ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

社会

小泉進次郎が将来の総理大臣へ一歩リード?

投稿日:

Advertisements

「政治は数、数は力」という田中角栄流の「数の論理」は昔も今も自民党派閥政治の基本原理です。選挙で子分を増やして兵を養い、権力の座を目指します。総選挙による派閥勢力の消長は政界地図を大きく塗り替えます。

特別国会が召集され、第4次安倍内閣が発足すると、自民党では各派閥が拡大合戦を展開中です。中でも、二階俊博・自民党幹事長率いる二階派は、党内の陣取りではなく、選挙中から”スカウト”のアンテナを野党に向けていました。

小泉進次郎氏は、将来の総理大臣という声が挙がっています。その理由について調べてみました。

小泉進次郎プロフィール

  • 生年月日:1981年4月14日(36歳)
  • 出身地:神奈川県横須賀市
  • 出身校:関東学院大学経済学部 コロンビア大学大学院
  • 所属政党:自由民主党(無派閥)
  • 称号:政治学修士
  • 親族:小泉又次郎(曾祖父)泰道照山(曾祖父)小泉純也(祖父)小泉純一郎(父)小泉孝太郎(兄)
  • 選挙区:神奈川11区
  • 当選回数:3回
  • 在任期間:2009年8月31日ー現職

小泉進次郎プロフィール

生い立ち

神奈川県横須賀市に生まれました。幼少期に両親が離婚、小泉家の親族に育てられました。1988年に関東学院六浦小学校に入学して、大学まで関東学院で過ごしました。関東学院六浦中学校・高等学校ではスポーツ、特に野球に熱中しました。2004年に関東学院大学経済学部を卒業後、アメリカ合衆国のコロンビア大学大学院に留学しました。コロンビア大では2006年に政治学の修士号を取得しました。

初当選

2008年に父・純一郎氏が政界引退を表明して、進次郎氏を後継候補に指名しました。自由民主党の公認を受け、2009年の第45回衆議院議員総選挙に神奈川11区から出馬し、初当選しました。

当選後

2011年10月に自民党青年局長、国会対策委員会委員に就任しました。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙で再選し、党職では本人の希望もあって2期目の青年局長続投となりました。この選挙で自民党が大勝した結果、青年局所属議員は82人となりました。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で3選し、2015年10月23日、自民党農林部会長に就任しました。

2017年8月より柴山昌彦とともに自民党筆頭副幹事長。同年の第48回衆議院議員総選挙で4選。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E9%80%B2%E6%AC%A1%E9%83%8E

自民党内の派閥勢力図

二階派がリード?

二階俊博氏は解散前、無所属議員を次々に二階派に入会させて岸田(文雄・政調会長)派を抜く党内第4派閥(47人)に拡大させましたが、総選挙では西川公也・元農水相や同じ派閥の門博文・代議士との“路チュー”スキャンダルを起こした中川郁子氏、夫の“ゲス不倫”に加え、自身の公用車の私的利用で叩かれた金子恵美氏ら、派閥の候補が8人も落選して勢力を減らしました。

ところが、選挙後の短期間に中曽根康弘・元首相の孫の中曽根康隆氏など新人5人を次々に入会させ、瞬く間に勢力を44人にまで挽回してみせたのです。さすが二階俊博氏。総選挙を見据えて勉強会を開催していたのも二階俊博氏でした。

ただし自民党派閥の消長は数だけでは決まりません。重要なのは、有力な「総理・総裁候補」を抱えていることが必要なのです。

安倍晋三首相の後継者がいない?

安倍首相の出身派閥である細田派は森内閣から4人(5代)の首相を輩出して最大派閥になりましたが、ポスト安倍首相の後継者が見当たらず、その勢いに陰りが見えてきました。第2派閥の麻生派、第3派閥の額賀派にも有力な総裁候補は見当たりません。

その中にあって、二階俊博氏は小泉進次郎氏を筆頭副幹事長に起用したことで強力な“カード”を握りました。最近では幹事長会見の際、二階俊博氏は必ず小泉進次郎氏を自分の隣に立たせ、自らが“後見人”であるかのようにアピールしています。

そもそもこの抜擢人事(今年8月の内閣改造)は安倍首相ではなく、二階俊博氏主導によるものだといわれています。二階俊博氏と親交の深い作家・大下英治氏が語っています。

「将来の総理・総裁のレールが敷かれているホープの進次郎氏にとって、政治スタイルが対照的な二階さんの下で仕事をするのは非常に勉強になっている。いまでは進次郎氏は党の細かい発表は“僕がやります”と積極的にスポークスマン役を買って出ており、二階さんも“安心して今のポストを任せられる”、“さらに上のポストでもこなせる”と高く評価している」

「二階さんは進次郎氏を二階派に引き入れようとは考えていない。なぜなら、進次郎氏はいずれ自分の派閥を旗揚げするはずで、それまで他の派閥に入る可能性は100%ないとわかっているからです。ただし、2人の信頼関係は深いから、いつか二階派が進次郎氏を“担ぐ”時代が来るかもしれません」

将来の総理大臣候補である小泉進次郎氏は、どの派閥も“欲しい”逸材です。これまでも、誰が彼を担ぎ上げるか争われてきましたが、どうやら二階派がリードしているようですね。

小泉進次郎が将来の総理大臣に向けて着実に前進か?

