ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

蝶野正洋のビンタに対する思いとは・・・

投稿日:

Advertisements

世界的なジャズトランペット奏者、日野皓正(74)さんがコンサート中にドラムを演奏していた中学生の髪を掴み、ビンタした事件が先日ありました。

それを受け、ビンタといえば、プロレスラーの蝶野正洋(53)さんですが、実は毎年恒例のあのビンタは本当はしたくないということです。

蝶野正洋さんのビンタへの思いを探ってみましょう!

蝶野正洋プロフィール

  • ニックネーム:黒のカリスマ、黒の総帥、極悪バタフライ、夏男、ミスターG1
  • 身長:186cm
  • 生年月日:1963年9月17日(53歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国ワシントン州シアトル
  • 所属:アリストトリスト
  • トレーナー:アントニオ猪木、ル・テーズ、山本小鉄

蝶野正洋略歴

大手製紙会社の会社員であった父親の赴任先であるアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで生まれ、2歳半で帰国し、神奈川県川崎市多摩区、東京都渋谷区、三鷹市で過ごしました。目黒区たちばな幼稚園、渋谷区立猿楽小学校、三鷹市立北野小学校、三鷹市立第五中学校、三鷹第六中学校、東京都立永山高等学校を卒業し、神奈川大学は入学式のみ出席し、後に中退しました。

1984年4月に新日本プロレスに入門し、同年10月に埼玉で行われた興行でプロデビューしました。

1987年の第3回ヤングライオン杯で橋本真也さんを破り見事優勝しました。優勝条件の海外武者修行へ春に出発し、ドイツのブレーメンで、現在のご夫人であるマルティナ・カールスさんと出会いました。

1987年12月に、ヨーロッパ武者修行を終え、北米に転戦しました。

1989年秋には、新日本プロレスから正式に帰国命令を受け、帰国前にルー・テーズ道場でSTF/STFを教わり伝授されました。

帰国直前、プエルトリコで武藤啓司さん、橋本真也さんとともに「闘魂三銃士」を結成し凱旋しました。

1989年10月に新日本に戻ってからは、1990年2月10日の東京ドーム興行イベントにおいて、橋本真也さんとタッグで、アントニオ猪木さん・坂口征二組を対戦し、4月27日に武藤敬司さんとのタッグでIWGPタッグ王座を獲得し、12月26日には師匠であるルー・テーズをやぶりました。

1991年にはG1 CLIMAXの第1回大会において素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

1992年にも再びG1 CLIMAXで優勝し、同時にNWA世界ヘビー級王座を獲得しました。

 

私生活では1991年12月にマルティナさんと結婚し、2006年7月に結婚15年目にして第1子となる男児が誕生、2009年8月に第2子となる女児が誕生しています。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%B6%E9%87%8E%E6%AD%A3%E6%B4%8B

蝶野正洋の得意技

さまざまな得意技をもっている蝶野正洋さんですが、特に有名なのは「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」に出演した際に、強烈なビンタを見舞う「蝶野ビンタ」が有名になりました。

でも、実は・・・このオファーを最初は断っていたようですが、マネージャーは断り忘れていて、なんだかんだ今まで続いてしまっているというのです。

本当はビンタは嫌のようですね。芸人さんがツッコミで頭を叩くのを見るのも嫌みたいですね。意外でした。

一般の方をビンタするときは、当たりどころは意識して、なるべく危なくないようにしているそうで、さすがプロですよね。優しさを感じます。

毎年、月亭方正さんが蝶野正洋さんのビンタを受けていますが、お二人の信頼関係の元に成り立っているビンタなんですね。

強面とは反対の内面

ただ、蝶野正洋さんは、どれだけ信頼関係があったとしても、子供たちに教える立場として、日野氏の往復ビンタに関して批判しています。不意打ちで髪を掴んだり、往復ビンタをするのは、体罰でもなく、ただの暴力だと蝶野正洋さんはおっしゃっています。

蝶野正洋さんは、教育の中で体罰は「絶対反対」の立場を取っており、手は出さず、口を出すという指導を受けて大きくなったので、後輩や自分の子供にも手を挙げることはしないそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

蝶野正洋さんが毎年「ガキ使」で見せる恒例のビンタ。今年はビンタはしないと言っているようですが、実際どうなるのでしょうか?

強面を全面に出している蝶野正洋さんですが、とても教育熱心で優しい方だということが分かりました。

そんな蝶野正洋さんの今後のご活躍を期待しています!

 

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中村七之助が甥っ子に馳せる「門出二人桃太郎」

中村七之助さんが9月上旬、沖縄・波照間島で”婚前旅行”をしていたと「女性自身」が報じました。お相手は、2014年8月に写真週刊誌「FLASH」で交際を報じられた女性でした。居合わせたお客さんの話しによ …

安住紳一郎アナウンサーが寿退社に前向き?いまだに結婚できない理由とは?

TBSの安住紳一郎アナウンサー(45)が19日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「安住紳一郎 日曜天国」(日曜前10・00)に出演し、寿退社や復職制度を利用した育休について「一丁、やってやろうと思 …

俳優の三浦春馬とファッションモデルの三吉彩花の馴れ初めとは?

黄色っぽいトレーナーを着た美女と黒いTシャツ姿のイケメンが肩を並べて歩いています。美女は、元『Seventeen』のトップモデル、三吉彩花(21)さん、イケメンは人気俳優の三浦春馬(28)さんでした。 …

ユーミンこと松任谷由実の旦那の浮気の相手が大物女優だった?

デビュー45周年を迎えるユーミンこと松任谷由実さんが、4月17日(火)20時から2時間スペシャルで放送される『マツコの知らない世界SP』(TBS系)に出演し、MCのマツコ・デラックスさんと、NGなしの …

元宝塚歌劇団宙組トップ娘役の野々すみ花がミステリーハンターとして好評の理由は?

元宝塚歌劇団宙組トップ娘役で女優の野々すみ花(31)さんが自身の誕生日の27日、ブログで結婚を発表しました。 野々すみ花さんは「兼ねてよりお付き合いしていた方と、先日、結婚をいたしました。これまで猪突 …

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサーリンク