ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

健康 芸能

麻木久仁子の不倫騒動とは~世間から嫌われた不倫騒動~

投稿日:2017-11-26 更新日:

Advertisements

乳がんの治療を開始して5年たち、区切りの検査を二つ受けてきました。マンモグラフィーの結果は、後日、主治医から説明してもらうことになりますが、超音波の方は横目で見ていても異常はなさそうで、お先に一安心しました。

5年は、長かったような短かったような――。いや、やはりあっという間でした。がんだとわかった時の驚きが、つい昨日のことのように思い出されますから。

そもそもは7年前の脳梗塞でした。健康には自信があったのですが、右半身が痺(しび)れる症状が突然表れ、あわてて病院に行くと、そう診断されました。血圧は高くなく、生活習慣病もなく、これといったリスク要因はないと思っていたので、意外でした。

そう語るのは麻木久仁子さんです。乳癌を患ってから5年も経つんですね。そんな一時期テレビで見ない日はなかった麻木久仁子さんですが、不倫騒動をきっかけとしてテレビで見ることがなくなりました。どんな不倫騒動だったのでしょう。振り返ってみます。

麻木久仁子プロフィール

  • 生年月日:1962年11月12日(55歳)
  • 出身地:東京都大田区
  • 血液型:A型
  • 身長:159cm
  • 職業:タレント、司会者、女優、エッセイスト、コメンテーター
  • 事務所:パールダッシュ

麻木久仁子略歴

東京都立国分寺高等学校へ進学。学習院大学法学部に入学、中退

学習院大学を中退後、芸能活動を始める。最初の仕事は、1983年に放映された「東京ディズニーランドの開園告知」のテレビCMであった。この時期、当時、同じ事務所に所属していた小比類巻かほると親友になる。その後、モデルとしてサントリーのテレビCMに出演、1986年、NHK「シャツの店」で女優としてもデビューした

最初は本名で活動していたが、1987年頃に「麻木久仁子」と改名。

その後出演した『いい旅・日本』(TBS)が「一大転機になった」と話している

1988年、オールナイトフジの司会に大抜擢されるが、ずっと黙っていたり、「コマーシャルです」などのコメントを言い損ねたりするなどしてほとんど実力を発揮出来ず1クールで降板する。本人曰く「これで自信喪失した」と思っていたところ、直後に中京テレビ『ヴィヴィアン』のレギュラー出演が決まる。1990年代から『KOSE カウントダウン・ジャパン』『TVおじゃマンボウ』などの司会として出演。2005年6月から「文藝春秋 Book倶楽部」で書評委員を務めるまた、『婦人公論』の「婦人公論井戸端会議」で司会を務める(2006年1月22日号より)

1994年4月に幼馴染で、『踊る大捜査線』などの映画やドラマの音楽を手掛けた作曲家の松本晃彦と結婚し同年11月25日に一女をもうけるが、2005年頃から離婚に向けての話し合いを行い、2006年3月31日に「ここ数年のすれ違いが原因」で離婚

その後、タレント大桃美代子の元夫でAPF通信社代表取締役の山路徹と再婚。夫の山路が、麻木が離婚後も使用していた松本姓を名乗る形で別居のまま再婚し、2010年11月に離婚したことが同年12月24日の本人の声明文と12月26日の山路の記者会見で公表された。

2012年乳癌が発見され、左右両乳房の患部摘出手術を受けた。またこの事実を公表した際、2010年暮れに軽い脳梗塞を発症していたことも告白している

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E6%9C%A8%E4%B9%85%E4%BB%81%E5%AD%90

麻木久仁子の不倫騒動

今から7年前の2010年、麻木久仁子さんは不倫騒動をおこしています。

タレントの大桃美代子(52)さんから元夫の不倫相手と一方的にツイッターでつぶやかれたのが麻木久仁子さんでした。その騒動後の会見で麻木久仁子さんは、双方が離婚成立前だった2006年から交際が始まったと認めましたが、同席した麻木久仁子さんの弁護士は「夫婦関係が破綻しているので、不倫関係にはならない」と主張しました。

不倫騒動の経緯

麻木久仁子さんは作曲家・松本晃彦氏と1994年に結婚し、長女を授かるも2006年3月に離婚しています。一方の大桃美代子さんは2003年6月にAPF通信社の山路徹代表と結婚しましたが、2006年に離婚しました。

会見前に麻木久仁子さんは「私の立場から思うことを話したい」と山路徹氏や大桃美代子さんのプライベートを配慮することを釈明すると前置きした上で口を開きました。山路徹氏との交際は「2006年。私自身も別居をしていた時期で、いつ離婚届を出すかという時期」からスタートしたそうです。ただ、自身の離婚理由には「今回の件は関係ない」と断言しました。

また、山路徹氏からは「(大桃との)夫婦関係は実際に終了している。離婚届をいつ出すか」という説明があり「信憑性があった。(離婚成立までは)大桃さんの意思や時期を見てとも聞いて、それは大人らしい、彼らしいやり方だと思っていた」と当時の心境を振り返りながらも、今回の騒動発展に「私の不徳なところもあると思う」と戒める場面もみられました。

そんな山路徹氏との関係も「お仕事でも尊敬しているし、うまくやってきたと思うけど、ここにきて、私の精神的、体調的、金銭面的に疲れてしまうことがあり、ピリオドを打った」と約1ヶ月前に破局したと報告しました。交際期間中は山路徹氏の家賃を支援していたと明かし、金銭面についても今後話し合っていくといいました。

大桃美代子さんは、自身のツイッターで「ショックだったのは、元夫が麻木久仁子さんと不倫をしていた事がわかったこと。先輩として尊敬していたのに、ショック」と綴り、今回の騒動に発展していました。

クイズ女王だった麻木久仁子

麻木久仁子さんは、クイズ女王として多くのクイズ番組に出演していました。ただ出されたクイズに解答するだけでなく、その場の雰囲気をふわっと盛り上げるようなリアクションやコメントで視聴者を楽しませてくれた麻木久仁子さん。優勝したいという本気を感じられる姿勢も印象的でした。

現在ではクイズ番組に欠かせない存在となったお笑いコンビ、ロザンの宇治原史規さん。今の自分があるのは麻木久仁子さんのおかげだと話しており、麻木久仁子さんが企画する「クイズサミット」と呼ばれるクイズ好きが集まる食事会にも参加しているそうです。

不倫騒動で世間から嫌われた麻木久仁子

麻木久仁子さんは、再婚した山路徹氏と不倫していたことが発覚し、世間からバッシングを受けるようになりました。

普通であれば女性が男性の姓を名乗るものですが、男性である山路徹氏が麻木久仁子さんの姓(本名である松本)を名乗っていました。さらに、麻木久仁子さんは自分の娘さんにも山路徹氏の存在を隠しており、大桃美代子さんの暴露騒動により真実を知ったとのことです。

弁護士まで同席させ、大桃美代子さんと山路徹氏の婚姻生活が破綻していたことを理由に麻木久仁子さんは不倫関係を否定しました。『自分に都合の良い解釈をして不倫を正当化する』として、世間からは怒りの声が上がりました。

不倫をする人は自分を守るために嘘を吐きがちです。自分は悪くないと肯定できるよう、自分自身にも嘘をついているのでしょう。嘘で塗り固められた言動に違和感を感じ、次々と”おかしな部分”が露呈され、結局は吐いた嘘の分まで苦しめられてしまうのです。麻木久仁子さんも我が身可愛さについた嘘の代償は、現在も大きなしこりを残しています。

不倫騒動でイメージダウンした芸能人は麻木久仁子さんだけではありません。もともとのイメージが良いほど世間からのバッシングも厳しくなりがちです。そして、発覚後の対応もその後の運命を大きく左右しています。

不倫でイメージダウンした芸能人

矢口真里

自宅にモデルの男性を招き、帰宅した元夫の中村昌也さんと鉢合わせするという泥沼の展開でした。報道後1週間で離婚し、CMも放送中止・レギュラー番組を「体調不良」としてすべて降板しています。騒動からしばらく休業して復帰するものの、復帰後初のCM出演では苦情が殺到し放送中止になるなど、元通りとはいかない様子です。

ベッキー

ロックバンド「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音さんとの不倫が報道されたベッキー。すぐに会見を開き「友人」であることを主張するも裏目に出てしまい、10社と交わしていたCM契約がすべて放送中止になりました。レギュラー番組も体調不良により出演を見合わせ、休業中に、お世話になった人や週刊誌宛てに手紙を書き、現在は少しづつ復帰兆しもありますが、全盛期のようにはいかないのが現状です。

乙武洋匡

障害を持ちながらも教育や政治などへ積極的に活動していた乙武洋匡に、計5人の女性と不倫関係にあったという衝撃のスキャンダルが浮上しました。乙武さんと奥さんが一緒に謝罪のFAXを送ったことで、「なぜ奥さんまで」と一時は悪化しましたが、乙武さんの開いた誕生日パーティーでされた妻のスピーチにより事態は収まりました。しかし、予定していた参院選への出馬は断念することになりました。

麻木久仁子の現在

現在の麻木久仁子さんは、潜在視聴率マイナス2%という不名誉な呼ばれ方をされています。

これまでの「知的キャラ」を活かす番組への出演はめっきり減ってしまった。さらに「週刊新潮」によれば、麻木がゲスト出演した番組の視聴率は前回よりも2~3%落ち、麻木が画面に出ると4~5%も数字が下がるケースまであったという。

参考:http://news.livedoor.com/article/detail/6644044/

かつてクイズ女王と呼ばれていた麻木久仁子さんも、現在は不名誉な呼び名で挽回も難しい様子ですね。

麻木久仁子の2つの病気

脳梗塞

麻木久仁子さんがふたつの病気を患ったのは2010年、彼女が48歳のときのことでした。
麻木久仁子さんがはじめに感じた異変は身体の右側だけに起きた酷い痺れだったそうです。

たとえば、歩こうとして右側の脚を出すと力が入らずにカクンと崩れそうになったり、鍵穴の位置に鍵を差し込もうとしても手が震えて差し込めなかったりという普段では考えられないような異変が身体に現れたといいます。

そんな時、麻木久仁子さんは以前に医療番組へ出演した時に知った病気と症状が似ていることに気付いたのです。この時、頭によぎった病気とは脳梗塞でした。麻木久仁子さんが番組内で知った脳梗塞の前兆の一つに「身体の片側のしびれ」があり、麻木久仁子さんは即座に「これは脳の病気だ!」と直観したようです。

麻木久仁子さんはそのときの様子を次のように語っています。「担当医からは脳梗塞患者としては年齢が若いと言われました。私には脳梗塞の原因となりうる高血圧や高脂血症などの症状がなく、原因不明の病であることも視野に入れて、さまざまな検査を受けました。
ところが、どの検査を受けても脳梗塞以外に悪いものが見つからなかったんです。それで原因の特定が難しかったのですが担当医からはストレスが原因である可能性もあるという説明を受けました」

その後、麻木久仁子さんは痺れを抑える薬と倍アスピリンの経口投与治療を行いました。結果、痺れも治まって良好な健康状態に戻られたのだそうです。

乳がん

ところがまたもや恐ろしい病気に襲われた麻木久仁子さん。それは乳がんの発症でした。国立がんセンターでの検診で右側に黒い影が見つかり、続いて左側にも腫瘍が見つかり、それが乳がんであることが判明したのです。直ちにがん切除の手術が行われました。乳がんの手術では乳房を失うことが通常であるとされていますが、麻木久仁子さんの場合はがん細胞が非常に取り出しやすく乳房そのものを失うことはなかったようです。

生命でさえ脅かす危険性を秘めたふたつの病気を経験した麻木久仁子さんは2012年に「寿命が長い時代、50歳は身体をメンテナンスして頑張ろうって考える時期だと思う(気ままに備忘碌より転載)」、また「(脳梗塞の原因となる)ストレスはためないように気をつけたい(同サイトより転載)と」とご本人が語っています。

40代、50代は働き盛りの年代ではありますが様々な病気を発症しやすい時期に差しかかっていることも確かです。麻木久仁子さんの言葉をお借りすると健康に過ごすためには正しいメンテナンスを行う必要があり、ストレスを溜めない工夫が大切、ということになるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

麻木久仁子さんは不倫騒動の時期に2つの病気を患っていました。幸い、その2つの病気も完治になっているようですね。一度、悪いイメージが世間に認識されてしまうと、なかなか回復は難しいようですね。

UMIウェルネスのおとなの前菜

Advertisements

-健康, 芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

桐谷美玲が熱愛報道された元カレの内容がすごい!

桐谷美玲(28才)さんと三浦翔平(29才)さんが交際をスタートさせたという情報をキャッチしようです。 桐谷美玲さんと三浦翔平さんは2016年の月9ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)で共演して …

元アイドルの岡井千聖の父が異常な浮気者!家族が貧乏って本当?

タレントの岡井千聖さんが3日、日本テレビ系「スッキリ」に生出演し、父親の浮気相手を10人以上知っているという驚きエピソードを告白しました。 そんな岡井千聖さんのお家族は想像を超えるような貧乏生活を送ら …

いしだ壱成の離婚理由は亭主関白だった?

俳優・いしだ壱成(42)さんが、2014年に再婚した11歳下の一般女性と8月に離婚していたことが17日、わかりました。18日放送のフジテレビ系「良かれと思って!」でバツ2になったことを突然告白しました …

辻希美のブログ「のんピース」の収入はいくら?

元モーニング娘。でタレントの辻希美さんが29日に更新したブログで、最近は「いっぱいいっぱいで自然に涙が出る」と訴えました。 そんな辻希美さんのブログの収入はどれくらいなのか調べてみました。 辻希美プロ …

中村仁美が結婚生活に不満爆発?鬼嫁エピソードとは?

2月14日放送の「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に元フジテレビアナウンサーの中村仁美さんがゲスト出演しました。大竹一樹(さまぁ~ず)との夫婦生活について明かしました。 …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク