ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

西島秀俊の奥さんは「プロ嫁」と評判!

投稿日:

Advertisements

11月中旬の昼下がり、都内の公園に西島秀俊さんが現れました。その横には、若い女性と幼い男の子がいました。

「奥さまに“晴れてよかったね”と笑顔で語りかけたり、お子さんに話しかけてあやしていましたよ。CMではいいパパですけど、普段はあまり家庭的なイメージが湧かないので、すごく新鮮でしたね」(同・目撃した女性)

家族水入らずの時間を楽しむと、西島秀俊さんが“そろそろ行こうか”と立ち上がりました。

「彼が持っていたトートバッグの中にはワンちゃんが入っていましたね。奥さまは彼の少し後ろを歩いていましたよ」(同・目撃した女性)

ちなみにこれ、西島秀俊さんにとっては初の貴重な家族スリーショットでした。2014年12月、西島秀俊さんが結婚したときには多くの女性が悲鳴をあげたものでした。

「奥さんは16歳年下。6年ほど前に友人の紹介で出会いました。彼女は西島さんを徹底的にサポートする女子力の高さから、“プロ彼女”と呼ばれていたんです。昨年4月には長男が誕生しましたね」(芸能プロ関係者)

仕事にストイックな西島秀俊さんは、妻に求めるハードルも高いのです。“映画鑑賞にはついてこない”“いつも一緒を求めない”“メールの返信がなくても咎めない”など……。けっこう大変そうな気もしますが、妻はそんな“掟”に、完璧に応えているといいます。

そんな西島秀俊さんの奥さんが「プロ嫁」という評判なので調べてみました。

西島秀俊プロフィール

  • 生年月日:1971年3月29日(46歳)
  • 出身地:東京都八王子市
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優
  • 身長:178cm
  • 配偶者:既婚(2014.12.22-)
  • 所属事務所:クォータートーン

西島秀俊略歴

1992年、大学在学中に東京アクターズスタジオ第1期生、テレビドラマ『はぐれ刑事純情派5』で俳優活動開始。

1993年、テレビドラマ『悪魔のKISS』での新興宗教にハマる青年役や、最高視聴率31.9%を記録したテレビドラマ『あすなろ白書』での同性愛者役で注目を集める。

1994年、萩原健一主演の映画『居酒屋ゆうれい』で映画初出演。

1999年、役所広司と共演した『ニンゲン合格』で映画初主演を果たす。長い昏睡状態から突然目覚めて生き方を模索する青年役を演じ、第9回日本映画プロフェッショナル大賞・主演男優賞を受賞する。

2005年の映画『帰郷』では、昔の恋人に子どもの父親だとして子どもを預けられて困惑するサラリーマンを演じ、第15回日本映画プロフェッショナル大賞・主演男優賞、第20回高崎映画祭・最優秀主演男優賞を受賞。

2006年、宮崎あおい主演の連続テレビ小説『純情きらり』で太宰治をモデルとした津軽弁の画家杉冬吾役をコミカルに演じ、お茶の間からの人気を得る。

2008年の映画『休暇』では癖のある死刑囚を演じ、第30回ヨコハマ映画祭・助演男優賞を受賞する。

2011年の映画『CUT』はイランの名匠アミール・ナデリ監督の作品で、第68回ヴェネチア国際映画祭のオリゾンティ・コンペティション部門オープニング作品・第36回トロント国際映画祭出品作品・第16回釜山国際映画祭出品作品である。これにより西島自身も数々の映画賞を受賞する。

2014年11月19日、3年間の交際を経て16歳下の一般女性と結婚することを発表

2016年4月、第1子男児が誕生

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B3%B6%E7%A7%80%E4%BF%8A

西島秀俊の結婚7条件

現在放送中のドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)で“妻に理解のある優しい夫”を演じている西島秀俊さん。暴走気味の妻(綾瀬はるか・32才)への「頭をポンポン」、よろめいた妻を片腕で抱えてキスする「鯖折りキスシーン」に胸キュンする女性が続出しています。ところが、プライベートの西島秀俊さんはちょっと違うらしいのです。

「3年前に結婚したのは16才年下の奥さん。西島さんは女性に求めるハードルが高いことで有名です。厳しすぎる“結婚の7条件”と女性誌でも特集されたほど。でも彼女はそれをすべてのみこんで完璧にクリアしたそうです」(芸能関係者)

結婚7条件

西島秀俊さんは仕事に対して極めてストイックなのは有名です。そんな自分を妻として、“最低でも”これだけの条件は守り、支えてほしいのだということです。

  1. 仕事のワガママは許すこと
  2. 映画鑑賞についてこない
  3. 目標を持ち一生懸命な女性
  4. いつも一緒を求めない
  5. 女の心理の理解を求めない
  6. メール返信がなくてもOK
  7. 1カ月半会話なしでも我慢すること

という内容です。かなり亭主関白です。おそらく真面目な西島秀俊さんは仕事に集中したいんだと思われます。

昨年お子さんが生まれて大変だと思いますが、これらの“掟”は完ペキに守っているという奥さん。今回初めての3ショットでも西島秀俊さんの後ろを歩いていたということです。素晴らしいですね。

西島秀俊の奥さんは「プロ嫁」と評判

馴れ初めは

西島秀俊さんは2014年11月9日に一般人で日産の会社員の森あやかさんと結婚しました。

二人の馴れ初めは知り合いの紹介で仲良くなったことです。交際期間は3年でした。

あやかさんはかわいくて仕事熱心な方ですが、西島秀俊さんはあやかさんの真面目な性格に惚れて結婚したのではないでしょうか。女性にとても人気があった西島秀俊さんが結婚したことでショックを受けた人はとても多かったです。

奥さんは「プロ嫁」と評判

西島秀俊さんの奥さんは、モデルエージェンシーに所属しており大学生時代からコンパニオンとして活動をしていたそうです。そのため、知っている人は知っている地下アイドル的存在だったようです。結婚した当時は、自動車メーカー「日産」のギャラリーでコンパニオンをしていたそうです。

西島秀俊さんは結婚条件がとても厳しいと、当時言われていました。そのため、西島秀俊さんは結婚しないと多くの女性ファンが安心しきっていたため、結婚発表のショックは相当なものだったでしょう。

とても厳しい結婚条件で、若い女性ならなおさらこの条件をクリアするのは難しそうですが、森あやかさんは見事クリアしたということですね。この条件をクリアしただけでもプロ嫁と言われていますが、さらにお嫁さんのプロ嫁エピソードがありました。

結婚生活では、ストイックな西島秀俊さんの食事管理をされているようです。また、冒頭でもご紹介したように、外出する際は必ず西島秀俊さんとの距離を2メートル以上空けるようです。外出先の会話は極力控え、用が済んだらすぐに帰宅するほどの徹底ぶりのようです。

人気俳優の西島秀俊さんへの配慮を徹底的にしている奥さんは、まさにプロという評判ですね。ここまで出来るなんて、すごいです。

西島秀俊の子ども

西島秀俊さんと奥さんには、2014年に結婚後、2016年4月には第1子となる長男が生まれています。残念ながらお子さんの名前は不明ですが、

「支えてくださった皆様には心より感謝いたします。本当にありがとうございました。」

「これからもより一層一つ一つのお仕事を頑張ります」

こちらはその時の西島秀俊さんのコメントです。ストイックな西島秀俊さんですが、意外とお子さんにはメロメロかも?しれないですね。イクメンとして評判になるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

西島秀俊さんの奥さんは、「プロ嫁」としてかなり評判が良かったです。徹底して行動しているのは素晴らしいですね。やはり家庭はしっかりと奥さんが管理してあげたら、西島秀俊さんも仕事に集中できますよね。素晴らしい奥さんだと思います。

来年の西島秀俊さんの活躍にも注目したいですね。

 

 

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

全盲のピン芸人の濱田祐太郎が芸人を目指した理由とは?

ピン芸人日本一決定戦「R―1ぐらんぷり 2018」決勝が3月6日、東京・台場のフジテレビで行われ、生まれつき全盲に近い弱視という濱田祐太郎さん(よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪)が優勝しまし …

博多華丸の次女の岡崎百々子が卒業したアイドルグループ「さくら学院」とは?

お笑いタレント博多華丸(47)さんの次女で、アイドルグループさくら学院の岡崎百々子(15)さんが24日、東京・中野サンプラザで卒業公演に出演しました。義務教育修了と同時に卒業するグループのルールにのっ …

ジャガー横田の旦那の恐妻家はウソ?木下医師の裏の顔とは?

プロレスラーでタレントのジャガー横田さんの夫で医師の木下博勝氏が、13日に更新した自身のアメブロで息子・大維志くんの近況を報告しました。 そんな木下医師には裏の顔があるということで調べてみました! 木 …

美人アナウンサーの渡辺真理に不倫疑惑があった?その相手とは?

アナウンサーの渡辺真理さん(51)さんは4年前、父の半三(はんぞう)さんを88歳で亡くしました。 現在は母、美智子さん(86)を自宅で介護中です。計18年に及ぶ介護の経験から「人生の終盤こそ幸せであっ …

演技力の評価が高い森川葵の元カレは?

2月上旬のある日の午後、目深に被った黒い帽子とマスクで顔を覆うと、高橋一生(37)さんは自宅マンションから迎えのワンボックスカーに乗り込みました。 その夜、一人暮らしの主を待っているはずの部屋には、灯 …

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

スポンサーリンク