ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

「グラビア界の黒船」と言われたリア・ディゾンの現在は?元旦那と離婚した原因とは?

投稿日:

Advertisements

2006年夏、「グラビア界の黒船」の鳴り物入りで来日し、その美貌とセクシーなグラビアで社会現象を巻き起こしたリア・ディゾンさん(31)。歌手としても活躍し、翌年末のNHK紅白歌合戦にスピード出場を果たすなど、まさに“黒船”級のインパクトでした。

しかし、人気絶頂の2008年に結婚と妊娠を発表し、2年後に離婚、帰国して以降はほとんどメディアで見かけなくなりましたが、現在どうしているのでしょうか・・・。

そんなリア・ディゾンさんが元旦那さんと離婚した原因について調べてみました。

リア・ディゾン プロフィール

  • 出生名:Leah Donna Dizon
  • 生年月日:1986年9月24日(31歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国・ネバダ州ラスベガス
  • 職業:歌手、レースクイーン
  • 所属事務所:スカイコーポレーション

リア・ディゾン略歴

父親が中国系フィリピン人(牧師)で母親がフランス系アメリカ人(カジノディーラー)のハーフ。父親が動物好きであったため乗馬で遊んだり、バレエを習ったりして幼少時を過ごす。

なお、幼少期からテレビゲーム好きだったことや、テレビアニメ『美少女戦士セーラームーン』および『ドラゴンボールZ』のファンだったこと、父がアジア系だったことなどから日本やアジアに対しての関心は高く、高校時代の外国語授業では日本語を選択したり、カラオケでJ-POPを歌うなど日本語の単語の知識は多少持っていた。

高校卒業後はショービジネス(と大学進学)を目指すべく、ラスベガスからロサンゼルスへと生活拠点を移した。そこではゴーゴーバーでのポールダンサーや、ランジェリー販売のカタログモデル、車用品雑誌のグラビア、レースクィーン、イベントコンパニオン、レンタルビデオ店の店員、郵便局のアルバイト、自身で運営する有料会員制ウェブサイトでのグラビア写真の公開で生計を立てる。この頃、後に話題となる自身のウェブサイトを作成する。

運営していた自身のウェブサイトに自分の写真を掲載したところ、1年弱で検索エンジン「Google」のヒット数が200万件に上昇。それが後押しとなり、自らプロモーション用のデモビデオを撮影・作成し、日本の芸能事務所にメールを送った。芸能事務所「スカイコーポレーション」からのオファーでエージェントを通じて2006年春に来日。これらの経緯を経て「グラビア界の黒船」のキャッチフレーズとともに日本で芸能活動することとなった。

2006年初夏、日本での活動開始。雑誌のグラビアページや表紙に登場し、男性を中心に人気を得る。ほどなく女性向けファッション誌でもモデルとして活動、同年後半から様々なジャンルの雑誌媒体で多数の表紙を飾り、10月には最初の写真集「petit Amie」を発売。2007年2月には2番目の写真集「ハロリア!」も発売され、それぞれ10万部を超える売上と発表された。以後、テレビや雑誌などの出演も増え、自身が最も望んでいた歌手活動も開始。日本語で歌うシングル4作とアルバムがリリースされ、2007年度のNHK紅白歌合戦へ出場するに至った。

2008年10月10日、東京都内でスタイリストのBunと挙式。4日後の10月14日に行われた全国ツアー最終日のアンコール中、来場したファンに婚前懐妊(4ヶ月)を明かした。翌15日には質問禁止の記者会見で正式に発表、16日には自身のブログで芸能活動続行への意欲を語った。妊娠中は雑誌取材の他、主婦業と出産準備と楽曲制作に専念。

2009年4月24日に女児を出産、一児の母となるが、2010年12月に離婚。長女はリアが引き取り、母娘でニューヨーク在住

2011年1月よりニューヨークの演劇学校に通っていたが、2012年12月14日、演劇学校卒業と芸能活動再開が報じられた

2013年5月31日、自身のオフィシャルブログで再来日を報告した

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BE%E3%83%B3

「グラビア界の黒船」と言われていたリア・ディゾンの現在は?

リア・ディゾンの現在は?

「日本に来るのは4年半ぶり」と話すリア・ディゾンさん。来日直後で「時差ボケなんです」と笑いながらも、かつて日本中を魅了したルックスは健在しています。

「今は出身地のラスベガスの都心から少し離れたところに住んでいます。のどかな郊外なので、子供を育てるには良い場所だけど、砂漠だから気温は45度。この夏の日本よりも暑いんですよ」

実はリア・ディゾンさん、シングルマザーとして一人娘のミラちゃん(9)を育てながら、現地の大学に通い研究の道を歩んでいるようです。

「ネバダ州立大学ラスベガス校の4年生で、社会心理学を学んでいます。大学進学の時期と日本デビューが重なったこともあって、ずっと大学で学びたい気持ちがあったんです。今の研究テーマは『なぜ女性は過小評価されているか』。数学や科学技術、工学の分野で活躍する女性が少ない原因を、統計や論文を読みながら研究しています」

子育てと学業の両立は大変だのようで、早起きして朝食を作り、小学校に通うミラちゃんと一緒に家を出て、大学の帰りに迎えに行き、夕食を作って済ませると、ミラちゃんが寝ついてから机に向かうようです。

それでもリアさんのモチベーションは高く「卒業後は大学院に進み、研究を続けていく」と目標を語っています。

「研究は難しい。でも、学ぶことによって自分の生活の助けになっています。違う目線で世界を見ることができるようになったし、視野が広がりました。子育てにも役立ってます。もともと書いたり、読んだりすることが好きだから全然苦じゃなくて、むしろ自分に合ってると思うんです」

リア・ディゾンの快進撃

さて、米ラスベガス出身のリア・ディゾンさんは、ご自身のサイトにセーラー服姿などの自撮り写真を公開していたところ、検索数が200万件を超える話題になり、SNSでも拡散され、2006年の日本デビューのチャンスをつかみました。

「当時はみんなの注目を集めたかった、それだけでした」とリア・ディゾンさん。来日当時、「グラビア界の黒船」と騒がれ、注目を集めたことについて改めて聞くと、「ペリーのことは知ってたけど、黒船って……(笑い)。新しいなと思った。でも、すごいプレッシャーでした」と振り返ったのでした。

「『黒船』のイメージを壊しちゃうのが怖くて、日本で友達をつくることも積極的にしなかったんです。スキャンダルや、よくないウワサを立てられるのも怖かったですね。それに、当時はご飯もあまり食べられませんでした。仕事が忙しかったのもあるけど、体形をキープしないといけないので。だから、日本での思い出は、いつもおなかがすいてた(笑い)」

出演したネット番組はアクセスが殺到し、サーバーダウン。大手ポータルサイトの画像検索ランキングでは1位を獲得。2007年大みそかのNHK紅白歌合戦にはヒット曲「恋しよう♪」で初出場。翌2008年は日本ゴールドディスク大賞受賞と、爆発的ブレークが続きました。

しかし、同年10月、全国ツアー最終日のアンコール中、突然の妊娠報告でファンに激震が走ったのでした。

「もちろん、ありました。仕事を続けようか、すごく迷いました。混乱したし、どうしたらいいのか、とても複雑でした」

離婚については「もう、すごく昔のことで、よく覚えてない」と笑いつつ、「友達に『離婚したよ』と話したら、みんなが『あー、分かってたよ』って(笑い)。でも、いますごく幸せだから!」

現在のリア・ディゾンさんは当時爆発的な人気があった頃よりかは、落ち着いていてご自身のやりたかったことが出来ていて、充実しているように見受けられます。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000002-nkgendai-ent

そんなリア・ディゾンさん、旦那さんとなぜ離婚したのかその原因は何だったのでしょうか?

リア・ディゾンが元旦那と離婚した原因とは?

リア・ディゾンさんは、2006年に日本デビューしたアメリカ出身タレントさんです。2008年にスタイリストの男性と結婚し、2009年にお子さんが生まれていますが、2010年に離婚。2013年に再来日を果たし、現在は日本だけではなくアメリカでも芸能活動をしています。

そんなリア・ディゾンさんの元旦那さんはどういう方だったのでしょうか?

リア・ディゾンの元旦那はどんな人?

リア・ディゾンさんの元旦那さんは公式に発表されているわけではありませんが、スタイリストのBUNさんであると言われています。

新郎のBunについて名前こそ明かさなかったが「スタイリストで、29歳。体細いデス。今年1月のプロモーションビデオ撮影で、初めて仕事しました」と説明。出会ってすぐに結婚を意識して「フツウに鍋屋とか温泉とか」でデートを重ねた。

参考:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20081016-419505.html

スタイリストのBUNさんは、アーティスト・タレント・モデルなどのスタイリングを手がけ、過去には西川貴教さん、香川真司さん、EXCILE、AKBノースリーブスなどを担当したこともある方のようです。

また、リア・ディゾンさんの元旦那さんは、プレイボーイとして有名で、過去にはBOAさんの元カレであり、週刊誌にデートを撮られたこともあるようです。業界内では遊び人として名高いと言われています。

またロンブー淳さんの嫁・カナさんの元カレでもあり、結婚後にその過去を週刊誌で暴露した人物であるとも言われています。

あまり誠実そうな方ではなさそうですね。

リア・ディゾンが元旦那と離婚した原因とは?

2008年の結婚時には「旦那さんがリアさんの好きなところは?」の問いに「ビッグピーチ」(お尻の意・性的な隠語として使われることもある)と答えるなど幸せそうなリア・ディゾンさん、突然のでき婚で、ファンに対し「ポイしないでくさい」と訴えていましたが、その2年後に離婚してしまいました。

2010年にスポーツ紙で離婚が報じられ、その後所属事務所がそれを認める形で発覚しましたのです。

原因は、多忙によるすれ違いと報じられ、元旦那・BUNさんも週刊誌「女性自身」の取材で離婚を認め、すれ違いによる離婚と認めているようです。

原因については「いちばんは、価値観が違ったことです」とするBUN氏。

参考:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1605782/

また一部では、リア・ディゾンさんの育児ノイローゼ疑惑も言われていました。

「リアにとって、育児は想像を絶する大変さだったようで出産後しばらくすると、育児ノイローゼに近い状態になってしまったんです。そのため、BUNさんが子育てだけでなく、家事もすべてやらなければならなくなった。おむつを替えたり、夕食を作ったりと、まるで専業主夫のようでした」

子煩悩のBUN氏は自分の仕事を抑えてまで育児に励んだというが、それに協力しようとせず、舞台などの仕事で徐々に復帰を考え始めたリアへの不信感が増幅、離婚へと進んだようだ。

参考:https://www.news-postseven.com/archives/20101107_5331.html

慣れない日本で出産を経験し、育児をしないといけないという環境にストレスを強く感じたのでしょうか?「グラビア界の黒船」という名にも、当時は重圧を感じていたようですが、お子さんを出産後に芸能界に復帰されようとしていたのは、育児から解放されたかったのでしょうか?離婚の原因となる真相は不明ですが、BUNさんも答えているように、価値観がかけ離れていたのは確かなようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「グラビア界の黒船」と言われていたリア・ディゾンさんが元旦那さんと離婚した原因について調べてみました。真相は不明ですが、お互いの価値観の違いであったことには間違いないようですね。

相変わらずの可愛さは健在なリア・ディゾンさんの今後の活躍に期待したいですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小川菜摘が29回目の結婚記念日を報告!旦那である浜田雅功の過去の浮気とは?

ダウンタウンの浜田雅功(55)さんの妻で、タレントの小川菜摘さんが、8日深夜に自身のインスタグラムを更新し、29回目の結婚記念日を報告しました。 旦那さんである浜田雅功さんには女性の噂が絶えなくあり、 …

オードリー若林正恭と熱愛中の南沢奈央の元カレは?

お笑いコンビのオードリーが21日、神奈川・横浜アリーナで行われたライブイベント『ニッポン放送 オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON Vol.6<DAY2>』にMCとして出演しま …

満島真之介が離婚!元嫁は姉のマネージャーだった!

新進気鋭の若手俳優の1人である、満島真之介(28)さんが、離婚していたことが判明しました。 結婚したのは2014年、姉の満島ひかりさんのマネージャーさんと結婚されましたが、2017年6月に離婚されまし …

視聴率女王と言われている女優の松嶋菜々子と反町隆史の夫婦仲とは?

NHKは26日、女優の広瀬すず(19)さんがヒロインは務める19年度前期の連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)の出演者発表会見を行い、岡田将生(28)さんが朝ドラに初出演することが決まりま …

実力派俳優の綾野剛の歴代の熱愛報道の相手が豪華過ぎ?

綾野剛さんが、7月18日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系、毎週月曜~金曜、12:00~)に初出演。主演ドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)が翌19日からスタートするなど、映画、ド …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク