ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

イケメン俳優の大野拓朗がM-1グランプリに挑戦した理由とは?

投稿日:

Advertisements

駆け出しの女性検事の奮闘を描いたドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)で、吉高由里子さんが扮する主人公の恋人役を演じている大野拓朗さん。NHKの連続テレビ小説『わろてんか』での好演も記憶に新しい彼は、端正なルックスに好バランスな三枚目のキャラクターで、活躍のフィールドをじわじわ拡大中です。

そんな大野拓朗さんのM-1グランプリに挑戦した理由について調べてみました。

大野拓朗プロフィール

  • 生年月日:1988年11月14日(29歳)
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型
  • 身長:184cm
  • 職業:俳優
  • 所属事務所:ホリプロ

大野拓朗略歴

さいたま市立上大久保中学校、さいたま市立浦和高等学校、拓郎という名前の通り一年間宅浪し、立教大学コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科に入学、その後卒業。高校在学中に、3年連続でミスター・コンテストで優勝する。2009年、立教大学で第25回ミスター立教に選出される

2010年、ホリプロ創業50周年記念事業として開催された『キャンパスター☆H50』でグランプリを受賞する。同年、映画『インシテミル~7日間のデス・ゲーム~』で俳優デビュー

2011年、『美咲ナンバーワン!!』で連続ドラマに初出演。同年、DVD『いつでも笑顔でいれますように。』が発売される

2012年、ダスキンのCMに起用された。同年、写真集『ハナ』が発売される

2017年、『猫忍』で映画初主演

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E6%8B%93%E6%9C%97

大野拓朗のコミカルな演技に注目!

高校時代に3年連続でミスター・コンテストでの優勝を果たし、立教大学在学中にはミスター立教にも選出されたという大野拓朗さんは、2010年に『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』で藤原竜也さんや綾瀬はるかさん、北大路欣也さんら大先輩たちに囲まれて俳優デビューをしました。超実力派メンツの中で、ひとりだけ新人らしくフレッシュな演技で闘う姿が鮮明に記憶に残っている方も多いでしょう。

あれから8年、当時の初々しい印象はすっかり薄れ、映画にドラマにと着実にキャリアを重ねる彼は、各作品ごとにその存在感を増していきました。

『セーラー服と機関銃 -卒業-』(2016)で橋本環奈さん演じる女組長の硬派な右腕・裕次役や、英語でのセリフまで操った『高台家の人々』(2016)での高台茂正役など、出番の長短に関わらずたしかな好演を見せてきました。

『サバイバルファミリー』(2017)では東京中がパニックに陥る中、「せっかくなんだから、この状況を楽しまないと」と、イケてる一家の長男を、時任三郎さん、藤原紀香さん、志尊淳さんらの中で飄々と演じました。一家揃って出番は短いものの、息のあったチームプレーを披露し、緊迫した状況下にユーモアを生み出して、シュールな笑いを誘いました。

そしてドラマ版に主演後、映画初主演をも果たした『猫忍』(2017)は、大野拓朗さんを語る上で外せません。彼の甘いマスクと作品のコメディトーン、そのアンバランス感あってこその、実に楽しい作品です。

そんな中で大きな当たり役となったのは、やはり前クールの連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)で演じたキース役ではないでしょうか。3度目の共演であった前野朋哉さんとの、抜群のコンビ感と愉快な掛け合い。当時の主流であったド派手な“どつき万歳”から、軽妙な“しゃべくり漫才”へと、その道を切り拓いていく第一人者的な存在を見事に演じきったのでした。

しかもこの2人は「潮干狩」というコンビ名で『M-1グランプリ2017』に出場し、予選の1回戦を突破。これは彼がコメディセンスに長けていることの証明でもあるのでしょう。

さらに大野拓朗さんは、主演を務め、先月公開された映画『台湾より愛をこめて』でも、お笑い芸人役を好演しています。売れない日々に悩みながらも、お笑いで大成することを諦めない青年・雄介を、等身大の姿でハツラツと演じました。彼の快活でコミカルな演技は、三枚目的なキャラクターに見事にハマるのです。

そして今作『正義のセ』で演じるのは、新人検事・竹村凜々子(吉高)の恋人で、航空会社勤務の中牟田優希というキャラクター。爽やかな笑顔に優しい声音の好青年キャラは、凛々子にとってまさに心のオアシス的な存在です。仕事に忙しく、多忙で会えないことに彼女が歯がゆさを感じるのも納得です。

しかし、三枚目キャラが板についてきていた大野拓朗さんだけに、何とも意外な感じがします。短い出番ながらも見せる手堅い好演にはさすがと言うより他ありませんが、俳優・大野拓朗さんを見続けてきた人々にとっては、正直もっと求めてしまうところではあるでしょう。

第2話まで終わった時点で、今のところ、あくまで“主人公の恋人”というポジションだけに大人しく収まっている彼ですが、爽やかキャラだけで終わるはずがありません。今後の展開に何かしら大きな波を与える瞬間が訪れるのではないでしょうか。

そんな大野拓朗さん、ブレイクしたきっかけは何だったのでしょうか?

大野拓朗のブレイクしたきっかけは?

ミスターコンテストを軒並み制覇して映画出演のチャンスを掴み、また子供向けの帯番組やバラエティ番組まで出演している大野拓朗さん。そんな大野拓朗さんがブレイクしたきっかけは何だったのでしょうか?

ただのイケメン俳優ではない?

第25回ミスター立教、ホリプロによる「キャンパスター☆H50」グランプリ受賞。スタートラインからしてイケメンロードを約束されたにも関わらず、「2.5枚目俳優」を自称し、M-1グランプリに挑戦した変わりモノ俳優がいる。その男の名は、大野拓朗。

先日まで放送していたNHK朝ドラ「わろてんか」の漫才師役で認知上昇中の注目株ですが、パパママ世代や子供たちの間ではNHKEテレ「Let’s天才てれびくん」(2014年~2017年)の“大野課長”としてすでにブレイク済でした。大野拓朗さんご自身も同番組を通して「怖いものがなくなった」と手応えと成長を感じていました。

「Let’s天才てれびくん」の大野課長が転機

「Let’s天才てれびくん」は、てれび戦士と呼ばれる数名の子供たちが様々な企画に挑戦するEテレ平日の人気子供番組です。大野拓朗さんは同番組に3年間、奇抜な衣装と漫画「ドラゴンボール」のサイヤ人さながらの逆立った髪形で“大野課長”としてレギュラー出演していました。子供たちを束ねるお兄さん的存在を、情熱的な演技で務め上げていたのです。

「あの番組の面白いところは、プロデューサー以上に現場ディレクターの個性が強くて、ディレクターの一人一人が自分の担当回を番組史上最強のものにするという熱量がハンパではなかった。僕に対する注文も凄くて、普段の自分だったら絶対にできないであろうことを“大野課長”というぶっ飛びキャラを通してどんどんやらせてくれた。ある意味そこで俳優として吹っ切れたところもあるし、役者として怖いものがなくなった」と振り返ります。

大野拓朗さんいわく「僕にはモテ期という概念がないくらい、生まれた瞬間からずっとモテていた」という正真正銘のイケメン。そんな経歴ゆえに、俳優としてイケメン的な役柄を与えられることも少なくなかったようです。

しかし本人の心境としては複雑だったようで、「モテていたことへの反動なのか、自分としては外見のみのカッコよさというのはダサいという考え方でした。本当にカッコいいというのは、人を笑わせて幸せにできる人や、実力で結果を出す人。イケメン的カッコいい芝居を自分がしても、何一つ面白みを感じることがなかった」と葛藤があったようですね。

「笑い」に対する執着心

そんな中で出会った“大野課長”というキャラクター。「あそこまでの変なキャラクターは初めてだったし、毎日が全力投球。共演する子供たちをいかに笑わせてNGを出してやろうかと思っていたほど。一方、ディレクター陣は僕にムチャブリをしてくる。もう大野課長というキャラクターが大好きになりましたよ」。スタッフが笑い、共演する子供たちが笑い、視聴者である“茶の間戦士”が笑います。その笑顔の中心には自分がいました。何を目指して表現していくべきなのか、見えた気がしたそうです。

「昔から僕は人の笑顔が好きでした。自分にとっての元気の源は“笑い”。だから僕を見てくれる人たちにも笑ってもらって、日々の栄養にしてもらえればいい。それが僕の求めるエンターテインメントの根本。もちろん男ですから『イケメン!』『カッコいい!』と言われるのは嬉しいです。でも『この人面白い!』と言われる方が、心の底から嬉しい」。

「Let’s天才てれびくん」から得た想いは番組を飛び出し、俳優としての活動にも大きく役立っています。「わろてんか」のコミカルな役柄しかり、3月24日公開の主演映画『台湾より愛をこめて』での売れないお笑い芸人という役柄しかり。「朝ドラ出演発表の情報解禁前に『台湾より愛をこめて』の主演オファーをいただきました。この映画でも芸人か! とビックリしたけれど、撮影地は憧れの初台湾。ゴハンも美味しいし、人も街も温かい。最高の撮影になりました」。出会いが新たな出会いを生んで、いい経験を呼び寄せたようですね。

そんな大野拓朗さんがお笑いに挑戦しています。

大野拓朗がM-1グランプリに挑戦した理由とは?

俳優の大野拓朗さんが前野朋哉さんと共に漫才コンビ・潮干狩を結成しました。また、『M-1グランプリ2017』の予選に参加し、見事に1回戦を突破したのです。本格的にお笑いに挑戦した理由は何だったのでしょうか?

ネタ作りも体験

大野拓朗さんと前野朋哉さんは2017年10月2日にスタートしたNHK連続テレビ小説『わろてんか』(月~土 前8:00 総合ほか)に出演していました。

あらすじでは、キース役の大野拓朗さんとアサリ役の前野朋哉さんはコンビを組む設定でした。しかし、この日はストーリーとは無関係のコンビ・潮干狩りを結成したのです。

ネタはお2人が好きというチュートリアルさんのネタのように大野拓朗さんがモテるという流れから“ちょっと危ない一面”が垣間見えるというものです。テンポのいい展開から大オチまで一気に駆け抜けていくというネタです。

ネタ作りも真剣に取り組んでいました。ネタ作りにコント集団のザ・プラン9のお~い!久馬さんに参加してもらい、流れやキャラ作りの指南を受けたそうです。

ただ、吉本新喜劇の作家も務める久馬さんはアドバイザー的な立ち位置で内容は大野拓朗さんと前野朋哉さんが考えていました。大野拓朗さんは「久馬さんにご指導いただいたのはネタを突き詰めたいという思いがあったので」と話しました。

練習もかなり熱が入っていたようで、テレビ東京系のドラマ『LOVE理論』で初共演し、前野朋哉さんが「地元の親友みたいな感覚がある」と笑いながら明かすほど意気投合しています。

2017年4月になって朝ドラで共演が決まって以降、自然な流れでコンビを組むことに決めました。8月になってネタが決まってからは撮影中の「ちょっとした空き時間でもネタ合わせしたり、『ここはこうかな』って相談をしたりする」(大野)と合間を見つけては練習するという日々を過ごしたそうです。

さらに大野拓朗さんは「芸人さんみたいに壁向かって練習もしました。普通、芸人さんって壁に向かってやるときって小声じゃないですか。全力でやっちゃいますよね(笑)」と明かし、大野拓朗さんも「加減がわからなくなるんだよね(笑)」と練習から全力投球だったことを明かしました。

大野拓朗がM-1グランプリに挑戦した理由とは?

また、そんなお二人は、昨年9月23日に行われたM-1グランプリの予選に参加しています。前野朋哉さんは昨年、森岡龍さんと組んで1回戦を突破していましたが大野拓朗さんは初挑戦となりました。

結果は見事に1回戦を突破しました。本番をこなすことでドラマにも役立つといいます。『ホリプロお笑いライブ』では出番を終えた後、“先輩芸人”から舞台上で「マイクとの距離がちょっと遠かったな」とアドバイスを受けました。「撮影で漫才をやったとしても、お客さんがいないところだったり、いても(ネタを)知ってて見たりする。そうなってくると、面白いかどうかが視聴者に委ねられて僕らの判断ではわからなくなってくる。(今回も)マイクから離れて無意識にやっていた。そういうのはやってみないとわからない」と前野朋哉さん。

大野拓朗さんは「場数を踏んで、いざ撮影でやるときに本物感を出したい」と話しましたが「芸人役ですけどドラマの枠を超えてやりたい。突き詰めていきたい」と意気込みました。その真意については「前野さんも言っていたんですけど芸人さんで俳優を一流にやっている方はたくさんいる。でも、俳優から漫才師とか芸人で一流になっている人ってあまりいない。せっかくだから僕らで一緒にやりますかってなったんです。芸人さん達の凄さにも憧れもあります。どういう世界が見えるんだろうなって。舞台上で笑いをとった快感はすごいんだって聞くけど、芸人さんが熱く言うほどの快感って、どんなものなのか知りたかった」と熱っぽく語りました。

真剣にコンビを組んだことで見えた世界もあるようです。前野朋哉さんは「大きい笑いを取りたいですね」ときっぱり。M-1以外の賞レースについても「挑戦させていただけるのであれば挑戦したい」と声を揃えました。漫才師としての目標を聞くと前野朋哉さんは「ちょっとでも稼げるぐらいになりたい」と話し、大野拓朗さんも「それがプロってものだからね。それを目指しましょう」と同調しました。大野拓朗さんは「単独ライブもやってみたい。漫才もコントも入れて」と目を輝かせ「お笑いが大好き。やるからにはしっかりやりたい」ときっぱり。2人の挑戦はまだまだ始まったばかりのようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

俳優の大野拓朗さんがM-1グランプリに挑戦した理由について調べてみました。俳優から一流の芸人になった人がいないということで、その頂点を目指しているようです。大きい笑いを取るための挑戦は始まったばかりのようです。

俳優、お笑い芸人という二足のわらじをどうみせていくのか、今後の大野拓朗さんの活躍に注目ですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ちびまる子ちゃん役でブレイクした森迫永依の現在とは?

2006年にフジテレビ系人気アニメの実写ドラマ版「ちびまる子ちゃん」で、まる子を演じた女優の森迫永依(20)さんが、8日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)にVTR出演し、新 …

妻のことを愛しすぎ?安田成美と木梨憲武の夫婦円満の秘訣とは?

女優の安田成美(51)さんが28日放送のフジテレビ系「おじゃMAP!!」(水曜・後7時)に出演しました。夫のとんねるず・木梨憲武(55)さんとのなれそめを明かしました。 そんな安田成美さんと木梨憲武さ …

渡瀬マキがボーカルを務める人気ロックバンドLINDBERG解散の理由とは?

ロックバンド、LINDBERG(リンドバーグ)のボーカル渡瀬マキ(49)さんが11日、公式ホームページで「機能性発声障害」と診断されたと発表しました。 そんな渡瀬マキさんがボーカルを務めるLINDBE …

事務所に残留を決めた元SMAPの中居正広が結婚しない理由とは?

残留か、新しい事務所への移籍か。昨年の今ごろと同様、中居正広さんの契約更改問題がまたも浮上しています。 そんな中居正広さんが結婚しない理由を調べてみました。 中居正広プロフィール目次1 中居正広プロフ …

女優の美村里江(ミムラ)の離婚原因が衝撃的!

女優、ミムラ(33)さんが、27日から芸名を「美村(みむら)里江」に改めることが26日、分かりました。改名は以前から考えており、仕事のタイミングなどから、いまが最適と決断し、“ミムラ”を音で残し、本名 …

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク