ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

スポーツ 芸能

狂言師の野村萬斎が羽生結弦選手にしたアドバイスとは?

投稿日:

Advertisements

2月1日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に野村萬斎さんがゲスト出演し、映画「シン・ゴジラ」(2016年)の撮影秘話やフィギュアスケート・羽生結弦選手との対談秘話を明かしました。

あまたのエピソードを持つ野村萬斎さんですが、プライベートではサーフィンやギターを嗜みマイケル・ジャクソンのダンスも完コピするなど、独身時代はモテそうなことをすべてやっていたとのことでした。

そんな野村萬斎さんですが、あの羽生結弦選手に表現のアドバイスをされたそうなので調べてみました。

野村萬斎プロフィール

  • 本名:野村 武司(のむら たけし)
  • 生年月日:1966年4月5日(51歳)
  • 出身地:東京都
  • 血液型:B型
  • 身長:174cm
  • 職業:狂言師、俳優

野村萬斎略歴

4人きょうだいの3番目で姉・姉・妹という女性に囲まれて育った。

幼少より厳しい稽古が必要とされる伝統芸能の世界で育つ。狂言以外でも一般の俳優としてドラマ、映画、舞台などで活動を行っており、端整な容姿と気品ある物腰、独特の発声等で存在感を示す。NHKで1994年の大河ドラマ『花の乱』や、1997年の朝の連続テレビ小説『あぐり』、2000年のスペシャルドラマ『蒼天の夢』などに出演し、知名度を上げた。その後、2001年に映画『陰陽師』で主演し、また2008年に木曜時代劇『鞍馬天狗』で主演の鞍馬天狗(倉田典膳)を演じた。

1994年:曾祖父・五世万造の隠居名、萬斎を襲名。

NHK Eテレの子供向け番組『にほんごであそぼ』に2003年の放送開始時よりレギュラー出演している。

東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチームの一員でもある。

また、著作や舞台イベントなどで狂言の普及に努めるかたわら、日本伝統芸能と現代劇との融合を目指して『藪の中』や『RASHOMON』、『敦 – 山月記・名人伝 – 』などを演出し、評価を得た。重要無形文化財「能楽」保持者に認定(総合認定)。

2016年:映画『シン・ゴジラ』にてモーションキャプチャによるゴジラ役を担当。公開当日まで出演はシークレットとなっていた。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E6%9D%91%E8%90%AC%E6%96%8E

野村萬斎はチャラかった?

とにかくモテたかった野村萬斎

能楽師で俳優の野村萬斎さんが、2月1日に放送されたバラエティ番組「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)に出演し、モテたいという理由で、女子トイレに潜入していた過去を語りました。

これまでモテたかったから、との理由で様々なことをやってきたという野村萬斎さん。実の姉妹から「モテそうなことは全てやっていた」との証言も寄せられ、マイケル・ジャクソンのダンス完コピに始まり、ヘビメタバンドの結成、さらにはサーファーでもあったとも告白しています。

そしてモテようとし過ぎたあまり、学校で女子を驚かすため女子トイレに潜入していたことが暴露されると、スタジオからは「これはヤバイ」「アウトですよ」との声が噴出。野村萬斎さんご自身も「これ今、結構ヤバいですよね。僕の高校生の頃はまだそんなに(問題とは)言われなくて…。ウケ狙いで休み時間になったら女子トイレへ走って行き、女子がやって来たら扉を驚かせるといったもので。女子が用を足している時に入ってはいない」と説明しました。

Twitterなどネットでは「野村萬斎さんも出てるやん。萬斎さんすごく好き」「さすが笑いについて毎日考えている職業だけある」「高校生はちょっとダメな気がする。小学生レベルじゃない?」「変態じゃん!w」「トイレから野村萬斎でてきたらまず焦る」といった反応があるようです。

体脂肪が7%という過酷な日々

野村萬斎がなんと体脂肪7%というアスリート並みの体型であることが分かりました。

体脂肪とは体脂肪率を算出する場合の「脂肪」とは、皮下脂肪と内臓脂肪の合計です。お腹やお尻、太ももなどにつきやすい皮下脂肪は、一度つくとなかなか落とすことができません。内臓脂肪は主に腹筋の内側の壁につく脂肪で、すぐに蓄積されますが落とすことは皮下脂肪よりも簡単なのです。脂肪は悪者にされがちですが、体の機能を正常に保つためのホルモンなどを作り出す大切なはたらきを持っています。体脂肪が極端に少ないと、ホルモンバランスが乱れやすくなり、月経異常や骨粗しょう症などの健康障害が起きることもあります。反対に体脂肪が多すぎると、糖尿病や高血圧のような生活習慣病を引き起こしやすくなってしまいます。体脂肪はすべての悪いわけではなく、上手く付き合っていきたい大事な体の一部です。

ちなみに、40歳から59歳の男性の体脂肪率は

  • ~11% 痩せ
  • 12%~17% 標準(-)
  • 18%~22% 標準(+)
  • 23%~27% 軽肥満
  • 28%~ 肥満

となっています。野村萬斎さんは年間に300公演位の舞台をされており、休みの日には台本を覚えたり、15名程度の弟子を指導したりしておりオフはほとんどないようです。狂言師は体力消耗されるんですね、特にトレーニングもせずに体脂肪率が7%ということでした。また、若さの秘訣として、ししゃもや味噌汁にオリーブ油をかけて、体が酸化しないようにしているようです。

野村萬斎が「シン・ゴジラ」

狂言師の野村萬斎さんが、映画『シン・ゴジラ』に出演し、シン・ゴジラを演じていることが2016年7月29日、明らかになりました。この日、都内で行われた同作の初日舞台あいさつで発表されました。現実の人物や物体の動きを、デジタル的に記録するモーションキャプチャーが使用され、本作では野村萬斎さんの動きをフルCGで作成したゴジラに反映させていたようです。

本家・東宝が12年ぶりに制作した同作は、『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明氏が脚本・総監督、監督・特技監督を『進撃の巨人』の樋口真嗣氏が担当しました。現代の日本に出現したゴジラが、戦車などからの攻撃をものともせずに暴れる姿を描いています。

内閣官房副長官役の長谷川博己さん、内閣総理大臣補佐官役の竹野内豊さん、アメリカの大統領特使役の石原さとみさんのほか、総勢328名のキャストのました。

ビデオメッセージを寄せた野村萬斎さんは樋口監督から電話でオファーを受けたと明かし、「日本の映画界が誇るゴジラという生物のDNAを私が継承しております。650年以上の狂言のDNAが入ったということを大変うれしく思っております」と歓喜していました。「今回わざわざ私に白羽の矢を立てていただいたのは、狂言や能の様式美というものを意識されたと思う。無機的な、人間臭いというより神、幽霊、怪物のような侵しがたい存在感を期待されたと思うので、チョロチョロ動くよりどっしり動いた」とこだわりを明かし、「実際にはゴジラの面もつけまして、顎を動かす面の使い方を意識した」と話していました。

また、手のひらを上に向けているのは野村萬斎さんのオリジナルで、「仏像とか、珠を持ってたり、薬のつぼを持っていたりするから」と、シン・ゴジラの存在感を演出していたようです。

野村萬斎監修の舞台に出演したことがある長谷川博己さんは「東京で止まるシーンなんて、まさに萬斎さんの止まり方。日本の伝統芸能が入って、オールメイドインジャパンだと再確認した」とコメントしていました。

野村萬斎が羽生結弦選手にアドバイスしてメダル獲得

映画「陰陽師」(2001年)で安倍晴明を演じた野村萬斎さん、陰陽師をテーマにしたフリースケーティング「SEIMEI」を滑る羽生選手と対談しました。音に合わせようとすると動きに遅れが生じるからと「音をまとっているように見せた方が良い」などとアドバイスしたようです。対談後のNHK杯で「SEIMEI」を滑った羽生選手が世界歴代最高の合計322.40点をたたき出すといったエピソードも紹介されました。

野村萬斎が羽生結弦選手にしたアドバイスとは

野村萬斎さんから羽生結弦選手は直接、助言を受ける機会を得たのは、日本テレビ「news every.」(9月22日放送)の企画で対談が実現したのでした。贈られたアドバイスは以下のようなものでした。

  1. 誤作動しないくらい徹底的に型を身体に覚え込ませること
  2. 同じ演目でもやるたびに新しい驚きを観客に与えるよう演じること
  3. 型を効果的に見せるためには押すだけでなく引く演技も必要であること
  4. 型にはすべて意味があり、その意味は自分で解釈するもの
  5. 記憶に残るような演技をすれば結果はついてくる
  6. 精神性が重要。場を支配するためには場を味方につける

その場と時間、空気を味方につけ、会場全体に意識を向けるなど、狂言という和の芸能に必要な要素はまた、「SEIMEI」を滑る羽生結弦選手にも大きなヒントとなったのでした。アドバイスは要するに、身体が覚えるまで練習し、動きの意味を意識し、表現をする、それらを、会場の“気”を集めて行うといい、というものでした。

野村萬斎からの助言で羽生結弦選手に変化

アドバイスを受けてから約1カ月。「GPシリーズ スケートカナダ」(10月31日~11月2日)を滑る羽生結弦選手は、“気”を集めることの大切さを理解し始めたように見えました。しかし“気”を保ち続けることは難しく、空気を味方にすることもときに忘れました。高く飛び、美しいラインを描き、演技としては申し分ないにもかかわらず、です。

羽生結弦選手の奇跡の300点越えの「気」の演技

天を仰ぎ、地に言い聞かせ、指先に意識を集中させました。「GPシリーズNHK杯」を滑り出した羽生結弦選手は、すぐに集めた“気”をいったん胸の前で珠にし、すぐに会場の両サイドに放出しました。コンビネーションスピンのあと、能でいう“開き”のポーズを取り、再度“気”を引き寄せます。トリプルアクセルに続くダブルトゥーループでは両手を上にあげ、天に持ち上げた“気”を着地と同時に放出します。続いて緩やかに右回転し、会場の空気を身にまとったかと思うと、トリプルアクセル、シングルループ、トリプルサルコーと真逆に連続で飛び、身に引き寄せた空気を一気に会場の隅まで放ちました。すべてのジャンプを決め、コレオグラフィックシークエンスに入る際には、鈴の音とともに両腕を左右に大きく広げ、前の空間にアピールします。ラストの足換えコンビネーションスピンで上へと昇りつめ、太鼓の音とともに地上に君臨しました。解説者が「次元が違います」と興奮するのも当然、映画(『陰陽師II』)では、安倍晴明が“舞”の力で天岩戸を開こうと、神の暮らす天上まで登っていくシーンに相当します。

「気」を操った羽生結弦選手

超自然的なことではあるが、“気”を集めるということは、自分なりの演技のベースが完成した演技者にとって、重要なポイントとなりまsy。これができた者がその作品を征し、演技者のトップに立つと言われています。『陰陽師II』で安倍晴明と相対する出雲の王・幻角を演じた中井貴一さんに聞くと、「演技とは、一身に集めた様々な“気”を発散すること。それは、すべての芝居ができたうえで、一度そぎ落としたときに成立する」のだと教えてくれました。羽生結弦選手が野村萬斎さんとの対談のとき、「すごいな。すごいところに来ている俺」と興奮していた裏では、たぶんこういう話が行われたと思われます。フィギュアスケートというスポーツを超えた、芸術の域に羽生結弦選手は達しようとしていたのです。

 

なんかすごいですよね。表現者として分野は違えど勉強になることは沢山あるのですね。野村萬斎さんの偉大さに緊張しながらも、素直にどんどんアドバイスを受け入れていく羽生結弦選手。素直は見えない武器でもあります。そして、大舞台での頂点に立つ羽生結弦選手もまた素晴らしいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

重要無形文化財「能楽」保持者に認定されている野村萬斎。その野村萬斎さんのアドバイスで羽生結弦選手は見事高得点を叩き出し、優勝します。野村萬斎さんは、日本の国宝級の狂言師と言えるでしょう。今後の活躍にも注目ですね。

Advertisements

-スポーツ, 芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

乳ガンを告白した元SKEの矢方美紀と指原莉乃の不仲とは?

元SKE48の矢方美紀(25)さんが13日、ブログを更新し、乳がんのため左乳房全摘出とリンパ節切除の手術を受けていたことを公表しました。 そんな元SKEの矢方美紀さんと指原莉乃さんの不仲という噂がある …

山田孝之はクラウドファンディングの成功者!!

ファンや一般人に向けて資金提供を呼びかけ、結果的に集めることを”クラウドファンディング”と呼ばれています。 具体的には、”こういうモノを作りたい””コンサートを開きたい”など、やりたい企画がある人が、 …

経済効果をもらたす「カープ女子」急増の理由とは?

広島は25年ぶりに優勝した昨季に続き、今季も圧倒的な攻撃力でリーグ連覇を果たしました。得点は150点以上、本塁打数、盗塁数は約30も2位以下を引き離すリーグトップの数字がその強さを物語っています。 リ …

高嶋ちさ子の旦那はどんな人?

バイオリニストの高嶋ちさ子(49)さんが26日、TBS系で放送された「明日は我がミーティングSP」に出演しました。夫についての悪口を子供の前で口にしたところ、「一緒に暮らせない」と言われたことを明かし …

JYJとして活躍中のジェジュンが東方神起に未練あり?

韓国人歌手のジェジュン(32)さんが11日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」(水曜後9・00)に出演し、韓国の大豪邸をテレビ初公開しました。 そんなジェジュンさんが東方神起に未練があるのでは? …

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク