ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

イベント

まもなく開催☆ ラフティング世界選手権2017 ~in 吉野川~

投稿日:

Advertisements

皆さんは、ラフティングというスポーツはご存知ですか?

大型のゴムボートに乗り、パドルで操作しながら、急流を下るスポーツです。

そのラフティングの世界選手権が、なんと、吉野川で今年の秋に開催されます!

私も吉野川でのラフティングを経験しておりますし、近場での開催ということで、内容をご紹介していこうと思います。

 

 

吉野川について

吉野川は、高知県および徳島県を流れる一級河川で、日本三大暴れ川の1つとして数えられています。

ちなみに・・・日本三大暴れ川は

  • 利根川(別名:坂東太郎)
  • 筑後川(別名:筑紫次郎)
  • 吉野川(別名:四国三郎)

となっています。

 

 

周辺には、三好市の祖野渓という深いV字谷の続く渓谷があったり、

 

大歩危・小歩危という、結晶片岩が水蝕されてできた渓谷は、約8kmにもわたる渓谷で、大理石の彫刻がそりたっているような美しい景観は圧巻です。

また、大歩危峡は、その間近に見える美しい岩石やV字の渓谷から国指定の天然記念物になっております。

 

 

また、日本国内においても吉野川はラフティングの聖地として有名です。

吉野川の魅力は、その豊富な水量、落差2mを超える瀬、エメラルドグリーンの川面や川底まで見渡せるきれいな水質は、多くのラフティングファンを魅了しています。

 

レースラフティングとは

レースラフティングは、ラフティングボードに4人もしくは6人で乗り込み、激流をいかに早く正確に下れるかをタイムで競うスポーツです。

主な種目として

  • スプリント(短距離のタイムトライアル)
  • H2H(2艇同時スタートによる短距離レース)
  • スラローム(指定された順番にゲートを通過し、タイムを競う)
  • ダウンリバー(3~4艇ずつスタートし、長距離のタイムを競う)

の4種目の総合獲得ポイントで順位を決定するレースです。

また、強豪国は、日本以外では、ヨーロッパ勢やオセアニア勢、また、南米国などが挙げられます。

参考:http://wrc-2017japan.com/what/

 

2017年ラフティング世界選手権の概要について

さて、いよいよ本題ですが、まずは、こちらの動画をご視聴ください!

 

 

まるで、映画のワンシーンのようなPVになっています。

また、動画中の色々なバージョンの吉野川は、とてもきれいで躍動的です。

 

ラフティング世界選手権2017開催概要

  • 開催日:2017年10月3日(火)~9日(月)
  • 競技場所:四国吉野川中流域(徳島県三好市山城町・高知県長岡郡大豊町)
  • 主催:三好市、国際ラフティング連盟
  • 参加チーム数:約80チーム(560名)

参考:http://wrc-2017japan.com/tournament/

 

日本の注目チーム

日本チームの中でも一番の注目は、オープン女子の「THE REVER FACE」でしょう!

2007年結成後、メンバーの入れ替わりやチーム名の変更を経て、現在は6名で活動しています。

 

 

過去の世界選手権の成績

  • 2016年世界選手権(UAE)3位
  • 2015年世界選手権(インドネシア) 3位
  • 2014年世界選手権(ブラジル)準優勝

華々しい好成績をおさめています!

今年も期待がかかっておりますので、是非頑張って欲しいですね!

 

THE REVER FACE オフィシャルブログ

http://the-riverface.blogspot.jp/

皆さんで応援しましょう!!!

 

まとめ

私も、吉野川でのラフティングの経験がありますが、一見穏やかそうに見えても、急に流れが速くなったりで、流れの緩急があり、とても面白いスポーツです。

また、両岸の岩の壮大さと、吉野川の水面のエメラルドグリーンの絶妙な景色は、見るものを魅了します。

ラフティングじゃなく、吉野川の川の流れを眺めているだけでも、癒されるスポットです。

世界選手権まで、残り2ケ月となりました。

是非、私も開催期間中には観戦にいこうと思います!!!

 

Advertisements

-イベント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017人気のナイトプールご紹介☆

8月も後半。そろそろ夏は終わる・・・と思っていたら、何やら最近すごく人気のあるスポットがあるみたいですね。 ナイトプールって最近よく耳にしますよね? 2017年の人気のナイトプールをご紹介していきます …

プロ雀士として晴れてMリーガーになった俳優萩原聖人の雀士としての実力は?

麻雀歴30年以上を誇り、先月にプロ雀士の資格を取った俳優、萩原聖人(46)さんが7日、東京都内で行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ」のドラフト会議で、電通のチーム「TEAM RAIDEN/雷電」に1位指 …

お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんの身体能力がすごい!

お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(33)さんが、今年で41回目を迎える「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系、8月25~26日)のチャリティーマラソンランナーに決まったことが本紙既報 …

2020年東京五輪・パラリンピックのマスコットの選定方法とは?

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、大会のマスコット最終候補3案を公表しました。今後、小学生の投票により、来年2月末に1作品を選出します。名前の決定などをへて、来年7月から8月に正式に …

線香花火☆ ~移ろう火花の楽しみ方~

皆さんは、線香花火はお好きですか? 私は、線香花火から、手持ち花火、打ち上げ花火・・・などなど、夏になると必ず花火を鑑賞したり、花火をしたりします。 なんだか風情があって、夏ならではの風景ですよね。 …

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

スポンサーリンク