ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

健康 芸能

往年のスーパーアイドルだった西城秀樹が罹った病気とは?

投稿日:

Advertisements

「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」などのヒットで知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなったことが17日に分かりました。

そんな西城秀樹さんの罹った病気について調べてみました。

西城秀樹プロフィール

  • 本名:木本 龍雄(きもと たつお)
  • 生年月日:1955年4月13日
  • 出身地:広島県広島市東区
  • 没年月日:2018年5月16日(63歳没)
  • 職業:歌手、俳優
  • 所属事務所:アースコーポレーション

西城秀樹略歴

山陽高等学校時代、ジャズ喫茶でバンド出演時に、たまたま歌っていたところをスカウトされる。本来、歌手には興味がなかったが、当時、尾崎紀世彦の「また逢う日まで」がヒットして、歌謡曲が変わり始めた時期と感じ、スカウトを承諾した。父親が頑固で厳しい人であったため芸能界入りを猛反対。その反対を押し切り、家出同然で広島から上京。芸能事務所「芸映」に所属。明大中野高等学校定時制へ転校する

1972年3月25日、ビクター音楽産業 (RCA) よりシングル「恋する季節」で歌手デビュー。

1973年6月25日、「情熱の嵐」がオリコン週間チャートで初のベストテン入りとなり、一躍トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ、野口五郎と共に「新御三家」と呼ばれる。「ちぎれた愛」、「愛の十字架」が連続してオリコン週間チャートの第1位を獲得。『第15回日本レコード大賞』で初の歌唱賞を受賞する。

1974年、「薔薇の鎖」でマイクスタンド・アクションを披露。「激しい恋」がオリコン年間チャートの第8位を獲得。「傷だらけのローラ」が、『第16回日本レコード大賞』で歌唱賞を受賞。これによりポップス歌手としては史上初となる2年連続受賞を樹立する。『第25回NHK紅白歌合戦』にも初出場し、その後も着実にヒットを飛ばす。

1976年の「君よ抱かれて熱くなれ」から1977年の「ボタンを外せ」までは、阿久悠の作詞、三木たかしの作曲のコンビによるヒット作品が続く。1976年の「ジャガー」、1978年の「炎」で、『東京音楽祭』国内大会でゴールデン・カナリー賞を受賞し、世界大会にも出場。1979年、「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」で”Y.M.C.A.”の4文字を全身で表現するパフォーマンスを披露した。

1983年1月21日、スタッフと共に芸映を円満退社し独立、有限会社(現・株式会社)「アースコーポレーション」を設立する。第1弾シングルは「ギャランドゥ」。それまでの歌謡曲の枠に囚われることなくロック系、バラード系の曲にも意欲的に取り組むようになる

『NHK紅白歌合戦』は1974年から1984年の「抱きしめてジルバ」まで11年連続出場。『日本レコード大賞』では1976年の「若き獅子たち」が歌唱賞を受賞(通算3度目)。金賞は1978年の「ブルースカイブルー」から1983年の「ギャランドゥ」まで6年連続受賞する。ヒット曲をランキング形式で紹介する音楽番組『ザ・ベストテン』には放送が開始した1978年の「ブーツをぬいで朝食を」から1985年の「腕の中へ」まで22曲(154週)ランクインした。

私生活では、大阪在住で元・会社員だった女性と2001年6月30日に結婚。2002年6月3日に長女が、2003年9月1日に長男が誕生する。

2003年6月21日に85枚目のシングルを発表した直後、公演先の韓国で脳梗塞を発症する。軽度の言語障害の後遺症は残ったが、闘病の末復帰し、2006年9月27日、3年ぶりに「めぐり逢い/Same old story – 男の生き様 -」が両A面で発売された。

2018年5月16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなった。63歳没。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%9F%8E%E7%A7%80%E6%A8%B9

西城秀樹の病気とは?

2回の脳梗塞

2度の脳梗塞で後遺症と闘う歌手の西城秀樹さんが2016年7月5日、フジテレビ系の情報番組「ノンストップ」(月~金曜、前9時50分)で壮絶なリハビリの様子をテレビ初公開しました。

2003年に初めて脳梗塞を患い、2011年に2度目の発症で右半身まひとなった西城英樹さん。顔に苦しそうな表情を浮かべながら、「何回も泣いたことがある。苦しくてね」という過酷なリハビリを週に3回行っていた西城秀樹さん。

同番組では、火曜レギュラーで熱狂的な西城秀樹ファンを自認するお笑いコンビ・ハイヒールのリンゴさんが、リハビリに密着しました。

ハイヒール・リンゴさんは、苦痛に耐えながらトレーニングを行う西城秀樹さんの姿を見て、涙を浮かべていました。

ハイヒール・リンゴさんがなぜ苦しいリハビリを行うのか尋ねると、西城秀樹さんは「夏休みに子どもをハワイに連れて行ってやりたい」と、原動力は家族への思いだと告白しました。当時、中2、中1、小5の3児の父でもあった西城秀樹さん。懸命な父親を見て子どもたちが「お菓子をくれる」と嬉しそうに語っていました。

2度目の脳梗塞以降、ライブでは動きの激しい代表曲「傷だらけのローラ」を歌えていてなかったそうです。「次はローラを歌えるようになりたい」と、リハビリを乗り越えた時には、大観衆の前で復活の歌声を響かせることを誓っていました。

そしてリハビリの日々を奇跡的に乗り越えて復活された矢先の訃報。本当に悔やまれますね。

急性心不全とは? 

心不全とは心臓の機能、つまり全身に血液を送り出すポンプの力が低下した状態の総称で、あらゆる臓器を含め全身に必要量の血液を送り出すことができなくなったり、肺や全身に血液が滞るうっ血状態になったりする病態です。

心不全には大別すると、慢性心不全と急性心不全がありますが、心臓のポンプ機能が「急激に低下」することによって血液循環が維持できない状態と血液が滞るうっ血状態とが短期間のうちに起こることを急性心不全と呼んでいます。

心不全には収縮不全と拡張不全とがあります。収縮不全は血液を送り出す力の低下した状態ですが、拡張不全は血液が心臓にもどりにくくなった状態です。両者はしばしば伴ってみられます。

急性心不全の原因とは?

急性心不全の原因として最も多いのは突発的に発症する急性心筋梗塞などの虚血性心疾患です。心臓を動かすための筋肉(心筋)に必要な酸素や栄養素を送る冠動脈が閉塞して、心筋の一部が酸素不足(虚血状態)に陥ってしまうことに起因します。一方で、慢性的な心不全を抱えている患者さんの容体が急激に悪化して起こる場合もあります。

たとえば、

  • 心臓に余分な負担がかかる高血圧症
  • 心臓内の血流を制御する弁に障害を生じる心臓弁膜症
  • 心臓の筋肉に障害を生じる心筋症や心筋炎

その他にも先天性心疾患や甲状腺機能亢進症、不整脈、糖尿病などは慢性心不全を引き起こす原因となります。慢性心不全を患っている患者さんが、精神的・肉体的ストレスを受けたり、暴飲暴食をしたり、風邪や感染症にかかったり、あるいは貧血や妊娠などをきっかけに急性心不全を起こすことがあります。

西城秀樹さんはリハビリを賢明に頑張っていたようなので、それが精神的・肉体的なストレスとなってしまったのでしょうか・・・。復活した矢先にこういうことになるなんて、本当に残念ですよね。

そんな西城秀樹さんは心の支えになっていたご家族がいました。

西城秀樹の家族構成は?

西城秀樹さんは往年のスーパーアイドルでした。今でも、カラオケで西城秀樹さんの歌を歌いながら盛り上がる、なんて人も多いのではないでしょうか。

そんな西城秀樹さんに降りかかった、2度の脳梗塞。1度目は2003年、そして2011年に再発という苦難を経験してきました。その西城秀樹さんを支えたのが現在の家族です。

西城秀樹さんは、2001年に18歳年下の一般女性と結婚しました。2002年に、長女 莉子ちゃん、2003年に、長男 慎之介くん、2004年に、次男 悠天くん が生まれています。

現在は、5人家族ということですね。

以前、テレビに出ていましたが、莉子ちゃんは、しっかり者で美人です。ママ似っぽい印象を受けました。また、慎之介君は、イケメンでやんちゃそうなイメージでした。次男の悠天君は、まだまだ甘えん坊な感じでした。

西城秀樹さんは、お嫁さんと子どもたちに囲まれ幸せな生活をすごしていましたが、その幸せな生活には、常に脳梗塞との闘いが付きまとっていました。最初の脳梗塞の際、奥さんが「焦らないで、ゆっくり治していこうね」と声をかけたのをきっかけに、できることからやっていこうと決めた西城秀樹さん。

子供たちも、体の自由の利かない西城秀樹さんの背中を流したり、階段の昇り降りを介助していたりしたのだそうです。西城秀樹さんは、家族のあたたかい支えが、リハビリへの励みになったと、雑誌の取材でコメントしています。

以前から、食生活には充分気を付けてきたそうなので、2度目の脳梗塞を発症したときは、お嫁さんも西城秀樹さんも相当なショックを受けたそうです。

因みに、脳梗塞は一度なってしまうと、再発率はグーンとアップするそうです。西城秀樹さんは、ラーメンが大好物だということなので、塩分の摂り過ぎも原因の1つだったのかもしれませんね。

二度目の脳梗塞では、右半身にマヒが残ってしまい、体を動かすために過酷なリハビリを続けたそうです。ちょうど、そのリハビリでの様子が、前述の2016年7月に放送された「ノンストップ!」で取り上げられていました。

踏み台昇降や、スクワット、歩行訓練などさまざまなメニューを、愚痴もこぼさずただ黙って懸命に取り組んでいました。わずか10センチの踏み台昇降ですら、その時の西城秀樹さんには思うように行かないようで、とても辛そうでした。

健康な時には、分からない苦しみです。でも、この苦しみをなんとか頑張れているのは、家族のためであるとコメントしていました。

そんな家族のためにも、1日も早く良くなりたいと思っていたようです。そして、この夏には、子供たちと妻を連れて、ハワイ旅行へ行くのが今の目標にされていましたね。

最近の西城秀樹さんは、リハビリを続けながら、自身の体験談を伝える活動をしたり、朗読劇など、車いすで出演したりしていたようです。

一時は、楽になりたいと思ったと語っていますが、それを乗り越え、考え方を新たに、前向きに生きていた西城秀樹さん。

ご家族の気持ちを思うと涙が出ます・・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

西城秀樹さんの罹った病気についてついて調べてみました。また一人昭和の大スターが居なくなってしまいました。ご冥福をお祈り申し上げます。

Advertisements

-健康, 芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

超売れっ子有吉弘行の共演NGはだれ?

テレビ界でいま「打ち切り間近だろう」と噂されているのが、TBS系の人気バラエティー番組「櫻井・有吉THE夜会」です。司会を務めているのはご存じの通り人気者の有吉弘行(43)さんと嵐・櫻井翔(35)さん …

ヤーコンの健康への効能とは?

毎週土曜日放送の「満天☆青空レストラン」(日テレ 後6・30から7・00)。今回、富山県小矢部市で目指したのが、ヤーコンでした。聞いたことない人も多いと思いますが、実は健康野菜なのです。ヤーコンを使っ …

あびる優と紗栄子は本当に親友なのか?

先週、写真誌「フライデー」にモデルとの不倫デートを報じられたタレント・あびる優(31)さんの夫で格闘家の才賀紀左衛門(28)さん。その才賀紀左衛門さんは、弁護士に相談していることを明かしたものの、離婚 …

ぺこ&りゅうちぇる夫妻の結婚式の衣装のブランドは?

タレントのぺこ(オクヒラテツコ)(22歳)とりゅうちぇる(21歳)夫妻が10日、都内で挙式・披露宴を行いました。 完全プライベートで行われた挙式・披露宴。お色直しは2回で、全部で3着の衣装を着こなされ …

三宅正治アナウンサーの病気「急性胆管炎」とはどんな病気?

急性胆管炎のため休養していたフジテレビの三宅正治アナウンサー(55)が11日、キャスターを務める同局「めざましテレビ」(月~金前5・25)番組復帰を果たしました。 番組冒頭で三宅アナは「おはようござい …

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサーリンク