ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

社会

水卜麻美アナウンサーのフリー転向の可能性は?

投稿日:

Advertisements

日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30)さんが4日放送の同局系「しゃべくり007SP」(月曜・後9時)にゲスト出演し、“モーニングコール”をしてくれる男性の存在を明かしました。

水卜麻美アナウンサーは、今年9月いっぱいで6年半アシスタントを務めた「ヒルナンデス」(月~金曜・前11時55分)を卒業し、10月から「スッキリ」に出演しています。

「起きる時間が変わりました」と水卜麻美アナウンサー。今までは朝8時に起床していましたが、10月からは早朝4時半には起きているといいます。「怖かったです。寝坊するんじゃないかっていうので、夜中に何度も目が覚めて。ケータイでいくつか目覚ましをかけて」と対策を立てましたが、その時にある男性に助けられたといいます。

「すごくありがたいんですけれど、『ZIP!』をずっと担当している桝さんなんですけれど、『ZIP!』と『スッキリ』は中継をつないでクロストークするのもあったので、(桝アナが)『起きられないかもしれないから、4時半くらいに連絡して、今日何を話すか連絡する。返信がなかったら、スッキリのスタッフに連絡してあげる』と言ってくださって」と慣れるまで2週間ほど、「ZIP!」を担当する桝太一アナウンサー(36)に、起こしてもらったことを明かしました。

「スッキリ」担当直後は「(翌日の朝を考えて)夜は怖くて飲みに行けない。1週間くらい1滴もお酒を飲まなかった」と話した水卜麻美アナウンサーですが、「何杯までなら次の日起きられるか試そうとして、ビール5(杯)まで来ました」と満面の笑みで報告しました。「金曜日のありがたみを感じています。毎週飲みに行っています。パァーっとどころじゃない」と豪快な飲酒ぶりをにおわせていました。

そんな、大人気の水卜麻美アナウンサー、フリー転向がささやかれていますが、フリー転向の可能性はあるのでしょうか?

水卜麻美アナウンサープロフィール

  • 生年月日:1987年4月10日(30歳)
  • 出身地:千葉県市川市
  • 血液型:AB型
  • 身長:158cm
  • 最終学歴:慶応義塾大学文学部英米文学科専攻
  • 勤務局:日本テレビ放送網
  • 部署:編成局アナウンスセンターアナウンス部

水卜麻美アナウンサー略歴

渋谷教育学園幕張高等学校、慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。2010年入社。

オリコン調査「好きな女性アナウンサーランキング」では、第10回(2013年)から第14回(2017年)まで5年連続で1位となっている

2010年8月7日、『全日本少年サッカー大会決勝戦中継』にてリポーターデビューを迎えた。2010年8月28日・8月29日、『24時間テレビ33』の日産グローバル本社ギャラリーチャリティーイベントにて司会進行を担当。2010年9月4日、『満天☆青空レストラン』にて初めての提供読みを担当。2010年9月10日、『CAPTAIN!TV』に出演し、本格的なテレビ出演デビューとなった。

2011年3月6日、『NNNニュースサンデー』にて、初めて地上波のニュース番組を担当した。2011年3月10日、『ぐるぐるナインティナイン』の「かぶっちゃや〜YO!」にてゴールデンタイムのバラエティ番組で初めての進行を務めた。2011年3月28日、自身初のレギュラー出演帯番組『ヒルナンデス!』の放送が開始され、アシスタントに就任した

2012年2月26日、東京マラソン2012に出場。5時間24分14秒でフルマラソン完走を果たした

2014年8月30日・8月31日、『24時間テレビ37』の総合司会を務める

2015年8月22日・8月23日、『24時間テレビ38』の総合司会を務める。

2016年8月27日・8月28日、『24時間テレビ39』の総合司会を務める。

2017年8月26日・8月27日、『24時間テレビ40』の総合司会を務める。

2017年9月29日、自身初のレギュラー出演番組として6年半アシスタントを務めた『ヒルナンデス』を卒業した。2017年10月2日、朝の情報番組のスッキリのサブMCに就任した。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%8D%9C%E9%BA%BB%E7%BE%8E

水卜麻美アナウンサー投入で「スッキリ」持ち直し!

「好きな女子アナランキング」4連覇は、だてじゃなかったことが証明されました。

日本テレビの水卜麻美アナウンサーがMCとして新加入した情報番組『スッキリ』10月2日放送の平均視聴率が7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録、同時間帯の前4週平均6.0%から1.4ポイン卜上昇した。7%超えは8月28日以来、約1カ月ぶりのことで、初回から水卜アナが人気ぶりを見せつけた形でした。

ここ数年、朝のワイドショーは『とくダネ!』(フジテレビ系)、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)、『スッキリ!!』がしのぎを削ってきたが、最近は『スッキリ!!』の苦戦が目立つようになっていた。いきなりの“水卜効果”に救われたのが、MCを務める加藤浩次さんでした。

「視聴率低迷により、局内では加藤の交代も検討されていて、エースの水卜アナを投入しても視聴率が回復しなければ、来年3月での降板が濃厚となっていた。実際、後任に橋下徹氏の名前が挙がっており、水面下で下交渉も行われていた」(日本テレビ関係者)

一方の水卜麻美アナウンサーにも絶対に負けられない理由があるといわれています。

「フリー転身がささやかれている水卜アナですが、日テレ上層部との間では『スッキリ』の立て直しに成功すれば退社を認める。その折には局を挙げて全面的にバックアップすると確約を得ているといいます。視聴率回復の鍵を水卜アナが握っているのは間違いなく、番組スタッフは好スター卜の勢いを加速させるべく、水卜アナにスカートの丈を膝上にすることを提案しているんだとか。実現すればさらなる視聴率アップにつながりそうですが、彼女がこの案に乗ってくれるかどうか」(同)

桝アナウンサーと仲良し?

10月1日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、日本テレビの桝太一アナウンサー(36)と水卜麻美アナウンサー(30)が出演しました。水卜麻美アナウンサーは、アシスタントとして6年半携わってきた『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を9月いっぱいで卒業し、10月からは『スッキリ』(同局系/『スッキリ!!』から改名)のMCに就任しましたが、その胸の内を語る場面がありました。

番組内で明かしたところによると、水卜麻美アナウンサーに『ヒルナンデス!』卒業が伝えられたのはかなり直前の時期だったようで、水卜麻美アナウンサーも「ギリギリのタイミングでした」と振り返りました。テレビ局の社員という立場上、いつかは異動があると覚悟していたというのだが、その異動先が『スッキリ』だという事実は二重の衝撃だったとし、辞令を受けるや、上司を前に10秒間黙ってしまったと告白しました。

また、水卜麻美アナウンサーの異動は社内人事のため、口外することは禁じられていたのですが、彼女にとっては人生が変わる局面でもあり、密かに先輩の桝アナウンサーには相談していたとのことでした。

その事実を聞いた、くりぃむしちゅーの上田晋也(47)さんは「いや“言っちゃいけない”って言われてるのに、なにすぐ言っちゃって」と、すかさず水卜麻美アナウンサーを注意していました。

冒頭「しゃべくり007SP」でも、そんな桝アナウンサーに相談していました。「ヒルナンデス」から「スッキリ」へ異動した際に、起きる時間が8時から4時半起きになり、朝起きられるかどうか最初は心配だったようで、2週間ほど桝アナウンサーが水卜麻美アナウンサーに朝モーニングコールをしていたようです。水卜麻美アナウンサーもすごく助けられたと感謝していました。

水卜麻美アナウンサーは同期がいないようで、よく桝アナウンサーに相談しているんですね。

加藤浩次が怖い?

新天地『スッキリ』のMCである加藤浩次(48)さんのことですが、水卜麻美アナウンサーは、今までほとんど仕事で絡んだことがない加藤浩次さんに対し、いまだに“狂犬”のイメージを持っていて、「怖い!」という先入観が拭いきれないままだそうです。

しかし、水卜麻美アナウンサーもただ怖がってるだけではないようで、『スッキリ』加入に際し、なんと「加藤さんに、週に一回は言い返す」という“裏テーマ”を自身に課しているのだといいます。

水卜麻美アナウンサーの秘めたる思いを知った上田は、「え? 『スッキリ』ってタイトルなのに、ケンカしにいこうとしてるの?」と指摘しました。これに水卜麻美アナウンサーは「議論が白熱したほうが、いろんなものが生まれると思うんですよ」と、力強く持論を展開したのだが、すぐに「(加藤に)“何が?”って言われたら、すぐ“申し訳ありません!”と言う準備もできているんで……」と弱気な一面も見せていました。

また「しゃべくり007SP」でも、加藤浩次さんが怖いと言っていた水卜麻美アナウンサー。まだまだ異動して2ケ月、もう少し関係性を築いていくのには時間がかかりそうですね。

水卜麻美アナウンサーのフリー転向の可能性は?

来春にフリーへ?

水卜麻美アナウンサーは、2010年に日本テレビ入社。翌年3月にスタートした前出の「ヒルナンデス!」のレギュラーに抜擢されると、局アナには珍しいポッチャリ体型と、グルメロケでの食べっぷりのよさでジワジワと人気が上昇し、入社5年目の14年からは局の一大名物番組「24時間テレビ」の総合司会を担当し、オールマイティに活躍できる女子アナとして重宝されています。そんなエースアナがついに一つの決断を下した、といわれています。

「実は昨年末頃からアナウンス部の上司に、退社の意向を伝えていたんです。つまりフリー転身です」(局プロデューサー)

とはいえ、水卜麻美アナウンサーは現在、「幸せ!ボンビーガール」「有吉ゼミ」など多くのレギュラーを持つ身です。

「好感度の高い水卜アナが司会をしているという理由で、スポンサーを続ける企業もあるので、退社・独立となれば、各番組スポンサーへの根回しが不可欠です」(広告代理店関係者)

当然、局としては水卜麻美アナウンサーを手放すわけにはいかないですが、その決意は思いのほか固く、日テレ内は大混乱に陥っているといわれています。

「つい最近になって会社の上層部は慰留を断念。近いうちに、来春の退社を発表するようで、営業部が大慌てでスポンサー回りを始め、おうかがいを立てています」(日テレ関係者)という噂もあります。

フリー転向を阻止?

また、一方で10月改編で朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)の新MCに、水卜麻美アナウンサーが就任することが発表されました。今年で12年目を迎える『スッキリ』ですが、視聴率低迷で、正念場を迎えていました。
「かつては朝の情報番組戦争で視聴率首位だった『スッキリ』ですが、現在は『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)がトップを走り、ライバルの『とくダネ!』(フジテレビ系)にも水を空けられ、万年3位が定位置となってしまった。そのため、以前から改革の声が上がっていたのです」(日テレ関係者)

そこで番組再建の救世主として抜擢されたのが、水卜麻美アナウンサーでした。お昼の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のMCを長年勤めており、「好きな女子アナ・ランキング」でも毎年1位に選ばれている日テレの看板アナなのは間違いありません。別の日テレ関係者が語ります。

「マンネリとも言われるメインMC・加藤浩次さんのサポートをするべく選ばれたのが水卜ちゃんです。ここ数年来、加藤さんが降板するという噂もありましたが、今のところそれはない。となると、視聴率の回復には出演陣を変えるしかない。そこで主婦層に好感度の高い水卜ちゃんが選ばれたというわけです」一方で、今回の起用は水卜麻美アナウンサーの今後も大きく関係しているといわれています。

「ずっと囁かれている水卜ちゃんのフリー転身阻止ですよ。彼女はここ数年、アナウンサーを集めている大手芸能事務所からずっと口説かれていて、今年前半には来年退社で話がまとまりそうだったのです。ところが、それを聞きつけた日テレ幹部が全力で対策を協議。その結果、水卜ちゃんには『スッキリ』MCの椅子、そして来たる2020年東京五輪の同局メインMCの手形を切ったと聞いています」

これだけ人気の水卜麻美アナウンサー。徳光和夫さんや、明石家さんまさんからもフリー転向を勧められていましたが、今のところ「スッキリ」で頑張っていくようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今や安定した人気の水卜麻美アナウンサー。フリー転向はまだまだおあずけのようですね。しばらくは、朝の情報番組「スッキリ」で頑張っていくようです。今後の活躍に期待しています。

Advertisements

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

希望の党の共同代表選で優勢なのは?

小所帯の党で、乱戦の様相です。希望の党は2日、小池百合子代表(東京都知事)を支える国会議員の「共同代表」を選ぶ選挙を、今月8日告示-10日投開票とする日程を正式に決めました。玉木雄一郎衆議院議員と大串 …

小泉進次郎が将来の総理大臣へ一歩リード?

「政治は数、数は力」という田中角栄流の「数の論理」は昔も今も自民党派閥政治の基本原理です。選挙で子分を増やして兵を養い、権力の座を目指します。総選挙による派閥勢力の消長は政界地図を大きく塗り替えます。 …

クロネコヤマトの強さの理由は「ボトムアップ」にあり。

1976年、ヤマト運輸が提供する「宅急便」サービスが産声を上げました。それから40年、その歴史の中には数々のヒットのヒントが隠されています。 1948年入社、1971年にヤマト運輸2代目社長に就任した …

前原誠司と小池百合子の密談の内容は?

民進党の前原誠司代表は27日の両院議員総会で、代表辞任の時期について30日の全国幹事長会議の議論を踏まえ、同日に改めて両院議員総会を開き、判断する意向を示しました。 即時辞任を求める参院議員らが反発し …

札幌のタクシー大暴れの弁護士の予想される処分とは?

札幌市中央区でタクシーの車内で、暴れたうえに、料金を支払わずに立ち去った男について、警察が身元を特定した男は、札幌弁護士会に所属する30代の弁護士であることが、11月10日までに判明しました。近く本格 …

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スポンサーリンク