ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

健康

座り続けると死亡リスク急増!~運動するタイミングの重要性~

投稿日:

Advertisements

既に多くの人たちが、長時間にわたって座り続けることを死亡リスク上昇の関連性を認識していると思いますが、さらに、運動をしても長時間の座り姿勢の悪影響が完全には相殺されないとみられることが、2015年に発表されたその後の研究結果によって示されました。

米医学誌アナルズ・オブ・インターナル・メディシンに9月12日に発表された新たな研究結果は、およそ8000人の7日間の活動データを収集すると、1日の起きている時間(平均16時間)のうち、座っていたのは平均12時間で、調査期間中には、異なる死因によって340人が死亡していました。

座り続けることが死亡リスクにつながったいるわけですが、どのようなタイミングで運動をすれば死亡するリスクを回避できるのか、調べてみました。

座り続けることは「喫煙」と同じくらいのリスクはある

同じ姿勢を続けることで筋肉が収縮し続け、その部分に大なり小なり負担がかかる。どんなに理想的な姿勢も、同じ姿勢を持続することで、それは「良い姿勢」ではなくなってしまいます。

長時間、座り続けると、心臓病や糖尿病のリスクが増大されることが、すでにいくつかの研究で明らかになっています。がんの発生率にも関連があるといわれているのです。

一定の間隔で姿勢を変えて体に違う刺激を与えることで、負担が軽減、またはリセットされた状態になります。

これは海外ではもはや常識で、北欧では「同じ姿勢で一定時間仕事をしてはならない」という法律まであるほどです。加えて、「従業員50人以上の企業は理学療法士を雇い健康に対するアドバイスをもらうこと」という法律もあります。

また、そうした中、世界で最も座る時間が長い国、日本です。
世界20の国や地域で座っている時間を比較した調査では、最も長い7時間という結果が出ています。

 

どのタイミングで運動するかがカギ

座り続けると死亡リスクは上がることは判明しましたが、では、それを回避するべく、不規則に運動すれがリスクは下がるのでしょうか?運動するタイミングが重要になります。

座ってから30分以内に立ち上がっていた人は、60~90分ごとに立ち上がっていた人たちと比べて、死亡リスクが大幅に低下します。

ということで、30分に1回は運動をすることをおすすめします。

運動の内容は

30分ごとに運動するというのは、結構頻繁に体を動かしていくようになりますが、どういう内容の運動をしていけば良いのでしょうか?

当然、日中はオフィスで仕事をしている方も多いと思われてますので、トレーニングまでは必要ではありません。

例えば、その場でできる足踏みや手足のストレッチなどでも効果はあります。

さらには、一番有効なのはウォーキングになります。ただ、外回りの営業職の方などは、歩くことも多いかと思いますが、事務職などのデスクワークがお仕事の方は、ウォーキングは無理ですよね。そこで、その場でかかとをあげて30秒ほどキープして、一旦かかとを下ろしてから、また同じ動作を続けることで、ふくらはぎの血流を促進できますので、おすすめです。

また、日常的に有酸素運動や筋トレを取り入れていくことで、さらに死亡リスクを軽減することにつながっていきます。1日30分程度のウォーキングを加えることは大変効果的になります。

座り過ぎに注意から世界で始まった取り組み

国を挙げて座り過ぎの対策に取り組むオーストラリア。メルボルンにある小学校では、2014年から長時間座り続けることを避け、立って授業が受けられるようにしています。

それが「可動デスク」です。デスクは縦に可動することにより、立ってデスクワークが可能になります。これにより、腰痛予防はもちろん、心臓病や糖尿病の予防にもなります。

その可動式デスクにスマートフォンアプリを組み合わせている製品も登場しています。これは一定の時間になるとアラームが鳴り、デスクの高さを変更するように促したり、1日で座って仕事をした時間、立って仕事した時間を記録して管理してくれたりする、大変な優れモノになります。

このように、可動式デスクが世界中で開発されているということは、それだけ世界が同じ姿勢をとることの危険性を認めているということになります。

近い将来には、机が縦に可動するのは当たり前の時代もやってくるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

座り続けることは、健康を損ねるだけはなく、死亡リスクがあがるという危険性と伴っていました。

30分おきの適度な運動と、毎日30分以上のウォーキング運動で、死亡リスクを遠ざけましょう!

Advertisements

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

渡瀬マキがボーカルを務める人気ロックバンドLINDBERG解散の理由とは?

ロックバンド、LINDBERG(リンドバーグ)のボーカル渡瀬マキ(49)さんが11日、公式ホームページで「機能性発声障害」と診断されたと発表しました。 そんな渡瀬マキさんがボーカルを務めるLINDBE …

大人用「粉ミルク」がシニアに人気の理由は?

「粉ミルク」と言えば誰もがイメージするのは、あの丸い缶に入った乳児用の粉ミルクですよね。ところが、雪印メグミルクグループの雪印ビーンスタークが2017年9月に発売したのは、”大人のための粉ミルク”とう …

ライザップで脅威の成功をした市川九團次が破った歌舞伎界のタブーとは?

5月23日(水)放送の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(毎週水曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)では、ゲストに四代目・市川九團次さんが登場し、十一代目・市川海老蔵さんとの知られざるストーリー …

多岐川裕美の娘の華子が過食症で10kg増になった理由とは?

女優・多岐川裕美(67)の娘でタレントの華子(29)さんが21日、日本テレビ系「1周回って知らない話」に出演し、週3回、不動産業者の事務のアルバイトをしていることを明かしました。時給は1150円だとい …

筋肉アイドルとして話題の才木玲佳が人気の理由とは?

“筋肉アイドル”として話題の才木玲佳さんが、先ごろ人気格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズのキャラクター・春麗(チュン・リー)のコスプレをインスタグラムで披露し話題となりました。 そんな才木玲佳 …

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサーリンク