ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

社会

楽天の成功は「社内公用語が英語」にある!

投稿日:2017-09-24 更新日:

Advertisements

授業時間は1回75分、毎回皆の前で英語のプレゼンテーションをする課題が出される上、授業に向けては毎週150分程度の予習が必須といいます。子供向けの英語のレッスンとしてはなかなかスパルタに見えるこのプログラムは、国内ネット通販大手の楽天が10月に開業する英語学習教室「Rakuten Super ENGLISH ジュニア」で実際に行われるものです。

なぜ、楽天は子供向けの英語のレッスンを開くようになったのでしょうか?それは、楽天企業の英語の社内公用語化にヒントがありそうなので、調べてみました。

楽天

  • 本社所在地:東京都世田谷区玉川
  • 設立:1997年2月7日
  • 業種:サービス業
  • 事業内容:インターネットサービス、インターネット金融
  • 代表者:三木谷浩史(代表取締役会長兼社長最高執行役員)穂坂雅之(代表取締役副会長執行役員)
  • 資本金:2,035億87百万円(2015年12月31日現在)
  • 発行済株式総数:1,430,373,900株(2015年12月31日現在)
  • 売上高:連結:7,135億55百万円 単体:2,682億14百万円
  • 市場情報:東証1部4755(2013年12月3日上場)東証JQ4755(2000年4月19日ー2013年12月2日)

 

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%BD%E5%A4%A9

楽天の社内公用語は「英語」になるまで

楽天といえば2012年、三木谷浩史会長兼社長の肝いりで、本格的に英語を社内で公用語化し大きな話題となりました。現在は会議や資料など、社内のやり取りはすべて英語を前提に行われているます。また、昇進にはTOEIC基準点のクリアを条件にするなど、人事評価の面でも英語を重要視しています。

その際に、今後の到達目標も定めました。「2014年までに全社員が英語で読み書きができる、2016年までに全社員が英語で意見を言えるようにし、2018年までに全社員が完全にコミュニケーションができる」というものでした。

導入当初は、それまでの日本語だけの会議に比べて時間を要したり、日々の業務の効率性が落ちたりしたという報道もありましたが、現在の進捗状況は順調のようです。

全社一丸の取り組みなので、人事部門が中心となってプロジェクト活動を続けてきました。(現在も継続中)。興味深いのは、活動の推進役を担ったある役員は英語が苦手だったことです。しかし、楽天がどんどんグローバル化に向けて舵を切り、ビジネス現場で英語が必要不可欠になるに従い、そこに参加できないもどかしさがありました。

それが2年後に社内英語公用語化を打ち出すにあたり、三木谷氏から英語化推進プロジェクトチームのリーダーを命じられ、「一番英語で苦労しているからこそ、リーダーを務めてほしい」という理由だったのです。

そこで覚悟を決めた同役員は、プロジェクトチームのメンバーに「私を実験台にして英語力の向上を図ってほしい」と伝え、業務の合間だけでなく、3カ月ほど業務を外してもらって英会話の集中レッスンを受けたり、オンライン教材を買って勉強したり、文字通り「英語漬けの日々」を送りました。

すると、大学受験まで苦労したリーディングもリスニングも「意外に習得できる」と実感して英語力も向上したのです。最初に受けたTOEICは350点程度だったが、2年で800点を突破したといいます。

この役員自身の取り組みが、英語アレルギーを持つ社員にとってモチベーションアップになったようです。トップダウンで、役員自らが努力して、結果を残し、部下に伝えていけたことは、成功に繋がったと思います。

「継続」することの重要さ

楽天の名物ともいえる存在に、創業以来続ける「朝会」があります。現在は毎週火曜日・朝8時に全社員が集まり、各海外拠点をビデオ会議システムでつなぎ、毎月第3週目は「Englishnization(英語公用語化)の進捗状況」を伝えています。各事業部が英語力アップに向けて、どう努力しているかを発表して情報を共有する場であります。

楽天の英語公用語化が順調に進んだ理由はいくつかありますが、振り上げた旗を降ろさずにPDCAサイクル(Plan/計画→Do/実行→Check/評価→Action/改善)を回し続けたことが大きく、成功という結果につながっています。

そして、トップダウンで物事が動き事業内容や活動領域がどんどん変わるIT企業の特性や、変化を続ける企業風土もあるでしょう。

三木谷氏は社内で

「なぜ我々が負けないかというと、やめないからだ」

と話すといいます。

「絶対に失敗しない唯一の方法は、成功するまであきらめないこと」

という格言と同じ姿勢なのです。楽天の成功の源は「継続」だったのですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

楽天グループとしてこう宣言している以上、同社に勤めて評価されたいのなら、英語力を向上させるしかない状況なのです。いろいろな外部の声を受けながらも英語公用語化を進め、人事評価にも連動させた同社の取り組みは、成功事例として、今後の企業モデルのひとつになるかもしれないですね。

今後世界を相手に商売を展開していく場合には必ずと言ってよいほど「英語」は必須になります。

その為には、幼い頃から英語を日常会話的に話せるようにする環境を整えることが重要となってきます。日本の英語の授業は文法が中心ですが、もっと使える英語の習得を中心とした授業内容へのシフトを検討していくべきだと思います。

そういう社内公用語として「英語」を取り組んできたノウハウを蓄積しながら、幼児期での英語の重要性を確信し、英語レッスンへの繋げていく、それが楽天の成功の1つでしょう。

Advertisements

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TBSを退社する安東弘樹アナウンサーの嫁はあの長寿番組のリポーターだった?

TBSの安東弘樹アナウンサー(50)が9日、金曜パーソナリティーを務める同局ラジオ「たまむすび」(月~金曜後1・00)に生出演し、「3月31日をもって、TBSを退社することにしました」と3月末退社とフ …

中曽根康隆が比例ブロックで当選した理由とは?

衆院選を受けた第195回特別国会が1日招集され、衆院選で初当選を果たした新人議員たちが続々と初登院をしました。 その中でもひときわ注目されているのは、中曽根康弘元首相の孫で、中曽根弘文氏の長男という中 …

実業家のホリエモンこと堀江貴文が「宇宙ビジネス」に参入した理由とは?

実業家の堀江貴文(45)さんが1日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に兵庫のゴルフ場から生中継で出演しました。4月28日に打ち上げが決まった小型ロケットMOMO(モモ)2号機について現状を …

奥山佳恵が次男のダウン症を告白した理由とは?

女優・奥山佳恵(43)さんが、ダウン症であることを公表している次男・美良生(みらい)君(6歳)について、通常の小学校(学級)に通わせることを決めた、とブログで明かしました。美良生くんは来春から小学1年 …

歌手の辺見マリが13年もの間「拝み屋」に洗脳されたきっかけとは?

フジテレビ系で7月5日に放送される「直撃!シンソウ坂上」(木曜午後9:00)では、およそ13年間で5億円もの大金を“拝み屋”と称する人物に貢がされた、辺見マリさんの地獄の洗脳生活を取り上げました。 そ …

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサーリンク