ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

社会

希望の党の小川淳也が小池百合子を猛烈批判!

投稿日:

Advertisements

「どこもかしこもろくでもない国会議員が多すぎる(略)小池さんの看板がなければお前らのほとんどは落選してたんだよ!」

橋下徹元大阪市長がツイッターでこう批判したのが、希望の党のゴタゴタでした。衆院選で希望の党から立候補した民進党出身者が、希望の党の小池百合子代表に辞任を迫るなど、「小池バッシング」に走っているといわれました。

両院議員を集めた2度の会合で、代表の小池百合子氏を批判したのが3人の議員だったようです。

大串博志元民進党政調会長、その大串氏以上に批判したのが小川淳也氏、柚木道義氏の両衆院議員です。後者の二人は旧民主党のダメな部分を象徴しているようで「バカツートップ」と言われているそうです。その中でも、選挙前と後で政策が真逆になったと噂され嘘つきだといわれている小川淳也氏について調べてみました。

小川淳也プロフィール

  • 生年月日:1971年4月18日(46歳)
  • 出身地:香川県高松市
  • 出身校:東京大学法学部
  • 前職:国家公務員(自治省・総務省)
  • 現職:役員室長 香川県連代表代行
  • 所属政党:民主党→民進党→希望の党
  • 称号:法学士
  • 選挙区:比例四国ブロック→香川1区→比例四国ブロック
  • 当選回数:5回

小川淳也略歴

香川県高松市生まれ。香川県立高松高等学校、東京大学法学部卒業。東大卒業後の1994年4月、自治省(現:総務省)に入省する。2001年4月、春日井市役所に出向し、企画調整部長に着任。大臣官房秘書課課長補佐を最後に2003年7月に総務省を退官した。

2003年、第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で香川1区から出馬したが、自由民主党の平井卓也に敗れ、落選。2005年の第44回衆議院議員総選挙に再び香川1区から出馬し、再度平井に敗れたが、重複立候補していた比例四国ブロックで復活し、初当選した。

2009年の第45回衆議院議員総選挙では香川1区で平井を破り、初めて小選挙区で当選した(平井も比例復活)。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、香川1区で自民党の平井卓也に敗れたが、重複立候補していた比例四国ブロックで復活し、3選。

2014年の第47回衆議院議員総選挙では、香川1区で自民党の平井卓也に敗れたが、重複立候補していた比例四国ブロックで復活し、4選。

2016年9月の民進党代表選挙では前原誠司の推薦人となったが、前原は蓮舫に敗れた。

2017年9月の民進党代表選挙では側近として前原を支え、前原が代表に選出されると前原らと党役員人事案を練り上げ、自らは役員室長に就任した

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では希望の党公認で出馬し、平井卓也に敗れるも比例復活で5回目の当選を果たした

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E6%B7%B3%E4%B9%9F

小川淳也が小池百合子を猛烈批判!

衆院選を前に民進党から希望の党に移籍した前職の中に、希望の党の公約と大きく異なる主張を掲げる候補が続々と出始めました。希望の党が容認する「憲法9条改正」などの“踏み絵”を踏んだはずなのに公然と異を唱え、小池百合子代表を批判する声まで上がりました。希望の党の失速で焦りを募らせたのか、なんと造反していました。

 「憲法9条の改悪については明確に反対」

香川1区から希望の党公認で立候補した小川淳也氏は、党の公約に「憲法9条を含め改正議論を進める」と明記されているにもかかわらず、自身のホームページにそう書き込んでいました。

小川淳也氏は10月16日、高松市で行った街頭演説で

「小池氏の物言いは『排除』などひどい。私の政治信条は変わらない」

と強調していました。この日は改憲派の前原誠司前民進党代表が街頭演説を行う予定でしたが、急遽キャンセルしました。

後援者らを集めた10月15日の会合では

「立憲民主党と無所属、民進党の人たちを巻き込み、野党再結集、再合流へと歩みを進めなければならない」

と言い切りました。香川1区は立民や共産党が候補を立てておらず、「反自民」票を自身に集約させたいとの思惑がにじみ出ていました。明らかに、選挙に勝つためだけに、政策を変えたりするなんて信用できませんね。なぜ、希望の党にいったのか理解に苦しみます。まさしく、希望の党の造反議員です。

一騎打ちの相手となった自民党の平井卓也氏からも、

「政策がどこにあるか分からない。世の不平や不満をあおり、右から共産党までの受け皿になるなんて有権者をばかにしている」

と指弾される始末です。そんな議員が小池百合子氏を批判する資格なんてないと思います。

小川淳也が橋下徹に真っ向反撃

橋下徹前大阪市長は10月26日午前、

「どこもかしこもろくでもない議員が多すぎる」と書き出し、「小池さんの責任を口にすれば自分たちが有権者にどう映るのかの想像力もない。こんなことをやればやるほど希望(の党)は消滅に向かう。小池さんの看板がなければお前らのほとんどは落選してたんだよ! 小池さんを批判するのは有権者だ」

と怒りをあらわにした投稿をしました。それに対し、小川淳也氏は反撃した動画をご紹介します。↓

確かに、橋本徹前大阪市長のツイッターでの発言は、少々物言いが荒いとはいえ、筋は通っており、所属政党の代表の小池百合子氏を批判することで、希望の党に投票してくれた有権者の不安を煽るようは発言をするのは、公でする必要性があるのでしょうか?小川淳也氏は、なぜ、希望の党に入党されたのでしょうか?小池百合子氏人気に乗って、選挙で勝ちたかったのではないのでしょうか?結果が惨敗だった・・・それをすべて小池百合子氏のせいにするの言動には理解でないし、支持できないです。

小川淳也の発言に木村猛烈批判!

先ほどの動画の中で、木村太郎氏が小川淳也氏の発言に怒り心頭になった場面があります。安藤優子キャスターも失笑していました。

8分2秒あたりからですね、

「そもそもにわか仕立てのこの新党で総選挙をやるべきじゃなかった」

と小川淳也氏は発言したことに対して、木村太郎氏が激怒しました。しかも、木村太郎氏が希望の党で投票したと発言したことに驚きました。木村太郎氏は有権者の一人として、期待を持って希望の党に投票したのに、見事に小川淳也氏に裏切られていました。小川淳也氏は終始、質問に対して後ろ向きの発言で返答する印象が強いです。それは、同じ希望の党の柚木道義氏も同じでした。発言を聞いていてあまり良い気分にはなれないですね。

まとめ

選挙途中で政策を変更する議員の方を初めてみて、驚きました。

選挙での惨敗は事実として受け止め、「謙虚」に政策に取り組んでいただきたいです。それが有権者の1票なんですよね。1票の重みを真摯に受け止め、政策をしっかと打ち出して、国政にまい進してほしいと思います。

Advertisements

-社会

執筆者:


  1. 山野洋之助 より:

    そもそも、国政に邁進しようにも野党の議員に何ができるのでしょう?
    せいぜいアンチ与党の一員としての存在だけではないのかしら?
    お気楽な商売ですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

実業家のホリエモンこと堀江貴文が「宇宙ビジネス」に参入した理由とは?

実業家の堀江貴文(45)さんが1日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に兵庫のゴルフ場から生中継で出演しました。4月28日に打ち上げが決まった小型ロケットMOMO(モモ)2号機について現状を …

山尾志桜里の夫の刑事告発事件の内容とは?

衆院議員の山尾志桜里(43)氏=愛知7区=の事務所の政策顧問に、週刊誌などで関係が報道された弁護士の倉持麟太郎(34)氏が近く就任することが6日明らかになりました。改憲を目指す安倍晋三政権に対抗するう …

迎賓館でのトランプ大統領の晩さん会のメニューとは?

安倍首相は6日夜、東京・元赤坂の迎賓館で、アメリカのトランプ大統領夫妻との晩さん会に臨みました。 これに先立つ首脳会談で、両首脳は、北朝鮮への圧力を最大限に高める方針を確認しました。 安倍首相は「『2 …

小泉進次郎が将来の総理大臣へ一歩リード?

「政治は数、数は力」という田中角栄流の「数の論理」は昔も今も自民党派閥政治の基本原理です。選挙で子分を増やして兵を養い、権力の座を目指します。総選挙による派閥勢力の消長は政界地図を大きく塗り替えます。 …

「健康格差」の原因と改善法とは?

本来、医療は誰にとっても平等であるべきです。しかし現実は違います。お金がある人は手厚い医療を受け長生きし、低所得者はお金も時間もないから病院に行くことすらしません。残酷な「健康格差」の実態に迫ります。 …

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサーリンク