ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

スポーツ 健康

箱根駅伝で話題になった「ぬけぬけ病」が長距離ランナーに多い理由とは?

投稿日:

Advertisements

第94回箱根駅伝で、青学大が総合4連覇へ向けて選手が快走を続ける中、日大陸上部時代に箱根駅伝に出場した経験を持つ俳優・和田正人(38)さんの専門的内容のツイッターがトレンド入りしました。

話題を集めたのは、駒沢大の7区・工藤選手の走りに関するツイートでした。13位で出た工藤選手だったが、前半途中から蛇行し始め、太ももを手で叩きながら前進していました。フラフラになりながらも8区の白頭選手にタスキをつないだのです。和田正人さんは工藤選手の異変について「20年くらい前から、突如として長距離界に蔓延し始めた、片脚の力が抜ける例のヤツかもしれない。未だ原因も治療法も不明」「実は私も大学2年で発症。未だ抜けるような違和感がある」とつづり、この状態を「長距離界では『ぬけぬけ病』などと呼ばれている」と説明しました。

そんな「ぬけぬけ病」は長距離ランナーに多いということですが、その理由を調べてみました。

ぬけぬけ病とは

ぬけぬけ病は長距離界では知られている病気であり、長距離ランナーを遅く謎の病ということです。箱根駅伝の駒沢大学7区の工藤選手がフラフラになりながら最後まで走りきりましたが恐らく「ぬけぬけ病」の症状ではないかと言われています。

「ぬけぬけ病」とは私たち一般人は馴染みのない病名で、早稲田大学出身の竹澤選手や、和田正人さんも発症しているようで、長距離走者の経験者はご存知の病名のようですね。

ぬけぬけ病は、別名

  • 足抜け
  • かっくん病
  • ローリング病

とも呼ばれているようです。ぬけぬけ病という名前自体は、医療用語ではなく、長距離ランナーの間で呼ばれている通称名みたいなものなんです。

ぬけぬけ病の症状は

では、「ぬけぬけ病」の症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 片脚の力が急に抜ける
  • 股関節あたりのムズムズ感・ウズウズ感がある
  • 走ったり歩いたりしていて膝が抜ける
  • 数年間にわたり「ぬけぬけ病」が続く

というような症状や特徴があるようです。その為

  • 重心が身体の片側へぶれる
  • 身体の他の箇所への負担がかかる

という結果になり、その結果によって膝痛や座骨神経痛など長距離ランナーとして致命的な症状へと発症するとても恐ろしい病気なのです。ぬけぬけ病に一度なってしまうと、走るたびに同じ症状が起こってしまい、まともに走れなくなってしまうため、選手生命は絶望的になってしまいます。その例として、早稲田大学出身の竹澤選手は、「ぬけぬけ病」で引退を余儀なくされたようですね。

ぬけぬけ病の治療法とは

現在ぬけぬけ病は原因不明で、治療方法や治し方は未だに見つかっていません。長距離ランナーにとっては厄介な病になります。

このぬけぬけ病によって数々の選手、もっと上にいけただろうの選手が引退しています。

ただ、完治は難しいものの、症状を和らげることは可能です。その方法は、歩きや走りのフォームを改善したり、体幹の強化、筋力の強化などがあります。また、それでも完治は難しいため精神的なものによることも多いようです。

また、「ぬけぬけ病」は、命にかかわるような病気でないために、研究が進んでいない可能性があります。

重要なのは、「ぬけぬけ病」となっている箇所に意識を持って行ってしまうと、症状が出やすいので、意識をそらすということが一番大切なようです。

原因、治し方などは私達一般人では見つけることはできませんが、ぬけぬけ病といういまだまで知らなかった病や症状を知り、理解することが大切ですね。

「ぬけぬけ病」が長距離ランナーに多い理由とは

「ぬけぬけ病」は長距離のランナーがなる事が圧倒的に多いのですが、原因の1つとしては骨盤と大腿骨の関係性の問題があるようです。多くの長距離ランナーは、この関係性が崩れてるとのことです。

ランナーの筋力のバランスが悪くなってきていることにより、骨盤が左向きになる要因が出ると、右足が開いて感じになり、逆に骨盤が右向きになる要因があれば右足が閉じているように感じるようになります。

長距離ランナーは走るという、右足左足を交互に出す動作は、延々繰り返す動きに終始するため、そのバランスの崩れた繰り返しの反復により、ちりも積もれば山となる状態により、ぬけぬけ病としての症状を感じるとか。これは一説にすぎないのですが、うなずける部分は確かにありますね。

箱根駅伝2018の駒大キャプテン工藤選手

1月3日に日本テレビなどで中継された「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走 復路」の7区で、駒澤大学のキャプテンとして出場した工藤有生選手(4年)が、上下左右に揺れて苦しそうに走っていたとして話題になっています。

工藤選手は、ユニバーシアードの銀メダリストで、昨年までは2年連続で花の2区を走っていた選手です。今年は「最後の駅伝で真の駒澤のエースになりたい」と話していたそうです。

解説の碓井哲雄さんは「ちょっとグラグラしてますね、動きがね。あれだけの力のある選手ですからね。やっぱり体調が悪かったんですかね。本来でしたら2区に行く選手ですからね」と解説していました。

その後、工藤選手の走りはさらに乱れていき、中継所に近づくにつれ、苦しい表情になり、左右にフラフラと蛇行しながら走っていました。

大八木監督は後ろから「あと1キロ、下ったらもう終わりだからね。最後だよ」などと声をかけていました。路上からも「がんばれ!」「ありがとう!」などと声援が飛んでいました。最後は、なんとか13位でたすきを繋ぎました。記録は1時間07分07秒、区間14位でした。

俳優の和田正人さんはツイッターで

とツイートしています。

またネット上でも工藤選手がフラフラになりながらも最後まで走り切ったことに感動したという声が多数寄せられています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はあまり聞いたことのない「ぬけぬけ病」が長距離ランナーに多い理由について調べてみました。

箱根駅伝2018での工藤選手の走りをきっかけとして、「ぬけぬけ病」の新たな治療法などが発見されるといいですね。

Advertisements

-スポーツ, 健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

炭水化物ダイエットの危険性とは?

30キロの減量に成功したお笑いタレントの松村邦洋さんがTBS系「名医のTHE太鼓判!松村邦洋は健康か 老化で顔が伸びる 50歳からの肉体改造」に出演し、ギャグセンスも減量したのはと、アンジャッシュ渡部 …

アカモクで健康!~内臓脂肪を減少させる~

2017年9月26日放送の名医とつながる!たけしの家庭の医学では「内臓脂肪を減らす(秘)海藻&ご長寿ホルモン」というテーマで放送されました! 食生活の欧米化や、運動不足、加齢によって内臓脂肪や肥満が問 …

アスリート家族の中で育った総合格闘家である山本美憂の3度の離婚理由とは?

「五輪出場がかなわなかったのは悔しいですが、出ていたら満足して、総合格闘技には挑戦していないと思う。いまは現役でいられることへの感謝の気持ちが強い」 1987年、13歳で第1回全日本女子選手権に優勝し …

往年のスーパーアイドルだった西城秀樹が罹った病気とは?

「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」などのヒットで知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くな …

ウィンブルドンで8強入りした錦織圭とモデルの観月あこの結婚の可能性は?

ウィンブルドンで8強入りという快挙を遂げた錦織圭(28)さんが帰国。今、話題になっているのは、例の恋人、モデルの観月あこ(26)さんとの関係です。 発売中の「FRIDAY」では全英オープンでジョコビッ …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク