ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

歌手に女優に活躍中の小柳ルミ子と大澄賢也の離婚の真相とは?

投稿日:

Advertisements

3月にハワイ旅行を楽しんだという小柳ルミ子(65)さん。現在、NHK大河ドラマ『西郷どん』では、由羅役を熱演し、話題になっています。渡辺謙さん演じる島津斉彬に対して敵意を燃やし続けている姿は圧巻です。

そんな彼女が“命の洗濯”にと、出かけた先には長年の親友と言われている女優・黒木瞳(57)さん。意外な関係かと思いきやお二人の友情はもう30年にもなるといいます。

そんな小柳ルミ子さんと大澄賢也さんの離婚の真相について調べてみました。

小柳ルミ子プロフィール

  • 本名:小柳 留美子
  • 生年月日:1952年7月2日(65歳)
  • 出身地:福岡県福岡市早良区
  • 血液型:A型
  • 学歴:宝塚音楽学校
  • 職業:歌手、女優

小柳ルミ子略歴

筑紫女学園中学校卒業後、宝塚音楽学校に入学。以後の2年間は朝9時より夜10時過ぎまで学び、寮の門限である11時擦れ擦れに帰宅する多忙な年月を過ごす。友人が宝塚音楽学校の先輩にあたる梓みちよの知り合いでその口利きで在学中に渡辺プロダクションに歌手になりたいと願い出る。渡辺プロは、「宝塚を首席で卒業したら歌手にしてあげる」と回答。言葉通り見事、1970年(昭和45年)に宝塚音楽学校を首席で卒業。同期には元専科の萬あきら、女優の麻実れい、東千晃らがいる。歌手デビューが約束されていたが、初舞台だけは踏みなさいと言われ、そのまま「夏川るみ」の名で宝塚歌劇団に入団し、2か月で退団した。歌手デビューを当初から念頭においており、小柳にとって宝塚は歌や演技の鍛錬を積むためのいわゆる腰掛けであった。

退団した同年の1970年、歌手デビューの前に顔を売るためにNHK連続テレビ小説『虹』で女優としてデビュー。

翌1971年(昭和46年)4月25日にはワーナー・ブラザース・パイオニア(現在のワーナーミュージック・ジャパン)の邦楽部門初の歌手として契約。作曲家平尾昌晃のプロデュースにより「わたしの城下町」で歌手デビューし、160万枚の大ヒットとなる。同曲は1971年のオリコン年間シングル売上チャートで第1位を記録し、また第13回日本レコード大賞最優秀新人賞も獲得した。

その後も、翌1972年(昭和47年)にリリースした「瀬戸の花嫁」で同年の第3回日本歌謡大賞を受賞。ほか「お祭りの夜」「京のにわか雨」「漁火恋唄」 なども大ヒットし、天地真理・南沙織らとともに当時『三人娘』と呼ばれ(後年には『新三人娘』とも言われる)、1970年代前半を代表するアイドルとなった。

その後はアイドルというジャンルを卒業。1970年代後半~1980年代前半に入ってからは、持ち前の歌唱力を活かした正統派歌手として「冬の駅」「逢いたくて北国へ」「星の砂」「来夢来人(ライムライト)」「お久しぶりね」など、数々のヒット曲を飛ばした。その軌跡として、デビューの1971年(昭和46年)から1988年(昭和63年)まで、NHK紅白歌合戦に18年連続出場という実績を残している。さらに女優としても活躍し、1983年に日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど高く評価を受ける。8時だョ!全員集合の最多出演ゲストである。

1989年(平成元年)に、13歳年下の無名のダンサーであった大澄賢也と電撃結婚するが、2000年(平成12年)に離婚となる。

2007年(平成19年)7月22日、27歳年下の俳優・石橋正高との婚約を発表するが、入籍直前に婚約解消。

アルゼンチン代表メッシに魅了されて以来、筋金入りのサッカーファンとなり、年間2000試合を超える観戦を行い、書き留めた観戦ノートは100冊以上に上る。日本代表槙野智章との対談では「スカウティング担当としてきて欲しい」と言わしめた。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9F%B3%E3%83%AB%E3%83%9F%E5%AD%90

小柳ルミ子と黒木瞳の30年の友情

「小柳は、先にハワイに入っていた黒木と現地で合流したそうです。小柳にとっては9年ぶりのハワイだそうですが、現地で黒木と大型スーパーに行ったりコンドミニアムで食事をしたりと、休暇を満喫したそうです。あまり知られていないのですが、実は2人は長年の“親友”なのです。ハワイ旅行でも友情を深めたことでしょう」(芸能関係者)

確かに、小柳ルミ子さんのブログには“瞳ちゃん”が頻出しています。3月1日付のタイトルはズバリ《黒木瞳ちゃんとデート》! 黒木瞳さんおすすめのステーキ店で、いっしょに食事をした様子や彼女への親愛の情がつづられています。

《宝塚の後輩は沢山いるけど同じ福岡出身と言う事もあってか 何時も私を姉の様に慕ってくれ 「ルミ子さんのお話 聞かせて下さい」と、心開いて飛び込んで来てくれる(中略)瞳ちゃん一生親友でいようね》

「宝塚音楽学校卒業」という共通点がある小柳ルミ子さんと黒木瞳さん。しかし数多くいる“宝塚OG女優”のなかで、なぜ2人が特別に仲が良いのか?

「’85年に黒木さんが、宝塚歌劇団を退団し、芸能界に転身した後に、いろいろ相談に乗っていたのが、小柳さんだったそうです。2人の交流は、30年以上に及ぶことになりますね。特に絆を強めたのは、2人が宝塚時代に“いじめ”を経験しているということもあるかもしれません」(宝塚関係者)

歌手デビューを目指していたため、宝塚歌劇団には2カ月しか在籍していない小柳ルミ子さんですが、実は当時、壮絶ないじめを体験しており、週刊誌のインタビューには次のように語っています。

《衣装に袖を通す。ファスナーに指をやるとチクリと痛みが。釘が一本刺さっていて、指に食い込んでいるんです》(『週刊大衆』(’07年12月17日号)

また入団2年目で大地真央さんの相手役に抜擢された黒木瞳さんも、強い風当たりを受けていたようです。

「大地真央ファンから砂入りのサンドイッチを贈られたのは有名な話ですが、歌劇団内部の人間関係でも、かなり苦労したそうです」(前出・宝塚関係者)

30年以上にわたる小柳ルミ子さんと黒木瞳さんの女の絆のカゲには、“いじめにも負けなかった”という共通の体験があったようです。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00010005-jisin-ent

そんな小柳ルミ子さんと言えば思い浮かぶのがある方との離婚でした。

小柳ルミ子と大澄賢也の離婚の真相とは?

年の差夫婦で当時話題となった、小柳ルミ子さんと大澄賢也さん。なんと離婚理由はピーターさんだったという噂がありますが、その真相を探っていきましょう。

小柳ルミ子と大澄賢也の結婚

お2人が結婚されたのは1989年で、結婚当時の年齢は大澄賢也さんが23歳、小柳ルミ子さんが36歳という年齢差は13歳もあり、これだけ年齢の開いた結婚は芸能界で珍しく年の差婚の走りと言われています。

1989年4月、東京プリンスホテルにて総費用が3億円と言われた盛大な結婚式では息のあった二人のダンスと見ている方が恥ずかしくなるほどのアツアツぶりが話題になりました。

仕事でもプライベートでもお2人はべったりで、おしどり夫婦と言われ、その仲睦まじい姿から末永く幸せな生活を送っていくと思われていましたが、突然別々の道を歩む事となります。

小柳ルミ子と大澄賢也の離婚はピーターが原因?

盛大な結婚式から11年後の2000年に小柳ルミ子さんと大澄賢也さんは離婚してしまいます。

大澄賢也さんは小柳ルミ子さんとの結婚を2016年8月4日放送の「じっくりタロウ スター近況(秘)報告」にて結婚生活をこう振り返っていました。

  • 自分を見失っていた
  • 小柳ルミ子さんのおかげでいろんな仕事をしていく中で、俺がやるんだ。俺が守るんだ。という意識になってしまった。

格差婚で嫁が偉大だと、やはり男性は相当なプレッシャーから冷静な判断ができなくなってしまうのでしょうね。

大澄賢也さんは子供が欲しかったようですが、二人の間に子宝は恵まれませんでした。小柳ルミ子さんは仕事を優先したくて欲しがらなかったとのことでした。

小柳ルミ子さんが産むことを選択しなかった理由は、結婚した当時は大澄賢也さんはまだ無名のダンサーだったので、きっと「私が働かないと生活できない」と考えたのかもしれません。一方、大澄賢也さんは自分を頼って、子供を産んでほしいと願っていたのかもしれませんね。

こうした二人の考えの相違から離婚に至った可能性は高そうですが、離婚した理由について衝撃の噂の真相に迫っていきましょう。

大澄賢也さんと小柳ルミ子さんの結婚以前には、ピーターさんと大澄賢也さんと取り合い三角関係になっていたという噂があるようです。

この事について小柳ルミ子さんとピーターさんは2016年10月17日に放送された「7時に会いましょう」で共演し、長年の確執について話をしてくれました。

事の発端は、大澄賢也さんへのオファーが被ったことでした。

大澄賢也さんはピーターさんのバックダンサーも務めていましたが、舞台のオファーをしたところ、小柳ルミ子さんのディナーショーが先に入っていたため断られることになったそうです。このためピーターさんは小柳ルミ子さんに嫉妬を抱くようになります。

その後、1990年にあったピーターさんの30周年記念コンサートに大澄賢也さんを起用。離婚間近だったため「紙切れ一枚で苦労している方」と小柳ルミ子さんがいないところで離婚をネタにしています。

このことを知った小柳ルミ子さんが大激怒しました。それ以降、大澄賢也さんを巡って二人の間に確執があったとのことが真相のようです。

同番組内で小柳ルミ子さんはピーターさんのオファーの件について、「知らなくて横取りしたわけではない」と誤解を解き、これに対してピーターさんもネタにしたことを謝罪し和解しました。現在はわだかまりもとけて、同い年ということもあり仲良しな二人になっています。

大澄賢也さんが結婚前にピーターさんのもとを去り、離婚間近になって、ピーターさんの舞台に出演したことが噂の元となったようですが、小柳ルミ子さんと大澄賢也さんとの離婚には全く関係なかったようですね。

小柳ルミ子と大澄賢也の離婚の真相とは?

小柳ルミ子さんは離婚後の2000年5月24日に54枚目のシングル『いい気になるなよ』をリリースしました。その歌詞の一部には

求めず尽くしたこの心バカな女の生き方をジゴロみたいにもて遊びあんたもたいした男だね

リリースしたタイミングと歌詞の内容から、この歌は大澄賢也さんに宛てたものだと言われています。信じていたのに弄ばれ、裏切られてしまったと、浮気を伺わせるような内容ですね。これは単に歌として離婚したことに脚色を付けているだけなのでしょうか?

実は、2016年10月17日に放送された「7時に会いましょう」番組内で離婚の理由は大澄賢也さんの浮気だったと小柳ルミ子さんが告白しています。

大澄賢也さんは8年目の結婚記念日に小柳ルミ子さんに「浮気をした」と伝え、家を飛び出ししたといいます。

小柳ルミ子さんは誰とどこに住んでいるのかを興信所に依頼し、あの手この手で突き止めようとしますが、大澄賢也さんも警戒して興信所をまいて、まいての日々だったとのことでした。

2000年に離婚が決まり、大澄賢也さんは「人間不信で夜も寝られず、神経はボロボロだった。」と当時を振り返っています。浮気をしてしまったことについて、大澄賢也さんは後に、小柳ルミ子さんと離婚をしたかったために浮気をしたと、暴露しています。

世間では小柳ルミ子さんの鬼嫁ぶりに嫌気が差したのがそもそもの原因だという見方もありますが、実際のところは大澄賢也さんを男性として立てて、尽くしていたとのことでした。それが逆に大澄賢也さんに大きなストレスやプレッシャーを与えていた、ということになったのでしょうね・・・。

ちなみに大澄賢也さんの浮気の相手は誰なのかは不明なようで、おそらく一般人の方ではないかと言われています。

小柳ルミ子が大澄賢也に掲示した離婚の条件とは

大澄賢也さんの離婚への決意が揺らがないので小柳ルミ子さんもとうとう離婚を決意し、そこで二つの選択を迫ります。

  • 慰謝料として1億円支払うこと
  • 無名のダンサーに戻る事

浮気での離婚の相場は100万円~300万円など言われていますが、浮気した側の収入や子供の有無や婚姻期間などで変動します。

1億円の慰謝料は大澄賢也さんにとって、相当な金額だったはずですが、1億円の慰謝料を6年で完済したといわれています。しかし小柳ルミ子さんは前述の番組で「本当にごめんなさい。これは私、墓場まで持っていきたいんです」と、回答を拒み、事の真相は分からずじまいで終わっています。噂では、1億円の慰謝料は貰っていないとも言われていますので、両者の発言には食い違いがあるようですが、小柳ルミ子さんは、慰謝料の件に関しては墓場まで持っていくということでお二人にしか真相は分からないですね・・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

小柳ルミ子さんと大澄賢也さんの離婚の真相について調べてみました。離婚原因は、簡単に言うと大澄賢也さんの浮気のようですが、大澄賢也さんは小柳ルミ子さんと離婚をしたくて浮気をされたと言われています。また、当時話題になった慰謝料の件に関しても、完済しているという噂と慰謝料は支払われていない、という噂があり、真相はお二人にしか分かりません。

当時は世間を大いに賑わせた小柳ルミ子さんと大澄賢也さんの離婚ですが、小柳ルミ子さんとしてはもうわだかまりもないようです。

今後の小柳ルミ子さんの活躍に期待したいですね。

 

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

岡田義徳が大手事務所を独立したメリットとは?

俳優の岡田義徳(40)さんと女優の田畑智子(37)さんが今月1日に結婚しました。9日、マスコミ各社へ連名の直筆メッセージを送り、発表しました。「お付き合いを始めてから約6年半、紆余曲折ありましたが、た …

「絶対に笑ってはいけない」シリーズ2017-2018の豪華ゲストを予想!

大みそか恒例の日本テレビ”ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!”の「絶対に笑ってはいけないシリーズ」が今年も放送されることになり、12年目を迎える今回のテーマは「アメリカンポリス」になりました。「 …

オフィス北野の新社長に就任したつまみ枝豆と江口ともみの夫婦円満の秘訣とは?

「たけし軍団」のつまみ枝豆(59)さんと妻のキャスター・江口ともみ(50)さんが30日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月~金正午)に出演しました。結婚22年を迎えた夫婦円満の秘訣を語りました。 そんな …

花田優一の嫁はライバル一門の娘だった?

息子で靴職人兼タレントの花田優一(22)さんが、一時の勢いはどこへやら、とんとテレビで見られなくなっています。ひょっとして、父親の一連の騒動が関係しているのでしょうか。実は意外なところでバッシングがあ …

朝ドラに出演中のイケメン俳優の間宮祥太朗の歴代彼女がすごい!

俳優・間宮祥太朗(25)さんが14日、NHK総合「土曜スタジオパーク」(土曜・後1時55分)に生出演し、朝の連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜・前8時)について語りました。 そんな間宮祥太朗さん …

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク