ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

暮らし

家事代行サービスの需要の背景

投稿日:

Advertisements

かつては「寿退社」との言葉があったように、結婚を機に退職する女性が多くいました。20代後半から30代女性の就業率が落ちるM字カーブが、課題でしたが、ここ最近では落ち込みも浅くなっている傾向にあります。

働く女性が増えると、家事代行サービスも人気が高まり、昨年大ヒットしたテレビドラマの「逃げるは恥だか役に立つ」が、家事代行サービスの利用を後押ししているといわれています。

家事代行サービスとはどういうサービスなのか詳しく見ていきましょう。

家事代行サービスとは

家事代行サービスとは、

家族に代わって日常の家事全般を行なうビジネスで、既存のハウスクリーニングやホームセキュリティ会社など多様な業者による新規参入や起業によって,営利を目的に組織化されているのが特徴。従来は,職業安定法により認められている民間の有料職業紹介事業のうち,家政婦(派出婦)と呼ばれる個人が家政婦紹介所を通じて雇われることが多かった。背景には,男女雇用機会均等法の成立を契機とした女性就労の拡大,核家族の増加,高齢化の進行,家事労働に対する価値観の変化,家事の複雑化により,肉体的負担の軽減,時間の有効利用のためにサービスを購入したいなどの理由から家事を外部に委託する傾向がある

という定義になっています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

家事代行サービスへの抵抗と期待

家事は自分でやるものという固定概念

テレビでも取り上げられるようになり、身近に感じることが増えてきた「家事代行サービス」ですが、その心理的な抵抗感から、利用をためらってしまう人も多いと言われています。

日本経済新聞Web版2014年8月23日の記事には、

家事の負担を軽減したいという要望は根強い。仕事がある日の家事・育児時間は「2時間以上4時間未満」が34.5%で最多。そうした家事時間を「減らしたい」と52.8%が答え、特に女性は62.8%の人が減らしたいと答えた。

とあります。つまり、仕事と家事を両立させている主婦は「家事」が負担になっているという現実でした。

そういう結果にも関わらず、「家事代行を利用しない理由」では30%強の人が「家事は自分たちでやるものだ」、40%強の人が「ぜいたくだ」と答えています。

家事代行は楽をするため、つまり怠けることと考えてしまい、サービスを利用するのをためらっている人が多いという現状でした。

自分のための時間をつくる

育児や仕事などが忙しいピークの期間に一時的に家事代行を利用することは、自身のキャリアアップや家族のつながりを深めることにも役立ったり、持続的に家事と仕事を両立するカギになるという見方もあります。

自宅に他人が入るのがいや、という方もいるようですが、お金を払って空いた時間をキャリアアップの為の勉強や、家族と過ごす時間や、自分の趣味に充てれば、リフレッシュできて、有意義に過ごせるでしょう。

さらに、各家事代行サービス会社のサイトで見かけた感想をみてみると・・・

  • 心の余裕ができて笑顔で子どもや夫と向き合えた
  • 夫婦でもめていた家事分担がなくなったぶんだけ、夫婦仲が良くなった
  • 体の負担が減って、イライラしなくなった

という、時間の余裕は心の余裕につながっている感想が多く見受けられます。

疲れて心の余裕を持てなくなったり、無理をして体を壊してしまっては、結局家族が幸せにはなれません。

家族を幸せにするには、まず自分から、家事代行サービスもそのための投資と考えれば、罪悪感もなくなるのではないでしょうか?

大手家事代行サービス業者

初めて家事代行サービスを頼む場合不安だと思うので、大手企業をご紹介します。

ベアーズ

ベアーズは、1999年の創業以降、全国5大都市を中心に累計150万件以上のサービス提供実績がある家事代行業界のリーディングカンパニーです。2017年には「家事支援サービス認証」も取得しており、定期契約が9割となっています。独自の研修を受けたホスピタリティの高い家事代行スタッフを4,500名抱えており、常に高品質なサービスを迅速に提供できる体制を整えています。プランも定期サービスからスポットまで多様にあり、3時間9000円(税抜)でベアーズのクオリティを試せる初回限定プランも用意されています。はじめて家事代行を検討される方はまず選択肢に入れておきたいサービスです。

ベアーズ公式サイト

メリーメイドサービス

家事代行サービスの人気ランキング1位のメリーメイドサービスは、サービスの提供範囲が広いことが最大の特徴です。掃除の他にも、洗濯、料理、買い物をはじめとして様々な家事を依頼することができます。事前にマネージャーが訪問してヒアリングした上でサービスの提供範囲を決定するオーダーメイド制も魅力の1つです。北海道から沖縄まで全国720店舗あるため、首都圏はもちろん、地方にお住いの方でも利用することができます。

メリーメイドサービス公式サイト

家事の達人

「家事の達人」は、全国1,200店舗を展開するハウスクリーニング業界シェアNo.1の「おそうじ本舗」を運営する長谷川興産が提供する家事代行サービスです。家事のスペシャリストである「おそうじ本舗」の技術研修を受けたスタッフによるプロのクオリティの家事代行サービスが受けられます。サービスは90~120分の分かりやすいパッケージとなっており、追加料金なども一切ないため、初めての方でも安心して利用可能です。また、家事代行・清掃以外にもクリーニングの預かり保管や水回りのコーティングサービスも提供している点も魅力です。

家事の達人公式サイト

クラシニティ

クラシニティは、大手人材派遣会社のパソナが運営する東京都と神奈川県に特化した家事代行サービスです。総合人材サービスのリーディングカンパニーとして、40年以上の実績とノウハウを生かし誕生しました。女性のさらなる社会進出を応援するため、フィリピンからハウスキーピングの専門スタッフを日本に招へいしています。大手の充実した研修や接遇を受けた高クオリティでバイリンガルなスタッフが多く在籍しているのが魅力的の家事代行サービスです。また、東京都と神奈川県以外の地域の家事代行を希望する方には、パソナグループのパソナライフケアが運営する家事代行サービス「家ゴトコンシェルジュ」が対応してくれます。

クラシニティ公式サイト

京王ほっとネットワーク

京王ほっとネットワークは、京王電鉄が行う家事代行サービスです。京王グループが行う各事業のノウハウや実績を活かし、2007年の家事代行サービス開始以降、京王沿線に住むファミリーからシニアの方まで“もっと心地よい暮らし”のお手伝いしています。掃除・洗濯などの家事代行はもちろんのこと、お墓参りや病院などの付き添いをしてくれる付き添いプランや、草むしり・家具の移動などの力仕事を請け負ってくれる男手メニューなどが魅力の一つです。また、利用者の70%が1年以上継続して利用、7年以上継続して利用している方も5%と継続者が多いのが特徴です。

京王ほっとネットワーク

世帯別家事代行サービスの需要

では、実際どんな方たちが、どのような依頼を家事代行にしているのでしょうか。世帯別に依頼の状況をみていきましょう。

高齢者

高齢者だけでの生活が増えてきている現代では、高齢者の体力の限界があるため、ヘルパー以外にも家事代行をお願いする方も増えているそうです。

ヘルパーさんができる生活の介助も、家事代行と変わらないと思うかもしれませんが、介護ヘルパーさんの場合は介護保険での依頼になるため、依頼できる回数に上限があり、その不足している分を、家事代行にお願いするという方も増えてきています。

訪問介護は、高齢者の生活の事に関して、手助けをするというものですが、あくまで日常的な事に対しての手助けなので、庭の草むしりなど日常の生活に支障がない仕事はお願いができません。
こうした事を助けてほしいと考えている高齢者の方が、家事代行を依頼すると考えられています。今後、さらに高齢者時代と言われるように需要が増えてくると思われます。

子育て世帯

共働きで家事の負担を減らしたいと考えて、家事代行を依頼するというケースも多くあります。家の掃除を週2日の2時間だけお願いするなど、短時間の依頼も多くあります。

また、子育て中の共働き世帯だと、子供の保育園のお迎えや帰宅までのベビーシッターを含め、また、子供も自宅で親の帰りを待つことができる上に、子供一人での留守番ではないので安心だと感じて定期的に依頼をされている方も多くいます。

また、共働きをしていると家事の負担が大きいのが食事の用意です。これも、家事代行に下ごしらえだけをお願いする方や、調理をして冷凍保存をしておいてもらうという方法を取っている方もいます。
仕事に育児に奮闘する子育て世帯には、家事の負担軽減の助けとして需要があるサービスと言えるでしょう。

独身世帯

独身者世帯にも、家事代行の需要が大きくなってきたといえます。平日は仕事に追われるように忙しい生活を送っていて、週末になるとたまった家事をするというケースで生活をしていると、自分の時間が無いと感じて、家事代行に依頼という方もいます。

また、外食が多く家で食べたい、と感じている方が、家事代行に料理を依頼するというケースや、洗濯とアイロンだけというケースなど、安定した需要が見込めます。

家事代行サービスの今後

共働き世帯の増加を背景に、家事代行サービスの市場が大きく伸びる可能性があると言われてます。家事代行サービスの市場規模は、経済産業省の発表では2012年に前年比20.8%増の980億円(見込)となっており、将来的には6,000億円規模に成長することが期待されており、今後のさらなる市場成長が見込まれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今後、すべての世帯で需要が増えてくると予想される「家事代行サービス」。

ただ、家事代行サービス業界は新規参入も増えてきている業界ですので、クレームが多いともいわれています。

手軽さも魅力的ですが、利用する側としてもしっかりと見極めて利用していきたいですね。

Advertisements

-暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

心身に様々な影響を及ぼす「睡眠負債」の解消法とは?

2月10日放送のジョブチューン(後・8:00~ TBS)は2時間SP超豪華2本立て、『弁護士SP』 & 大好評!『冬の病気を予防する最強の食べ物SP』を放送しました。 その中で、最近よく耳にす …

マタ旅の危険性を理解しよう!

妊娠中に旅行をする「マタ旅」が静かなブームになっています。旅行会社などは「今しか行けない」「夫婦水入らずで」などと謳いますが、そこには大きなリスクが潜んでいます。産科救急に携わってきた医師は「危ない状 …

奥山佳恵が次男のダウン症を告白した理由とは?

女優・奥山佳恵(43)さんが、ダウン症であることを公表している次男・美良生(みらい)君(6歳)について、通常の小学校(学級)に通わせることを決めた、とブログで明かしました。美良生くんは来春から小学1年 …

プチプラで乗り切る!マタニティウェアのご紹介☆

マタニティウェアっていうと、なんか、ダボッとした感じ、おしゃれできない・・・そういうイメージはないですか? この度、少々遅かった感も否めないですが、ユニクロさんがマタニティウェアをいよいよ発売されまし …

宮迫博之が以前かかったスキルス性胃がんの再発率は?

お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之さんが16日深夜にABCで放送された「松本家の休日」(土曜、深夜00・05)に出演し、最近になって食欲が急変したことを明かしました。宮迫博之さんが、がんになる前に …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク