ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

タレントのウエンツ瑛士がロンドンへ留学発表!小池徹平との不仲の真相は?

投稿日:

Advertisements

タレントのウエンツ瑛士(32)さんが、舞台の勉強のため10月から英国・ロンドンに留学し、9月末から芸能活動を一時休止することを28日、日本テレビ系『火曜サプライズ』や自身の公式サイトで発表しました。

そんなウエンツ瑛士さんは小池徹平さんと音楽ディオのWaTを結成していましたが、10周年を期に解散してしまいました。

その理由として、ウエンツ瑛士さんと小池徹平さんの不仲が挙げられていましたが、真相はどうだったのでしょうか?

ウエンツ瑛士プロフィール

  • 生年月日:1985年10月8日(32歳)
  • 出身地:東京都三鷹市
  • 血液型:O型
  • 身長:170cm
  • 職業:バラエティータレント、音楽家、俳優
  • 所属事務所:エヴァーグリーン・エンタテイメント

ウエンツ瑛士略歴

  • 1989年 – モデルデビュー(当時4歳)。雑誌・CMなどで活躍。
  • 1994年 – 劇団四季のミュージカル 『美女と野獣』 のチップ役で役者デビュー(当時9歳)。
  • 1995年 – NHKの人気子供番組 『天才てれびくん』で、てれび戦士として5年間レギュラー出演。
  • 2000年 – 5年間にわたりレギュラー出演した『天才てれびくん』を卒業。CM『森の水だより〜美少年編』 (コカ・コーラ社)に出演し、注目される。その後、芸能界を一時引退する。
  • 2001年 – 日本大学櫻丘高等学校入学。芸能界に復帰。
  • 2002年 – NHK大河ドラマ 『利家とまつ』 で森蘭丸役を演じる。この頃からバラエティ番組に進出(当時16歳)。小池徹平とシンガーソングライター・デュオ(後のWaT)を結成。路上ライブを始める。
  • 2004年 – 日本大学櫻丘高等学校を卒業。
  • 2005年 – TBSの愛の劇場 『正しい恋愛のススメ』 (昼ドラ)でドラマ初主演。熟女や男性とのラブシーンが話題になり、第47回『ザテレビジョンドラマアカデミー賞 新人俳優賞』を受賞。シングル 「僕のキモチ」でユニバーサルミュージックからメジャーデビュー(WaT)。『第56回NHK紅白歌合戦』 にWaTとして初出場、メジャーデビューから2ヵ月という史上最短での出場となる。
  • 2006年 – フジテレビの『あいのり』、『ポンキッキ』などのメインレギュラーに抜擢。『2006 バレーボール世界選手権』 オフィシャルサポーターを務める(WaT)。『第48回日本レコード大賞』 新人賞など、各種賞の受賞(詳細は「WaT」へ)。『第57回NHK紅白歌合戦』 に2年連続出場(WaT)。
  • 2007年 – 初主演映画 『キャプテントキオ』公開。主演映画 『ゲゲゲの鬼太郎』公開。シングル「Awaking Emotion 8/5」(映画「ゲゲゲの鬼太郎」主題歌)でソロデビュー。『第58回NHK紅白歌合戦』に3年連続出場(WaT)。
  • 2008年 – 第31回『日本アカデミー賞』新人俳優賞受賞。主演映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』公開。『第59回NHK紅白歌合戦』に4年連続出場(WaT)。
  • 2016年 – WaTが解散を発表して、それぞれソロ活動を行う。
  • 2018年 – 9月末をもってそこから1年半、日本国内での活動を休止することを発表。10月よりイギリス・ロンドンに留学し、演技の勉強をすることを日本テレビの番組『火曜サプライズ』にて発表した

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%84%E7%91%9B%E5%A3%AB

ウエンツ瑛士が留学を発表

突然の発表で日本中が驚きに包まれたましが、ORICON NEWSはちょうど1年前にウエンツにインタビューを行い、「一度リセットしてみるのもいいかな」「自分のために働けるのは、今しかない」という言葉を聞いていたようです。

ウエンツ瑛士さんはレギュラー出演している『火曜サプライズ』(日本テレビ系/毎週火曜19時)の28日放送回で、「9月末をもって、日本での活動を一度全て休止し、舞台の勉強をしていきたいと思います」と報告。以前よりロンドンの舞台に立つ夢があり、その思いが徐々に強くなっていったことを説明し、現地で勉強していくことを決意したといいます。期間は1年半で、「帰ってきてから全力で日本で暴れまわりたいと思います」と帰国後の芸能界復帰も明言しました。

そんなウエンツ瑛士さんは翌日29日、火曜レギュラーを務めている『スッキリ』に中継で出演し、あらためてミュージカルへの熱い思いなどその胸中を語りました。

それを受け、司会の加藤浩次さんが「ニューヨークは綾部(米ニューヨークに拠点を移して活動中のピース綾部祐二)がいるからやめたのか?」と聞いて笑いを誘うなど、スタジオは温かいムードに包まれていました。

一方、水曜レギュラーの大沢あかねさんはNHKの番組『天才てれびくん』に、ウエンツ瑛士さん同じ「てれび戦士」として出演し、子役時代から交流があります。大沢あかねさんに話が振られると、ウエンツ瑛士さんは両手で目を押さえて涙をこらえ始めました。大沢あかねさんも涙ぐみながら「昔からプロ意識が高くって、憧れの先輩なので一生懸命頑張ってほしい」とエールを送り、「綾部さんより目的がしっかりしていて安心しました」と、最後は笑いを誘うコメントで締めくくっていました。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00058550-crankinn-ent

そんなウエンツ瑛士さんですが、小池徹平さんと「WaT」を結成していましたが、何故解散してしまったのでしょうか?

ウエンツ瑛士と小池徹平の不仲の真相は?

2015年12月6日にWaTの開催したライブで突然の解散発表したようです。WaTといえば、ウエンツ瑛士さんと小池徹平さんによるデュオですが、5年間の活動休止などもあり、活動休止理由や解散理由もウエンツ瑛士さんと小池徹平さんの不仲説が理由に上がっていたりしました。

果たして「WaT」の解散理由は何だったのでしょうか?

ウエンツ瑛士さんと小池徹平さんのユニットである「WaT」が解散してから、2人の不仲が取りざたされるようになってしまいました。解散直前「WaT」としてバラエティ番組に出演した際、ウエンツ瑛士さんと小池徹平さんは、「WaT」の解散について語っていました。

「10年やってんのに、僕ら5年間活動してなかったんです」

その理由としては、お2人が個々の活動が主体になり、 音楽に100%集中できなくなったことをあげています。小池徹平さんからすると、相方のウエンツ瑛士さんに対しては音楽的な部分に不満があったようで、

「ベースを弾いたり、ピアノを弾いたり、 ドラムを叩いたり…どれも中途半端」

「最終的に、ダンスやっとるんすよ!」

と批判とも受け取れる発言をしていました。 この小池徹平さんの発言から不仲を疑う声が聞かれるようになってしまいました。

それに追い打ちをかけたのが、2014年6月に行われたグリコカフェオーレ新CM発表会での二人の発言でした。

ウエンツ瑛士が「遠距離恋愛状態だったのでようやく繋がった感じ」と照れた表情で語ったのに対し、小池徹平さんは「正直ぎこちないです。(久しぶりに会って)恥ずかしい」と本音を吐露。

元々、ウエンツ瑛士さんと小池徹平さんの不仲説はCM発表会での2人が何故かぎこちなかったという事から、その光景を見た関係者などの感想がそうだったようで、実際は2人で久々の共演に恥ずかしかったという理由が真相のようですね。結果的には不仲説を強めることになってしまいました。

やはり、活動休止後に態度がぎこちなく見えてしまうと、どうしても不仲説が流れてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

今回の解散理由が活動再開してまだ1年程度での解散発表であり、その間活動休止が5年もあったということで余計にウエンツ瑛士さんと小池徹平さんの不仲が噂されたものと思われます。

活動再開する時もインタビューなどで、不仲説について質問されていましたが、

「仲良いですよ」

と答えてましたし、お互いの舞台にも、足を運んで見に行ってたりしてたということで真相は分かりかねますが、そこまで不仲ではなかったのかもしれませんね。

ただ、どうしても引っかかるのは休止活動期間が5年もあって、そこから活動再開しての解散ですので、何かもがいていたのでしょうか?気になりますね。

「WaT」の解散理由とは?

ウエンツ瑛士さんが2015年12月22日放送された「火曜サプライズ」(日本テレビ)に出演し、WaTの解散について「優先順位を上げられなかった」と理由を語り、復活については「ありえる」と将来の再始動に含みを持たせました。

番組では「あの超大物芸能人を突撃訪問!」と題してウエンツ瑛士さんがSMAPの中居正広さんの楽屋を訪れトークが展開されたのでした。

開口一番「解散するんだ?」と“本題”に切り込んだ中居正広さんは「円満?」とさらに質問をぶつけ、ウエンツ瑛士さんが「お互いの道をこれから頑張って行こうという決断ですよ」と回答すると、中居正広さんは「音楽はもうやらないの?」と質問。それに対しウエンツ瑛士さんは「各々音楽は続けます」とソロ活動は継続すると返しました。

ありきたりの回答に不満げな中居正広さんはさらに「どっちから無理って話になったの?」と問いかけると、ウエンツ瑛士さんは「なんとなくあったんでしょうね。お互いに」と発展的な理由だけではなかったことを匂わせはじめました。

続けてウエンツ瑛士さんが「お互いの仕事をやりたいから」とソロ活動に力を入れていきたい気持ちがあると語るも、中居正広さんは「SMAPだって5人だけどお互いの仕事と両立させてる。2人ならできるはず」とそれを否定したのでした。

追及の手をゆるめない中居正広さんに観念したのか、ウエンツ瑛士さんは天を仰ぐような仕草を見せたあと「しんどかったのよ。本当に」とついに“本音”をぶちまけたのです。

その後ウエンツ瑛士さんは楽曲を作ることが大変になってきたことや、パートナーの小池徹平さんが活動に意欲的になっているにも関わらず、自分に大きな仕事が入ってしまいWaTの優先度を下げなければいけなくなったことなどを挙げ「お互い1番にWaTがないと上手くいかないなと感じた」と解散に至った真相を告白したのでした。

そのうえで「復活はないの?」という中居正広さんの質問に「なくはない」と答え、WaTとしての活動への未練もにじませました。

参考:https://www.rbbtoday.com/article/2015/12/23/138166.html

ウエンツ瑛士さんはご自身で色々と何とかWaTに注力できるように模索していたのかもしれないですね。

子役時代から芸能界でお仕事をされてきたウエンツ瑛士さん、今回の留学の件も、今まで色々駆け抜けてきて、一旦リセットして今後どういう方向性でいきたいのか、見つめ直したかったのかもしれないですね。そっと応援したいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ウエンツ瑛士さんと小池徹平さんの不仲の真相について調べてみました。ウエンツ瑛士さんと小池徹平さんは不仲ではなかったようですが、活動内容がそれぞれ方向性が違っており、ウエンツ瑛士さんとしては、なかなかWaTの活動の優先順位があげられなかったようです。

今回、一年半ロンドンに留学されるということで、一旦活動をリセットして、また更に成長して戻ってくるのを楽しみに待ちたいですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

政界からオファー☆「西川貴教」の年収がすごい!

西川貴教さんが27日「ボクらの時代」に出演された際に、ある政党から政界進出のオファーを受けていたことを告白しました。 西日本最大級の野外イベント「イナズマロックフェス」を主宰している西川さんに、共演し …

ライザップで脅威の成功をした市川九團次が破った歌舞伎界のタブーとは?

5月23日(水)放送の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(毎週水曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)では、ゲストに四代目・市川九團次さんが登場し、十一代目・市川海老蔵さんとの知られざるストーリー …

「コード・ブルー」が転機となった実力派俳優の浅利陽介の嫁はどんな人?

映画「劇場版コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―」(西浦正記監督)が先月27日に封切られ、興行収入100億円突破も視野に入る記録的ヒットを飛ばしています。 フライトドクター5人の青春を描く作品も、 …

至学館大学の谷岡郁子学長の会見に批判が殺到する理由とは?

フジテレビ系「バイキング」は、女子レスリング五輪4連覇の伊調馨と日本協会の栄和人強化本部長をめぐるパワハラ問題に関する放送内容について激怒したという至学館大の谷岡郁子学長の意見に反論しました。 今回会 …

セレブオネェと言われているピカ子の年収がすごい!

オネェ界きっての美容家で実業家でもあるメイクアップアーティストのピカ子(46)さんが13日放送のTBS健康番組「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)に出演しています。前立腺がんの疑いを医師に宣告さ …

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スポンサーリンク