ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

健康 暮らし 社会

「香害」の健康被害の実態は?

投稿日:

Advertisements

柔軟仕上げ剤や制汗剤、除菌スプレーなどの強い香料によって体調が悪化する「香害」。NPO法人「日本消費者連盟」(日消連)が2017年の夏、2日間にわたって「香害110番」を実施したところ、全国から213件もの相談が寄せられたといいます。

そんな今話題の「香害」ですが、健康被害の実態を調べてみました。

香害とは

香水・香りつき洗濯洗剤・柔軟剤などの香料に含まれる香り成分に起因し、不快感を感じたり、頭痛やアレルギーなどの症状が誘発され、健康に害を受けることである

香りの感じ方には個人差が大きく同じ香りでもある人にとってはよいと感じても別の人にとっては不快な香りとなり得て、また、不快感のみならず、咳・頭痛・喘息・吐き気などの症状を発する例もある。香り成分は空気中に漂うため受動的に曝露することになり、いわば香り成分による公害であることから「公害」をもじって「香害」と呼ばれるようになった。発生要因として、香水のつけすぎや、洗濯時に香りが強く残る柔軟剤を使用することなどがある

香害の法律

喫煙については公共の場所では世界的に禁止になりつつあるが、香りについては個人の判断にゆだねられているところがほとんどである。カナダのハリファックスでは2000年にいわゆる香水禁止条例が制定されており、学校、図書館、裁判所のほか、職場や劇場、店舗など、公共の建物すべてにおいて、香水の使用が禁止されている。日本においては香料自粛のお願いの取り組みをしている自治体に大阪府大阪狭山市、大阪府阪南市、広島県海田町、岐阜県岐阜市がある。この他、自治体へ質問書などが送られているものもある

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%AE%B3

「香害」の健康被害は

「香害」が大きな社会問題になっています。

昨夏、日本交通タクシーはプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)と連携して、エアコンの送風口にセットした芳香剤が、車内のニオイの原因となる食べ物や体臭などを消臭するという「ファブタク」を1カ月限定で走らせました。

日本交通タクシーに問い合わせると、「現在、ファブタクは行っておりません」とのことですが、この「ファブタク」以来、芳香剤を車内に充満させたタクシーは、全国でますます増えているようです。

防臭機能付きの柔軟剤の販売

芳香剤などの健康への悪影響は、もちろんタクシーだけにとどまりません。洗剤、柔軟剤、消臭スプレー、制汗スプレー、シャンプー、リンス、化粧品など、私たちの身の回りは、香り付き商品が氾濫しています。各地の消費者センターには、ニオイによる健康被害を訴える声が相次いでいます。

汗の臭いやタバコの臭いなど、衣服についた気になる臭いを対策するために柔軟剤が使用されます。各メーカーの競争も激化しており、売上高も順調に推移しています。

柔軟剤の販売金額は2005年は650億円、2011年は700億円、2013年は810億円、2015年は1130億円と理想的な成長カーブを描いています。

日本で最初に防臭機能がついた柔軟剤を販売したのは、P&G(プロクター・アンド・ギャンブル社)です。「レノアプラス」が2004年に発売されました。それ以来、各メーカーの柔軟剤の市場は激化し、防臭・消臭・香づけなどの様々な機能を加えて販売されるようになりました。

そして2012年にP&Gが衣服に対して香りつけだけを目的とした商品を発売しました。2012年がまさに香り元年と言ってもいいほど香りブームが到来した年でした。しかし、この頃から柔軟剤による健康被害が徐々に増えていったのです。

柔軟剤に含まれる危険物質

柔軟剤の成分表示を見たことがあるでしょうか?普通はあまりみないものですよね。
メーカーによって様々ですが、ひどいものだと界面活性剤しか記載してないケースもあります。また、香料と記載がありますがどのような香料なのかは記載していません。

香料ひとつとっても、その種類は4000種類にものぼります。そのうち世界で流通している香料は500種類と言われています。

その香料をいくつか組み合わせて、消費者のニーズに合うような匂いを作っていきます。その複数の香料をひとまとめにして、成分表示に香料として載せています。これらの成分は企業秘密になっており公開はされません。

柔軟剤の成分表示で多く記載されている成分が、界面活性剤のエステル型ジアルキルアンモニウム塩です。次に、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、そして香料と続きます。どちらの界面活性剤もアレルギーの問題が懸念されています。また皮膚への刺激も懸念されます。実際にこれらの成分は、柔軟剤だけではなく通常の洗濯洗剤にも使用されています。

知らず知らずの内に様々な有害な成分に日常的に触れているのです。

「香害」による健康被害

「柔軟仕上げ剤を使用して室内に干したところ、ニオイがきつく、妻と2人とも咳が出るようになった。柔軟剤を使ったタオルで顔を拭くと、咳が止まらない。メーカーに連絡すると、医師の診断を受けるように言われ、受診したが原因不明とされ、複数の薬を処方された」「最寄り駅で駅員が使用している香料に暴露して具合が悪くなった」というような健康被害が報告されています。以下に主な症状と場所を記載しています。

症状

  • 目まい
  • 頭痛
  • 体がだるい
  • 息苦しい
  • 吐き気
  • 湿疹
  • かゆみ
  • 咳やくしゃみ

場所

  • 満員電車の中
  • 映画館
  • 職場
  • 学校
  • 隣の家の方がベランダに洗濯物を干している時

「香害」に共通して言えることは人が多く集まる場所ということです。

通学通勤ができない、学校では勉強に集中できない、引っ越しをせざるをえない、職場では仕事ができなくやむなく転職や仕事を辞めなければならない例もあったりします。実際には、人が多く集まる場所には、柔軟剤だけではなく香水や化粧品、制汗剤、整髪料などを使用しているため、ただ単に柔軟剤だけの問題ではなく複合的な要素があります。このような場所で症状が出ていた場合には、もしかしたら化学物質過敏症になっているかもしれません。では、化学物質過敏症とはどういう病気なのでしょうか?

化学物質過敏症とは

化学物質過敏症とは、化学物質を大量に取り込んだり、微量な量の化学物質を長期間にわたって取り込んでしまった結果、体が解毒できずに発症する病気のことです。

2009年に化学物質過敏症は、厚生労働省により病名として登録されました。化学物質過敏症の発症者数は、全国で100万人とも言われています。

各個人によって、反応する化学物質や症状が異なるため、自分の症状が軽いのか重いのかの判断がつかないことがあるようです。当たり前のように生活している衣食住の中に化学物質が多く含まれています。一度、化学物質過敏症になってしまうと、今までの生活が難しくなります。

重度になると、人に会えない、病院にも行けない、マスクしても外出できないなど、一般的な社会生活を送るのが困難になります。よって、すべての衣食住の環境を変えていかなければならない場合も起こり得るのです。

「香害」の健康被害の実態

柔軟剤を使うと衣服の肌触りが良くなり、消臭・防臭効果、静電気が起きにくくなるなど様々な利点が説明されています。特に香りがいい、というのが人気のトップで洗濯に使う人がここ10年で急増しました。業界団体の日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)の調査によれば、国内の販売量は06年が23万6793トンに対し、16年は36万4890トンと50%以上増えています。逆にその「におい」に悩む人も急増してしまうという結果になりました。

J-CASTニュースが17年8月25日に国民生活センターに取材したところ、「柔軟仕上げ剤のにおい」に関する相談件数は09年の9件に対し、14年は167件、15年139件、16年152件と高止まりしています。めまい、吐き気といった危害報告は09年の4件に対し、14年109件、15年85件、16年94件でした。

参考:https://www.j-cast.com/2017/08/25306717.html?p=all

アメリカやカナダでの「香害」への取り組み

香りビジネスが先行した北米では、香料の使用を規制している都市も出現しています。10年にミシガン州デトロイト市は、市職員に香料の使用を禁止しました。市職員が同僚の香料で呼吸困難に陥ったことがきっかけでした。

翌11年には、オレゴン州ポートランド市も市職員に香料着用の自粛を呼びかけています。また、オクラホマ州タトル市も、香料の使用自粛を訴えるなど、全米に香料使用自粛の動きが広がっています。

カナダでも香料使用自粛の動きは活発で、11年にノヴァスコシア州ハリファックス地域都市は、「職場での香料不使用」を宣言しました。以来、カナダでは無香料宣言をする企業・学校・病院が増え続けています。

当然、脱臭芳香剤を販売する企業は売り上げ減になります。そこで次の有望市場として日本にターゲットを置き、「脱臭香りビジネス」を大展開しているのです。

しかし、香料には危険な合成化学物質が多数使われているということを、消費者は肝に銘じておかなければいけません。さまざまな香り付け製品に使われている香料の99%は合成香料で、日本では約300種類近く製造されています。その中の十数種類をブレンドして香料として使っています。

その一方で、どんな合成化学物質を使っているかは、企業の最高秘密のひとつになっています。つまり、「香料」と表示されている中には、10種類前後の合成化学物質が隠されているわけです。

天然に存在せず、人工的に合成された香料を「合成ムスク類」といいますが、これらにはDNAを傷つける変異原性の強いものが多くあります。変異原性の強い化学物質は、高い確率で発がん性もあります。しかも、合成ムスク類は分解しにくい性質のため、人体への蓄積が懸念されます。

実際、05~07に熊本大学・佐賀大学が行った共同研究で、日本人の母乳や脂肪組織に合成ムスク類の「HHCB」と「AHTN」が蓄積していることが明らかになっています。

芳香剤など香り付け製品に使われる香料は、大半が合成ムスク類です。早急に使用規制をしないと、「香害」は深刻化するばかりです。

参考:http://biz-journal.jp/2017/12/post_21662_2.html

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「香害」がメディアに注目され始めてやっと話題になってきました。確かに、大勢人が集まる場所は、香りが混ざり合って気持ち悪いと感じることがありましたし、職場でも香水の匂いに気持ち悪くなったことがありました。

最近の柔軟剤はますます香りの方が進歩していって、CMとか見ていてもすれ違うだけで香るような柔軟剤を宣伝しており、個人的にはそんなに必要なのかな?とも思っていました。

それらの香りは創られたものであり健康に被害をもたらすものです。今後は、「香害」に関する意識が高まり、日本でも個人個人が「香害」を意識する社会になっていくべきだと思います。

Advertisements

-健康, 暮らし, 社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

歌手の研ナオコが診断された「橋下病」とはどんな病気?

「ベッドに倒れ込んだ後は、全く覚えていなくて……」 2007年10月、研ナオコさんが米・シアトル。チャリティーコンサートを終えてホテルに戻ると、ひどいだるさに襲われました。両足には、赤い点が広がってい …

麻木久仁子の不倫騒動とは~世間から嫌われた不倫騒動~

乳がんの治療を開始して5年たち、区切りの検査を二つ受けてきました。マンモグラフィーの結果は、後日、主治医から説明してもらうことになりますが、超音波の方は横目で見ていても異常はなさそうで、お先に一安心し …

サイバーエージェントに美人が多い理由とは?

9月24日日曜日、午前9時。ある「緊急告知」にツイッターが揺れました。 稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人が生出演する「72時間ホンネテレビ」が11月2日午後9時から5日午後9時までの72時 …

稲垣吾郎と香取慎吾が「オールフリー」の新CMに起用された理由とは?

元SMAPの稲垣吾郎(43)さん、香取慎吾(40)さんが、来年2月中旬からオンエアされるサントリーのノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」の新CMに出演することが28日、発表されました。 2 …

GENKINGが性的適合手術を告白!性的適合手術を受けた芸能人は?

タレントでマルチクリエイターのGENKINGさんが29日、フジテレビ系『ノンストップ!』(月~金 前9:50)に出演し、昨年5月にタイで性別適合手術をしていたことを初告白しました。 そんなGENKIN …

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

スポンサーリンク