安倍晋三首相にも対抗する小泉進次郎

小泉進次郎氏は、衆議院議員総選挙で「自民党の新しい顔」として安倍首相をしのぐ集客力を示し、森友・加計問題でも歯に衣着せぬ言い方で首相に説明責任を突きつけるなど、いまや「党内で唯一、総理にものが言える政治家」であります。

先日も政権批判したのも記憶に新しいです。

「党で全く議論をしていない。このままでは自民党は必要ない」

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は今月、激しい言葉で政権批判を展開し世間を驚かせました。批判の矛先は、安倍首相がぶち上げた2兆円規模の政策パッケージの財源を巡る、意思決定のプロセスについてでした。

安倍首相は先月、衆議院選挙大勝の余韻が冷めやらぬ中、「人生100年時代構想会議」を開き、産業界に対して教育無償化を柱とした政策パッケージの一部財源負担を求めました。

パッケージ総額2兆円のうち、1兆7000億円は2019年10月の消費増税による増収分を充てますが、残り3000億円の負担を産業界に求め、会議に出席していた経団連の榊原会長がこれを容認したのです。これに対して、子育て世代の負担軽減のため「子ども保険」の創設を訴えてきた小泉進次郎氏は、「まったく党で議論していない」と安倍政権を批判しました。さらに矛先を経団連にも向け、「経済界は政治の下請けか。それだけ政治に左右されるなら、イノベーションは生まれない」とこき下ろしたのでした。かなり小泉進次郎氏は怒っていました。それもそのはず、小泉進次郎氏は子育て世代の負担軽減のための「子ども保険」には力を入れてきたのです。それを議論もなく、不足分を企業にお願いしたというプロセスが許せなかったようです。

パフォーマンス上手な小泉家

では、なぜ小泉進次郎氏は、政権や経済界批判を行ったのしょうか。

1つ言われているのは、一部の国民の中に残っている反安倍感情のガス抜きを狙って、批判を展開したという見方があります。むしろガス抜きを狙ったのであれば、相手は党内で『子ども保険』を議論してきた若手議員たちではないでしょうか。

小泉進次郎氏は、若手議員を中心に『子ども保険』を議論し、提言を作り上げてきました。

しかし、結果として党も政府も提言をスルーしたかたちとなっており、若手議員のリーダー格である小泉進次郎氏としては、これを黙って見過ごすわけにはいかなかったのでしょう。

政府に対しても主張すべきところは主張する姿勢を示すことで、若手議員からさらなる信任を得ることになり、党内基盤の強化にもつながります。正面突破で相手の痛いところを突いてくる小泉流のやりかたが、今回もさく裂したというわけではないでしょうか。将来、自身の派閥を創設すると考えているのならなおさら、若手議員のリーダーとして示しをつけたかったのでしょう。

お父様の小泉純一郎氏を彷彿させるような、これが小泉家流なのでしょうか?今回の衆議院議員総選挙での応援演説を聞いていても、聴衆を惹きつけるパフォーマンスはさすがでした。小泉進次郎氏に託せば、日本は良くなっていくのではないか、そう思わせるような話し方、雰囲気、スター性は将来の総理大臣といわれる所以だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

将来の総理大臣と言われて続けている小泉進次郎氏。まだまだ先のことではありますが、着実にご本人も総理大臣は意識しているはずです。

ただ、インタビューなどで「総理大臣になりたいですか?」と聞かれ、

「それが目的というよりも、日本が必ずもっと力を発揮できるあり方があると。安倍総理を見ていてもわかりますけど、世界の中の日本、かじ取り大変ですよ」と発言。そして「トランプ、プーチン、習近平、金正恩…。どう考えてもきれいごとで話、済まない相手でしょう。政治の世界の厳しい駆け引きとかね」と世界のトップたちの名前を挙げながら、総理大臣という職務の大変さを説明した。そして最後は「胆力すべてを兼ね備えないと、これからかじ取りは難しい時代ですから。力、つけなきゃね」

と笑顔で答えています。小泉進次郎氏の中には総理大臣になるには何が必要なのかがわかっているようです。

 

 

Advertisements

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「テレビ金沢の暴れ馬」馬場ももこアナウンサーの破天荒なエピソードとは?

読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」でアシスタントを務める林マオアナウンサーが14日、同局系「行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美女3時間!高橋一生ドッキリに一同騒然」に出演し、夫が「ミヤネ屋」の …

ダンサーの君島かれんの交友関係がやばかった!

ダンサーの君島かれん容疑者がコカインを使用したとして、神奈川県警に5日、逮捕されました。麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで逮捕されたのは、横浜市に住むダンサー・君島かれん容疑者。警察によると君島容疑者 …

歌手の辺見マリが13年もの間「拝み屋」に洗脳されたきっかけとは?

フジテレビ系で7月5日に放送される「直撃!シンソウ坂上」(木曜午後9:00)では、およそ13年間で5億円もの大金を“拝み屋”と称する人物に貢がされた、辺見マリさんの地獄の洗脳生活を取り上げました。 そ …

NEMで約580億円流出!仮想通貨の問題点とは?

お笑いコンビ、藤崎マーケットのトキ(33)さんが、仮想通貨取引所大手「コインチェック」から約580億円分の仮想通貨「NEM」が流出した騒動によって、貯金を失ったことを明かしました。 最近話題の仮想通貨 …

池上彰の選挙特番「池上無双」がウケる理由とは?

ジャーナリストの池上彰(67)さんが、22日放送の「池上彰の総選挙ライブ」(テレビ東京系)で衆院選開票特番で民放トップの視聴率9.8%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)をマークして”池上無双”を見せつけ …

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

スポンサーリンク