ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

沢尻エリカが元夫の高城剛と離婚した理由とは?

投稿日:

Advertisements

女優の沢尻エリカ(31)さんが、映画「猫は抱くもの」(来年6月23日公開、犬童一心監督)に主演することが19日、分かりました。映画主演は「ヘルタースケルター」(12年、蜷川実花監督)以来6年ぶりとなります。

そんな沢尻エリカさんですが、2013年に元夫の高城剛さんと離婚しています。離婚すえうのに4年の月日を費やしてしまったようですが、その離婚の理由を調べてみました。

沢尻エリカプロフィール

  • 本名:澤尻 エリカ
  • 生年月日:1986年4月8日(31歳)
  • 出身地:東京都
  • 身長:161cm
  • 血液型:A型
  • 職業:女優、歌手、モデル、MC

沢尻エリカ略歴

  • 父親が日本人で母親がアルジェリア系フランス人(アルジェリア生まれフランス育ちのベルベル人)のハーフ。
  • 子供の頃は乗馬やダンス、ピアノを習っていた。父親が競走馬を数十頭所有するなど幼少期は比較的裕福な家庭に育つも中学の時に父親を病気で亡くす。その後すぐに次兄を交通事故で亡くすという不幸に見舞われている。
  • 小学校6年生の時に芸能界デビュー。初めての仕事は、『りぼん』の懸賞ページのモデル。その後『ニコラ』のモデルとなった。
  • 2005年映画『パッチギ!』で演じた「リ・キョンジャ」役が高く評価され、数多くの映画賞・新人賞を受賞した。
  • 2005年フジテレビ系で放送の初主演ドラマ『1リットルの涙』での演技が高く評価され、2006年エランドール賞・新人賞や、第43回 ゴールデン・アロー賞・新人賞を受賞した。
  • 2007年9月29日自身が主演する映画『クローズド・ノート』の舞台挨拶で不機嫌そうな振舞いを行い、世間・マスコミなどによりバッシングを浴びせられる
  • 2009年9月30日付けで前事務所スターダストプロモーションとの専属契約が解消され、芸能活動を2010年春まで休止。
  • 2010年、たかの友梨ビューティークリニックのTVCM及び巨大広告が話題となる。
  • 2012年には女優復帰作となった主演映画『ヘルタースケルター』が公開。興行収入20億円を突破する大ヒットとなった他、アジア各国でも公開され大ヒットを記録した。またこの映画での演技で、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞した。
  • 2016年10月、NHK BSプレミアムのドキュメンタリー番組『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』でレギュラーMCを務める。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%A2%E5%B0%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%AB

沢尻エリカの「別に」騒動

沢尻エリカさんと言えば「別に」騒動があまりにも有名です。パッチギや1リットルの涙で演技派女優としての確固たる地位をを築きつつあった沢尻エリカさんが一気に批判の的となり転落していってしまった「別に事件」。まずは当時を振り返っていただくためにも、その時の動画を用意いたしましたのでまずはご覧頂きましょう。

この時は映画「クローズド・ノート」での舞台挨拶だったのですが、終始沢尻エリカさんはご機嫌斜めでしたね。

ご覧ください。同じ事務所の先輩である竹内結子さん、映画監督が看板を持っている中、沢尻エリカさんは一人だけ腕を組み不機嫌な表情です。また映画宣伝のための舞台挨拶で司会の人から色々話しを振られるのですが、結局沢尻エリカさんが話す言葉は3言だけでした。

  • 「皆さん今日はどうもありがとうございました」(不機嫌な表情で)
  • 一番思い入れのあるシーンはと聞かれ「特に無いです」
  • どんな思いでクッキーを焼かれたのかと聞かれ「別に」

映画の舞台挨拶であれ程までに機嫌が悪い女優さんは見たことがないですし、沢尻エリカさん以降そういう方は出てきていません。

沢尻エリカの「別に」騒動の真相とは

「別に」発言以降世間から凄まじいバッシングを受けて、しばらく表舞台には全く出てこなくなりました。当時の嫌いな女性有名人ランキング的なものの1位の常連さんでした。あれからだいぶ月日も経ち、沢尻エリカさんは当時を振り返ってどう思っていたのでしょうか。

当時のことを振り返って沢尻エリカさんは

  • 「末期だった」
  • 「当時約160件の取材やテレビ出演で精神的にピークだった」
  • 「人じゃなかった時代」

と語っています。また大の仲良しの片瀬那奈さんも当時は沢尻エリカさんから離れていたと語っています。他の番組でも

「もう(精神的に)いっぱい、いっぱいで、「私はこう」みたいな決められた価値観で生きてきて。それがパンクしたのが理由の一つ」

と語っています。おそらくこれらの発言から当時本当に、色んな状況がごちゃまぜになってしまってパンクしてしまったんだと思います。当時は本当に超売れっ子女優さんでしたので大量の取材で同じような質問ばかりされるのにも飽き飽きしていたのかもしれませんし、単純に疲労も溜まっていたんだと思います。

また当時の沢尻エリカさんはパッチギや1リットルの涙、クローズド・ノートなど清純で真っ直ぐな役柄ばかり演じていたので、その型にはめられるのが凄く嫌だったのかもしれません。

沢尻エリカ結婚

2009年9月には、前事務所スターダストプロモーションとの専属契約が解消され、2010年まで芸能活動を休止することとなった沢尻エリカさん。しかし、実はその間の2008年に沢尻エリカさんは結婚発表を行っています。沢尻エリカさんが結婚したお相手は当時ライター・映像作家として活動していた高城剛さんです。結婚発表の翌年、沢尻エリカさんとお相手の高城剛さんは入籍し、明治神宮で結婚式を挙げています。結婚相手の高城剛さんは沢尻エリカさんよりも22歳年上であることでも話題となりました。結婚式では、和装に大きな髪飾りを身に着け、真っ赤な口紅で挙式を行った沢尻エリカの姿も注目を集めました。

沢尻エリカ離婚の理由とは

しかし、幸せな結婚生活もつかの間、結婚からわずか一年後には沢尻エリカさんは離婚の意向を示します。2010年から芸能活動を再開した沢尻エリカさん。メディアの前で離婚原因について語る場面もありました。離婚理由としては、沢尻エリカさん自身が夫である高城剛さんの信頼を失ってしまったと述べています。また、離婚についての条件などについても話していますが、沢尻エリカさん本人から多くを語られることはありませんでした。

結婚からわずか1年で離婚の意向を示した沢尻エリカさん。しかし、その理由については多く語られることはなく、真相は本人たちにしか分からないものとなっています。そんな中、元夫となる高城剛さんの証言などにより数多くの憶測が浮上することとなりました。

元夫・高城剛が週刊誌の取材に対して『エリカを脱がせてカネにしようとしている連中がいる』と、沢尻エリカと業務提携をしているエイベックスを批判するかのような証言を行いました。また、沢尻エリカが薬物依存であり、その弱みに付け込んだエイベックス側が沢尻エリカをうまく使おうとしているという証言や、芸能界の裏事情を匂わせるような発言をしており注目を集めました。

元夫・高城剛さんが週刊誌の取材に対して『エリカを脱がせてカネにしようとしている連中がいる』と、沢尻エリカさんと業務提携をしているエイベックスを批判するかのような証言を行いました。

また、沢尻エリカさんが薬物依存であり、その弱みに付け込んだエイベックス側が沢尻エリカさんをうまく使おうとしているという証言や、芸能界の裏事情を匂わせるような発言をしており注目を集めました。

2012年、沢尻エリカさんの女優復帰作となった映画『ヘルタースケルター』では、沢尻エリカさんが塗れ場シーンを披露したこともあり、高城剛さんの証言は信憑性が高いのではと話題になりました。

また、2015年の映画『新宿スワン』では沢尻エリカさんは風俗嬢の役を務めることでも注目を集め、この他にも露出がこれまで以上に増えていることにより高城剛さんの発言の信憑性が高まるきっかけとなりました。しかし、実際には高城剛さんがエイベックスからの手切れ金が目当てだったという憶測もあります。

この他にも高城剛さんは離婚理由に対して、沢尻エリカさんとの共通の知人男性により引き裂かれたというような発言もしていますが、真相は本人たちにしか分かりません。

離婚成立

2013年にようやく元夫・高城剛さんとの離婚が成立します。結婚した翌年に離婚を決意したものの、離婚が成立するのに4年という時間がかかりました。それだけ、離婚騒動が泥沼化していて話し合いもできないような状態であったことが分かります。離婚表明から離婚成立までの期間が長かったからこそ、様々な憶測が後を絶たなかったのかもしれません。結婚から5年で離婚を経験した沢尻エリカさん。離婚成立後は、女優としてドラマや映画で主演・ヒロインを務めるなど今まで以上に活躍しています。CMなどにも多く出演しており、沢尻エリカさんが女性らしい大人の魅力を披露していることでも話題を集めました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

離婚の理由は元夫であった高城剛さんへの信頼がなくなってしまったからということでしたが、本当の真相はお二人にしか分かりません。いろいろとお騒がせ女優の沢尻エリカさん、演技の方は定評があります。

冒頭でご紹介した映画「猫は抱くもの」という犬童作品への出演は念願だったようです。今回のオファーに「ほぼ即決。自分の中に犬童監督への絶対的な信頼感みたいなものがあった。自分の直感を信じようと思った」。犬童監督も「いつか一緒に、という下心があったのは当然。自分の下心に感謝」と相思相愛のタッグとなりました。

ますます今後の沢尻エリカさんの活躍には目が離せないですね。

 

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

稲垣吾郎が一般女性と結婚?~もしも結婚式を一挙ご紹介!~

元SMAPの稲垣吾郎(43)さんが5日、2日午後9時から生放送を続けるインターネットテレビ局AbemaTV「72時間ホンネテレビ」(11月2~5日)の中で、人生初のナンパと嫁探しを始め、午前11時8分 …

水泳の萩野公介選手とシンガーソングライターのmiwaの結婚の可能性は?

2016年リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダリスト、萩野公介(24)選手=ブリヂストン=と人気シンガー・ソングライター、miwa(28)さんが真剣交際していることが8日、分か …

元宝塚月組トップスターの瀬奈じゅんがした特別養子縁組とは?

2012年末にダンサーで俳優の千田真司(33)さんと結婚した、元宝塚月組トップスターで女優の瀬奈じゅん(43)さんが特別養子縁組で子供を授かり、0歳児の母親となったことを26日、所属事務所・東宝芸能の …

狂言師の野村萬斎が羽生結弦選手にしたアドバイスとは?

2月1日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に野村萬斎さんがゲスト出演し、映画「シン・ゴジラ」(2016年)の撮影秘話やフィギュアスケート・羽生結弦選手との対談秘話を明かしました。 あまたのエピ …

ONE OK ROCKがテレビに出ない理由とは?

ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカルTakaさんが1月1日、豪華メンツによる新年会の様子をInsrtagramに投稿し話題となっています。この交友関係の広さは凄すぎです。 「あけましておめ …

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク