ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

ニュース 社会

日本における巡航ミサイル「トマホーク」の必要性とは?

投稿日:

Advertisements

政府は、地上の目標を攻撃できる巡航ミサイルを開発する方向で検討に入りました。

防衛省が2018年度から研究を始める予定の対艦ミサイルに対地攻撃能力の付加を計画しているもので、日本が対地巡航ミサイルを本格的に開発するのは初めてとなります。敵に占領された離島の奪還が主目的だが、敵基地攻撃も性能上は可能で、北朝鮮への抑止力向上にもつながる見通しです。

巡航ミサイルは搭載したレーダーなどによって攻撃目標に向かう精密誘導兵器で、弾道ミサイルが放物線を描いて上空から飛来するのに対し、飛行機のように翼とジェットエンジンで水平飛行します。米国の「トマホーク」と共通点が多いことから、防衛省内では開発するミサイルを「日本版トマホーク」と位置付けています。

ということで、日本における「トマホーク」に必要性について調べてみました。

トマホークとは

トマホークの起源には幾つかの説があるが、もっとも有力と考えられているのは、第一次戦略兵器制限条約(SALT Ⅰ)調印(1972年)に前後して行われたアメリカ海軍の研究である。

当時の国家安全保障問題担当大統領補佐官であったヘンリー・キッシンジャーは、SALT Iによって生じる制約の影響を最小限にとどめるべく、条約交渉では検討されなかったタイプの核兵器運搬手段の研究を国防総省に命じた。海軍が中心になって進められた研究の結果は、本質的には無人の有翼航空機である巡行ミサイルであれば、条約違反を犯すことなく、しかも極めて効果的であるとの結論であった。

多くのバリエーションが登場しているにもかかわらず、トマホークのミッションはただの2つしかない。すなわち、対地ミッションと対水上ミッションである。核弾頭か通常弾頭であるかによって一部違いがあり、また、後日の発展型では、新しい技術を取り入れるための改正がなされているが、ミッションの基本的なプロファイルは変わっていない。

全長:5.56m

直径:0.52m

速度:時速880km

エンジン:ターボファンエンジン

対艦攻撃用のトマホークはハープーンミサイルの誘導システムを応用しており、敵艦艇の発する電波を探知するパッシブ式とトマホーク自体に内蔵されたレーダーで探索するアクティブ式を併用して目標に向かいます。対艦攻撃用のトマホークは射程460km以上ありますが、1発あたりの価格が1.5億円以上するため、現在は引退しています。対艦攻撃用のトマホークは射程と弾頭量などの面で優れた性能を持っていましたが、1発あたりのコストが高すぎるため、比較的廉価なハープーンミサイルに完全移行しました。

対地攻撃用のトマホークは様々なバージョンがありますが、最新のタクティカル・トマホークは射程が3000kmもあります。タクティカル・トマホークは部品の見直しなどで1発あたり約7000万円という価格になっています。その他のバージョンは1,200~2,500kmの射程距離となっています。

基本的には水上艦から発射されますが、潜水艦からも発射可能です。発射されたトマホークはTERCOM(地形等高線照合システム)と搭載されているレーダー地図や慣性航法システムを使用して目標に向かって進みます。そのため、地形を利用した飛行を可能であり、探知されにくいようになっています。

しかしトマホーク・ミサイルは巡航ミサイルであり、亜音速の速度で飛行するため、ミサイルとして比較的迎撃が容易な部類に入ります。そのため、発見される確率を少しでも減らすために夜間に発射されることが多いです。

それでもTERCOMなどの誘導システムのおかげで誤差6mという高い命中率を誇るので今でも有効な攻撃手段として多く使用されています。現在でも中東の騒乱や戦乱などにおける対地攻撃のために洋上に展開したイージス艦から発射されます。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AF_(%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB)

トマホークの主な戦歴は

  • 1991年 湾岸戦争。TLAM-C 261発、TLAM-D 27発が発射。うち14発は潜水艦発射型。命中率は85%。
  • 1998年 イラク領内の地上目標を攻撃(デザート・フォックス作戦)
  • 1998年 ユーゴスラビア内戦介入に伴い、セルビア地上目標を攻撃(アライド・フォース作戦)
  • 2001年 アフガニスタン戦争
  • 2003年 イラク戦争
  • 2011年 リビア内戦 「オデッセイの夜明け作戦」(米、英、仏、伊、加参戦)
  • 2014年 – 過激派組織ISILに対するイラク・シリアでの攻撃「生来の決意作戦」
  • 2017年 – 米トランプ政権による、アサド政権の空軍基地に対するシリアでの59発の攻撃「シャイラト空軍基地攻撃」

潜水艦の魚雷発射管から発射可能という制約のもと開発されたことで、トマホークは極めてコンパクトなサイズとなり、アメリカ海軍の水上戦闘艦のかなりの部分と、スタージョン級以後のすべての攻撃型原子力潜水艦に搭載されるようになるほど普及した。また、湾岸戦争で使用されてからは、世界でも希少な実戦経験のある巡行ミサイルとなっており、おそらく世界で最も成功した兵器のひとつと言うことができるだろう。

なお、1995年、アメリカ合衆国政府はイギリスへのトマホーク輸出に同意し、1998年にはイギリス海軍の潜水艦から試射が行われた。2008年までには、すべての攻撃原潜に運用能力を付与することが予定されている。また、2004年にはブロック IV(タクティカル・トマホーク)の購入について、両国は合意した。1999年、コソボ紛争に介入したNATO軍にスウィフトシェア級攻撃原潜「スプレンディド」(HMS Splendid, S106)が参加し、実戦での発射をイギリス潜水艦としては初めて実施している。

2017年4月にシリアが化学兵器を使用したとして、ミサイル駆逐戦二隻からトマホーク巡航ミサイルによるシャイラト空軍基地の航空機、弾薬等を目標とした攻撃をした。

トマホークの攻撃力は

トマホーク・ミサイルは様々なバリエーションがあるため、その威力も多岐にわたります。弾頭を変更できるので、破壊力は搭載されている種類によって変わります。以前は核搭載型もありましたが、これが一番の破壊力を持っていたのは明らかです(引退済み)。

同じく引退している対艦攻撃型は着弾による破壊と延焼で艦の機能を喪失させる能力を持っていました。その破壊力は凄まじく、1発で通常の艦艇はもちろんのこと、大型艦も戦闘不能に陥ります。

現在運用されている対地攻撃型の中には通常弾頭の他に戦車や装甲車などの車両を広範囲で破壊するために子爆弾を100個以上内蔵したものがあります。広範囲にわたって甚大なダメージを与えることができます。さらに、地下の目標を攻撃するための強化徹甲弾頭を搭載したものもあり、地下陣地の破壊などに使用されます。

このように地上攻撃型は陣地や車両を破壊するには十分な威力があり、軍事施設も機能を喪失させることが可能です。実際にアメリカ軍が対地攻撃に使用する時は、1、2発とかではなくかなりの数のトマホークを発射するので破壊力は凄まじいものになります。

日本におけるトマホークの必要性

北朝鮮のミサイルの脅威に対抗するためには、発射されたミサイルを迎撃する「PAC3」だけではダメで、発射拠点を先に破壊する「敵基地攻撃能力」が欠かせないという背景があります。トマホークの最大射程は3000kmです。超低空を飛ぶので、敵レーダーにも捕捉されにくいと言われています。

政府は北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射や核開発継続を受け、日米同盟の対処能力を強化するため、巡航ミサイルの将来的な導入に向けた本格検討に入りました。北朝鮮の脅威は新たな段階になったとして、発射拠点を巡航ミサイルなどにより破壊する「敵基地攻撃能力」の保有を目指します。

巡航ミサイルは米国製「トマホーク」の導入を想定しています。日本海上から北朝鮮全域を射程に収め、低空飛行するためレーダーに捕捉されにくく、目標を精密に攻撃する特徴があります。4月の米国のシリア攻撃にも使われました。海上自衛隊のイージス艦への搭載が有力です。敵基地攻撃を目的とした装備を持つことは、従来の「専守防衛」という日本の防衛の基本方針から逸脱しかねないとの懸念が根強いですが、安倍政権は「反撃能力」と位置付ける方針のようです。

日本はトマホークを使いこなせない?

そんなトマホークを日本が使いこなせるのかを専門家が疑問視しています。

敵基地攻撃にはトマホークをどこに発射するのか、精度の高い情報が必要です。しかし、日本はそのための早期警戒衛星を持っていません。既存の偵察衛星(現在2基を保有)で画像を取得できても、例えば写っているものがミサイル発射による煙なのか、火事の煙なのかといった判断を即座にできる、米軍が持っているようなインテリジェンス能力の蓄積がない。つまり、トマホークを保有しても使いこなせない可能性が大なのです。(東京新聞の望月衣塑子記者)

また、軍事ジャーナリストの世良光弘氏も

北朝鮮のミサイルは大型トレーラーなどの移動式発射台を用いるため、攻撃精度の高いトマホークでも命中はなかなか難しい。また、トマホークはマッハ0.8(約1000km/h)とミサイルとしては速くなく、目標に着弾するまで30~40分はかかる。その途中で北朝鮮の対空砲に撃ち落とされる可能性もあります。

朝鮮半島近海にいる米空母『カールビンソン』には敵レーダーを電子妨害するEA-18Gグローラーや“空飛ぶレーダー基地”と呼ばれる早期警戒機E-2Cなど、70機が搭載されています。トマホークで確実に敵基地を叩こうとすれば、このレベルの空母も必要となってくるのです。

と語っているのをみても、トマホークを導入したとしてもそれを効率良く使用するためにはそれ以外の環境を整備しないといけないということになります。2018年度から研究を始める予定ということですが、実用化にはどれほどの期間がかかるのでしょうか?

また、中国、韓国などが日本への警戒感を高め、北東アジアで新たな軍拡競争がスタートするリスクも考えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今後の北朝鮮情勢と近隣国、アメリカ合衆国の動向に注目です。

Advertisements

-ニュース, 社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NEMで約580億円流出!仮想通貨の問題点とは?

お笑いコンビ、藤崎マーケットのトキ(33)さんが、仮想通貨取引所大手「コインチェック」から約580億円分の仮想通貨「NEM」が流出した騒動によって、貯金を失ったことを明かしました。 最近話題の仮想通貨 …

都内で地面師の被害が急増中!

東京都港区赤坂の土地登記をめぐる事件で、ホテルを全国展開している「アパグループ」側から土地の売買代金名目で12億円以上をだまし取ったとして、警視庁が詐欺などの疑いで男1人を再逮捕し、住所不定の会社役員 …

最速スキャンダルを撮られた徳島えりかアナウンサーの結婚相手は?

日テレの徳島えりかアナウンサー(29)が、24日放送の同局系朝の情報番組「ZIP!」(月~金曜・前5時50分)で、結婚したことを生報告しました。 そんな徳島えりかアナウンサーの結婚相手について調べてみ …

NHKを退職した有働由美子がジャーナリストになりたい理由とは?

NHKからの退社を電撃発表した有働由美子アナウンサー(49)。政界進出も取り沙汰される中、フリーアナになるのかと思いきや、今後はジャーナリストで活動していくといわれています。ニューヨークでの取材経験な …

北朝鮮が東京に向けて核攻撃した時の被害は?

防衛省よると、北朝鮮は15日午前7時(日本時間)、北朝鮮の順安付近から弾道ミサイル1発を東北東方向に発射しました。ミサイルは北海道渡島半島と襟裳岬付近の上空を太平洋に向けて通過し、約19分後にわが国の …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク