的です。

幾度のケガで悩まされたりした時期もありますが、それを乗り越えての今回の記録は喜ばしい結果ですね。

さらに、9秒中盤までいくと、世界トップレベルにおいつきますので、桐生祥秀選手の今後に大いに期待したいですね。東京オリンピックへ向けて、更なる記録更新に挑んで欲しいと思います。

Advertisements

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男子バレー惨敗!中垣内監督の災難続き・・・

世界ランキング12位の日本は、同1位の絶対負王者ブラジルにたたきのめされました。結果、17-25、15-25、22-25のセットカウント0-3。第3セットのみ、終盤まで競り合いましたが、第1、2セット …

中島美嘉と清水邦広選手の離婚理由とは?

2014年に結婚した歌手の中島美嘉(34)さんと男子バレーボール元日本代表の清水邦広(31)選手が2日に離婚したことを3日、正式発表しました。清水邦広選手が自身のツイッターに文書をアップし「この度、私 …

井岡一翔の引退の可能性は?

ボクシングWBA世界フライ級王者の井岡一翔(28)さん=井岡=が保持していた王座を返上したことが9日、明らかになりました。大阪市内で会見を行った、井岡一翔さんの父で所属ジムの井岡一法会長(50)が発表 …

スポーツ選手への質問で醜態をさらしたフジテレビの久慈暁子アナウンサーが優遇されている理由とは?

フジテレビの久慈暁子アナウンサー(24)が、スポーツキャスター降板の危機です。 現在、朝の情報番組「めざましテレビ」でスポーツコーナーを担当している同アナが、今秋にも担当を外れる公算が大きくなっている …

日馬富士の退職金はいくらになるのか?

引退を表明した横綱・日馬富士は、自ら身を引いたことで相撲協会からの多額の退職金(養老金、勤続加算金)を手にします。 今後、警察や協会の危機管理委員会の調査が進んで除名や解雇となった場合は、支給見送りや …

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク