ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

社会

小泉進次郎の性格が生意気だと言われる理由は?

投稿日:2017-09-29 更新日:

Advertisements

衆院は28日午後の本会議で解散されました。政府は解散後の臨時閣議で、衆院選を「10月10日公示ー22日投開票」とする日程を決めました。安倍晋三首相は、選挙戦に際し、消費税の増収分を幼児教育無償化などに振り分ける使途変更による「全世代型社会保障」や、憲法改正推進などを掲げて臨みます。

一方で、民進党の前原誠司代表は民進党を事実上解党し、小池百合子東京都知事が率いる希望の党への合流を進めています。多くの選挙区で、自民と希望が対決する「政権選択選挙」となりそうな気配になりつつあります。

そんな中、小泉進次郎・自民党筆頭副幹事長のある行動に、衆院解散後記者がインタビューしました。

なぜ本会議場で解散のときに万歳をしなかったんですか?と問われて、

「なんで万歳するんですか。わかりませんよね。だからしないんです。慣習だからとか、今までやってきたからとか、合理的理由なくやり続けるのは僕は好きじゃない。そういったものを全部なくせばいいと思う。

と、小泉進次郎・自民党筆頭副幹事長は答えました。

なかなか言いますね、しかもインタビューを見ましたが、その前には小池百合子東京都知事に国政に参加するよう堂々と呼びかけていましたし、自信がみなぎっている感じでした。今度の衆議院議員総選挙で間違いなく自民党のキーパーソンになりそうな小泉進次郎氏の性格など調べてみました。

小泉進次郎プロフィール

  • 生年月日:1981年4月14日(36歳)
  • 出身地:神奈川県横須賀市
  • 出身校:関東学院大学経済学部 コロンビア大学大学院
  • 所属政党:自由民主党(無派閥)
  • 称号:政治学修士
  • 親族:小泉又次郎(曾祖父)泰道照山(曾祖父)小泉純也(祖父)小泉純一郎(父)小泉孝太郎(兄)
  • 選挙区:神奈川11区
  • 当選回数:3回
  • 在任期間:2009年8月31日ー現職

小泉進次郎略歴

生い立ち

神奈川県横須賀市に生まれました。幼少期に両親が離婚、小泉家の親族に育てられました。1988年に関東学院六浦小学校に入学して、大学まで関東学院で過ごしました。関東学院六浦中学校・高等学校ではスポーツ、特に野球に熱中しました。2004年に関東学院大学経済学部を卒業後、アメリカ合衆国のコロンビア大学大学院に留学しました。コロンビア大では2006年に政治学の修士号を取得しました。

初当選

2008年に父・純一郎氏が政界引退を表明して、進次郎氏を後継候補に指名しました。自由民主党の公認を受け、2009年の第45回衆議院議員総選挙に神奈川11区から出馬し、初当選しました。

当選後

2011年10月に自民党青年局長、国会対策委員会委員に就任しました。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙で再選し、党職では本人の希望もあって2期目の青年局長続投となりました。この選挙で自民党が大勝した結果、青年局所属議員は82人となりました。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で3選し、2015年10月23日、自民党農林部会長に就任しました。

2017年8月より柴山昌彦とともに自民党筆頭副幹事長。同年の第48回衆議院議員総選挙で4選。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E9%80%B2%E6%AC%A1%E9%83%8E

小泉進次郎の定評

進次郎氏は父で元首相、小泉純一郎の引退を受け、その地盤を引き継ぐかたちで2009年に初当選しました。現在も盤石な基盤を築いているが、父親譲りの政治的カンも鋭いようです。例えば、人気の高さゆえ初当選間もない頃から、たびたび副大臣など重要ポストの打診を受けながらも、異例の出世により党内の嫉妬を買ったりメディアから攻撃を受けるリスクを避けるため、打診を拒否し、あえて一議員として“汗をかく”姿勢を取ってきました。さらに、森喜朗元首相(12年に政界引退)など党内の大物実力者にも気に入られるなど、政治家としての“強かさ”を兼ね備えているようです。

小泉進次郎の性格が生意気?

「先の衆院選における自民党勝利の功労者であり、その動向が選挙を大きく左右するとまでいわれる“キーパーソン”になった小泉進次郎氏に、今や表立って口を出せる人物は党内にいません。もはや“党内実力者の一人”になったといっても過言ではありません。小泉進次郎氏は相変わらず支援者やメディア、著名なジャーナリストなどに対しては良い顔を見せていますが、一方で事務所スタッフや政務官を務める内閣府、復興庁の職員などに対する横柄な態度が陰で目立つようになったと、小泉進次郎氏の周辺からは漏れ伝わってきます。

さらに党関係者からは『最近、思い上がりが目に付く』との声も聞かれ、そういう評判はすぐに議員秘書や官僚の間で広がりますので、自らの振る舞いで足をすくわれないか、気がかりなところであります。

小泉進次郎の上から目線の引き継ぎ書問題

私が平成27年10月に農林部会長に就任してからの約2年間は、まさに「農政新時代」とも言うべき農政の転換期であった。

自慢とも取れる一節から始まる「引き継ぎ書」。差出人は、小泉進次郎・自民党筆頭副幹事長(36)です。約2年間務めていた党農林部会長を離任するにあたり、後任の野村哲郎参議院議員(73)に手渡したものですが、これが、党内の顰蹙を買っています。

「部会長の交代で、全13ページもの文書を後任者に渡すのは、前例がない。野村氏は、鹿児島県のJA常務理事を経て政界入りし、2008年には農水大臣政務官を務めた筋金入りの農水族議員だ。野村氏にはプレッシャーを与えただろうが、その道の先輩議員に対して、上から目線もはなはだしい」

と自民党関係者から反感を買っている様子です。

ただ、冒頭で記したように、慣習だからとか合理的理由もないのにする必要はない、先輩議員だから、その道の権威者だからといって臆せず立ち向かう小泉進次郎氏らしさの表れなのかなと思います。それを小泉進次郎の性格は生意気だとか、偉そうだとか言われれしまうのですね。人気者である証拠です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的には、小泉進次郎氏はただご自身で思ったこと、考えたことに基づく行動をしているだけなんですが、あまりにも堂々としており、自信に満ち溢れているので、性格が生意気だ、上から目線だ、と批判されてしまうのかもしれませんね。

何を言われようとも、悪しき慣習に飲まれることなく、我が道を突き進んで行って欲しい、そう思います。

Advertisements

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ZOZOTOWNの前澤友作の成功は「オタク」さにあり?

「週刊東洋経済」は9月19日発売号で「メルカリ&ZOZOTOWN 流通新大陸の覇者」を特集しています。流通業界の新常識をつくる2社の取り組みを追っています。 そのうちの1社であるスタートトゥデイでは2 …

歌手の辺見マリが13年もの間「拝み屋」に洗脳されたきっかけとは?

フジテレビ系で7月5日に放送される「直撃!シンソウ坂上」(木曜午後9:00)では、およそ13年間で5億円もの大金を“拝み屋”と称する人物に貢がされた、辺見マリさんの地獄の洗脳生活を取り上げました。 そ …

タレントの木下優樹菜の長女が私立小学校受験?どこの小学校?

ユッキーナこと木下優樹菜さんも三十路を迎え、ママタレ業に勤しんでいます。過去のおバカキャラを反省してか、旦那さんも巻き込んで目下、お二人のお子さんを英才教育中と言われています。2人の娘さんを「セレブ保 …

水卜麻美アナウンサーのフリー転向の可能性は?

日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30)さんが4日放送の同局系「しゃべくり007SP」(月曜・後9時)にゲスト出演し、“モーニングコール”をしてくれる男性の存在を明かしました。 水卜麻美アナウンサーは …

熱い男の松岡修造は本当は弱かった?そんな松岡修造を支えてきた嫁はどんな人?

スポーツキャスターで元テニスプレイヤーの松岡修造さんが、7月8日、都内で新刊『弱さをさらけ出す勇気』の出版記念イベントに登場しました。 そんな松岡修造さんのお嫁さんについて調べてみました。 松岡修造プ …

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク