ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

NEWS ZEROの顔だった村尾信尚が降板した理由とは?

投稿日:

Advertisements

元NHKの有働由美子アナウンサーが10月から日本テレビ系「NEWS ZERO」のメーンキャスターに就任することが6日、分かりました。。

村尾信尚氏は9月いっぱいで卒業します。約12年間番組の顔を務めた村尾信尚氏の卒業にネットは動揺しました。同じくキャスターを務める嵐の櫻井翔さんのファンからは感謝とショックの声が相次いでいました。

そんな村尾信尚氏がNEWS ZEROを降板した理由を調べてみました。

村尾信尚プロフィール

  • 生年月日:1955年10月1日(62歳)
  • 出身地:岐阜県高山市
  • 職業:大学教員、ニュースキャスター、コメンテーター
  • 肩書:関西学院大学教授
  • 配偶者:あり

村尾信尚略歴

実父は郵政省技官を経て、妻の実家に養子入りし、高山で製材業を営んでいた。岐阜県立斐太高等学校を経て、1978年3月に一橋大学経済学部卒業。大学ではスキー部に所属

1978年4月に大蔵省に入省、同期入省に真砂靖(財務事務次官)、古谷一之(内閣官房副長官補)、中尾武彦(アジア開発銀行総裁、元財務官)らがいる。

総務部長(後に総務局長)として三重県に出向していた頃、職員によるカラ出張問題が発覚した。この問題への対処を通して、納税者の視点から行政改革を推進していかねばならないという結論に至り、のちにNPO団体の立ち上げや三重県知事選挙に出馬するなどの活動を開始したという。

1998年、大蔵省だけで112人もの処分者を出したいわゆるノーパンしゃぶしゃぶ接待事件として知られる「大蔵省接待汚職事件」で大揺れに揺れる本省に主計局主計官として帰任。外務省及び通商産業省の予算査定を担当する中で、ジャパン・プラットフォーム設立を実現した

2001年から国債課長を務め、日本国債の信用格付けがボツワナ国債以下となる異常な状況の中、個人向け国債の創設などを行った。2002年から環境省総合環境政策局総務課長として環境予算の取りまとめにあたっていた。

北川正恭三重県知事退任後の三重県知事選挙出馬のため、同年12月24日に予算案が閣議決定された後、財務省を退官した。しかし2003年の第15回統一地方選挙期間に実施された三重県知事選挙に臨んだものの、県民の支持は広がらず惨敗した(4人中の3位で落選)。

落選後は無職の状態となっていたが、大蔵省の元同僚の紹介で、2003年より新設された関西学院大学東京事務所の教授に1年の有期雇用契約で就任。テレビ等でコメンテーターを務めるかたわら、以前から主張し続けている『納税者の視点に立った行政改革の推進』と『武装護憲論』を提唱している。

2006年10月2日より、日本テレビ系列『NEWS ZERO』のメインキャスター(アンカーマン)を務めているが、2018年9月をもって卒業予定

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E5%B0%BE%E4%BF%A1%E5%B0%9A

NEWS ZEROを9月末で卒業する村尾信尚

有働由美子アナウンサーが日テレ夜の顔になるというニュースはすぐにネットを駆け巡りました。ZEROファンにとって、村尾信尚氏の卒業はショックだったようで、「村尾信尚」があっという間にトレンドワードを駆け上がりました。

これにファンからは「寂しい」「翔くんの隣でずっと微笑みかけてた村尾さんがいなくなるのは寂しい…」「村尾さんの長男坊の翔くんだったのに」「翔君、寂しいだろうな」「村尾父さんが…」「翔くんを『櫻井さん』と呼んでくれる村尾さん…」「翔君をたくさん支えてきてくれたからありがとう村尾さん」「翔くんと村尾さんの掛け合い大好きだったのに」など、驚きと感謝の声が続々届いたのです。

その一方、有働由美子アナウンサーに期待する声も挙がっています。「あさイチ」でも、ジャニーズ事務所の井ノ原快彦さんと絶妙な掛け合いを見せていたことから「井ノ原さんから櫻井さん?」「今度は翔くんと有働さん」「有働×翔さんの掛け合いが今から楽しみ」などの声も上がっていました。

そんな村尾信尚氏、なぜNEWS ZEROを降板することになったのでしょうか?

村尾信尚がNEWS ZEROを降板した理由とは?

村尾信尚氏は1955年10月1日生まれで現在62歳です。

2006年10月より実に12年もNEWS ZEROのメインキャスターを務めていらっしゃいます。

有働由美子アナウンサーは今回の就任について、

「この度は、大変ありがたいお話をいただき身の引き締まる思いです。ニュースキャスターとしては、まだまだ勉強の時間が必要かと思っておりましたが、いただいた貴重な機会、村尾さんたちが築き上げてこられた『NEWS ZERO』の信頼を守るべく、できる努力を全て尽くしていきます」

と、コメントされています。それに対し、村尾信尚氏は、

「日本を良くしようと始めた『NEWS ZERO』。9月末までしっかり私の思いを届けます。10月からは有働さんを中心にさらに親しみやすい『NEWS ZERO』になることを期待しています」

とコメントされています。内容からおそらく自主的降板ではないように思います。

村尾信尚氏の、ニュースに対して発言する個人的な意見は嫌いという方が多くいらっしゃったのも事実のようです。

また村尾信尚氏は元官僚だったため官僚系のニュースにはズバッと言わない、の意見もあるそうです。

また安倍総理との不仲説もあり、政府からの苦情という面をもあるかもしれません。

世間の目も好意的なものばかりでなく、政治的にも具合が悪い、今回のタイミングで有働由美子アナウンサーがメインキャスターになれば番組の立て直しを図れるということも思惑にあるのかもしれないですね。

また、村尾信尚氏は実はコメントが下手との噂もありました。また、棒読みも気になる視聴者もいたようですね。

真相は不明ですが、櫻井翔さんとの不仲も噂されていました。

例えば、ある京都の人形の転売のニュースで

櫻井翔「ジャニーズチケットも同じようなことが・・・」

村尾「いや〜でも京都の転売の問題は対策を考えなければなりませんねぇ」

と話を遮り、それ以上櫻井翔さんの話を広げなかったり、櫻井翔さんの呼び方を「櫻井くん」「櫻井さん」などと呼び「櫻井キャスター」と言い直し、キャスターとは認めないような態度をとる、などが噂されていました。

とはいうものの、櫻井翔さんのファンの間ではそこまで不仲とも言われていなかったようですね。

そんな村尾信尚氏ですが、選挙特番の際の安倍晋三首相とのやりとりが話題になりました。

安倍晋三首相のブチ切れイヤホン外し事件

村尾信尚氏といえば、可もなく不可もなくという感じで特段印象のない人も多いかもしれませんが、青山和弘記者を筆頭に安倍応援団の日テレにあっては珍しく、安倍政権の経済政策などに批判的なスタンスで、インタビューなどで安倍首相を不機嫌にさせたり、イラつかせることも度々ありました。そのせいかどうかわからないですが、最近では、安倍首相が日テレに独占出演する際も、『ZERO』でなく夕方の『news every.』のほうに出演するようになっているようです。

とくに印象的だったのが、2014年12月に行われた総選挙の特番で、安倍首相をブチギレさせたことでしょう。

この総選挙では、解散直後に生出演した『NEWS23』(TBS)の街頭インタビューでアベノミクスの効果について「景気回復の実感ない」という意見が多数だったことに、安倍首相が「偏った意見を選んでいる!」などとイチャモンつけました。

その後、萩生田光一・自民党筆頭副幹事長(当時)がテレビ局に圧力文書を送りつけ、安倍政権の言論弾圧体質が露わになっていました。

そんななか、自民党優勢の開票速報が伝えられるなか、各局順番に生中継で出演していた安倍首相に、日テレの選挙特番ではキャスターの村尾信尚氏がメインでインタビューしたのです。

アベノミクスなどについて質問しましたが、安倍首相は次第にイライラし始め、早口で自説をまくし立て、それでも食い下がる村尾信尚氏に完全にブチギレしたのです。しまいには、イヤホンまで外して、村尾信尚氏を完全に無視して、勝手なことを早口で喋り続けるというとんでもない醜態を晒したのでした。

一国の首相にはあり得ない姿でしたが、安倍首相はこうした醜態を国会などでしょっちゅう晒しておりその独善的な体質をよく表していました。

ただし、残念ながらこうした安倍首相の醜態がテレビで放送される機会はそう多くないのです。村尾信尚氏のこのインタビューは、安倍首相の醜態・独善ぶりを、生放送で多くの人の目に晒したという意味で、非常に貴重な瞬間だったと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

村尾信尚氏がNEWS ZEROを降板した理由について調べてみました。真相は不明ですが、自らお辞めになった感じではなさそうですね。その理由は色々ありそうですが、やはり安倍晋三首相のあの1件はインパクト大だった気がしますね。

村尾信尚氏の後任の有働由美子アナウンサーは、保守的にいくのか、攻めていくのか、パートナーが青山和弘氏で調整しているというとのことで、今までとは違うNEWS ZEROに仕上がっていきそうですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恋多き女優の浅見れいなの元カレとは?

女優の浅見れいな(34)さんが3日、年上の一般男性と結婚したことを自身のインスタグラムで発表しました。所属事務所によると妊娠はしておらず、今後も仕事を続けて行くという。挙式・披露宴は未定のようです。 …

女性のカリスマのアンミカが「テレビショッピングの女王」と言われる理由は

モデルでタレントのアンミカ(45)さんが24日、自身のブログを更新し、マネジャーによる盗難事件について言及しました。「ショックを受けてはおります」としながらも「私らしく、明るく仕事に取り組んで参ります …

スピードワゴンの小沢の特徴的な声は病気なのか?

お笑いコンビ・スピードワゴンが26日、都内で行われたモバイル製品「Galaxy Note8」の発売記念イベントに参加しました。美女とのデートが報じられた小沢一敬(44)さんですが、「友人」ですと交際を …

キングオブコント2018で優勝したお笑いトリオ「ハナコ」のネタは誰が作成している?

22日、TBS系で放送された「キングオブコント2018」で見事チャンピオンに輝いたお笑いトリオ・ハナコが、当日にきたその反響を明かしました。 そんなハナコのネタは誰が作成しているのでしょうか? ハナコ …

歌手でタレントの美川憲一が過去に結婚を考えた相手の女性とは?

19日放送のフジテレビ系「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(水曜・後10時)に、歌手の美川憲一(74)さんが、ゲストで登場。全盛期の年収25億円、生涯年収250億円以上だという美川憲一さんが、稼ぎに稼 …

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

スポンサーリンク