ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

元祖バラドルと言われれいる井森美幸が結婚できない理由とは?

投稿日:

Advertisements

ベテランタレントが再評価される傾向にある昨今の芸能界において、35年間活躍し続けている特異な人物が“元祖バラドル”井森美幸さんです。レギュラー番組を持たずに毎日のようにテレビに出続けており、その活躍ぶりに「今のバラエティー界は井森美幸に頼りすぎている」という意見が出るほどです。

そんな井森美幸さんが結婚できない理由とは何かを調べてみました。

井森美幸プロフィール

  • 生年月日:1968年10月26日(49歳)
  • 出身地:群馬県甘楽郡下仁田町
  • 血液型:A型
  • 身長:160cm
  • 職業:タレント、歌手
  • 所属事務所:ホリプロ

井森美幸略歴

堀越高等学校卒業。15歳の時1984年(昭和59年)の第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンで12万人の中からグランプリを獲得(鈴木保奈美、相原勇も参加)し、1985年(昭和60年)の春、4月21日にアイドル歌手としてキャニオン・レコードより1985年一押しアイドル歌手デビュー。デビュー曲は『瞳の誓い』(本人出演ライオンBan16シリーズ 1985年度CMソング)。CMではサビの部分の歌詞を変え ♪ 私夏のヒヤシンスなの ♪というバージョンが流れた。当時のキャッチフレーズは「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」。オリコン週間チャート最高位32位を記録し順調なスタートを切った。また、同曲ではメガロポリス歌謡祭で優秀新人エメラルド賞を受賞。同期には本田美奈子.、森川美穂、中山美穂、芳本美代子、斉藤由貴、南野陽子、森口博子、浅香唯、松本典子、森下恵理、佐野量子、おニャン子クラブなどがいる。

デビュー2年目の1986年、テレビドラマ『遊びじゃないのよ、この恋は』(1986年(昭和61年)、TBS)の主演に抜擢された。大手ホリプロのアイドルとして強くプロモートされたが、アイドル歌手としては芽が出なかった。尚、同ドラマ挿入歌『恋は理解力』で大幅にセールスダウンしてしまった。

1987年(昭和62年)ごろから山瀬まみが、(アイドルとしては花が開ききらなかったが)三枚目的な受け答えもこなすタレント性があり、バラエティー番組等で重宝するアイドル=バラドルと呼ばれ始め、それを追随するように松本明子・森口博子らと共にクローズアップされ『元祖バラドル』『バラドルのパイオニア』の一人として名を連ねるようになった。40歳を過ぎた現在もバラエティー番組出演時には全盛期と同じキャラクターを発揮する稀有な存在といえる。

2007年(平成19年)9月19日に初のベストアルバム「井森美幸 SINGLE COLLECTION 〜井森美幸に2000円!!〜」をリリースした。タイトルは担当するラジオ番組で募集して選出した。

2008年(平成20年)4月より土曜日の中央競馬中継番組であるウイニング競馬(テレビ東京)のMCを担当。以前より競馬好きを公言していたこともあり、仕事の依頼が来たときは二つ返事で引き受けたという。番組内では「しあわせ馬券」「井森美幸に3000円」というコーナーも持ち、メインレースの予想や予想の回収率を公表していた。2013年(平成25年)に同番組を降板後も日曜日の競馬中継番組である「みんなのKEIBA」(フジテレビ)にゲストとして度々出演している。

同年5月12日よりTBS・愛の劇場「再婚一直線!」に出演。1986年(昭和61年)の『遊びじゃないのよ、この恋は』以来22年ぶりに主演を務めることになった。

2008年(平成20年)12月10日、出身地である群馬県の宣伝を行う「ぐんま大使」に中山秀征とともに任命された

現在も独身。そのため、デビュー当時のキャッチフレーズも相まってバラエティ番組で「未だに誰のものでもありません」などとネタにしている。バラエティ番組では典型的な三枚目キャラが多いせいか、共演者からは女性らしさに欠けると評されることもある。寝るときは、パジャマをズボンにインしている。しかし、それに反して女性誌に登場する際は健康的で引き締まった肢体が美しいと評されるなど、容姿やスタイルは悪くない(本人も自負することがある)。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E6%A3%AE%E7%BE%8E%E5%B9%B8

井森美幸が放つ特異性とは?

井森美幸さんは、おニャン子クラブと同じ1985年にデビュー。この頃は“花の82年組”と呼ばれた中森明菜さんや小泉今日子さんらが人気絶頂の頃でした。

当初は「井森美幸、16歳。まだ誰のものでもありません」というキャッチコピーでアイドルとして売り出していましたが、早々にバラエティー方面に方向転換しています。森口博子さん、山瀬まみさん、島崎和歌子さんらと同世代で、バラエティーで活躍するアイドル=バラドルを確立させた、いわば“元祖バラドル世代”です。

そこから約35年経つ今も、正式なレギュラー番組を持たないにもかかわらず、現在も週4でゲスト出演する『ヒルナンデス!』をはじめ、井森美幸さんをテレビで見ない日はないと言うほど、メディア露出が続いているのです。

井森美幸の対応力がすごい!

井森美幸さんのバラエティー“伝説”エピソードが多数あります。

ホリプロのオーディション時のダンス審査の映像は「井森ダンス」として擦り切れるほど番組のネタにされているほか、デビュー当時のキャッチコピーをもじって、「いまだ誰のものでもありません」と自らネタにするなど、ひな壇バラエティーが全盛の現在でも、芸人に負けないトークスキルを発揮しているのです。

お笑いはもちろん、情報番組、ロケ企画、旅番組、ラジオ出演等の“番組ジャンル”はおろか、朝番組、ゴールデン、深夜と多彩な“時間帯”それぞれ対応できる汎用性の高さを誇るバラエティー界の“モンスター”である井森美幸さん。

『月曜から夜更かし』(日本テレビ系)内では、「今の芸能界は島崎和歌子と井森美幸に頼りすぎている」と紹介されたほか、マツコ・デラックスさんは『山里&マツコ・デトックス』(TBS系)で「最近のテレビみててさ、気づくことない? 姉さん(井森美幸)と島崎和歌子を、みんな便利づかいしすぎ」と、井森頼みになっているバラエティー界に警鐘を鳴らすほどです。

井森美幸の瞬発さがすごい!

ファミリー層向けバラエティーに出演する女性タレントに大切なのは、太陽的な明るさと清潔さでしょう。

更に井森美幸さんを“バラエティーの化け物”たらしめる強みの一つが、どんないじりに対しても笑顔で必ず返してくる“瞬発力”はさすがです。芸人からの“いじり”も、共演タレントとの絡みでも、どんな投げかけにも笑顔で瞬間的に番組に合わせた“使える返し”を披露しています。この“瞬発力”はタレントにとって必須事項であり、現在活躍する若手バラドル・小島瑠璃子さんや佐藤栞里さんも持ち合わせていると言われています。井森美幸さんはその瞬発力が「35年衰え知らず」なのです。。

また、井森美幸さんは過去ラジオ番組で藤井隆さんから「井森美幸にはNGがないって本当?」と聞かれると、「オファー受けて行くのに、これはダメあれはダメってなると、じゃあ何で来たんだ?ってことになる」と、仕事のスタンスを語っています。そんな底抜けに明るい“人柄”も共演者にとっていじりやすく、バラエティー番組にとって何かとありがたい存在なのです。

井森美幸の変わらない容姿

井森美幸さんのもう一つの強みが、全面に出ない“美しさ”です。元々はホリプロスカウトキャラバンで12万人の中から選ばれた美少女でした。

バラエティーでの痛快なやりとりが印象に残りがちですが、よく見ると今年で50歳になるとは思えない“ものすごい美人”なのです。アイドル時代と変わらないどころか、今の方が美しいという意見も多数あります。それにもかかわらず井森美幸さんに美人のイメージがないのは、美貌を忘れさせるほどバラエティー番組のトークのインパクトが強いことの証でしょう。

さらに、この“美しさ”が、バラエティーにおける共演者との絡みで生きてきます。美しく見られたいという思いは女性なら誰もが持つものだが、井森美幸さんはそれを周囲に感じさせず、媚びて色気を見せるようなこともしないので同性のウケもいいのです。

お笑い芸人の土田晃之さんは過去番組内で、井森美幸さんについて「実物は美人だからいじれる。小汚かったりしたら、『うるせぇ、ババア』とか言えない」と語っています。

現代版のバラドルと言えば、HKTの指原莉乃さんや小島瑠璃子さんになるのでしょうが、井森美幸さんの対応力や瞬発力には到底かないません。そんな芸能界でも稀有な存在である、井森美幸さん、未だに独身ですが、結婚できない理由は何なのでしょうか?

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000300-oric-ent

井森美幸が結婚できない理由とは?

井森美幸が結婚できない理由とは?

元祖バラドルとして、バラエティ中心に現在も活躍されているタレントの井森美幸さん。

彼女自身、決して恋愛とは遠いところにいたわけでもないと思うのですが、気がつけば結婚もせずに、もうすぐ50歳になってしまいます。

それにしても、井森美幸さんは、結婚できないでいるのでしょうか?その理由を調べてみました。

井森美幸の性格が極端すぎる?

アイドル歌手としてデビューしたものの全くブレイクせずに、バラエティ路線に変更し、バラドルとして活動したところ一気にブレイクし、バラドルという概念を創りあげた井森美幸さん。

井森美幸さんご本人は、決してネタとして独身を貫いているわけでもなく結婚願望もあるのでしょうが、それなのに、なぜ結婚できなかったのでしょうか?

実は、井森美幸さんの性格に問題があり、男性から結婚を避けられてしまっているようです。その井森美幸さんの性格とは嫉妬深く潔癖症であるという性格です。

誰しも、嫉妬する気持ちや潔癖とまではいかないまでも、きれい好きだったり、ちょっとヤキモチ焼いたりする部分は性格としてあると思いますし、それ自体が悪い性格ということは全くありません。

ただし、井森美幸さんの場合、どちらも相手を縛り付けてしまう部分があり、彼氏も日々の暮らしの中で耐えられなくなっていったようです。

どういうことかというと、実は、以前彼氏と交際していた時に、彼氏が井森美幸さんの自宅に帰ってくると、『おかえり』も言わずに風呂場に直行させ、気が済むまで消毒液をかけていたというのです。

その光景は、まるでバイキンでも扱っているようかのようで、かなり彼氏を傷つけてしまうような行動だったようですね、まぁ、当然です。

しかも、それが愛しているはずの彼氏に対しての行動で、いくら潔癖症といっても、ここまでいくと、彼氏がドン引きしてしまい、結婚を考えることが出来なくなるのは自然な流れになりますよね・・・。

その上、嫉妬が強くヤキモチ焼きとなると、誰だって息苦しくなり、井森美幸さんから離れようとするのは、既定路線とも思います。

実際にデビュー当初から15年交際していた彼氏も、遂に息苦しさに耐え切れずに別れたようですし、そのトラウマから抜け出せないのか、井森美幸さんは未だに潔癖症で嫉妬心の塊となっている模様です。

そのためなのか、一度熱愛報道はあったものの、その彼氏とも破局した後は、結婚はおろか、彼氏すら出来ないという状況なんだそうです。そういうことをされて嬉しい男性は限りなく少ないか、いないか、どちらかですよね。

潔癖症・きれい好きで、ちょっとした汚れでも自ら綺麗にしてしまうという程度のものであれば、その人の人柄次第で受け入れてくれるところもあると思いますが、ご自身が潔癖症だからといって、相手に何かを強要する行為は、あまりにも失礼で身勝手な行為とも取れます。なかなかそこまでの潔癖症の井森美幸さんを受け入れてくれる男性は、そうそういないかもしれないですね。

そんな井森美幸さんも歴代彼氏がいらっしゃったようで調べてみました。

井森美幸の元カレとは?

異常なまでの潔癖症で、その上、嫉妬心が強い井森美幸さん。その彼氏はどんな方だったのでしょうか。早速、井森美幸さんの歴代熱愛彼氏を見ていきたいと思います。

デビュー当時からの一般男性

この方は、井森美幸さんの潔癖症や嫉妬心をかなり受け入れた上で、15年も交際を続けていた一般男性。一般男性ということもあり、また、水面下で交際されていたらしく、彼氏の素性は一切分かりませんでした。

しかし、少なくとも、まるでバイキン扱いされているかのような扱いを受けてまで交際を続けていたわけですから、相当優しい性格で井森美幸さんを理解されていた男性だと思われます。

それでも井森美幸さんがあまりにも潔癖症で嫉妬心の塊であるがゆえに、彼氏の我慢も限界に達し、破局を迎えたのではないでしょうか。破局の真相は分かりません。

スポーツマン風の一般男性

2004年、井森美幸さんの住む自宅高級マンションから30代のスポーツマンのような男性と共に井森美幸さんが出てきて、彼氏の所有するベンツに乗り込み、外出していったところをスクープされたことがあったようです。

当時、井森美幸さんは35歳で、30代男性ということは、ほぼ同年代と考えていいと思います。

実際に週刊誌に井森美幸さんが直撃された際に、彼女自身が40代・50代の不貞ではないことは間違いないと断言されていますし、お相手の男性も若い方で、完全なる真剣交際だったのではないでしょうか。

なお、そのお相手は一般男性で普通のサラリーマンの方ということでしたが、当初は井森美幸さんが、「今のところ入籍はありえません」ときっぱり否定されていたので、真剣交際とはいっても、結婚を視野にいれていたわけではなかったのかもしれませんね。

結局、その彼氏とも未だに何の進展も見られていないので、もう既に破局されているのかもしれません。

こうしてみると、井森美幸さんの過去の恋愛を見ると、結構水面下でひっそり恋愛されているところが多く、あまり目立った動きは見られていません。

そして、交際していた男性はいずれも一般男性で、芸能関係の男性とは、全く交際すらしていないことが改めて分かりました。

おそらく潔癖症で嫉妬深い井森美幸さんのことですから、その性格が彼氏を通じてマスコミに流れてしまうのを避けていたのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

元祖バラドルと言われている井森美幸さんが、結婚できない理由について調べてみました。井森美幸さんの性格にその理由が隠されていました。テレビでお見掛けする感じでは、全然想像もできないような性格で驚きました。

今後、井森美幸さんのおめでたいお話は聞けるのでしょうか?ますます磨きがかかった対応力と瞬発力で貫禄を見せつけて欲しいと思います。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

hitomiは性格が悪いのか?

歌手のhitomi(41)さんが16日、ブログを更新して、11月に3歳になる第2子長男(2)の幼稚園の面接を控えていることを伝え、「面接はド緊張」と明かしました。 この日のブログでは、幼稚園面接に向け …

仕事のオファーなし?安藤美姫が嫌われる理由とは?

先日のバラエティー番組で「テレビ解説の仕事が来ない」と自虐的な発言をした安藤美姫(30)さん。その理由をご本人は「解説者としての力量不足」と分析していましたが、口さがないネット住民からは「起用されない …

江口のりこの演技力の評価とは?

11月24日放送の「ぴったんこカンカン」(TBS 金曜 後・8:00~)の放送で、ゲストに吉田羊さんと江口のりこさんが出演されました。吉田羊さんと江口のりこさんの酒場放浪記ということで話題になりました …

お笑いコンビ「カラテカ」矢部太郎の漫画がヒットした理由とは?

お笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎さんが、著書『大家さんと僕』で、2018年「手塚治虫文化賞」短編賞を受賞しました。本職のマンガ家以外が作画した作品の受賞は初めてです。 そんなカラテカの矢部太郎さんの …

いしだ壱成の離婚理由は亭主関白だった?

俳優・いしだ壱成(42)さんが、2014年に再婚した11歳下の一般女性と8月に離婚していたことが17日、わかりました。18日放送のフジテレビ系「良かれと思って!」でバツ2になったことを突然告白しました …

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

スポンサーリンク