ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

MALIA.が3回離婚をした原因とは?

投稿日:

Advertisements

モデルのMALIA.(34)さんが22日、自身のブログを更新し、4度目の結婚を発表しました。お相手は元Jリーガーでファッションモデルの三渡洲舞人(24)さん。この日、婚姻届を提出しました。

MALIA.さんは「この度私、MALIA.はファッションモデルの三渡洲舞人さんと本日入籍致しました事をご報告させて頂きます」と入籍を報告しました。「ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私の人生の中では、出会い、別れ、たくさんの事がありました」とこれまでの日々を振り返り、「お仕事、私生活においても、軸がブレそうになる私をしっかり諭し、軸に戻してくれて、心に安心と笑顔を与えてくれた彼と生涯を添い遂げたい。と思うまでにそれほどの時間は要しませんでした」とつづりました。

「皆さまからの色々なご意見があることを理解した上で、たくさん悩みましたが、私自身自分の気持ちに正直になること、第一に何よりも大切な子供と話し合い、この様なご報告をさせていただく運びとなりました」とし、「彼との出逢いに感謝をし、大切にしていきたいと思っております」とコメントを2ショット写真とともに、「三渡洲真里有」と本名で喜びを報告しました。

そんなMALIA.さんですが、今まで3回の離婚を経験しています。離婚の原因は何だったのでしょうか、調べてみました。

MALIA.プロフィール

  • 生年月日:1983年2月1日(34歳)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 血液型:O型
  • 職業:ファッションモデル
  • 所属事務所:TENCALAT

MALIA.略歴

MALIAは、母親が日本人で父親がパキスタン人の美人ハーフモデル。

1997年、14歳の時に「egg(大洋図書)」のストリートスナップがきっかけとなり、モデルの道を歩む。

1998年、15歳で雑誌「fine(日之出出版)」に初登場。以降、産休に入るまで数多くの表紙を飾る。

Popteen、Ranzuki、Happie(のちのHappie nuts)、東京ストリートニュース!などにいわゆるストリート系雑誌に多数掲載される。

2001年、ViVi(講談社)に初登場。誌面だけでなく、ショーにも出演しランウェイモデルとしても実績を積む。

2002年、19歳で当時横浜F・マリノスに所属していた田中隼磨と結婚。同年、第1子(長男)出産。

2004年、離婚。長男を引き取りシングルマザーとなる。

2005年、総合格闘家・山本”KID”徳郁と再婚。同年、第2子(次男)出産。

2006年、23歳で第3子(長女)出産。自身のマタニティー経験を元にブランド「Anela(ハワイ語で天使の意)」を立ち上げ、PEACH JOHNでの販売を開始。

2009年、2度目の離婚。子供を3人とも引き取り、再びシングルマザーとなる。2009年12月、自身の会社「株式会社Anela」を設立する。

2012年、六本木にブラジリアンワックス脱毛のサロンを開店(後に原宿に移転)。

2013年、コスメティックブランド「La Poni(ラ ポニ)」のプロデュースを始める。

2014年、マタニティーブランド「Anela」を一旦休止し、ドレスのブランド「Anela for Dress」を立ち上げる。

2015年、横浜F・マリノスの佐藤優平と元旦入籍(3度目の結婚)。

2017年3月、3度目の離婚を発表。佐藤との間には子供は居ない。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/MALIA.

MALIA.が離婚を繰り返す原因とは

MALIA.さんはこれまでにそれぞれアスリートの旦那さんと3回の結婚と離婚を経験しています。その経緯と離婚の原因を探ってみたいと思います。

Jリーガー田中隼磨選手

2002年、横浜Fマリノス所属の田中隼磨選手と結婚し子供(長男)を出産しています。2004年に離婚しました。2002年、MALIA.さんはまだ18歳で、モデルの仕事が順調、夜はクラブ通いが続き、これ以上はないってくらい、自由を謳歌していました。当時、横浜F・マリノスに所属していた田中隼磨選手と友人の紹介で知り合ったそうです。

それから数か月後、「予想外」という第1子の妊娠が発覚しました。お互いに10代だったが、出産に迷いはなかったといいます。というのも、MALIA.さんは高校時代、カナダに留学しており、そのときに出会ったカナダ人男性とのあいだに子どもを授かっていました。

しかし、周囲からの強い反対もあり、中絶を決意しました。その経験があったために「この子を生みたい!」という強い思いがあったといいます。

1度目の結婚では相手が節約家だったことからスーパーのジュースの値段でも喧嘩をするようになり、そのような金銭感覚のズレが離婚の原因になったようです。婚姻期間は3年ほどでしたが、同居していたのはわずか9カ月でした。MALIA.さんは「すごい堅実家だった。トータル的に見てすごく良い人だった」と自身の考えをあらためつつも、「ただ、その時の私は(プライベートブランドではなく)トロピカーナがどうしても飲みたかった」と当時の心境を語りました。

しかしそもそも結婚が若気の至りでMALIA.さんの中ではノーカウントに近いとしています。

田中隼磨選手は、日本代表経験もあるサッカー選手で、横浜マリノス・名古屋グランパス等を経て、2014年から松本山雅に所属しています。離婚後、2006年に再婚し新しい奥様との間にも3人の子供をもうけています。

総合格闘家・山本”KID”徳郁

MALIA.さんと山本“KID”徳郁さんは、2005年に結婚し二人の子供(男の子、女の子)を授かりましたが、2009年に離婚しています。原因は、山本“KID”徳郁さん側の浮気や金銭感覚の違いをあげています。

山本“KID”徳郁さんとMALIA.さんは2003年3月に雑誌の撮影で出会い、しばらくして交際をスタートしました。当時、MALIA.はJリーグに所属するサッカー選手と家庭を持っており、不倫の状態でしたが、その夫とも2004年に離婚が成立し、同年8月に山本“KID”徳郁さんと結婚しました。

MALIA.さんは、山本“KID”徳郁さんとの離婚原因について「浮気と金銭感覚の違い」と挙げ、実際には「車を何台も買い替え、ぽんぽんと新しいものを買ってきたりもした。一時は家に何台も車があったりして困った」と告白しています。さらに結婚当初から「元夫が自由すぎてつらかった。言い合いばかりを繰り返し、自分の中で気を張っていて、自分を保つのに必死だった」と振り返り「女性問題が積み重なり、別居するようになった。すぐに別れるのではなく、納得がいくまで考えようと思い、2年くらい別居期間があった」と離婚に至る経緯も説明しました。

また女遊びが激しかったという山本“KID”徳郁さんとのエピソードはなかなか過激です。

当時の山本“KID”徳郁さんは「本当にモテた。めちゃくちゃモテた。周りに常に女の子」。次第に浮気を疑うようになり、店に乗り込んだ時に女性の腰に手を回していた山本“KID”徳郁さんを目撃し、猛ダッシュして飛び蹴りをくらわせたこともあったといいます。「いろんなこともしたの、私は私で。飛び蹴りはする、みんなの前で引っ叩く、怒鳴る」と仕返しも徐々にエスカレートし、「メンタル大崩壊」。その時の自分を振り返り、「(離婚の)原因は私にもあって。めちゃくちゃ嫌な女になった」と反省していました。

浮気に気づいたMALIA.さんは、夫のフリをして相手の女性にメールを送信し、約束を取り付け、会いに行ったといいます。MALIA.さんが待ち合わせ場所のお店に現れると、相手は驚いた顔を見せたそうです。ところが相手の女性は、嫁の地位が奪えないなら、せめて彼女になりたいと宣言したようです。そこからふたりで話し合いが続いたといいます。その帰り道、MALIA.さんは手にしていた夫の携帯電話を地面に叩きつけ、踏みつけてボロボロの状態にして、「今会ってきたよ」と、夫に返したそうです。夫の顔は青ざめていたといいます。

山本”KID”徳郁さんは総合格闘家として活動しています。またご実家はレスリング一族としても有名な山本家です。離婚後、再婚時期などは公表されていませんが、2014年に一般女性との間に女児が誕生しています。

サッカーの佐藤優平選手

MALIA.さんによると、佐藤優平選手との出会いは、元旦に開催された天皇杯全日本サッカー選手権大会の祝勝会だったといいます。

しかし、MALIA.さんは現場で一目惚れはしなかったというものの、帰りのエレベーターでは佐藤優平選手と「(今日は)ありがとう」と抱擁し、キスをしたというのです。「そのチューがスゴいよかった」ため、エレベーターを3往復もしたという。そして、ちょうどその1年後の元旦に、ふたりは入籍することになりました。

MALIA.さんは「私は今、生まれて初めてかもしれない『安定』を感じています。子ども達と彼が『おかえり』って笑顔で必ず迎えてくれる家があることが、どんなに幸せなことか、しみじみ思い、これが『幸せ』ってことじゃないんだろうか。と心から感じております」と実感していました。まださらなる飛躍が期待される佐藤優平選手だけに「彼が第一線で怪我無く活躍出来るようにサポートしたい」と思ったといい、さらに「『もぅ結婚はしない。』と公言していた私を『また結婚したい!』と思わせてくれた彼には感謝の気持ちしかありません」と再々婚に至った理由を説明していました。

二人の間の実子はいません。離婚の原因については、東京と山形と遠距離生活が続き、家族として十分な時間を持つことができなかったと説明しました。「プロアスリートの妻として彼をきちんとサポート出来ない自分に対しても、もどかしさ、寂しさが日々大きくなっていました」とも吐露しています。

佐藤優平選手は現在モンテディオ山形に所属するサッッカー選手です。かつては横浜Fマリノスやアルビレックス新潟などに所属していたこともあります。

4回目の旦那の三渡洲舞人

MALIA.さんと三渡洲舞人さんは2017年11月22日に入籍しました。

三渡洲舞人さんは清水エスパルスジュニアユースから流通経済大学付属柏高校へ入学。
三渡洲舞人さんは元Jリーガーのアデミール・サントスさんの長男で、13年にJ2東京Vに入団し、リーグ戦1試合に出場しています。翌14年1月に退団し、その後、モデルとして活動しています。アメリカ発のファッションブランドのアバクロのモデルをしていました。

確かにイケメンです。三渡洲舞人さんは初婚のようですが、いきなり3人のパパとなりますが、大丈夫でしょうか?今年3月に離婚をしてから、間もない結婚ですが、早すぎますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

かなり頻繁に結婚と離婚を繰り返しているMALIA.さん。好き同士になると、結婚までいってしまうようです。今回の三渡洲舞人さんとは結婚生活が続いていくのでしょうか?注目ですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タレントのLiLICoが再婚をしていた!LiLICo旦那とは?

タレントのLiLiCo(47)さんが2日、フジテレビ「ノンストップ!」(前9・50)に生出演しました。コーラス・グループ「純烈」メンバーの小田井涼平(47)さんとの結婚を発表しました。 そんなLiLi …

「テレビ金沢の暴れ馬」馬場ももこアナウンサーの破天荒なエピソードとは?

読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」でアシスタントを務める林マオアナウンサーが14日、同局系「行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美女3時間!高橋一生ドッキリに一同騒然」に出演し、夫が「ミヤネ屋」の …

人気急上昇中の野性爆弾・くっきーの顔モノマネの才能がすごい!

お笑いコンビ・野性爆弾が、3月10日に放送されたバラエティ番組「エゴサーチTV」(AbemaTV)に出演しました。くっきー(41歳)さんが3月10日から行う台湾での展示イベントについて語りました。 最 …

「うたのお兄さん」こと横山だいすけによるNHKの厳しい掟とは?

今春にNHK「おかあさんといっしょ」の「うたのお兄さん」を卒業された、「だいすけお兄さん」こと横山だいすけさん。現在は、歌手や俳優として、活動の幅を広げています。 長い間「うたのお兄さん」として活躍を …

リアクション芸人の出川哲朗の好感度が上がっている理由とは?

毎週日曜日の日テレ「世界の果てまでイッテQ!」(後7・58~8・54)が放送されていますが、2018年1月7日放送会で出川哲朗さんのはじめてのおつかいinロサンゼルスが話題になりました。 見ると腹筋が …

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサーリンク