ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

「ルネッサーンス」というフレーズで一世風靡した髭男爵の山田ルイ53世の現在の収入は?

投稿日:

Advertisements

“一発屋”芸人の髭男爵山田ルイ53世さんは昨年、本を3冊も出しました。「死んだ」「消えた」と言われ続けた“一発屋”を経て、物書きとしての活躍の場を切り開きました。

そんな髭男爵の山田ルイ53世さんですが、現在の収入について調べてみました。

髭男爵プロフィール

  • メンバー:ひぐち君、山田ルイ53世
  • 結成年:1999年
  • 出身:NSC東京校3期(山田)
  • 芸種:漫才
  • ネタ作成者:山田ルイ53世
  • 出会い:ひぐちカッター!
  • 所属事務所:サンミュージック

メンバー

山田ルイ53世

本名:山田 順三

  • 生年月日:1975年4月10日(43歳)
  • 身長:168cm
  • 血液型:O型
  • 担当:ツッコミ

中学2年生の夏頃から引きこもりになり、中途退学。引きこもりは20歳まで続く。大学入学資格検定を経て愛媛大学法文学部の夜間主コースに入学。大学時代に友人と漫才コンビを組むも解散、大学2年の途中で退学し上京、東京NSC3期生となる。2011年8月8日、一般女性と結婚。8月8日が「髭の日」だったことから、夫人からの提案で8月8日に結婚することが決まった。翌年7月4日に長女が誕生。2014年夏より女性アイドルグループ「まどもあ54世」のプロデュースを手がける。

ひぐち君

  • 本名:樋口 真一郎
  • 生年月日:1974年2月12日(44歳)
  • 身長:175cm
  • 血液型:B型
  • 担当:ボケ

2010年2月28日の第4回東京マラソンで完走。自宅ではウサギを数羽飼っており、自身のブログにはそのウサギについての記事ばかりが書かれている。2015年3月15日に一般女性と結婚。2015年11月にワインエキスパートの資格を取得

略歴

ひぐち君が大学時代に作った同名のコント集団をもとに1999年結成。最初は山田・樋口・市井のトリオだったが、市井が1年間でお笑いの道を諦めて役者に転身するため脱退し現在の形に至る。

結成から数年間は普通の漫才をしていたが、くりぃむしちゅーの上田晋也から「髭でも男爵でもないじゃない」と突っ込まれたことなどを機に、2004年の夏頃から「キャラつけないと売れない」と山田がコンビ名を体現するように男爵風の衣装をまとい、髭を生やしてネタをするようになった。当時はひぐち君は一般人のスタイルで、貴族に庶民が振り回されるというものだった(執事のスタイルになったのは2005年から)。

2006年のM-1グランプリで準決勝に進出し、敗者復活戦にて強烈な印象を残す。その頃からネタのスタイルが受け始め、2008年よりテレビ出演が急増。バラエティ番組やCMへの出演の他、同年秋にはラジオにて冠番組『髭男爵 ルネッサンスラジオ』(文化放送)も始まった。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%AD%E7%94%B7%E7%88%B5

山田ルイ53世の現在の収入は?

一世風靡をした髭男爵

髭男爵は、2006年のM-1グランプリで準決勝に進出もしたお笑い芸人です。「ルネッサーンス」というフレーズで一世風靡しました。

今では、「一発屋」とも言われているコンビですが、売れっ子時期には、宴席で「ルネッサーンス」と言って乾杯していたほど流行っていました。

テレビで見ない日はないほど露出も多かったです。

そんな髭男爵の一人である、山田ルイ53世さんがまたブレイクするのでは?と言われているようです。

山田ルイ53世のラジオ番組

あの一世風靡してからもう10年程経ちますが、最近ではめっきりテレビで見かけなくなった
髭男爵。
現在はどのようなお仕事をされれいるのでしょうか?

山田ルイ53世さんの現在の仕事は、2008年9月30日から現在も放送中のラジオ番組「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」があります。

この「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」では、売れなかった頃の苦労話やアルバイト時代の話とか芸人がよくテレビでするようなものではなく、「今日○○の営業に行ってきた」などの現在進行形の苦労話を披露するので、売れない芸人の生活を覗いているような気になるラジオ番組です。

この「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」は2008年から始まっていますので、10年以上も継続してされているのはすごいことですし、コンスタントに収入源があるということになりますね。

山田ルイ53世の文才力がすごい!

また「ウィジニュース」というサイトでwebコラムもたくさん書いています。その文才についてはカンニング竹山さんも絶賛されたそうです。

またあのダウンタウンの松本人志さんも褒めてました。

山田ルイ53世さんは、『一発屋芸人列伝』(新潮社、2018年5月)で「第24回 編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞受賞されています。

山田ルイ53世さんが受賞したこの賞は、大手出版社の編集者100名の投票で国内の雑誌媒体に掲載された記事や企画に対して贈られる賞となっています。連載内容としては髭男爵や波田陽区さん、レイザーラモンHGさん達のお笑い芸人に焦点を当てて書かれています。

周囲では山田ルイ53世さんは、「一発屋」芸人と言われていますが、最近では文化人芸人として注目を集めているようです。

また山田ルイ53世さんは、自身の引きこもりをした経験を書いた『ヒキコモリ漂流記』を2015年8月に発表しています。

更に2008年9月には『ひげぼん』も発表しており、現在までに3冊も本を出版しているのです。

やはりそれなりの文才力がないと本は出版できないと思うので、元々進学校である六甲中学校に合格されているので、頭脳明晰なのでしょうね。

山田ルイ53世の現在の収入は?

髭男爵の山田ルイ53世の現在の収入としては、ラジオ番組、「ウィジニュース」というサイトでwebコラムの執筆、営業やナレーションの仕事、出版本の印税、「まどもあ54世」というアイドルグループのプロデュース業など、さまざまな分野の収入があると思われます。

気になる年収については、2016年3月10日に放送された「ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~」のゲスト出演の際に、売れている時の月収が最高で1000万円だったことが番組で明らかにしています。そしてひぐち君はその当時の月収は少ない時で18万円と語っており、山田ルイ53世さんは「少ない時でその倍くらいです。」と語っています。となると、18万×2倍で月収は36万円程、だそうで年収にすると430万円程となっています。

ただ山田ルイ53世さんは、2018年から徐々にですがお笑い芸人で、文化人という立場を確立しつつあるので、テレビへの露出も段々と増えていますので、もっと年収は多そうですね。

山田ルイ53世がひきこもった理由とは?

山田ルイ53世さんは、中学生時代は「神童」と呼ばれ、かつ文武両道と、まるで絵に描いたような成功への道を歩んでいると思われていました。

しかし、中学2年生の夏から20歳ごろまで「ひきこもり」になったという経験を、著書「ヒキコモリ漂流記」(マガジンハウス)で赤裸々に語っています。

優等生だった山田ルイ53世さんは、なぜ一転して「ひきこもり」となってしまったのでしょうか?

有名私立中学である六甲中学校に通うことになったものの、自宅から毎日電車で2時間もかけて通っており、部活もあって、睡眠時間がほとんどないギリギリの学生生活を続けていた山田ルイ53世さん。

私立中学であるため、周りには裕福なお坊ちゃまも多く、その日持っているお金の額や、腕時計をしているかしていないか、お弁当のおかずなどのちょっとしたことなどで、引け目のようなものを感じていたそうです。ただ、成績はすごぶる良く学年で3番以内で成績は良かったそうです。

心身共に疲労困憊の毎日を過ごす中、ある日、通学途中でウンコを漏らしてしまったことがきっかけで「ひきこもり」になってしまいました。

学校の校庭で洗って教室に入ったようですが、乾くにつれてかなり悪臭が漂うようになり、山田ルイ53世さんは耐えきれなくなり、何も言わずに家に帰ったそうです。山田ルイ53世さんは、何よりも自分自身の失態を許すことができなかったことが「ひきこもり」の要因であったと語っています。

友達がいなかったわけでもなく、成績が悪いわけでもなく、イジメがあったわけでもありません。しかし、裕福な友だちとの生活の格差や、日々澱のようにたまっていた劣等感が、お漏らしという失態を友だちに知られてしまったことの恥ずかしさをきっかけに「ひきこもり」という選択をさせたのでしょう。

その6年間のひきこもりから、どうやって抜け出せたのかと言いますと、山田ルイ53世さんがテレビつけた時に、同級生だか一つ上だかの人たちの成人式のニュースを見た時に「やばい。成人してるやん」と思ったそうです。

おれはできる人間や、大丈夫や取り戻せるってごまかす作業を続けたようですが、人生の宿題がたまって、さすがに手をつけられなくなると感じ「大学行って帳尻合わせな」と思ったようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一時期「ルネッサーンス」というフレーズで一世風靡をした髭男爵の山田ルイ53世さんの現在の収入について調べてみました!

お笑いという部分では遠ざかっていますが、それ以外の分野で確実に活躍をされていました。

今年はお笑い文化人としてブレイクするのでは?と言われています。今後の活躍を期待したいですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

政界からオファー☆「西川貴教」の年収がすごい!

西川貴教さんが27日「ボクらの時代」に出演された際に、ある政党から政界進出のオファーを受けていたことを告白しました。 西日本最大級の野外イベント「イナズマロックフェス」を主宰している西川さんに、共演し …

ガンを公表していた山本KID徳郁が逝去!病名は何ガンだったのか?

がん闘病を公表していた元レスリング選手の山本KID徳郁さん(41)が、18日に死去しました。この日、山本KID徳郁さんが主宰する「KRAZY BEE」の公式ツイッターで報告されました。 そんな山本KI …

劇団「TEAM NACS」の“切り札”と呼ばれている音尾琢真の人気の理由とは?

北海道放送(HBC)は21日、20日にTBS・HBC系で放送されたドラマ「ブラックペアン」の札幌地区視聴率が平均18・1%、最高視聴率が19・5%だったと発表しました。20日放送の第5話では、北海道出 …

ドラマ「大恋愛」が絶好調の戸田恵梨香が痩せすぎの理由とは?

「私の今までのキャリア、実績なんてものは不確かで、何のあてにもならないんだっていうので、それを30歳で捨てました」。こう語るのは、ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に主演する女優の戸田恵梨香さんです。 …

元プロレスラーの小川直也と不倫報道された元維新の党代表の松野頼久の嫁はどんな人?

バルセロナ五輪の銀メダリストと、“美魔女”夫人。「リアル・美女と野獣」とでも言うべきお2人が、逢瀬を重ねていました。 そのお二人というのは、小川直也(50)さんと、元維新の党代表・松野頼久氏(58)の …

2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク