ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

マツコ・デラックスのギャラは数億円?

投稿日:

Advertisements

タレントのマツコ・デラックス(45)さんが4日放送の日本テレビ系「宮根とマツコ 新春ミヤネ屋デラックス」(後1・55)に出演しました。“テレビにすべてをささげる人生”を覚悟した瞬間について振り返りました。

そんなマツコ・デラックスさんのギャラについて調べてみました。

マツコ・デラックスプロフィール

  • 生年月日:1972年10月26日(45歳)
  • 出身地:千葉県千葉市稲毛区
  • 血液型:A型
  • 身長:180cm
  • 最終学歴:東京マックス美容専門学校
  • 職業:コラムニスト、エッセイスト
  • 事務所:ナチュラルエイト

マツコ・デラックス略歴

子供時代から自身が男性同性愛者(ゲイ)である事を自覚しており、幼なじみの従兄弟に性的な魅力を感じた経験を告白している。

卒業後は美容専門学校東京マックス美容専門学校(東京都品川区)に入学し、美容師の資格を得て働いていたが、「何か違う」と感じていた時にアクティビストな同性愛者の姿を見て奮起し、『薔薇族』『SAMSON』『G-men』に並ぶゲイ雑誌『Badi』の編集部に転職し、同誌の記者・編集者などを務めた

二十代後半に一度退職し、実家で長く引き篭もり生活を送っていたが、編集者時代の記事を読んでいた小説家の中村うさぎがホストを務める対談集『人生張ってます』のゲストに抜擢され、『マツコ・デラックス』の芸名と個性的なビジュアルやトークスキルが注目された事が世に出るきっかけとなった

2000年、フジテレビ『ワンナイR&R』の前身番組『エブナイ』でテレビ初出演を果たす。2005年TOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』のコメンテーターで登場し、2016年現在、月曜レギュラー出演中である。

2009年、フジテレビで初の冠番組『マツコの部屋』が開始される。それまでは、マネジメントとタレント活動を一人で兼任していたが、友人のミッツ・マングローブの伯父である徳光和夫に「事務所に入った方がいい」と助言され、ナチュラルエイトに所属した

以降、『マツコ&有吉怒り新党』、『月曜から夜更かし』、『アウト×デラックス』など、自由かつ毒舌混じりな発言を大いに活かしているレギュラー番組が次々とスタートしている。

2011年、ラジオ文化放送で冠番組『井筒とマツコ 禁断のラジオ』が開始した。

2012年4月、日本テレビ『三毛猫ホームズの推理』で連続ドラマ初出演を果たした。

2017年4月より、「怒り新党」に代わり『マツコ&有吉 かりそめ天国』がスタート。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

マツコ・デラックスのレギュラー番組は何本?

ゴールデンから深夜まで、複数のレギュラー番組をもつマツコ・デラックスさん。冠番組も複数あります。毎日、マツコ・デラックスさんを見ない日がないくらい多忙です。一体どの程度テレビに出演されているのでしょうか?

とにかく人気者のマツコ・デラックスさん。そんなマツコ・デラックスさんのレギュラー番組について見ていきましょう。

マツコ会議

まずは土曜日の夜11時から放送されている「マツコ会議」。この番組は、マツコ・デラックスさんがご自身が総合演出を務めていることから、完全なるマツコ・デラックスさんご本人の番組とも言えるでしょう。もちろんマツコ・デラックスさんご本人もレギュラーとして毎回出演しています。

月曜から夜ふかし

月曜の深夜帯の時間であるにもかかわらず人気の「月曜から夜ふかし」。レギュラー出演は、マツコ・デラックスさんと、関ジャニの村上信五さんです。お2人のトーク自体も面白いのですが、この番組で取り上げる内容がまたディープでマニアックで、一度見たら病みつきになってしまいます。番組のタイトル通り、月曜日からついつい夜ふかしをしてしまう番組になっています。

マツコの知らない世界

「マツコの知らない世界」もかなりの人気番組です。毎回、テーマが決められ、その専門家やマニアの人たちをゲストに呼び、その魅力について語られるというものです。博識なマツコ・デラックスさんでさえも知らない世界、ということがテーマですから、とても興味深く面白い内容になっています。マツコ・デラックスさんの反応も毎回面白く、ついつい笑ってしまいます。食べ物の特集の際は、マツコ・デラックスさん本気で食べまくっているのも名物ですね。

アウト×デラックス

史上に名を残す偉人達は、みな世間的に型破りである「アウトな人」だった、ということから、BAR「逢人(あうと)」を舞台にマスターの矢部浩之さんと常連客のマツコ・デラックスさんが、現代にも存在する「アウトな人々」をゲストに迎え、トークを繰り広げる番組です。「アウト×デラックス」も様々な分野の方がゲストに訪れ、意外な面を見られるという面白い番組です。

夜の巷を徘徊する

マツコ・デラックスさんが1人で夜の街を気の向くままにうろつく番組です。
決めるのは場所だけで、あとは、店に入ったり、街の人に声を掛けたり、マツコ・デラックスさんの気の向くままにロケを進めています。マツコ・デラックスさんが「アタシがやってるどの番組にも似てない番組」と発案しています。

マツコ&有吉 かりそめ天国

6年間放送された前番組「マツコ&有吉の怒り新党」をリニューアルし、「マツコ&有吉 かりそめ天国」が2017年4月5日から放送をスタートしました。「視聴者の怒り」の投稿を受け付けていた前番組から変わり、「マツコ・有吉のお耳に入れたい話」を受け付けています。また、「その道のスペシャリスト」が、同様に「お耳に入れたい話」として、映像などをプレゼンすることもあります。

上記で紹介したのはマツコ・デラックスさんの冠番組ばかりですが、それ以外にも多くのレギュラー番組を抱えています。

ホンマでっか!TV

強烈なキャラクターを持つ頭脳・博識軍団(コメンテーター)らと当番組のメイン司会である明石家さんまさんとレギュラー出演者ほかに数名のゲストで構成がされているトーク・バラエティ番組です。番組のコンセプトは「世の中で国民が話題にしている物や噂のエピソードでホンマでっかなこと」を紹介している番組です。

レギュラー陣の中でも特に存在感を放っているマツコ・デラックスさん。マツコ・デラックスさんの発言は、毎回とてもキレがよく、さらに必ず面白い物ばかりです。レギュラー陣同士の絡みも毎回面白く、ついつい見てしまう番組ですよね。

5時に夢中!

番組の大テーマは「言論の自由」です。基本的にはワイドショースタイルであり、前半は当日発行の夕刊からの注目記事を紹介し、後半は日替わりの各種コーナーで構成しています。

マツコ・デラックスさんが2005年に『5時に夢中!』に初出演したきっかけは、友人ミッツ・マングローブさんのいとこである徳光正行(『5時に夢中!』初代MC)さんの紹介だそうです。
出演予定だったミュージシャンが出演できなくなり、プロデューサーが当時のMCの徳光正行さんに相談したところ「最近すげー面白い人に会ったよ」とのことで、その数日前に徳光正行さんはミッツ・マングローブさんとマツコ・デラックスさんで会食をしており、強く印象に残っていた模様です。確かに、お二人と会食したらとても印象に残りますよね。
そこでプロデューサーが急遽マツコ・デラックスさんと連絡を取り、営業のため仙台に向かっていたマツコ・デラックスさんは、「いいわよ」とOKしたそうです。このお話は、冒頭の「宮根とマツコ 新春ミヤネ屋デラックス」中でもお話されていました。
この急遽ピンチヒッターを務めた回が評判が良く、2005年7月7日から現在まで12年以上もレギュラーを続けています。まだほとんど知られていなかったマツコ・デラックスさんを起用した「5時に夢中!」は、マツコ・デラックスさんにとって、テレビ出演のルーツとも呼べる番組なのです。

マツコ・デラックスさんの冠番組とレギュラー番組を含めると8本にも出演されており、超多忙のタレントさんの一人と言えるでしょう。

マツコ・デラックスのテレビのギャラは?

タレントのマツコ・デラックスさんが4日、読売テレビ(日本テレビ系)「新春ミヤネ屋 デラックス」に出演した際、共にに今のテレビ界を代表する売れっ子の宮根誠司さんとの対談で、冒頭からいきなりギャラの話題になりました。マツコ・デラックスさんが宮根誠司さんに「ギャラいくら?」と直球質問すると、宮根誠司さんは「寒いよ~」とギャラの低さを強調し、マツコ・デラックスさんに耳打ちで金額を教えました。マツコ・デラックスさんは一瞬驚いた顔から真剣な表情になり、「…でもね、読売テレビにしては頑張ってる気がする」とフォローしました。「そんなもんよ、夜(深夜帯)やってても」と感想を語ったのです。
多数のレギュラーを持つマツコ・デラックスさんは「深夜(番組)なんて、すごい低いわよ。(午後)11時台で…」と今度は宮根誠司さんに耳打ちしました。すると、宮根誠司さんは「マジで?!今の、マジで??」とギャラの意外な低さに驚いた様子で聞き返した。マツコ・デラックスさんは悟ったような表情で「今のテレビに夢はない。びっくりするでしょ~。私、どれだけ稼いでるか誤解されてるわよ」としみじみ話していました。

番組上では金額は明かされませんが、お二人のトークを拝見している限りでは、リーマンショック後のテレビ業界のギャラ事情はまだまだ完全復活とはいえないようでした。

ちなみにマツコ・デラックスさんの1本のギャラは40万円ともいわれていますが、真相は分かりません。

芸能界の給与システム

芸能界のギャラのシステムは様々で、サラリーマンのように毎月決まった額を受け取る月給制もあれば、基本給と出来高の複合制もありますし、完全歩合制の場合もあります。多くの場合には、事務所に入る時の契約書を交わす時に決定されることが多く、一度契約してしまうと期間内には変えてもらうことが難しい様子です。

テレビ局から支払われるギャラ=芸能人の取り分+所属事務所の経費

となっています。つまり、ネットなどで騒がれるギャラの金額は、そのまま芸能人に入るわけではなく、そこから所属事務所の経費がドサッと天引きされます。一般的には事務所の取り分は20%~40%と言われていますが、ケースバイケースになっています。

マツコ・デラックスのCMのギャラは

また、芸能人の年収はテレビ番組の出演だけではありません。CMに出演していると、その契約料などが発生するので、その分年収も高くなるはずです。よく聞くのは、1本あたり数千万のギャラということではないでしょうか。ですから、よくバラエティ番組などで、駆け出しのタレントなどが「CM、ぜひお願いします!」などと言っているのを見かけたりしますよね。そして驚くのが人気があればあるほど、そのCMのギャラが凄いことなります。特に、有名アスリートなどは特にギャラが高いようで、錦織圭さんやダルビッシュさんなどは1億とも言われているようです。CMのギャラはとにかく高いので、テレビ番組に何本か出演するよりも、CMの契約を1本とってきた方が、かなり稼げるというわけです。でもそこまでのギャラになるには相当の努力が必要でしょう。

そして、マツコ・デラックスさんの場合は、数多くのレギュラー番組を持っているのに加えて、いくつかのCMにも出演しています。

花王「ピュオーラ」

こちらの画像は歯磨き粉のCM。衛生用品のCMは、なんとなく女性や人気俳優が多い印象ですから、マツコ・デラックスさんの起用はとても斬新ですよね。しかし、マツコ・デラックスさんが出ていることで、CMその物に説得力が出る感じがしますよね。

P&G「レノア」

こちらも洗剤のCM。普段テレビ番組は思ったことをきっぱりと口にするマツコ・デラックスさん。そういうマツコ・デラックスさんのキャラを生かしたCM作りになっています。衣類洗剤は、いかに汚れをとり臭いを付きにくくするか、という点が問われるわけですが、このCMでマツコ・デラックスさんが「臭くない」というような発言をしていますよね。妙に説得力があるので、試してみたくなりますよね。

スポーツ振興くじ「BIG」

大谷亮平さん、深田恭子さん、マツコ・デラックスさんの出演 BIGのCM ジョイササイズ篇です。

「なななな~ なななな~ なななな7億円」

「なななな~ なななな~ なななな7億円」

妹役の深田恭子さんがカラオケで、ジョイマンのジョイササイズをしながら「なななな~ なななな~ なななな7億円」を繰り返すので、姉役のマツコ・デラックスさんが「その手やめて」「もう帰ろ」と言って部屋を出ると、福沢さん役の大谷亮平さんも「なななな~ なななな~ なななな7億円」とやってる、BIGのCM動画です。

「なななな~」が頭に残りますよね。このフレーズ聞いたことあるなぁ・・・と思っていたら、ジョイマンさんだったのですね。

マツコ・デラックスさんは2016年の上半期のCM出演数は第一位でCM女王に輝いています。さらにマツコ・」デラックスさんのCMの出演ギャラは一本大体3000万円ほどだそうです。

最新の2017年のデータによると、CMの年間契約料は3500万円、1クールの契約料は1500万円ということでコスパの良いタレントとしてマツコ・デラックスさんは重宝されているようですね。経済効果が高いのにものすごく意外な金額でした。

マツコ・デラックスの2017年CM契約数

それでは、マツコ・デラックスさんの2017年のCM契約数はというと・・・

  • 花王
  • タイガー魔法瓶
  • トヨタ自動車
  • 日本スポーツ振興センター(BIG)
  • P&G
  • フォーシーズ(ピザーラ)
  • ホクレン農業協同組合連合会
  • まるか食品

CM出演企業数は、8社でした。先ほどの1本3500万で計算すると、単純計算で2億8000万にものぼります。すごいですね。

昨年よりも企業数、順位ともにダウンしたマツコ・デラックスさんですが、まだまだ人気の継続がうかがえますね。
ちなみに、女性部門 1位は、ローラさんで、15社でした。なんだかんだ2017年は事務所トラブルばかりがニュースになっていて、TV番組に出ている印象は少なかったのですが、CMは堂々の1位でした。

ちなみに、男性部門の1位は「ドクターX」でのおちゃめなコワモテキャラが記憶に新しい、遠藤憲一さん(12本)でした。ジャニーズ系や、若手イケメン俳優を抑えての1位は流石ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マツコ・デラックスさんのギャラについて調べてみました。テレビ出演、CM契約本数などで数億円稼いでいると思われます。

まだまだ今年もマツコ・デラックスさんの活躍は続きそうですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浜田雅功の不倫を許した小川菜摘の対応は?

女優でタレントの小川菜摘(54歳)さんが、10月14日、夫でダウンタウンの浜田雅功(54歳)とのラブラブツーショットを公式ブログで披露しました。 小川菜摘さんはこの日、「結婚28周年のお祝いご飯」を、 …

元SMAPの元マネージャー飯島三智が仕掛ける今後の活動とは?

新しい地図は開かれました。稲垣吾郎(43)さん、草彅剛(43)さん、香取慎吾(40)さんの3人が、初めてTwitterでつぶやき、ブログを更新し、インスタグラムに写真を投稿したのです。 ジャニーズが固 …

共演者キラーと呼ばれている福士蒼汰の元カノがすごい!

2月1日発売の『女性セブン』で熱愛が発覚した俳優・福士蒼汰(24才)さん。お相手のMISATO(27才)さんはインスタグラムに写真を投稿すると、ほかのユーザーから着ている服等に関するい合わせが殺到する …

田中大貴アナウンサーがフジテレビジョンを辞める理由とは?

フジテレビの田中大貴アナウンサーが、4月いっぱいで退社することがわかりました。所属事務所はオスカープロモーションとなるようです。 そんな田中大貴アナウンサーがフジテレビジョンを辞める理由について調べて …

DJもこなす多才なモーリー・ロバートソンと池田有希子の馴れ初めとは?

ジャーナリストでタレントとしても活躍するモーリー・ロバートソン(55)さんが16日、事実婚相手の女優・池田有希子(47)さんとともにフジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、不思議な事実婚関係が披露さ …

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサーリンク