ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

内村光良が紅白の司会に起用された理由とは?

投稿日:

Advertisements

『第68回NHK紅白歌合戦』(12月31日 後7:15~11:45)の総合司会がウッチャンナンチャンの内村光良(53)さん、紅組司会が有村架純(24)さん、白組司会が嵐の二宮和也(34)さんに決まりました。13日、同局より発表されました。有村架純さんは2年連続の紅組司会、二宮和也さんは嵐として2014年まで5年連続で司会を務めましたが、単独で初です。内村光良さんは、第49回の紅白歌合戦で、音楽ユニット・ポケットビスケッツのメンバーとして出場しましたが、総合司会は初となります。

今回の“大役”を受け内村光良さんは「この話を聞いた時、本当に驚きました。全くの予想外の事でした。すごく緊張するだろうと思いましたが、貴重な機会なのでお受けしようかと。そして、紅白の総合司会とは一体どんな総合なのか、総合的に体感してみようと思います」と意気込みを語りました。

「でも本番はそんな余裕もなくあっという間なのでしょう。とにかくみなさんと一緒に楽しもうと思います。そして私を推薦して下さった、NHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏に感謝します」とコメントを寄せました。

そんな内村光良さんですが、なぜ今回NHK紅白歌合戦の総合司会に起用されたのか理由を調べてみました。

内村光良プロフィール

  • 本名:内村 光良(うちむら てるよし)
  • 生年月日:1964年7月22日(53歳)
  • 出身地:熊本県人吉市
  • 血液型:AB型
  • 身長:169cm
  • 最終学歴:横浜放送映画専門学校
  • 出身:お笑いスター誕生
  • コンビ名:ウッチャンナンチャン
  • 相方:南原清隆
  • 芸風:コント
  • 立ち位置:右(ネタ)左(司会)
  • 事務所:マキセ芸能社

内村光良略歴

今の熊本県球磨郡あさぎり町に生まれ、あさぎり町立免田小学校に入学後、小学4年生の時に人吉市立西瀬小学校に転校。その後、人吉市の人吉市立第二中学校、熊本県立人吉高等学校を卒業した。そのため、メディアでは幼少期を多く過ごした人吉市を出身としている。そのあと、映画監督を志し横浜放送映画専門学校(現・日本映画大学)演劇科に第9期生として入学。ここで南原清隆、出川哲朗、入江雅人らと出会う。

1985年、漫才の授業をきっかけに南原とコンビを結成。この時講師をしていた内海桂子・好江の勧めで、お笑いコンビ『ウッチャンナンチャン』としてマセキ芸能社に所属。デビュー後間もなく『お笑いスター誕生!!』に出演。当時の内村は南原と顔が似ていると指摘され、区別のために伊達眼鏡をかけていた。

コントを主体とした芸風でテレビを中心に活動し、とんねるず・ダウンタウンらと共に「お笑い第三世代」代表の一角として日本のバラエティ界をリードした。

1999年8月31日、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の企画「ドーバー海峡横断部」で、ウド鈴木・濱口優・神尾米・堀部圭亮らと共に遠泳リレーでトーバー海峡の横断に成功した。

2005年3月25日、徳永由美と結婚を発表し、記者会見を行う。会見で内村は「(妻は)侍のような…」と表現し、2人の関係を「運命共同体」と語った。同年4月23日に入籍。

2006年1月28日、自身が「究極の目標」と語る初監督映画『ピーナッツ』が公開された。

2009年6月11日、長女が誕生。

2013年3月23日、二度目の監督作品『ボクたちの交換日記』が公開された。

2013年12月6日、長男が誕生。

2016年自身が、監督と主演を務める 「金メダル男」が10月23日から公開された。その番宣のために、相方、南原がMCを務める「ヒルナンデス!」に出演。いいとも以来、久しぶりに、コンビでの共演となった。

2017年11月13日、第68回NHK紅白歌合戦の総合司会に抜擢される

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E6%9D%91%E5%85%89%E8%89%AF

内村光良が紅白の司会に起用された理由とは

内村光良さんは総合司会に選ばれた時のコメントの中に

でも本番はそんな余裕もなくあっという間なのでしょう。とにかくみなさんと一緒に楽しもうと思います。そして私を推薦して下さった、NHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏に感謝します」とコメントを寄せた。

とありますが、三津谷寛治氏とはどういう方なのでしょうか?

LIFE!~人生に捧げるコント~

『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』は、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティー番組です。

内村光良さんを中心としたタレント陣による、『人生』をテーマとしたコント番組で、内村光良さんにとってはNHKでの初のレギュラー番組でもあります。

その中で、三津谷寛治のコントというのがあります。

三津谷寛治のコント

紅白歌合戦大集合スペシャル – ・18回)NHKに40年勤務しているNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクター“及びLIFE!スーパーアドバイザー”の三津谷寛治(内村)が、収録中の番組に介入し、その演出を(世間一般で「NHK的」と思われるイメージをさらに大げさにしたような)堅苦しいものに変えて回るコント。その際、事あるごとに、独特なポーズをとって、「NHKなんで」と付け加える。この決めぜりふは元々の脚本にあったものだが、ポーズ自体は内村のアイディアによるものだという。もともとは、2013年の『紅白歌合戦大集合スペシャル』のために制作されたスペシャルコントであり、「(紅白歌合戦司会の1人である)大野智(嵐)とレギュラー陣による、紅白の舞台裏をテーマにしたコント」という条件だけが決まっていた状態から、平松政俊と西川毅のブレインストーミングにより、「紅白のPRスポットを超古株NHKディレクターが演出する」という発想のもと生まれた。「低俗バラエティ批判を逆手に取ったコント」として、反響を呼んでいる

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/LIFE!%E3%80%9C%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AB%E6%8D%A7%E3%81%92%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%9C

紅白の総合司会に起用された理由

内村光良さんの起用理由について、NHK制作局エンターテインメント番組部部長の井上啓輔氏は、内村光良さんが12年から座長を務めるコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」で「これまでになかった新しい風をNHKに吹き込んでくれました」と高く評価し「さまざま番組での司会経験を存分に発揮していただき、今年の紅白全体を盛り上げていただきたいと考えています」とベテラン芸人の経験値に期待しました。

過去の総合司会者は?

ところで過去の総合司会者はどうような方だったのか調べてみました。

  • 第60回~62回 阿部渉アナウンサー
  • 第63回~65回 有働由美子アナウンサー
  • 第66回 黒柳徹子さん・有働由美子アナウンサー
  • 第67回 武田真一アナウンサー
  • 第68回 内村光良さん

こう見てみると、総合司会はNHKのアナウンサーの方が務められていますね。今回は、内村光良さん一人でされるということで、どういう感じになるのでしょうか?NHK側としても、今までとは違う何かを発信したいと思っているのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

NHKのバラエティー番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」での内村光良さんの活躍で今回の紅白の総合司会への起用になったんですね。

どういう演出になるのか楽しみですね。ちょっといつもとは違う紅白歌合戦になることを期待しています!

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大泉洋が人気がある理由とは?

「面白いと思ったら何でもやってしまう。役者だけれど、“面白い”が最強なんです」。そう語るのは、演劇ユニット・TEAM NACSのメンバーで俳優の大泉洋(44)さん。人気シリーズ『探偵はBARにいる3』 …

Vシネマの帝王と呼ばれる哀川翔の嫁は?

毎週金曜午後11・00からの「A-studio」(TBS系)に俳優の哀川翔さんが出演されました。路上パフォーマンス集団から生まれた一世風靡セピアのメンバーとして84年レコードデビュー。その後は俳優とし …

「共演者キラー」と呼ばれている高梨臨、その豪華共演者は?

浦和の日本代表DF槙野智章(30)さんが2月に女優の高梨臨(29)さんと結婚することが19日、分かりました。交際期間は約1年8カ月。既に周囲にも結婚の報告を始めており双方の両親へのあいさつも済ませまし …

神ボディと称えられている伊東紗冶子の整形疑惑とは?

23日発売の「FRIDAY」(講談社)に「T.M.Revolution」こと西川貴教(47)さんとの“お泊まり愛”を報じられた長身美女が、セント・フォース関西所属のタレントでフリーアナの伊東紗冶子(さ …

元祖バラドルと言われれいる井森美幸が結婚できない理由とは?

ベテランタレントが再評価される傾向にある昨今の芸能界において、35年間活躍し続けている特異な人物が“元祖バラドル”井森美幸さんです。レギュラー番組を持たずに毎日のようにテレビに出続けており、その活躍ぶ …

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

スポンサーリンク