ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

社会

希望の党の柚木道義の小池百合子批判が止まらない!

投稿日:

Advertisements

希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は25日、国会内で開かれた両院議員懇談会に出席し、一部の出席者から代表辞任要求を突きつけられました。

しかし「創業者としての責任がある」として、続投を明言し、一方で国政とは距離を置き、都政に専念する意向も示しました。

希望の党の両院議員懇談会に出席した議員からは、小池百合子氏の代表辞任や解党を求める声も上がりました。選挙中から小池百合子氏の衆院選に臨む姿勢に厳しい立場を取ってきた柚木道義氏は「第2自民党になるなら、今この場で解党してほしい」と訴えました。「『排除発言』で180人もの優秀な候補が戦死した。血が流れるどころか、血しぶきが飛び散った選挙だった」と述べ、小池百合子氏に辞任を求めました。

しかし、辞任要求は4、5人程度だったといわれています。柚木道義氏も、小池百合子氏が安倍政権と対抗することを強調しました。安倍政権の安保法制について「憲法違反の法律を我々が反対したことも、その通りだと言ってくれた」とし、「覆水盆に返らずだ」と、代表続投の流れに賛同しました。

そんな柚木道義氏ですが、最近かなりメディアに露出して、小池百合子氏を批判しています。そんな柚木道義氏について調べてみました。

柚木道義プロフィール

  • 生年月日:1972年5月28日(45歳)
  • 出身地:岡山県倉敷市
  • 出身校:岡山大学文学部
  • 現職:法務委員会
  • 所属政党:民主党→民進党→希望の党
  • 称号:文学士

柚木道義略歴

岡山県倉敷市生まれ。倉敷市立上成小学校、金光学園中学校・高等学校、岡山大学文学部哲学科卒業。大学卒業後、有隣堂に入社。2002年、参議院議員・江田五月の秘書試験に合格すると同時に、民主党の候補者公募に合格。2003年の第43回衆議院議員総選挙に岡山4区から民主党公認で出馬したが、自由民主党の元首相・橋本龍太郎に敗れ、落選。

2005年の第44回衆議院議員総選挙に再度岡山4区から出馬し、父・橋本龍太郎の地盤を引き継いで出馬した自民党の橋下岳を破り初当選(橋本も比例復活により初当選)。2009年の第45回衆議院議員総選挙は、橋本に比例復活を許さず岡山4区で再選。

2012年10月2日、野田第3次改造内閣で財務大臣政務官に任命された。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、岡山4区で自民党の橋本岳に敗れたが、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し、3選。

2014年の第47回衆議院議員総選挙では、岡山4区で橋本に再度敗れるも、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し、4選。

2016年3月27日、民主党と維新の党が合流して結成された民進党に参加した

2017年10月、第48回衆議院議員総選挙にて選挙区では橋本岳に三度敗れるも、比例中国ブロックで復活し、5選。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%9A%E6%9C%A8%E9%81%93%E7%BE%A9

柚木道義の小池百合子批判

希望の党から岡山4区で出馬している柚木道義氏が個人演説会で小池百合子代表への不満を呈し、衆院選に出るべきだったとの考えを示すとともに「出ないんだったら党首辞めてもらいたい」などと語っていました。

柚木道義氏は二大政党制実現への思いを語る中で「小池さんにモノ言いたいんです私は」として、「全員受け入れる気はさらさらない」「排除」といった発言で民進党時代の仲間達が全員一緒に戦えなくなってしまった点を挙げ、「安倍さんの上から目線と変わりませんよ、小池さんも」と批判すると、リーダーの条件に言及しました。

「リーダーの一言が仲間の生き死にを決めちゃうんですよ」「それがわからない人はリーダーになっちゃいけないんです」と暗に希望の党代表としての小池都知事に疑問を投げかけると、国政政党のリーダーになるための条件として自ら衆院選に出馬すべきだったと語り「出ないんだったら党首辞めてもらいたい」とまで述べていました。

柚木道義氏は「そもそも私は選挙に出るべきだったと思いますよ衆議院選挙に。東京都民がどんなに批判しようが、それが国政政党のリーダーになるための条件ですよ。だから最後まで出るべきだと、今でも思ってます。出ないんだったら党首辞めてもらいたい。」

と述べています。

柚木道義の手のひら返しにアンチ急増?

テレビでの柚木道義の発言集

民進党から希望の党に移籍した柚木道義氏は小選挙区で落選し、比例で復活当選したにもかかわらず、なぜか小池百合子氏の悪口をテレビで言いまくっています。

柚木道義は、

「最後、一番に(小池代表のところに)握手行ったのよ。終わってから。ちょっと殊勝な感じだったでしょ。シュンとして。『自信持って頑張ってください』って言ったら『私はいつだって自信はあるのよ』って言うわけ(笑)だから思わず俺『謙虚にお願いします』って言ったのよ(笑)」

テレビカメラの前で堂々と上司の悪口を言うのはおかしいですよね。希望の党に入れてくださいと小池百合子氏に頭を下げたのは自分ではないかと思いますが・・・。

柚木道義

「選挙というのは最後は自分の責任です。落ちたら自分の責任。受かったら支持者の皆様のおかげなんですよ」

安藤優子「でも今回落ちたのは全部小池さんの責任ですよね?」

柚木道義

「まぁ、そういうふうに見られるような報じられ方というか、私たちの発言もあると思うんですけど」

何とも、主張が一貫していないような感じですね・・・。

 

柚木道義

「まさに戦場であれば判断を誤れば死んじゃうわけですから。やっぱりリーダーの一言っていうのは重いし、その結果、責任は伴うと思います。個が強くならないとダメです」

「180人の同志が戦死した」という大げさな表現で小池百合子氏を辞めさせようと世論を誘導しているかのような発言です。

室井佑月

「柚木さんって失礼だったりしません?小池さんのせいにして、仲間が血しぶきを上げたって話をしてたけど、小池さんのおかげで波に乗ろうとしたときもあったわけで、あんまり言い過ぎるとすごくみっともない感じがしますよ!」

柚木道義

「そういうご意見も頂いてますが、半々なんですよ。半分が希望の党の柚木と書いた。もう半分は希望の党は嫌だけど柚木さんがいいと書いた」

室井佑月

「でも比例で受かってるんですよね?」

柚木道義

「いや実は半分しかいないんですよ。その半々の意見を受け止めるのが私の立場です」

田崎史郎

「ちょっと私言わせてもらう!中国ブロックで51万票取れたから当選できたわけですよね?岡山では13万票しか取れてないでしょ?だから中国ブロックの票があるから当選できたんでしょ」

柚木道義

「その通りです」

今回の選挙の責任をやはり小池百合子氏に取らせたいようですね、何が何でも。

柚木道義の野望?

要するに柚木道義氏はすでに当選できたから小池百合子代表は用済みということで切り捨てようとしているのではないでしょうか。

いくら小池百合子氏のアンチでも柚木道義氏に同調する人はいないだろうと思われます。柚木道義氏は「半分しかない」と言いましたが、「半分もあった」と表現するのが正しいのではないでしょうか。希望の党(小池百合子)の人気がなければ柚木道義氏は落選していたと言われています。

選挙前は小池百合子氏の人気にあやかろうと政治信念を曲げてでも巧みに近づき、ゴマをすっていたのに、急に小池百合子氏バッシングを始めるのはおかしいですよね。組織をすぐに裏切った柚木道義氏は政治家以前に人として信用できない心情をメディアで露呈してしまいました。連日のようにメディアに露出して小池百合子批判を繰り返しているので、同じ党の議員も「前向きな話をしていこう」的なことを何度も何度も、柚木道義氏に訴えかけていたのが印象的でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私はテレビで連日柚木道義氏が小池百合子氏の批判をしているのを聞いていて、ふと、小泉進次郎氏の東京10区での最終日の演説を思い出していました。

小泉進次郎氏は今回の選挙で70か所もの応援演説をこなしていました。その中で、小泉進次郎氏は、自民党への追い風は吹いていないことを実感したそうです。批判も受けたそうです。でも、小泉進次郎氏は演説では、それをすべて自民党の議員の一人としてすべて謙虚に受け止めた内容の演説をしており、決して安倍首相の批判はしていなかったです。聞いていても不快感はなかったです。

それと引き換え、今回の柚木道義氏の発言ですが、小池百合子氏への批判ばかりで、有権者の不安を煽りかねない再三にわたる批判は聞いていて不快になりました。そんなにまとまっていない「希望の党」はどうなの?って思ってしまいます。

そんな目に余る言動が、ある方の目にも入り、批判されています。

橋下徹氏は26日、ツイッターを更新し、

「どこもかしこもろくでもない国会議員が多すぎる。小池さんの責任を口にすれば自分たちが有権者にどう映るのかの想像力もない。こんなことをやればやるほど希望は消滅に向かう。小池さんの看板がなければお前らのほとんどは落選してたんだよ!小池さんを批判するのは有権者だ」

と私見を述べました。これ、テレビでも言っていましたが、柚木道義氏のことですよね、多分。。。余談でした。

今後の柚木道義氏の政治活動に注目ですね。

Advertisements

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

国際政治学者の三浦瑠麗の家族とは?

国際政治学者の三浦瑠麗氏が2月11日に放送されたテレビ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系列)に出演し、北朝鮮のテロリスト分子が日韓に潜んでいると発言、とりわけ大阪が危険だとの認識を示しました。 これ …

コンビニが保育園を運営して人手不足を解消。

コンビニ業界で人出不足が深刻となる中、最大手「セブンーイレブン・ジャパン」は、子育て中の女性などの雇用を増やそうと、東京都大田区の店舗の2階に保育園を設置しました。 29日、セブンーイレブンが公開した …

マツダ自動車のV字回復は「こだわり」にある!

マツダの小飼雅道社長が自信たっぷりに語った、2年ぶりの新型車、SUV(スポーツ多目的)モデルの「CX-8」。 「1人でも多人数でも、運転していて楽しいSUVに仕上がった。父親だけでなく、乗り心地のよさ …

大下容子アナウンサーの人気の理由とは?

「いきなりの“大躍進”に局内はびっくりしてますよ」──そう話すのはテレビ朝日社員。12月1日に発表されたオリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」に“異変”が起きたのです。 5連覇を果たした日本テ …

高座のチケットは即完売する講談師の神田松之丞の人気の理由とは?

講談師の神田松之丞さんが、6月22日放送のフジテレビ系バラエティー番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜 後9:55)の人気コーナー「本音でハシゴ酒」に出演しました。ダウンタウン、坂上忍さん、若槻千夏さん …

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク