ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

ニュース

ムーミン最新映画12.2公開!~ムーミンの人気のヒミツ~

投稿日:

Advertisements

皆さんは、「ムーミン」はご存知ですよね。

私も大好きで、世代を超えて愛され続けている、フィンランド生まれのキャラクター「ムーミン」。

この度、2017年12月2日にムーミンの最新映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」が公開されることが発表されました。

世界中で人気の「ムーミン」、その人気のヒミツを探っていきます。

「ムーミン」は大人の女性に人気

1945年に原点となる小説「小さなトロールと大きな洪水」が出版された「ムーミン」シリーズは、1970年の「ムーミン谷の十一月」まで、長編・短編あわせて9作の小説が世に送り出されています。

日本では、1969年の「ムーミン」に始まり、1991年~1992年に放送された「楽しいムーミン一家 冒険日記」まで、4度にわたりテレビアニメ化されました。

そのアニメを観ていた世代はもちろんですが、ちょっととぼけた感じのする表情や、丸みのあるフォルムなど、キャラクターとして子供から大人まで幅広い世代の支持を受けています。

かわいいキャラクターは、小さい子供に人気があると思いがちですが、「ムーミン」の場合は、特に大人の女性からの人気が上がってきています。アニメを見ていたと思われる50代以上のファンも多く、キャラクターものでありながら、大人になっても楽しめるという点で、「ムーミン」は長く長く愛されてきたのでしょうね。

「ムーミン」はシュール

「ムーミン」の家族はいつも、ほのぼのしているが、「ムーミン」はというと、家族とは対照的で陰があるようなキャラクター設定です。

作品自体を見ても、トラウマになりそうなモラン、そのモランを通して「孤独」を表現しているように、人間の身近にある様々な「陰」のテーマが、ファンタジーに置き換えられて表現されていることに気付きます。なので、最初は怖いという感情が、いつしか共感や同情に変化していくのです。

かわいいだけではなく、そういった「陰」の部分もキャラクターに反映させることで、幅広い世代に通用する要素が備わった・・・と言えるのかもしれません。

最新映画の内容とは

前回2014年には、ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン(1914年~2001年)生誕100年を記念して、長編アニメーション映画「ムーミン 南の海で楽しいバカンス」が上映されました。(2015年2月13日公開)

地中海沿岸のリゾート地リビエラにやってきたムーミン一家の冒険を、フィンランド製ムーミン映画としては珍しい全編手描きアニメーションとして描いています。

さて、最新映画の「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」はどういう内容の映画になっているのでしょうか?

まずはこちらをご視聴ください↓

今回の映画は、2009年「ムーミン谷の夏まつり」、2010年「ムーミン谷の彗星」に続く、パペットアニメーションシリーズの最新作になります。

今回は、映画シリーズ初となる冬のムーミン谷が舞台になっています。木にしんしんと降り積もる雪、陽の光に照らされた一面の銀世界。美しい冬景色が、ムーミンの世界観の魅力を一層引き立てています。

物語は木の葉が舞い落ちる秋から始まります。

好奇心いっぱいのムーミントロールは、友達のスナフキンと共に、ムーミン谷にまもなく訪れる冬を感じようとでかけます。そこで知ったのが、まもなくやってくるという「クリスマス」の存在。

「クリスマスさんって誰?」「どんな人?」

やがてムーミンが出会う冬の不思議な魔法、驚きの数々、そしてムーミン谷に訪れる最高の夜・・・。

今年のクリスマスシーズンにはぴったりな映画になっています。

更に今年の12月6日は、ムーミンを生んだフィンランドの独立100周年にあたります。

この映画はそのメモリアル・イヤーを飾るのにふさわしく、素晴らしい作品となるでしょう。

参考:http://www.toei.co.jp/release/movie/1210215_979.html

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ムーミン谷の初めての冬の舞台、クリスマス時期にはふさわしい映画になりそうですね。

私は、ムーミンが大好きなので、子供と一緒に見に行こうと思いました!楽しみです。

Advertisements

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「電波子17号」こと徳永美穂が大学生と駆け落ちをした理由とは?

41歳の主婦と21歳大学生の“駆け落ち”が芸能界に波紋を広げています。駆け落ちが明らかになったのは、主婦の家族が捜索のためにSNSを通じて情報提供を呼びかけたのがきっかけでした。 この主婦というのが実 …

北朝鮮が東京に向けて核攻撃した時の被害は?

防衛省よると、北朝鮮は15日午前7時(日本時間)、北朝鮮の順安付近から弾道ミサイル1発を東北東方向に発射しました。ミサイルは北海道渡島半島と襟裳岬付近の上空を太平洋に向けて通過し、約19分後にわが国の …

雨が多い天気いつまで? ~今後の天気予報は~

首都圏では、8月に入って1日から、毎日雨が降っています。 何と、8月上旬にこれほどの雨が降るのは48年ぶり・・・とのことです。 19日の午後6時頃、東京都世田谷区鎌田の二子玉川緑地の運動場のポールに落 …

捜査のプロと言われた田宮榮一の名推理とは?

警視庁・元捜査一課長でコメンテーターの田宮榮一さんが、転移性肺がんのため亡くなっていたことがわかりました。85歳でした。 警視庁で、たたきあげの刑事から捜査一課長や警ら部長などを歴任した田宮榮一さんは …

北朝鮮が次のミサイル準備に突入か?

14日、北朝鮮メディアは、国連安全保障理事会の制裁決議に反発し、日本を非難する声明を伝えました。 日本時間14日午後5時ごろ、朝鮮中央テレビは、「日本列島上空を飛び越える、われわれの大陸間弾道ミサイル …

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサーリンク