ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

妻のことを愛しすぎ?安田成美と木梨憲武の夫婦円満の秘訣とは?

投稿日:

Advertisements

女優の安田成美(51)さんが28日放送のフジテレビ系「おじゃMAP!!」(水曜・後7時)に出演しました。夫のとんねるず・木梨憲武(55)さんとのなれそめを明かしました。

そんな安田成美さんと木梨憲武さんの夫婦円満の秘訣を調べてみました。

安田成美プロフィール

  • 生年月日:1966年11月28日(51歳)
  • 出身地:東京都文京区
  • 血液型:B型
  • 身長:168cm
  • 職業:女優、ナレーター、歌手
  • 配偶者:木梨憲武(とんねるず)
  • 所属事務所:コッカ

安田成美略歴

中学在学中にスカウトされ、1981年に花王ビオレのCMでデビュー。翌年にドラマ『ホーム・スイート・ホーム』でドラマ初出演

1983年、『風の谷のナウシカ』のアニメ映画化にあたって募集されたイメージガールのオーディションで約7500人の中からグランプリを獲得

1984年、同映画のイメージソングに採用されたシングル曲「風の谷のナウシカ」(作詞:松本隆、作曲:細野晴臣)で歌手デビュー。この曲は同名のアニメ映画『風の谷のナウシカ』のイメージソングとなり、オリコンシングルチャートでも10位にランクインされるヒットとなったが、映画本編には使用されていない。同年、デビュー曲「風の谷のナウシカ」を含む、ファーストアルバム『安田成美』(高橋幸宏プロデュース)を発売。

1988年、約4年ぶりとなるセカンド・アルバム『ジンジャー』(大貫妙子プロデュース、小林武史、かしぶち哲郎参加)を発売。

1989年に主演した『同・級・生』以降、トレンディードラマのブームに乗り主演ドラマが相次いでヒット。1992年に中森明菜とダブル主演した『素顔のままで』では最高視聴率31.9%の高視聴率を記録した

1994年、NHK連続テレビ小説『春よ、来い』の主演を務めるも途中降板する。同年、映画『そろばんずく』で共演したとんねるずの木梨憲武と結婚。翌年に長男、1999年に二男を出産。

休業を経て2000年、日本テレビのドラマ『リミット もしも、わが子が…』で復帰。2001年『大河の一滴』で7年ぶりに映画主演を務めた。2003年、長女を出産、再び休業期に入る。

2004年頃から、夫と共に東京・麻布にて「3116 GALLERY CAFE」というカフェの経営を始める

2006年4月、関西テレビのドラマ『さいごの約束』で復帰。

2016年、初エッセイ本『愛だナ!』を出版

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E6%88%90%E7%BE%8E

安田成美と木梨憲武の馴れ初め

MCの香取慎吾(41)さんとは1996年のドラマ「ドク」で共演している安田成美さんは、初出演の「おじゃMAP!!」で人なつっこい素顔を全開にしていました。安田成美さんは移動の際も自身の愛車・ミニクーパーを自ら運転しているようです。助手席の香取慎吾さんに「木梨さんとはどちらが先に好きになったの?」と聞かれると、「木梨さん! 木梨さん! 木梨さんが私にしつこかったの!」と猛アプローチがあったことを明かしました。

安田成美さんと木梨憲武さんは1986年の映画「そろばんずく」で共演しています。「映画の仕事で一緒だった時は個人的な会話をしたことがなかったのに、撮影終わったら『今度、ご飯一緒に食べよう』と誘われたんです」と明かした安田成美さん。

その席で木梨憲武さんから「付き合って」と言われたといいます。「私は『今、人と付き合うとか、そういう気ないから』って言ったんですけど、『それはいいから付き合って!』としつこくて…。あの人ほど私を好きになってくれる人はもう現れないなと思ったんです」と明かし、「そうだ。そうだったんだ。今、分かった」と自分自身で納得していました。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000103-sph-ent

安田成美が語った夫の木梨憲武とは?

木梨憲武のお子様ぶり

安田成美さんは、今では大学を卒業した22歳の長男、留学中の19歳の次男、14歳の長女の3人の子宝にも恵まれたが、「憲武さんは密にコミュニケーションが取れないタイプなんで、私が子どもたちに通訳するっていう感じ。もう、憲武さんより子どもたちの方が成長しちゃった感じ。子どものまま1人取り残されちゃったというか」と木梨憲武さんの“お子様ぶり”を暴露しています。

「下の娘が小学生の時、憲武さんと殴り合いのケンカになって。『ふざけんな!この女』って憲武さんが言って、娘も父親を蹴ったりして…。小学生が好きな女の子にちょっかい出す感じなんです」と安田成美さんは明かしていました。

2017年8月31日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月〜金曜正午)に女優の安田成美さんがに出演し、夫の「とんねるず」木梨憲武さんと、3人の子どもたちとの幸せな家庭生活を明かしています。

5年前に同番組に出演した際には子どもたちが反抗期で「口をきかない」と明かしていましたが、現在では「だんだんとしゃべるようになって、暴力もなく無事に過ぎました」とニッコリと穏やかな母の顔を見せました。子どもたちは木梨憲武さんには反抗したりはせず、父親というより「小さい時から兄弟みたいな」関係だといいます。

安田成美と木梨憲武の夫婦円満の秘訣とは

ご存知お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武さん。お笑い芸人としてだけではなく、個展を開くなどアーティストとしても活躍されています。

木梨憲武さんといえば、妻の安田成美も有名です。妻の安田成美さんは女優として現在も活躍されていますが、そんなお二人、早いもので今年で結婚24年目になります。

理想の夫婦アンケートでもトップ10にランクインするなど、おしどり夫婦としても有名な木梨憲武さんと、妻の安田成美さんの夫婦仲はどうなのでしょうか?

安田成美と木梨憲武の夫婦円満の秘訣

木梨憲武さんといえば自由奔放な方で、それは結婚後も変わらないと言います。そんな木梨憲武さんに対して妻の安田成美さんは「年長の子供」と表現しています。子供のしつけは全部妻の安田成美さんに任せっきりとのことでした。妻の安田成美さんが3人目の子供を妊娠した際には、「憲武さんが、ちゃんとお父さんになってくれるなら産みますよ」と言うと、「僕、お父さんになるよ!」と父親宣言をした木梨憲武さん。

木梨憲武さんの友人である鶴瓶さん曰く「よ~、結婚したってくれたなと思うし、よ~子供を産んだってくれたな思いますよ、結婚しなかったら、(今頃)どないなってるんやろ? アカンよアレ」と木梨憲武さんの性格を良く知っている方からこんなことを言われてしまうほどです。子供を3人育て、さらにもう一人子供がいて大変そうですが、笑顔が絶えない家庭だそうです。夫婦円満の秘訣は笑顔が絶えない家庭を作った木梨憲武さんのおかげなのかもしれませんよね。

木梨憲武の妻への愛情がすごい

その昔、木梨憲武さんと妻の安田成美さんが出あった頃に、妻の安田成美さんに木梨則武さんから夜中突然電話がかかってきて、「ヤバイ、ヤバイ、俺ほんとにもうダメだ……」妻の安田成美さんが「どうしたの」と聞き返すと「幸せすぎてヤバイ」とのことだったようです。

この頃木梨憲武さんは幸せすぎてそれが逆に怖くなってしまったとのことでした。こんな経験一度はしてみたいものです。本当に心から妻を愛しているんですね。うらやましいです。

そして、木梨憲武さんは結婚前も結婚後も自由奔放なのは変わっていないそうですが、何かあると妻の安田成美さんの意見を尊重するみたいで、子供のしつけ担当の妻の安田成美さんが言うことに全て「そうだそうだ」と賛同するとのことです。木梨憲武さんのしつけはこれだけのようです。なんかかわいいですね。やはり子供みたいです。

そんな木梨憲武さんですが、日ごろから妻の安田成美さんが育児を頑張っていることに感謝を込めてスリランカ旅行に連れて行ったそうです。さらに妻の安田成美さんが仕事に出かける時は、洋服をチェックして送り出すそうです。本当に妻を愛しているんですね。

個展を開いた時も、手伝ってくれた妻の安田成美さんのことを総合プロデューサーと感謝の意を表しています。美術大学を出ている妻の安田成美さんの顔色を見ながら方向性を決めることもあるそうで、本当に妻を尊敬しているんですね。

木梨憲武さんは自由奔放で子供のようですが、ちゃんと奥さんのことを大事にして、感謝して、尊敬もされている、そういう部分が夫婦円満の秘訣なのではないかと思います。また、安田成美さんも、そんな木梨憲武さんのおかげで笑顔が絶えない毎日になっていることに感謝しているようですので、お互いがお互いを思いやり、感謝している、それが夫婦円満の秘訣なのではないでしょうか?

昨今、不倫の話題が多い中、安田成美さんと木梨憲武さんのように、ご夫婦が円満であることは非常に喜ばしいことでもあり、何だか心が温かくなるような、そんな気がします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

安田成美さんと木梨憲武さんの夫婦円満の秘訣について調べてみました。安田成美さんは、それほどまでに旦那様から愛されて幸せですね。長い間、その美貌を保ちつつ活躍されている安田成美さんのキレイの秘密も、夫婦円満につながっているのでしょうね。

今後の安田成美さんの活躍に注目です。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クールスの副団長だった岩城滉一の伝説とは?

一世を風靡した不良バイクチームのメンバーだった岩城滉一さんと舘ひろしさんは、若くしてスターへの道を歩み始めました。血判状で友情を誓い合い、青春を謳歌した仲でしたが、互いが互いを思い合うからこそ、「あい …

エグスプロージョンのおばらよしおの女癖が悪いって本当?

「本能寺の変」など踊る授業シリーズで知られる、2人組ダンスユニットのエグスプロージョンのメンバー、おばらよしおが、交際していた女性を負傷させたとして、傷害容疑で神奈川県警に書類送検されていたことが2日 …

評議員会の池坊保子議長の貴乃花親方批判がおかしい!

「平成の大横綱」に日本相撲協会初の理事解任が下されました。貴乃花親方(元横綱)の解任を決めた4日、東京・両国国技館で開かれた臨時評議員会。協会は大相撲初場所を前に、元横綱・日馬富士による傷害事件を巡る …

真木よう子が体調不良でうつ病の可能性?

体調不良を理由に映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(来年公開予定)の降板を申し出た女優真木よう子(35)さんの代役を、板谷由夏(42)が務めることが10日、分かりました。同作の公式ホームページで発 …

名バイプレーヤーとして活躍の幅を広げた女優内田有紀の転機とは?

安藤サクラ(32)さんがヒロインをつとめる、10月1日スタートのNHK連続テレビ小説「まんぷく」。その主要キャストが発表されました。 新たに発表されたのは福子の姉・克子を松下奈緒(33)さん、克子の姉 …

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

スポンサーリンク