ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

突如クドカンの舞台を降板した満島ひかりのわがままエピソードとは?

投稿日:

Advertisements

満島ひかり(32)さんが今年11月に開幕予定の舞台「ロミオとジュリエット」から降板すると報じられました。ご自身が企画した舞台を突如降板するとは前代未聞であります。

その理由は、体調不良、自信喪失、監督や脚本家と衝突したなどなど、諸説取り沙汰されていますが、果たして真相はどうなのでしょうか?

そんな満島ひかり

満島ひかりプロフィール

  • 生年月日:1985年11月30日(31歳)
  • 出身地:沖縄県沖縄市
  • 身長:162cm
  • 血液型:A型
  • 職業:女優
  • 配偶者:石井裕也(2010-2016)
  • 著名な家族:満島真之介(弟)満島みなみ(妹)満島光太郎(弟)

満島ひかり略歴

Folderデビュー前

沖縄アクターズスクール主催の「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S オーディション」で優勝し、無料で1年通学できる権利を得たため、親を説得して入校しました

FolderからFolder5へ

7人組ユニット「Folder」に「HIKARI」名義で参加し、1997年にシングル「パラシューター」でデビュー、10万枚以上のヒットを記録しました。

2000年に5人組ユニット「Folder5」へ改組後も、3rdシングル「Believe」がアニメ「ONE PIECE」(フジテレビ)のオープニングテーマに起用されるなどし、ヒットしました。

ソロ活動

Folder5の活動休止後、八雲学園高等学校在学中の2003年9月からTOKYO MXの公開バラエティ番組『ゼベック・オンライン』のアシスタントとして、本名の「満島ひかり」名義で芸能活動を再開し、司会・グラビア・タレント活動を経て現在の女優業に転向しました。

転機となったのは園子温監督の映画『愛のむきだし』。当時ほとんど無名ながら「もはや狂気とも呼べる領域に達した満島の芝居に全てが圧倒された」と園監督に言わしめた演技が高く評価され、作品の話題性と相まって知名度が急上昇し、同作品で報知映画賞、ヨコハマ映画祭、毎日映画コンクールなど、その他多くの映画新人賞を受賞、キネマ旬報賞では助演女優賞を獲得しています。

2010年、主演を務めた『川の底からこんにちは』でヨコハマ映画祭主演女優賞とエランドール賞新人賞を受賞しています。

2018年3月1日、所属事務所のユマニテから独立し、フリーで活動していくことが発表されました

私生活

主演を務めた『川の底からこんにちは』の監督・石井裕也さんと約1年の交際期間を経て2010年10月25日に結婚したが、生活観や結婚観の違いから2016年の年明けに離婚し、話し合いによる協議離婚で慰謝料は発生していません。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B3%B6%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8A

クドカン舞台を突如降板した満島ひかり

11月20日から東京・下北沢の本多劇場で上演される「ロミオとジュリエット」。演出、脚色を手掛けるのはクドカンこと宮藤官九郎(47)さん。

ロミオにはクドカンさんと同じ事務所の三宅弘城(50)さん、ジュリエットには初舞台で初主演となる森川葵(22)さん、共演には田口トモロヲ(60)さんはじめ、元キングオブコメディの今野浩喜(39)さん、元「JAPAN-狂撃-SPECIAL」のバンドマン・よーかいくん(年齢非公開)、元Speedの上原多香子とW不倫が報じられた阿部力(36)さんなどなど、引き出し、隠し球、飛び道具が豊富な出演陣であります。

クドカンさんは「なるべく、まんまやる」とは言っていますが、そもそもロミオ役とジュリエット役の年の差が30近くもあるのだから、そんなはずがありません。

この一癖も二癖もあるキャストの中で、初舞台というジュリエット・森川葵さんへの注目度は高いのです。なにせ、あの満島ひかりの代役だからです。

「もともとはジュリエットを演じてみたいという満島の企画で始まった舞台ですからね。それを特に理由も明かさず途中で降板。とはいえ、“憑依女優”の異名を取り、演技には定評のある満島の代わりとなるジュリエットを探すのは、大変だったようです。森川は、クドカン脚本のドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)では満島とも共演し、クドカン監督の映画『TOO YOUNG TO DIE!  若くして死ぬ』(東宝/アスミック・エース)にも出演しており、気心は知れている。なにより“カメレオン女優”と評されるほど何でもできる演技力が買われたのでしょう」(芸能記者)

そんな満島ひかりさんは、わがまま女優と言われています。

満島ひかりのわがままエピソードとは?

「満島さんのワガママには本当に困りました。映画祭事務局、テレビ局、そして共演女優の事務所まで終始振り回され、中には『二度と一緒に仕事をしない!』と怒る関係者もいましたよ」(映画関係者)

昨年、10月25日から11月3日まで、東京・六本木ヒルズで開催された『第30回 東京国際映画祭』。その“目玉”だったのが、日本映画界を引っ張る4人の女優を集めた特別企画『Japan Now 銀幕のミューズたち』でした。

全員が同学年でもある満島ひかり(31)さん、宮崎あおい(31)さん、蒼井優(32)さん、安藤サクラ(31)さんの出演作が集められ、写真家・蜷川実花(45)さんが撮影した映画祭のポスターには、黒で統一した衣裳を着た4人が並びました。しかし、その撮影の際に“第1の事件”が起きたといいます。

「4人の撮影は同じ日に時間をずらして別々に行われたのですが、撮影終了後に満島さんサイドから“撮り直し”のお願いがあったんです。なんでも満島さんが納得のいく撮影ではなかったようで、蜷川さんにも事情をお話しして、彼女だけあらためて撮り直しました。ただ、その話を伝え聞いた他の女優さんたちの事務所からは“どうして満島さんだけ?”と呆れた声が挙がりましたね」(前出・映画関係者)

じつはこのポスター撮り、当初は女優4人が勢揃いして撮影する予定だったといわれています。

「それも満島さんサイドが断ってきたため、4人別々の撮影になったんです。映画祭の目玉企画として、ぜひ4人がそろったポスターをと事務局側は熱望していたんですが……」(前出・映画関係者)

そして、満島ひかりさんのわがままはこれだけで終わらなかったそうです。映画祭のオープニングセレモニーといえば、豪華な出演者たちが次々に登場するレッドカーペット。

その裏で“第2の事件”が起きていたのでした。映画祭が開幕した10月25日。用意されたレッドカーペットに、豪華な衣装をまとった“ミューズ”4人は嵐のようなフラッシュを浴びて登場したのでしたが、

「じつは、レッドカーペットを歩いた後に、本来はテレビ局による4人のインタビュー取材が予定されていたんです。それも直前になって、満島さんの“ドタキャン”でなくなってしまったんですよ」(プロダクション関係者)

そもそもテレビ取材が決まった際に、1人だけ“条件”をつけてきたのが満島さんサイドだったといわれています。

「4人そろっての取材が決まると、満島さんサイドは『レッドカーペットとは別の衣裳で取材を受けたい』と事務局にお願いしてきました。しかも満島さんは“4人全員が衣装を着替える”ことを条件にしてきたため、事務局はオブラートに包みながら他の3人の事務所サイドにそのことを伝えたそうです。他の女優さんサイドからは『なぜ同じ衣装ではダメなんですか?』という不満の声も上がりましたが、“映画祭を盛り上げるため”と言われ、みなさん急遽インタビュー用の別衣装を手配しました」(前出・プロダクション関係者)

ところが、映画祭開幕の2日前に事態は急変したようです。

「直前になって、また満島さんサイドから『本人がレッドカーペットに集中したいと言っている』と取材中止を求めてきたんです。番組に穴が空いてしまいますからテレビ局も大慌て。事務局サイドから満島さんサイドに“さすがに直前での中止は難しい”と伝えると、“わかりました。それならば取材を受けます”と要望を撤回したそうです」(前出・プロダクション関係者)

しまし、満島さんサイドの“ドタキャン要求”はすでに他の3人の事務所の知るところとなっていたようです。

「中には、着替える予定だった別衣裳の手配をキャンセルした女優さんもいて、結局、収拾がつかなくなって、取材自体がなくなりました。振り回されたテレビ局や事務局関係者らは、さすがに“もう勘弁してよ”といった様子でしたよ」(前出・プロダクション関係者)

テレビ局関係者が話します。

「彼女は基本的に演技以外の仕事はやらないスタンスで、舞台に主演してもPRにはほとんど協力しません。俳優は作品だけ見て評価されればいいと思っている。だから今回のトラブルも、彼女にとっては他人からどう思われるかなんて最初から考えてもなくて、自分のわがままとも思っていないと思いますよ」

参考:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1614391/

そんな満島ひかりさんですが、今回の舞台降板はどういう理由なのでしょうか?

満島ひかりが舞台を降板した理由とは?

6月2日、満島ひかりさんが11月に開幕予定の舞台『ロミオとジュリエット』から降板すると報じられました。

「いいものを作るために、妥協しない。その上かなりハッキリと意見を言う。最近は小沢健二さん(50才)のライブにゲストボーカルとして出演していましたが、音楽番組での小沢さんのライブに彼女が参加したときは、スタジオのセットが不満だと言い始め、放送直前に大がかりな作り直しをしました。現場では“ゲストなのにそこまで言う!?”と不評でした。各方面から、難しい人だという噂は聞こえていましたね」(テレビ局関係者)

こんな評判もある満島ひかりさんですが、舞台関係者もこう証言します。

「演技のうまさから憑依型女優とも評されるあの満島さんが、ジュリエットを演じたいと自ら脚本・演出の宮藤官九郎さんに売りこんで実現したキャスティングだったそうですが、先月突然降板することに。ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)でもタッグを組み、クドカン作品とは相性がいいはずだったのですが…。『体調不良』『スケジュールの都合』『自信喪失』などさまざまな説明が主催者側からされているのですが、満島さんがそんな曖昧な理由で降りるとは思えません。妊娠したなど大きな理由もなさそうです。事務所を辞めてからコントロールがきかなくなっているとか…」

この3月に9年間所属していた事務所から独立した満島ひかりさん。新天地での初舞台となるはずだったのですが・・・。

「役者第一で作品を大切にする評判のいい事務所だっただけに、独立の理由も取り沙汰されました。アイドルだった満島さんを実力派女優として育てたのも事務所の手腕があったから。演技に集中したいというならこれ以上適した事務所はないはずなのに。彼女の意思を尊重し、形としては円満独立とはなりましたが周囲に違和感は残りました」(前出・テレビ局関係者)

確かに演技力には一定の評価がある満島ひかりさんですが、もし報道の内容が本当だとするならば、少々自分が出すぎのような気します。出る杭は打たれるので注意が必要ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

女優の満島ひかりさんのわがままエピソードについて調べてみました。満島ひかりさんは出演作の宣伝には協力しないスタンスで、女優の宮沢りえさんのように舞台や映画で活躍したいと思っているようです。

今後の満島ひかりさんの活躍に注目ですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おしどり夫婦と言われている女優の篠原涼子と俳優の市村正親に不協和音?2人の馴れ初めは略奪だった?

“おしどり夫婦”として知られる市村正親(69)さんと篠原涼子(44)さんぎ夫妻に波乱含みの展開です。 きっかけは先日発売された「女性セブン」(8月9日号)が、「篠原涼子 夫のいない深夜2時の大放言」と …

色々障害がありそうな深田恭子と亀梨和也の結婚とは?

22日に深田恭子(35)さんの主演ドラマ「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系)の最終回が放送され、深田恭子さんは女優として難しい役柄を演じ切りました。 そんな深田恭子さんに「KAT―TUN」の亀梨和 …

被災地でボランティア活動をしていた歌手の吉川晃司と女優の天海祐希が破局した理由とは?

「現代のハリマオかレインボーマンか月光仮面か」などの声がネットで相次いでいるのが、ロック歌手で俳優の吉川晃司(52)さん。先月の集中豪雨と洪水に続き、記録的な猛暑で苦しむ西日本各地の被災地に足を運び、 …

「世界の北野」と言われているビートたけしが愛人と新会社設立?

お笑い界最大の実力者で世界的な映画監督でもあるビートたけし(71)さんが3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」を退社し、独立することが13日、分かりました。 そんなビートたけしさん、新しい会社が噂の …

眞子さま婚約☆お相手の小室圭さんの経歴や家族は?

宮内庁は3日午前に、秋篠宮殿下の長女眞子さま(25)と大学時代の同級生で法律事務所に勤務の小室圭さん(25)の婚約が内定したことを発表しました。 一般の結納にあたる「納采の儀」などを経て、来年秋にも結 …

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スポンサーリンク