ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

スポーツ 健康 芸能

ミスター・プロ野球こと長嶋茂雄が長期入院?長男の一茂との確執とは?

投稿日:

Advertisements

“国民的英雄”ミスター・プロ野球こと長嶋茂雄氏(82)が入院したと報じられたのは、8月初旬のことでした。重篤な病状ではないと公式コメントは伝えていますが、果たしてその真相は?

そんな長嶋茂雄氏と長男の一茂さんとの確執について調べてみました。

長嶋茂雄プロフィール

  • 生年月日:1936年2月20日(82歳)
  • 出身地:千葉県印旛郡臼井町
  • 血液型:B型
  • 身長:178cm
  • 職業:元プロ野球選手、プロ野球監督、読売ジャイアンツ終身名誉監督、日本プロ野球名球会顧問
  • 打球・打席:右投右打
  • ポジション:三塁手
  • プロ入り:1958年

長嶋茂雄略歴

佐倉一高(現佐倉高)から立教大進学。杉浦、本屋敷らと黄金時代を築き、首位打者2度。当時の東京6大学新記録となる通算8本塁打を放った。巨人入団1年目の58年に打率3割5厘、29本塁打、92打点で本塁打王、打点王に輝き新人王。59年の天覧試合(対阪神)では同点本塁打とサヨナラ本塁打。王貞治との「ON砲」で65~73年の巨人V9を支えた。74年に現役引退するまでMVP5度、首位打者6度、本塁打王2度、打点王5度。巨人監督は75~80年、93~01年の計15年務め、リーグ優勝5度(76、77、94、96、00年)、日本一2度(94、00年)。アテネ五輪日本代表監督として03年アジア予選で五輪出場を決めたが、04年の本戦では病気のため指揮を執ることができなかった。88年野球殿堂入り。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B6%8B%E8%8C%82%E9%9B%84

長嶋茂雄が入院50日!

2004年に脳梗塞で倒れたミスターが再入院したと報じたのは、8月9日発売の『女性セブン』でした。黄疸の症状が出て7月に病院に運び込まれた、というのがその内容だったのです。

雑誌発売の前日には、ミスターは球団を通じコメントを発表。〈おかげさまで回復しています。いまは静養に努めながら、昼は高校野球、夜は巨人戦をテレビ観戦しています〉と、快方に向かっていると読み取れるものでした。

本誌(「週刊新潮」)が取材したミスターの古い知人も、当初は「元気いっぱいですよ」と語ったが、その日の夜に改めて連絡してきた話では、

「さっきはああやって話したけれど、本当はあまり良くはない……」

長嶋家の事情に詳しい関係者によると、当初、ミスターは“夏風邪でも引いたかな”と考えていたといいますが、その後の検査で胆石が発見されたようです。

「しかも、胆石は1つではなく、小さいものがたくさんあるので難儀している。その胆石を少しずつ取っているのですが、まだ残っています。その影響で、胆汁の流れが悪くなり、胆のうや腎臓の機能も低下し、高熱が出たり血圧が上がったりしているのです」(関係者)

総合内科専門医の秋津壽男氏は、

「長嶋さんは胆のう炎になっている可能性が高い。腎臓については、胆のう炎の治療に使う抗生物質の副作用によって機能が低下していることが考えられる」

と分析しています。

ミスターが入院しているのは、都内にある大学病院です。1日十数万円の特別病室には、付添いの人間が泊まりこむこともでき、「次女の三奈ちゃんが寝ずの番をするなど、献身的に看病をしています」(スポーツ紙のベテラン記者)という状況にあるようです。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180821-00547438-shincho-base

そんな長嶋茂雄さんの息子さんと言えば長嶋一茂さんですが、お2人の間には確執があると言われているようです。

長嶋茂雄と長男の一茂との確執の真相とは?

長嶋茂雄はただ一人で孤独?

長嶋茂雄氏は昭和球界のスーパースターであり、読売ジャイアンツ終身名誉監督です。そんなスーパースターの長嶋茂雄氏ですが、ご家族と確執があるようです。

2004年、長嶋茂雄氏が脳梗塞で倒れたことで、亜希子夫人との不仲が明らかになります。さらに、亜希子夫人が2007年心不全で亡くなった際、長嶋茂雄氏と4人の子供たちのぎくしゃくした関係や、子供同士の確執が表ざたになりました。長嶋茂雄氏は、よく言えば野球一筋、悪く言えば全く家庭を顧みなない夫・父親の典型だったのです。

長嶋茂雄氏には4人の子供がいます。長男は今もテレビタレントとして活動している一茂さん、次男は元レーシングドライバーで現在は環境問題の研究者という正興さん。長女は一般女性として暮らしている有希さん。そして次女は、元テレビ朝日のスポーツ記者でタレントの三奈さんの4人です。

一茂さんが言うには、長嶋家は、長嶋茂雄氏が現役時代、家族団らんなどという時間は一度もなく、みんなバラバラであったそうです。

そしてここにきて、亜希子夫人が管理していた30億円にもおよぶ遺産管理や、長嶋茂雄という商標権をめぐって、長男の一茂さんと次女の三奈さんが、骨肉の争いを繰り広げているようです。一方、次男の正興さんは、一族の争いに関わることを避けてか音信不通状態です。

また普通人で暮らしているはずの有希は、実は精神障害や薬物中毒であるといった噂が絶えず、唯一家族をつないでいた亜希子夫人が亡き後は、長嶋茂雄氏は、ただひとり孤独だと言われています。

長男の一茂が長嶋家の確執の真相を激白

「もともと長嶋家はバラバラです」

東京地裁の法廷でこんな衝撃的な証言が飛び出しました。証言者は国民的英雄・長嶋茂雄氏の長男でタレントの長嶋一茂さん。一茂さんは「週刊新潮」(新潮社)2013年5月16日号の〈「長嶋茂雄」晴れの舞台の後の寂寥〉という記事をめぐり、「記事は事実無根」として新潮社を名誉棄損で訴えており、その証人尋問で自らこう発言したのでした。

一茂さんといえば、一時期、父親の長嶋茂雄氏との確執が報じられていたが、「新潮」の記事もその延長で出てきたものでした。

長嶋茂雄氏が、2013年5月5日に東京ドームで行われた国民栄誉賞授与式の夜にまっすぐ田園調布の自宅に帰ったことを取材しました。自宅には家族がおらず、華やかな授与式の夜にお祝いの席も囲む会も開かれなかったとして、「長嶋家では、もはやごく普通の家族の光景を目にすることは望むべくもない」と長嶋家が家族崩壊を起こしていることを報じました。

これに対して一茂さん側は、こういった家族関係が報じられる背景には、一茂さんが「おばさん」と呼ぶ親族のAさん(法廷では実名)の存在があると主張し、Aさんさえ関与しなければ、長嶋家は平穏だったとしています。

Aさんとはミスターの妻である故・亜希子夫人の弟の妻で、ミスターからすれば義理の妹にあたる人物です。2007年に亜希子夫人が亡くなってからは、長嶋茂雄氏の身の周りの世話をしているといいます。

「Aさんと一茂の対立が表面化したのは09年。茂雄氏の肖像権や資産管理をめぐる両者のトラブルが週刊誌で相次いで報じられました。すぐ後には、田園調布の長嶋邸で保管されていたミスターゆかりのグッズが、福井県のミュージアム(現在は閉館)に大量に売却されていたという報道も出ました。この記事では一茂がミスターに無断で処分したとされましたが、一茂はこれを否定。Aさんサイドのメディアへのリークを疑うようになったようです」(週刊誌記者)

これを機に、週刊誌を中心に“長嶋家骨肉の争い”という見出しが相次ぎ、世間の耳目を集めることとなりました。

とくに、テレビ朝日に勤めていた次女の三奈さんはミスターとA氏に近いとされ、一茂さんとは対立の構図にあるとされています。

「新潮」との裁判では、一茂さんご本人も出廷してAさんとの確執の詳細が語られました。一茂さんによれば、長嶋茂雄氏は脳梗塞の後遺症もあってAさんへの依存が強まり、「すべて言いなり」の状態だといいます。また、現状ではAさんを“後妻”と認識していることも明かされました。

さらに、一茂さんご本人の口からは思わぬかたちで“長嶋家の実像”をさらけ出すような発言も飛び出したのです。「新潮」は記事のなかで三奈さんとの関係を「兄妹の絶縁状態は今も続いている」と書いていましたが、これに関して一茂さんは冒頭のようにこう証言したのでした。

「(絶縁とは)何を持ってなのかな、と。話せば長くなりますけど、もともと長嶋家はバラバラで、母の生前も6人そろって旅行に行ったことも、食事だってそろってしたことは一度もないです」
「僕は中学から家を出ましたし、弟(次男・正興)もアメリカに行った。去年手紙はやりとりしましたけど、一度も会っていない。だいたい弟の所在を知る人間もいません。妹(長女のこと、法廷では実名)にしても、会っても年に1回です。このように、基本的にバラバラなので、もともとが家族断絶といってもよいと思います」

なんと、長嶋茂雄氏の現役時代からも含め、いわゆる“普通の家族像”などはまったくなく、兄妹間の交流も事実上の断絶状態であったことを明かしたのでした。

つまり、長嶋家は世間一般の家族像とはちがうものであるがゆえ、「新潮」がいうような「普通の家族の光景」などなくて当然ということで、言い換えれば、一茂さんは“国民栄誉賞授与式の夜に家族でお祝いなどをしませんけど何か?”と主張しているのです。

しかし、世間一般の人々が長年抱いてきた、“理想の家族像”的な長嶋ファミリーのイメージを根底から覆すような証言だったことは間違いなかったようですね。

ところが、こんな衝撃的な事実が、法廷で当事者によって語られたにもかかわらず、メディアでは一切報じられていません。一茂さんの発言は、スキャンダル好きなマスコミにとっては、いかにもおいしいネタにも思えるのだが、どうしてまったく報じられないのでしょうか?

前出の週刊誌記者がその背景を解説してくれた。

「実は一茂は、ほかにもいくつかの裁判を起こしています。前述したグッズ売却を報じた『週刊ポスト』とは係争中ですし、同様に『週刊文春』とは、昨年最高裁までいって勝訴しています。いずれも弁護士は最強とうたわれる弘中惇一郎氏。どの媒体も下手なことを書けば訴えられると尻込みして、一茂関連の話題には触れないようにしているという状態なんですよ」

なるほど、ここにもマスコミお得意の自主規制が働いているということのようですね。

さすが長嶋一茂さん、というところでしょうか・・・。そこまで家族がバラバラだとは思いもよりませんでした。

参考:http://lite-ra.com/2015/05/post-1085.html

そんな長嶋茂雄氏ですが、病状があまりよろしくないのでしょうか?入院先は大学病院と言われてますが、どこの病院に入院されているのか調べてみました。

長嶋茂雄の入院している病院は?

情報では都内の大学病院ということしか記載されていませんし、情報を色々と調べてみましたが、それらしい情報は残念ながら見当たりませんでした・・・。

ただ、前回2004年の脳梗塞で倒れた時は、「東京女子医大病院」だったようです。

東京都新宿区にあります。

芸能人の御用達と言えば、慶應義塾大学病院なんかも考えられますね。

同じく東京都新宿区にあります。ただ、長嶋茂雄氏が入院している病院の真相は不明です。

とにかく早く快復して元気な姿を見せて欲しいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現在入院中の長嶋茂雄氏と長男の一茂さんの親子の確執の真相について調べてみました。

長嶋茂雄氏は野球ばかりの人生を歩んでこられたようで、家族の団らんなどはなく、家族はそれぞれバラバラだったと言われています。ファンからすると、イメージと真逆だったのかもしれないですが、長嶋家はそれが普通だったんですね。

病状はそれほど重篤ではないと言われていますが、一日でも早く退院して元気な姿をまた見せて欲しいですよね。

Advertisements

-スポーツ, 健康, 芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

元モーニング娘の吉澤ひとみがひき逃げと飲酒で逮捕!旦那はどんな人?

東京都中野区で酒気帯び運転をしてひき逃げをしたなどとして、警視庁中野署は6日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑いで、アイドルグループ「モーニング娘。」の元メン …

アキラ100%の嫁の珍しい職業とは?

お笑い芸人のアキラ100%さんが1日、『第51回爆笑ヒットパレード2018』(前7:00~)内の「新春レッドカーペット」コーナーに出演しました。生放送での裸ネタ中に股間を隠す小道具を落としてしまい、土 …

炭水化物ダイエットの危険性とは?

30キロの減量に成功したお笑いタレントの松村邦洋さんがTBS系「名医のTHE太鼓判!松村邦洋は健康か 老化で顔が伸びる 50歳からの肉体改造」に出演し、ギャグセンスも減量したのはと、アンジャッシュ渡部 …

食育インストタクターの和田明日香と平野レミの嫁姑問題とは?

10日、都内で「第11回ベストマザー賞授賞式」(ニベア特別協賛)が行われ、個性派料理研究家・平野レミ氏(71)の義娘で元ミス立教の食育インストラクター・和田明日香さん(31)が、文化部門賞を受賞しまし …

肉食系女子だった白石美帆の元カレとは?

V6の長野博(45)さんと女優の白石美帆(39)さん夫妻が13日、第1子の妊娠をそれぞれの所属事務所を通じて報道各社にファクスで発表しました。2016年11月に結婚。2年半の交際を経て“いい肉(11・ …

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

スポンサーリンク