ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

人気俳優の高橋一生が購入したマイホームはどこ?

投稿日:

Advertisements

最近、高橋一生(37歳)さんは人生の大きな決断をしていました。こだわりマイホームを購入したというのです。

「つい先日、都心に140平方メートルのマンションを購入したんです。ずっと探していたそうですが、広さとディテールにこだわって見つけたこだわりの物件のようです」(高橋を知る芸能関係者)

そんな高橋一生さんのご購入されたマイホームがどこにあるのかを調べてみました。

高橋一生プロフィール

  • 生年月日:1980年12月9日(37歳)
  • 出身地:東京都港区
  • 血液型:O型
  • 身長:175cm
  • 職業:俳優
  • 所属事務所:舞プロモーション

高橋一生略歴

1990年の映画『ほしをつぐもの』で映画初出演。2001年から扉座に入団し、舞台『フォーティンブラス』で準主役デビュー。

1995年、スタジオジブリ製作のアニメーション映画『耳をすませば』で、主要キャラクター・天沢聖司の声を演じた。

2015年のテレビドラマ『民王』で演じた秘書・貝原茂平役で視聴者の好評を得て、第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞と第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でそれぞれ助演男優賞を受賞

2016年放送されたスペシャルドラマの1本『民王スピンオフ〜恋する総裁選〜』とネット配信限定の番外編ドラマ『民王番外編 秘書貝原と6人の怪しい客』では主役となり、『民王 スピンオフBOOK【貝原編】』も発売された

2016年公開の『シン・ゴジラ』では脇役ながら強烈な存在感を示す。

2017年には『カルテット』に出演するとともに、NHKでも大河ドラマ『おんな城主 直虎』や連続テレビ小説『わろてんか』に準主役級で相次いで出演し全国区の人気俳優に登り詰める。2017上半期ブレイク俳優ランキング(オリコン調べ)において、10代から50代までの男女対象の世代別ランキングでもすべて首位となる圧倒的な支持を得て1位となった。森永乳業の『MOW』やミツカンの鍋シリーズなどTVCMへの出演も激増する。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E4%B8%80%E7%94%9F

高橋一生が購入したマイホームはどこ?

東京都心で100平方メートルを超えるマンションは全体の1%しかありません。140平方メートルを超える物件といえばごくごくわずかになります。しかも価格は当然のように億を超えきます。

「高橋さんのお部屋は、リノベーション物件で内装は新しいですが、築20年ほどです。近くには散歩できる公園もあり、有名ショップやスーパーもあり、空室がなかなか出ない人気物件ですよ。もろもろ含めると価格は1億後半~2億円近いでしょうね」

「これだけの活躍ですから、ローンもあっという間に返せるでしょうね。彼女はここ1~2年いたという話はまったく聞きませんし、もちろん結婚の予定もナシ。でもブレーク後、こだわっていたのがマイホーム購入だったようです。ずっと賃貸でしたから。もともと複雑な家庭環境で育ったことはインタビューなどでも答えていますが、そんな境遇だからか、“住むところだけはしっかり確保したい”という思いだったそうですよ」

「20代の頃はオーディションに落ちることも多く、やっと役が回ってきたと思ったら引きこもりの役や犯人役ばかり。役に引きずられ、荒れた時期もあったそうです。でも“弟たちは自分が育てていかなければ”という思いから、稼いだお金はもっぱら弟たちの学費やプレゼントに使っていたそうですよ」(芸能関係者)

そんな中のブレーク、そして弟たちの自立もマイホーム購入を後押ししたといわれています。

高橋一生さんはお母様が18才の時に生まれた子供で、5人兄弟の長男です。お父様は幼稚園の時に他界し、その後お母様は2度再婚しました。次男・三男と、四男・五男とも父親が違う複雑な家庭だったのです。

「四男の大学の学費も目途が立ち、五男も自立するようになって、お金を自分のために使う余裕ができたそうです。高橋さんはもともと家事能力が高い人。洗濯が好きでTシャツの早たたみも得意。料理も自炊で煮物もササッと作る。自宅で過ごす時間が好きなようです。ひとり暮らしには少し広すぎるようですが、家具もアンティーク椅子や畳マットのベッド、祖父の手作り用品など“いかにも”ではなく自分で選んだ心地いい物で揃えていて、お気に入りの空間になっているみたいですね」(前出・芸能関係者)

そんな高橋一生さんの購入したマンションはどこにあるのでしょうか?

高橋一生の購入したマイホームはどこ?

さて、高橋一生さんがご購入したマンションはどこにあるのか?ということですが、その特徴としましては、

  • 都心
  • 140平方メートル
  • リノベーション物件
  • 築20年
  • 近くに散歩できる公園があり有名スーパーやショップもあり
  • 価格は1億後半から2億円程度

と言われています。都心で2億円近い物件としては、千代田区、港区、新宿区といった都心でもかなりの中心地です。そういう中で、上記の条件にあてはまるのは、赤坂氷川町のマンションではないかと言われています。

近くには、東京ミッドタウンやダウンガーデン、檜町公園なども隣接しているようです。

そんな高橋一生さんですが実家が赤坂だと言われています。

高橋一生の実家は?

高橋一生さんは、赤坂に実家があり青山の学校に通っていたそうです。実家は「元赤坂2丁目」だったようで、幼少期は赤坂御用所の東宮御所に務める方々のお子さん達と仲が良く、御所にある森林でたぬきを追いかけて遊んでいたそうです。赤坂に住んでいる、青山で遊んでいたというだけあって周りはお金持ちなどと考えますが、本人は田舎者と語っていました。実家がお金持ちかどうかは未だに判明していません。ただ、高橋一生さんは子役でも活動していて、声優などもつとめていたのでそれなりに収入はあったと思われます。

意外と知られていませんが、高橋一生さんは子役としても活躍していました。子役デビューは1990年の映画「ほしをつぐもの」。ビートたけしさんが主演をつとめた作品でした。10歳で一度子役活動をやめるも、中学3年生のときに活動を再開させたそうです。高橋一生さんが活動を再開させた中学3年生のときに、劇団に勧められてジブリアニメの声優オーディションを受けて見事合格しました。ジブリアニメの「おもひでぽろぽろ」で声優初挑戦し、そして、「耳をすませば」で天沢聖司の声を担当しました。これも驚きの事実ですよね。高橋一生さんの声変わりする前の声です。

そんな順風満帆のように見える高橋一生さんですが、幼少期にはなかなか複雑なご家庭の環境の中で育ってこられたようです。

高橋一生の家族は?

2017年1月20日に「A-Studio」に出演しあまり明らかになっていなかった家族や生い立ちが明らかになりました。高橋一生さんが5人兄弟の長男であることを明かし、弟がロックグループ「never young beach」のメンバー安部勇磨さんであったことを明らかにしています。さて、ここで気になるのは兄弟であるのになぜ苗字が違うのかということですよね。

  • 長男:高橋一生
  • 次男:デザイン系の仕事に従事
  • 三男:安部勇磨
  • 四男:情報なし
  • 五男:すし職人として見習い中

というご兄弟のようです。また、お父様はそれぞれ違い、長男の高橋一生さんが一人目のお父様、次男と三男が二人目のお父様、四男と五男が三人目のお父様のお子さんのようです。かなり複雑です。高橋一生さんの実のお父様は幼稚園の時に亡くなられています。

また、高橋一生さんはお母様とはあまり仲が良くなかったそうで、ここ10年ほどまともに会っていなかったそうです。幼少期はおばあちゃん子だったと言われています。

現在はお父様もお母様も亡くなられており、高橋一生さんが4人の弟の面倒をみているそうです。

俳優としてちょっとクセのある役柄や、暗めの設定の役柄を演じることが多い高橋一生さんですが、そういう過去に育った環境が影響されていたのかもしれないですね。それが演技に生かされていたのかもしれません。

そんな大黒柱の高橋一生さんの年収について調べてみました。

高橋一生の年収は?

ここ最近、テレビで見ないことがないくらいドラマに出演されている高橋一生さん。

俳優高橋一生さんは、春夏秋冬全てのクールでドラマ出演しています。最近では「わろてんか」と「民衆の敵」と「女城主直虎」を掛け持ちしていました。

1時間ドラマ1話(本)の出演料は、木村拓哉さん等トップで300万円だそうです。通常ドラマの主役級で100万~150万円程度とのことです。高橋一生さんは主役ではないが実力のある脇役です。1時間ドラマの単価を民放100万円、NHK50万(NHKは民放の半分との話です)、映画1本150万円と考えます。

2017年は民放ドラマ「カルテット」「民衆の敵」で計20話、NHK「女城主直虎」50話「わろてんか」150話(30分なので1時間ドラマとすると75話と考えます)「THIS IS USの吹き替え」18話、そして映画2本に出演しました。

ドラマ収入は、100万円×20話(民放) +50万円×143話(NHK) + 150万円×3本(映画)=約9千5百万円。

さらにCM収入が「雪印MOW」「キリン氷結」「NTTドコモ」「ミツカン」「ファブリーズMEN」の5本もあります。4,000万円×5本=2億円

その他特番やナレーション収入が大体で3千万円あったとします。合計の年間売り上げ約3億3千万円です。事務所の取り分を30%として、2017年の年収は推定約2億3千万円となり、税抜き手取り額は1億4千万円と考えられます。すごいですね。飛ぶ鳥を落とす勢いの高橋一生さんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高橋一生さんがご購入されたというマイホームがどこにあるのかを調べてみました。確証はありませんが、赤坂付近のマンションではないかと言われています。

今や売れっ子俳優の高橋一生さん、今後の活躍にも期待したいですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

9年ぶりに水嶋ヒロが日本のドラマに出演!現在はどんな活動をしている?

俳優の水嶋ヒロさんが20日、インスタグラムを更新し、勝地涼さんとの久々2ショットをアップしました。水嶋ヒロさんはAmazon Prime Videoで配信されるドラマ「東京BTH~TOKYO BLOO …

ピーターこと池畑慎之介の交友関係が広い理由とは?

歌手で俳優のピーターこと池畑慎之介(65)さんが10日、テレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に出演し、女優・仁科亜季子(65)さんとの交際を振り返りました。 そんな池畑慎之介さんの交友関係が広 …

「陸王」で話題になった市川右團次が81年ぶりに名跡を襲名した理由とは?

歌舞伎俳優の市川右團次(54)さんが23日、カンテレ「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、市川海老蔵(40)さんや中村獅童(46)さんから「次に週刊誌に撮られるのは右團次さん」と“指名”され …

音楽プロデューサー小室哲哉が嫉妬をした人とは?

音楽プロデューサー小室哲哉(59)さんと看護師女性の不倫疑惑を、18日発売の「週刊文春」が報じることについて17日、小室哲哉さんの所属事務所が文書を発表し、近日中に小室哲哉さんが記者会見を開くことを発 …

話題のドラマ「下町ロケット」に出演中の尾上菊之助が一般女性の嫁と結婚した理由とは?

俳優の阿部寛さんが主演を務める連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第5話が11日に放送され、歌舞伎俳優の尾上菊之助さん演じる「ギアゴースト」の社長・伊丹のひょう変ぶりが視聴者の注目を …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク