ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

破天荒で有名なとんねるずの石橋貴明の伝説とは?

投稿日:

Advertisements

3月いっぱいでフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜・後9時)が終了する、とんねるずの石橋貴明(56)さんが4月から同局の新バラエティー番組でMCを務めることが6日、分かりました。放送時間は月曜午後11時で、タイトルは未定。単独で同局の番組MCを務めるのは「第4学区」(2000年4~9月)以来、18年ぶりとなります。

そんなとんねるずの石橋貴明さんの伝説について調べてみました。

とんねるずプロフィール

  • メンバー:石橋貴明 木梨憲武
  • 結成年:1980年
  • 所属事務所:アライバル
  • 出身:お笑いスター誕生!!
  • 芸種:コント
  • ネタ作成者:石橋貴明

とんねるず略歴

1980年に高校の同級生同士である石橋と木梨により結成。1982年に『お笑いスター誕生』でグランプリを獲得。1980年代半ば『オールナイトフジ』、『夕やけニャンニャン』などの出演によって、人気を獲得。1988年には『とんねるずのみなさんのおかげです』のレギュラー放送が開始。その後1989年から番組休止の1994年まで当番組で視聴率1位を独占。さらに、『ねるとん紅鯨団』、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』、『とんねるずのハンマープライス』なども好視聴率を獲得。一方、歌手活動も行い「情けねえ」は日本歌謡大賞受賞、「ガラガラヘビがやってくる」はミリオンヒットとなる。

1987年10月『上海紅鯨団が行く』を引き継ぐ形でスタートした『ねるとん紅鯨団』(関西テレビ制作、フジテレビ系)がヒット。当時IVSテレビ制作で番組の企画・総合演出などをしていた伊藤輝夫(現:テリー伊藤)や後藤喜男と出会ったのがこの時期。一般参加者による集団お見合い形式の企画が好評を得る。今では集団お見合いパーティーそのものが『ねるとんパーティー』と呼ばれることもある。また1986年から火曜ワイドスペシャルで数回特番を行い、1988年10月からは、『とんねるずのみなさんのおかげです』がレギュラー放送を開始。番組内では、『仮面ノリダー』『保毛尾田保毛男』などのコントやパロディを披露した。1989年3月のスペシャル時には番組シリーズで過去最高29.5%の視聴率を記録した。更にこの頃には、13本のCM契約もしていた。1991年10月には、『闘牛』『カートグランプリ』『PK対決』などロケ主体のコーナーが人気を得た『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ)が開始。1995年には、一時期疎遠状態になっていたTBSでの初のレギュラー番組『ねる様の踏み絵』が開始。1997年3月には『とんねるずのみなさんのおかげです』が完全終了し、同年6月に『とんねるずのみなさんのおかげでした』と改題し、リニューアルしている。

1994年には独立し個人事務所「アライバル」を設立。石橋が社長、木梨が副社長を務めている。当時の事務所に向かっていた途中、六本木・星条旗通りでお互い運転していた車を降り、「独立すればもっと正しい方向に向かう」と考えた石橋が、立ち話で木梨に独立の話を持ちかけた。木梨は「貴明がいいならいいよ。」と二つ返事で了承したというエピソードがある。なお、1980年に就職が決まっていた時期に、石橋が渋谷パルコパート2の2階の喫茶店で「プロでやろうと思うけどどう思う?」と持ちかけた際も、木梨の「貴明がいいならいいよ。」という一言で決まったという

とんねるずメンバー

石橋貴明

  • 生年月日:1961年10月22日(56歳)
  • 出身地:東京都板橋区成増
  • 身長:182cm

木梨憲武

  • 生年月日:1962年3月9日(55歳)
  • 出身地:東京都世田谷千歳台
  • 身長:177cm

 

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8B%E3%81%9A

石橋貴明の新番組

新番組は「大人のノスタルジーを刺激するトーク番組」がテーマ。同局で初のレギュラー番組となるダブルMCのミッツ・マングローブ(42)さんと初タッグを組み、ゲストとともにアイドルやテレビ、歌謡曲、野球などさまざまな話題の“少し昔の話”を語り合う番組です。

同枠ではこれまで「あいのり」「テラスハウス」「キスマイBUSAIKU?」といった若者向けの番組が放送されてきたが、今回は大人向けのテイストに移行しています。関卓也プロデューサーも「石橋さんの昔を語る時の壮絶な記憶力と博識ぶりにいつも圧倒されます。その怪力を感じるピッタリの番組」と話します。ミッツとは共演経験はありますが、一緒にMCを行うのは初めてです。関プロデューサーも「石橋さんのエネルギーがミッツさんとどんな化学反応を起こすか大変楽しみです」と話しています。

とんねるずの石橋貴明の伝説

とんねるずの石橋貴明さんと言えば、何かとお騒がせのイメージがありますよね。そんな石橋貴明さんの破天荒な伝説の数々を調べてみました。

ディズニーランド出入り禁止伝説

石橋貴明さんの都市伝説的な感じで噂されているのが、ディズニーランドに出入り禁止という噂です。事の発端はというと、1996年に放送された「新春かくし芸大会」でのことで、とんねるずさんが司会をされていました。その時に、ミッキーマウスの着ぐるみが登場したのです。石橋貴明さんは、ミッキーマウスが登場するや否や、「どうせ中に汗だくのおっさんが入っているんだろ」とミッキーマウスの頭をはぎ取ろうとしました。番組は生放送だったので、騒然となりすぐにCMになったそうです。

当然、ミッキーマウスの着ぐるみをはぎ取るなんてもっての外です。たまたま同番組を見ていた関係者の方からクレームが入ったそうです。それが伝説のように受け継がれて、石橋貴明さんがディズニーランドに出入り禁止と言われるようになったそうです。

1500万もするテレビカメラを破壊伝説

「オールナイトフジ」にて『一気!』を熱唱中、石橋貴明さんがテレビカメラを何度も揺すっているうちに、バランスが崩れてフロアに横倒しになってしまいました。カメラは倒された際の衝撃で廃棄処分となり、約1,500万円を弁償する羽目になったそうです。

マッコイ斎藤の出禁を解除伝説

石橋貴明さんは「ディレクターとしてウチラの番組、手伝ってくんない?」とマッコイ斎藤さんを誘いました。しかし、当時「フジテレビ出入り禁止」となっていたマッコイ斎藤さんは躊躇するも、石橋貴明さんが港浩一(フジテレビジョン取締役)氏に進言し、出入り禁止を解除してもらったそうです。

また、『とんねるずのみなさんのおかげです』をレギュラーにしてほしい」と一人フジテレビの編成局長に直談判しに乗り込んでいったことがあるようですね。

東日本大震災の際は5億円寄付伝説

なにもとんねるずの石橋貴明さんの伝説は、暴れまわるということだけではありません。とんねるずのお二人にも、自身の個人事務所を通じて数億円の義援金を、マスコミに公表しない形で送ったらしいとの放送作家からのタレコミがあったそうです。

「ザ・ベストテン」での暴言伝説

1985年10月17日放送の「ザ・ベストテンin静岡」で生放送に出演したとき、2位で登場したとんねるずに対して客席は総立ちになりました。とんねるずはスタッフの担ぐ御輿の上に乗り、客席の間の通路を通ってステージに向かう演出であったが、警備の不備なども重なり御輿に観客が殺到して衣装を引っ張るなどしたために石橋貴明さんが御輿に乗れず、逆上して観客に掴みかかる事態にまでなりました。怒り心頭の石橋貴明さんは生放送中にもかかわらず、ステージ上で観客に対して「馬鹿野郎!」「ふざけんじゃねぇぞ、この野郎!」「てめぇら最低だ!」などと罵声を浴びせたり衣裳の飾りを客席に投げつけました。

「ガラガラヘビがやってくる」が大ヒット伝説

とんねるずは、 お笑いだけではなく、彼らが歌った『ガラガラヘビがやってくる』は言わずと知れた大ヒット曲で、セールスは140万枚を超えました。お笑い芸人歴代CD総売上枚数は20年後の現在でも1位を維持しています。

石橋貴明と島田紳助の確執

かつて芸能界で活躍していたお笑い芸人の島田紳助さんと、現在もお笑い芸人として活躍中の石橋貴明さん。どちらも芸能界のトップですが、過去に喧嘩していたエピソードがあるようです。

石橋貴明さんは「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の楽屋にいました。おぎやはぎやバナナマンなど、取り巻きとも言われる東京の若手芸人たちと、バカ話に花を咲かせている最中だったといいます。突然、石橋貴明さんの携帯電話に見知らぬ電話番号から着信が入りました。

「誰だよ?」

石橋貴明さんは心当たりがない様子でケータイを耳に当てたが、声を聞くやいなや、みるみる表情を硬くなっていきます。なんと相手は、2011年8月24日に会見を開き、暴力団と不適切な交際をしていた過去の責任を取る形で芸能界を引退した、島田紳助さんだったというのです。紳助は開口一番、こうまくしたてたそうです。

「石橋か? 紳助や。ワレ、ワシのマネしていい気になっとるらしいな! いいかげんにせーよ」その後も島田紳助さんががなりたてる声が、受話器越しに漏れていたといいます。

ある芸人が耳打ちして、「自分は最近聞いたんですけど、紳助さんが石橋さんに変な電話をかけたというのは、若手芸人たちの間で広まっている話なんです」コトが勃発したその時期に関しては、数カ月前のことだったといいます。

そもそも石橋貴明さんは、島田紳助さんを挑発するようにテレビ番組でおちょくり続けてきました。2011年10月に50歳の誕生日を迎えた石橋は「みなさん」の収録中、共演者たちに「サプライズパーティ」でお祝いされました。

ところが会場に入った石橋貴明さんは、照れもあってか、マイクを握るとこう話始めたのです。

「自分の中ではセーフだと思っていたんですが‥‥。50歳にして引退を決意しました」

わずか2カ月前に行われた島田紳助さんの引退会見のパロディです。まだテレビで触れるにはタブー視する傾向があった話題だけに、共演者たちも驚きを感じました。

お笑い関係者が語ります。

「石橋は紳助がテレビ界で隆盛を極めていた頃から、『東京の芸人を結集させよう』と話し、対抗意識を持っていた。というのも、目上のお笑い芸人でも、紳助よりたけしを尊敬してきた石橋にとって、昨今、東京の芸人が関西の芸人に押され気味だったことをおもしろく思っていなかったんです。おぎやはぎから、紳助の番組になじめないことを相談されると、『うちで使うから出なくていい』と言い切ったこともあるほど」

石橋貴明さんは、島田紳助さんの口癖「感動するやん」を揶揄するなど、やりたい放題でした。引退後はそれが加速した形だったのです。年下の後輩芸人にここまでいじり倒されては、さすがに島田紳助さんも堪忍袋の緒が切れたのでしょう。どこから番号を聞き出したのか、石橋貴明さんに直接、威嚇の電話を入れてきたのでした。

怖いですね。お互い伝説があるようなお二人ですから、恐ろしいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

とんねるずの石橋貴明さんの伝説について調べてみました。良い伝説も破天荒な伝説もありました。新番組ではどんな面白いことをやってくれるのでしょうか?活躍に期待したいですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ゲスの極み乙女。」のドラマーのさとうほなみが結婚をしていた!

モデルで女優の新川優愛さんが連続ドラマ初主演を務める『いつまでも白い羽根』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)の第1話が7日に放送され、さとうほなみさん演じる看護学生の言動に視聴者から「 …

漫画家の浜田ブリトニーが妊娠を発表!そのお相手の男性はどんな人?

漫画家でタレントの浜田ブリトニー(38)さんが20日、自身のブログを更新し、妊娠8ヶ月を報告するとともに「シングルマザー(未婚の母)という道を選びました」と明かしました。 そんな浜田ブリトニーさんのお …

大泉洋が人気がある理由とは?

「面白いと思ったら何でもやってしまう。役者だけれど、“面白い”が最強なんです」。そう語るのは、演劇ユニット・TEAM NACSのメンバーで俳優の大泉洋(44)さん。人気シリーズ『探偵はBARにいる3』 …

桑田の次男Mattのセレブ生活の内容とは?

野球評論家・桑田真澄氏(49)の次男でブライダルモデルのMatt(23)が2日深夜放送のTBS「谷原章介の25時ごはん」に出演しました。高校時代、自身の行動がきっかけで自宅最寄り駅にパトカーが集結した …

横山だいすけが劇団四季に入団していた。

歌手の横山だいすけ(34)さんが、7日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」に出演し、「うたのおにいさん」になったきっかけを明かしました。 横山だいすけさんは、2008年3月31日から2017年4月1 …

2019年10月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサーリンク