ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

大泉洋が人気がある理由とは?

投稿日:

Advertisements

「面白いと思ったら何でもやってしまう。役者だけれど、“面白い”が最強なんです」。そう語るのは、演劇ユニット・TEAM NACSのメンバーで俳優の大泉洋(44)さん。人気シリーズ『探偵はBARにいる3』(吉田照幸監督)が公開を迎え、最近ではプロモーションのためテレビ番組によく出演しているが、“俳優”の枠を越えて活躍し、爆笑を起こす姿をよく見かけます。

先日行われた同作のイベントでは、「ずっとしゃべりたい」という理由から、大泉洋さんのみピンマイクをつけて登壇しました。どこにいても会場を盛り上げられるよう観客のことを考え、主演自ら率先してイベントを盛り上げてくれる姿を何度も見てきました。サービス精神旺盛な性格もあると思うが、そこまでする理由は「面白いなと思ったらやってしまう」という、生まれ持った性でした。

そんな大泉洋さんが人気がある理由を調べてみました。

大泉洋プロフィール

  • 生年月日:1973年4月3日(44歳)
  • 出身地:北海道江別市大麻
  • 身長:178cm
  • 血液型:B型
  • 職業:俳優、タレント、声優
  • 配偶者:中島久美子(2009-)
  • 所属事務所:CREATIVE OFFICE CUE

大泉洋略歴

北海道江別市大麻 出身。父は北海道高等盲学校などの校長を歴任した教員であった。母は中学校教師で旭川市出身。札幌市立真駒内中学校、北海道札幌藻岩高等学校を卒業後、大学を受験するも2浪し、1994年に北海学園大学経済学部経済学科に入学。本来志望していた大学ではなかったため当初は落ち込んでいたが、「このまま腐った気持ちでいるのはまずい」と奮起し、演劇研究会に入る。森崎博之ら4人と仲良くなったが、当時より独特のキャラクターが際立っていた5人だったので、演劇部内で浮いており、その際、「お前らTEAM NACSだ」と命名されたのが今に至る。演劇研究会及び森崎の薦めで入団した劇団イナダ組の舞台が評判となり、大学在学中に当時鈴井貴之が主宰する劇団の劇団員に認められ、現在の事務所に所属することになった。

大学在学中の1995年10月、鈴井の斡旋下で北海道テレビの深夜番組『モザイクな夜V3』に出演し、芸能活動を開始。翌1996年10月には同局の深夜番組『水曜どうでしょう』に出演開始し、北海道内でのタレント活動が活発化した。

声優としても『千と千尋の神隠し』など複数のスタジオジブリ作品に参加。

2005年に『救命病棟24時』(フジテレビ)にて全国ネットの連続ドラマ初出演。以後、『小早川伸木の恋』(フジテレビ)、『ハケンの品格』(日本テレビ)など人気ドラマに多く出演。特に『ハケンの品格』では準主役ということで注目度が高まり、北海道(札幌テレビ)での視聴率が関東地区や関西地区よりも高く、平均で25%を超える視聴率を獲得した(関東地区での平均視聴率は20.1%であった)。

2009年5月2日、フジテレビドラマプロデューサーの中島久美子との結婚を発表した。2人は2005年のドラマがきっかけで知り合い、2008年の『ロス:タイム:ライフ』出演時の再会以降交際していたという。

2010年8月29日、挙式。

2011年、第一子となる長女が誕生。

2012年、第35回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(探偵はBARにいる)を受賞。

2014年、北海道特別”福”知事に任命される。第6回TAMA映画賞 最優秀男優賞(青天の霹靂)を受賞。

2016年、第39回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(駆込み女と駆出し男)、第58回ブルーリボン賞 主演男優賞(駆込み女と駆出し男)を受賞。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B3%89%E6%B4%8B

大泉洋が人気がある理由とは

今や映画やドラマ、そしてバラエティー番組や声優等ありとあらゆる分野でひっぱりだこの大泉洋さんですが、「なぜか人気がある」といった表現がぴったりです。その人気の理由について調べてみました。

大泉洋の演技力

大泉さんの演技力の凄さは、シリアスなドラマや映画での演技ができて、舞台でのコミカルな演技なんかもできる、さらに歌もうまくて、トークも面白いというマルチな才能だと思われます。日本でも、なかなかいない存在ですよね。

お笑い芸人の劇団ひとりさんは大泉洋さんをこう評価しています。

彼は「コミカルな演技ができる魅力」「笑いが取れる演技力」という2つの大きな武器があります。

だからこそ、逆のベクトルである「シリアスな演技」がさらに光り輝く、そんな俳優だと思います。

全国ネットの全国ドラマでは2005年の「救命行頭24時」が初出演で、その後「ハケンの品格」では準主役を務めています。

また、多くの映画で主役としてスクリーンを飾っていますが、例えば「探偵はBARにいるシリーズ」では探偵役としてコミカルな面をだし、「しあわせのパン」や「ぶどうのなみだ」では抑えた演技で感情表現をこなし、「清須会議」「駆込み女と駆出し男」明るく強いキャラクターを演じています。

このように色々な役柄のなかでも、それぞれに大泉洋さんらしさがでてくるのが演技者としての大泉洋さんの魅力の1つです。役柄を自由自在にこなせる演技力が大泉洋さんが人気の理由の1つなのでしょう。

大泉洋のキャラクター

大泉洋さんの演技者以外の魅力のひとつとして、その独特な嫌味のないキャラクターがあげられると思います。

ラジオのパーソナリティーやテレビのバラエティー番組などでも活躍されています。なかでも本格的にタレント活動をはじめるきっかけになったのは「水曜どうでしょう」という北海道ローカルの深夜枠のテレビ番組で、その高視聴率が大泉洋さんを全国区にしたきっかけとも言われています。

けっしてスマートにかっこいいというキャラクターではなく、むしろ多少かっこ悪くて、見え見えの虚言癖みたいなものも含めて、いじられながらも番組にメリハリを与えてくれているような気がします。その独特のキャラクター性は、観ている側・聞いている側にとってもなんだか心が温かくなるような、そして元気が伝わってくるようなそんなキャラクターとして私達を楽しませてくれています。

諸々単発での出演のバラエティー番組でも、大爆笑にはならないものの、決してかざることのない、その場を和ませてくれる、そんな大泉洋さんのキャラクターを見せてくれています。そんな大泉洋さんの自然体が人気のある理由と思われます。

大泉洋の優しさ

飛びきりの男前だったり、キレキレの鬼気迫る演技を見せてくれたり、絶妙の話術で場を盛り上げてくれたり、そんな感じではないのですが、何故だか大泉洋さんには魅力を感じ、一気に距離を縮められてしまうような気がします。

それはやはり、大泉洋さんの根っこにあるものがとても温かみのある部分が役柄や語りやバラエティーのなかでもにじみ出てくるからです。それもけっして無理にそれをアピールするわけではなく、いかにも自然と伝わってくるような感じです。

「雪で閉ざされている季節だけ東京に出稼ぎにきた」と語られているように、今でも北海道に対する愛着を強く持たれていて、また、それがとても自然で似合っているのも大泉洋さんのキャラクターがなせる技で、今の時代にも非常に似つかわしいものになっています。

大泉洋さんの魅力は、ご本人から自然と滲み出てくるものや、温かみであったり、身近に感じやすい、自然な感じに、観る側も自然体でいられる、そういう優しい感じも人気の理由だと思われます。

大泉洋はいじられキャラ?

俳優としてもさることながら、軽快なトークや「いじられキャラ」としても人気を博している大泉洋さん。そんな大泉洋さんが、11月27日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演しました。

第一線で活躍する芸人達を相手に抜群のトーク力で笑いを誘うも、しゃべくりメンバーからの「家族イジリ」に、インターネット上では賛否両論が巻き起こっています。

食に対して並々ならぬこだわりを持っている大泉洋さん。家族に手料理を振る舞うこともあるという大泉洋さんは、ハワイ旅行へ出かけた際、ホテルでパスタを食べていると、娘さんから「パパのパスタのほうが美味しいね」と言ってもらったこともあるようです。

すると、このエピソードについてくりぃむしちゅーの有田哲平さんから「ハワイまで行って贅沢な子供じゃないですか」「まずは(父親に対して)お礼を言うべきじゃないですか?」と大泉洋さんの娘さんに対するツッコミが入りました。

これを皮切りに大泉洋さんへのイジリが彼の家族にも飛び火し、コーナーの終盤まで事ある毎に「娘は空気が読めない」「妻も空気が読めない」というフレーズが引きずられることになってしまいました。

しかしながら、大泉洋さんの的確な返しや抜群のトーク力によってスタジオは大盛り上がりました。インターネット上では、芸人たちに劣らないトーク力で場を盛り上げつつ、番組全体を意識した発言でまとめ上げた大泉洋さんの力量を絶賛する声が相次いでいます。司会の上田晋也さんへも鋭いツッコミを入れた大泉洋さん。ツイッター上には「面白い」の声が溢れました。

そういう場の空気を読みつつ、場を盛り上げる愛されキャラクターこそが、大泉洋さんが人にの理由であると思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大泉洋さんは「世界中から好かれたいんです」と明かしており、好感度を保つための努力をされています。そんな大泉洋さんさんのCM出演本数7本、タレントパワーランキング総合9位に入るほど、まさに人気の俳優さんですよね。

今後の大泉洋さんの活躍に注目ですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小栗旬の兄である小栗了が会社の社長になったいた!その会社とは?

4月29日放送の「明石家さんまの転職DE天職7」で、小栗旬の6歳上の兄の小栗了さんがバラエティー番組初出演を果たしました。 そんな小栗旬さんのお兄さんである小栗了さんですが、会社の社長をされているとい …

チンピラ役を演じたら日本一の俳優寺島進の嫁はどんな人?

オフィス北野に所属する俳優の寺島進(54)さんが11月末をもって退社することが29日、分かりました。 3月のビートたけし(71)さんの独立騒動により同事務所が新体制となり、複数のスタッフが退社しました …

M-1グランプリ2017優勝のとろサーモンのネタとは?

漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2017』(ABC・テレビ朝日系)が3日に生放送され、とろサーモンが優勝し、13代目王者に決定しました。4094組の頂点に立ち、優勝賞金1000万円を獲得しました。2 …

仕事のオファーなし?安藤美姫が嫌われる理由とは?

先日のバラエティー番組で「テレビ解説の仕事が来ない」と自虐的な発言をした安藤美姫(30)さん。その理由をご本人は「解説者としての力量不足」と分析していましたが、口さがないネット住民からは「起用されない …

山崎育三郎の元カノは大物歌手の娘だった!

「ミュージカル界のプリンス」こと俳優の山崎育三郎(31)さんが、1月15日スタートのフジテレビ系バラエティー番組「世界の村のどエライさん」(月曜・後10時)で初MCを務めることが18日、分かりました。 …

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スポンサーリンク