ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

ニュース 社会

捜査のプロと言われた田宮榮一の名推理とは?

投稿日:

Advertisements

警視庁・元捜査一課長でコメンテーターの田宮榮一さんが、転移性肺がんのため亡くなっていたことがわかりました。85歳でした。

警視庁で、たたきあげの刑事から捜査一課長や警ら部長などを歴任した田宮榮一さんは、退官後、日本テレビのニュース番組などで捜査のプロの目線で様々な事件をわかりやすく解説し、親しまれました。

そんな田宮榮一さんの名推理について調べてみました。

田宮榮一プロフィール

日本統治時代の台湾生まれ、山形県西村山郡河北町で育つ。山形県立谷地高等学校、中央大学法学部卒業。

1952年、警視庁巡査。成城警察署長、刑事部捜査共助課長、同部鑑識課長、捜査第一課長、新宿警察署長、刑事部刑事総務課長、同部参事官、警視庁警察学校長、警ら部長などを歴任。

退職後はヤマト運輸に入社(天下り)。顧客サービス部付、常務取締役、専務取締役兼経営企画本部長、代表取締役専務、常勤顧問、ヤマトコレクトサービス株式会社会長を歴任し、1999年6月に退任。その後は株式会社警察研修社取締役会長、財団法人犯罪被害者救援基金理事、警察政策学会管理運営部会会員などを務める。また、各メディアにコメンテーターとして出演した。

警視庁刑事部捜査第一課長の経験者の中では数少ない生え抜き刑事である。

所轄署刑事課には巡査時代から、刑事部捜査第一課には巡査部長時代からそれぞれ勤務し、殺人事件や火災事件の捜査に当たってきた。

経験を生かしてプロファイリングを求められることが多い。

2018年2月16日、転移性肺がんのために逝去。85歳没。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%AE%AE%E6%A6%AE%E4%B8%80

田宮榮一さんの訃報

元警視庁捜査1課長の田宮榮一氏が16日、転移性肺がんで死去しました。告別式は近親者で済ませされています。新宿署長、警ら部長などを歴任し、1989年に退官後、新聞やテレビのコメンテーターとして活躍していました。

また、田宮榮一氏を送る会は4月7日正午、東京都世田谷区砧2の4の27東京メモリードホールで執り行われます。

視聴者に分かりやすく事件を解説してくれていた田宮榮一さん、もう見ることができないと思うと残念でなりませんね。

田宮榮一の名推理

捜査第一課長から新宿署所長、警察学校校長などを経て、退官時に警視監になった田宮榮一氏。「捜査のプロ」で数々の難事件を解決に導いたと言われている田宮榮一氏。その彗眼は、「犯人は10代から30代もしくは40代から50代かそれ以上の男もしくは女」と、瞬時に容疑者を60億人にまで絞り込む名推理です。そんな田宮榮一氏の名推理について調べてみました。

酒井法子の逃亡劇

酒井容疑者は1人あるいは複数で逃走という田宮榮一氏の推理でした。夏休みでちょうど暇を持て余していた国民全てが注目する事件で、“一人、もしくは複数で逃亡” と、逃亡方法を完璧に言い当てて、田宮伝説を揺るぎの無いものにした奇跡のプロファイリングでした。

また酒井容疑者は山梨県を含む関東・東北・中部・北陸、または近畿・中国・四国、 あるいは沖縄・北海道、もしくは海外に逃亡。酒井法子薬物事件で、逃亡した酒井容疑者の潜伏先に関するコメントをしていました。

一般人には、全く逃亡先の予見もつかなかったなか、“甲信越以外”と、一気に潜伏先を絞り込んだ、田宮氏にしかできない超推理でした。

中央大学教授刺殺事件

犯人は男性といわれているが、女性である可能性も否定できないという田宮榮一氏の推理でした。

中央大後楽園キャンパスで、同大理工学部の高窪統教授が刺殺された事件(中央大学教授刺殺事件)で犯人像を求められて、“犯人は男か女”という超推理で、容疑者を一撃で66億人まで絞り込みました。総合すると、“犯人は男か女で、内部の者か、外部の者”非の打ち所の全く無い、完璧な推理でした。

栃木小一女児殺害事件

20代から30代もしくは40代から50代の犯行という田宮榮一氏の推理でした。

栃木小一女児殺害事件で、犯人像を求められて、あらゆる可能性を考慮する、まさに捜査の鬼といった真摯なプロファイリングでした。

2005年に、栃木県今市市(現・日光市)の市立大沢小学校1年・吉田有希ちゃん(当時7歳)が下校途中に連れ去られ惨殺された事件で、勝又拓哉容疑者(32)=栃木県鹿沼市=が、栃木、茨城両県警の合同捜査本部に殺人の疑いで逮捕されたのは2014年6月3日でした。

リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

当時逃亡中だった市橋容疑者が、整形したという情報に関するコメントを求められて、通常なら「整形=イケメンになりたかったから」と考えるところなのに、それを、「逮捕から逃れるためではないか」と洞察するところが“捜査のプロ”です。

ジュースを買えば「飲むためではないか?」、パンを買えば「食べるためではないか?」、
基本をおろそかにしない田宮榮一氏の推理が冴え渡ります。

福岡小1殺害事件

犯人は公園に土地勘があるか、もしくは通りすがりの人物という田宮榮一氏の推理でした。

一読すると、いつもの「容疑者を66億人にまで絞り込んだ」パターン化とも思いがちがですが、“通りすがり”という部分にまで踏み込んでいます。

いつにもましてピンポイントに犯人像に迫る田宮榮一氏に、事件解決に向けた熱意のようなものが感じられる素晴らしい推理です。

また、「被害児童は公園内のトイレで死亡」というわずかな情報を聞いただけで、長距離からの狙撃、超能力による念殺、呪殺、宇宙人によるキャトルミューティレーションなどの可能性を否定した名推理でした。

こんな独特な推理は田宮榮一氏だからこそできる技であり、田宮榮一氏しか許されることがない特別感があるように感じます。「捜査のプロ」としてニュース番組に出演している以上、迂闊な発言は出来ないのも当然です。もし誤謬のある推理を展開すれば、警察の捜査にも悪影響を及ぼしかねません。また、もし推理が外れてしまえば田宮榮一氏自身の沽券にもかかわってきます。それゆえ当たり障りのよい言葉で適当にお茶を濁したり、世間の風潮やマスコミ上層部の思想に迎合し、プロファイリングに関しても広範な犯人像を示す事で「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」推理を展開しているだけではないか、という批判がありますが、やはり田宮榮一氏だからできる名推理といえるでしょう。

プロファイリングとは

プロファイリングとは、アメリカで開始された、犯人像特定のための資料収集方法の一つです。具体的には、犯行現場の検証や遺留物などを元に犯人像を割り出していく作業で、犯人の

  • 身体的特徴
  • 性格
  • 癖や嗜好

などを、心理学の見地を含めて特定していきます。プロファイリングは、20世紀に本格的に始まった比較的新しい捜査方法です。これには、アメリカの社会背景が大きく関係しています。アメリカでは第二次大戦後、常人には理解不能な猟奇的連続殺人が増える傾向にありました。そのような犯人に迫る場合、ただ物的証拠を揃え、地道に地取り捜査をするという従来のやり方では追いつかなくなっていきました。そこで、犯人像を明確にする手段として、プロファイリングは急速な発展を余儀なくされたのです。

このように、アメリカではある程度「仕方なく編み出された」捜査方法に過ぎなかったのですが、現代社会において、猟奇殺人や動機不明の犯行は増加傾向にあります。そのような世界の社会背景を見渡しても、プロファイリングは、欠かせない捜査方法の一つになっていることは明らかです。

プロファイリングでは、このように、主に「理解不能な犯行」において、その手法が発揮されます。但し、プロファイリングは、動かぬ証拠をもたらすものではありません。あくまで捜査資料の提供が主な目的であり、それ以上のことまではできないものでもあります。

相手の心理を深く読むことになりますし、プロファイリングの資格があるようですが、なかなか難しそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

田宮榮一氏の田宮榮一氏でなければ発することができなかったあらゆる事件にたいする明推理でしたね。もうそれが聞けなくなるのでとても残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

Advertisements

-ニュース, 社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

AbemaTV「72時間ホンネテレビ」ファイナル!~数々の記録更新~

「ふざけんな! と思った。これからだと思ったし、なんで言ってくれなかったんだって」 今から21年前、下積みを重ねたSMAPにようやく人気が出始め、まさにこれからという時、メンバーの森且行さんから脱退を …

「香害」の健康被害の実態は?

柔軟仕上げ剤や制汗剤、除菌スプレーなどの強い香料によって体調が悪化する「香害」。NPO法人「日本消費者連盟」(日消連)が2017年の夏、2日間にわたって「香害110番」を実施したところ、全国から213 …

「離岸流」~そのしくみと対策とは~

1年のうちで、最も水難事故が発生するのが8月です。 夏休みで家族連れの方など、川や海へのレジャーを楽しむこの時期、毎年のように、水難事故のニュースが全国で発生しています。 水難事故の原因のうち、半数は …

有働由美子アナウンサーの揺るぎない人気の理由とは?

「いいなと思っている男性はいます」 今年4月に放送された『あさイチ』(NHK)で“新恋人”の存在を匂わせていた、有働由美子アナウンサー(48)。番組では、たびたび彼女の恋愛事情が話題になっており、この …

たかまつななが社長を務める「笑下村塾」の業務内容とは?

“高学歴キャラ”のピン芸人でお嬢様ネタで人気の、たかまつなな(24)さんが21日、自身のブログでNHKに内定したことを明かしました。 たかまつななさんは「明日発売の文春砲に、撃たれることになりました。 …

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク