ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

悪女キャラの菜々緒がブレイクしたきっかけとは?

投稿日:

Advertisements

娯楽の多様化やテレビをはじめとするマスメディアの影響力の低下などにより、老若男女に愛される国民的スターが生まれにくくなった昨今の芸能界。

あえて物議を醸す過激な発言を口にしたり、そうしたアクションを起こすことで世間の注目を集める「炎上商法」といった言葉まで広く知られるようになっています。

そうした中、徹底した”悪女キャラ”で人気女優の座を掴んだのが、菜々緒さんでした。

そんな菜々緒さんのブレイクしたきっかけについて調べてみました。

菜々緒プロフィール

  • 本名:荒井 菜々緒(あらい ななお)
  • 生年月日:1988年10月28日(29歳)
  • 出身地:埼玉県大宮市
  • 血液型:O型
  • 身長:172cm
  • 職業:女性ファッションモデル、 タレント、女優
  • 所属事務所:プラチナムプロダクション

菜々緒略歴

蛯原友里に憧れてモデルを志し、高校1年生当時の2004年に「ミスセブンティーン」の選抜オーディションに応募、最終選考で落選した。のち高校2年生当時にスカウトを受ける運びとなる。芸能活動の開始は高校時代のことであったものの、その本格始動は2009年、埼玉県の実家から東京都内の大学へ通いながら行っていたレースクイーンの活動が1年目を迎えた頃のことであった

高校卒業後は東京都内の共立女子大学へ進学し、2009年の2月頃から大学に籍を置きつつ各種芸能活動を本格化した。総合格闘技団体『戦極』のラウンドガールを務め、さらにファッション雑誌『PINKY』主催「プリンセスPINKYオーディション2009」準グランプリの獲得に続き、東京ガールズコレクション主催の同年度「メイベリン ニューヨークpresents 第7回ミス東京ガールズコレクション 」にてグランプリの座を獲得。後者の折には、スポンサーにあたるメイベリンニューヨークの「親善大使」への任命を始め、坂詰美紗子の新曲ミュージックビデオへの出演権や、次期東京ガールズコレクションへの出場権など種々の特典を受けるに至った。この年には9代目「三愛水着イメージガール」としての活動もあった

2010年には前2009年度「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー」を受賞(3月)。続く4月からファッション雑誌『non-no』の専属モデルへ

2011年の5月頃から『GINGER〔ジンジャー〕』の専属モデルへ。歯に衣着せぬ物言いとストレートなキャラクターが好評を得たことでバラエティテレビ番組への出演が急増してゆく。同年11月には『ウレロ未確認少女』(テレビ東京系)にて女優デビュー。翌2012年にはフジテレビ系7月期『主に泣いてます』でテレビドラマ初主演。さらに同時期発売の『ジンジャー』誌(10月号)にて同誌の表紙に初登場。10月にはファッションブックの『菜々緒スタイルブック』と“超絶美脚写真集”こと『1028_24』の2冊を同時発売

2013年には女性ファッション誌『an・an』3月発売号の表紙および巻頭グラビアに登場。同誌の表紙への登場は自身初のことであった。さらにファッションブランド「BLACK BY MOUSSY(ブラックバイマウジー)」の春夏季イメージモデル起用を受ける。このブランドの広告塔に日本人が起用されたのは史上初のことであった

2014年には、それまで4年間にわたって出演していたテレビ番組『解禁!暴露ナイト』(テレビ東京系)の司会を3月をもって退任。同年中村義洋監督作『白ゆき姫殺人事件』で映画初出演

2015年、『ふたがしら』(WOWOW、6月13日 – 7月11日)で、時代劇初出演。また、同年10月期の『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)での演技により「第2回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」及び「第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」助演女優賞ならびに「ギャラクシー賞」テレビ部門2015年12月度月間賞を受賞。『ファーストクラス』(フジテレビ系、2014年)に続いてアクの強い悪女役を演じ、“悪女キャラ”の第一人者として、女優として独自のポジションを確立した

2016年には『好きな人がいること』でフジテレビ系「月9ドラマ」に初出演。2017年の『おんな城主 直虎』では徳川家康の正室・瀬名(築山殿)役を演じてNHK大河ドラマ初出演を果たした

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%9C%E3%80%85%E7%B7%92

菜々緒が稀代の悪女に成長!

ゴールデン帯のドラマとしては初の主演作となる現在放送中のドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系)では、悪魔と呼ばれるほど冷酷非情の凄腕人事コンサルタントの椿眞子役を熱演中です。

劇中では、10頭身とも言われるスタイルの良さと美脚を活かしたハイキックなども披露して話題となっていますが、今作に限らず、14年に放送されたフジテレビ系ドラマ「ファーストクラス」や翌15年放送の同局系ドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」などでもその悪女ぶりで注目を集めました。

「レースクィーン、モデルとしてはそれなりの知名度を誇っていた菜々緒さんですが、広く世間にその存在を知られたのは西川貴教さんとの熱愛発覚でしょう。正直言って当時はここまで女優として大成するとは思いませんでしたが、最近の悪女役の演技を見ていると評価が高いのもうなずけます」(スポーツ紙デスク)

悪女役と出合ったことで女優として飛躍を遂げた菜々緒さんですが、そのプロ意識の高さを評価する声も多いようです。

「菜々緒さんは、インタビューなどでもわざと記事の見出しが立ちそうな悪女的なコメントを率先して言ってくれたりするので非常に有難いですね。人気俳優さんや女優さんの中には、芸能活動を続けていくうえで、特定の役のイメージを引きずるのを恐れたり、世間の目を気にして、無難な発言しかしない人も多い。とくに演じているのが悪役ともなればなおさらですが、菜々緒さんの場合は自分がどう見られているのか、どこに価値を置かれているのかをしっかりと理解していて、そうしたニーズに応えている印象です」(同スポーツ紙デスク)

「以前にあるイベントで菜々緒さんが囲み取材を受ける際、主催者側のスタッフの手違いからか、予定より早く、報道陣の準備ができる前に一瞬姿を現したことがあったのですが、その時もそのスタッフに対して、『あとでお仕置きだな』と悪女っぽいジョークを飛ばして笑いを誘っていました」

もちろん、悪女役を多数演じ、そのイメージが定着することで一部のアンチファンを刺激するなどマイナス要因も考えられますが、「昔以上に旬が短くなり、水面下で苛烈なサバイバル競争が繰り広げられている今の芸能界です。生き残っていくためには昔以上に強い個性やセルフプロデュース能力が必要になっているし、“嫌われる勇気”も必要ですからね」(芸能事務所のマネジャー)

プライベートでは、今年2月に4歳年下のイケメン人気俳優・菅田将暉さんとのお泊りデートが一部女性誌で報じられた菜々緒さんですが、稀代の“悪女女優”は今後も公私ともに注目を集めそうですね。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180430-00000005-sasahi-ent&p=2

そんな菜々緒さんがブレイクしたきっかけは何だったのでしょうか?

菜々緒がブレイクしたきっかけは?

菜々緒は、モデル出身の美女タレントで、抜群のスタイルを生かし、2009年に総合格闘技団体『戦極』のラウンドガールに抜擢されて芸能界にデビューしました。

2012年に、ドラマ『主に泣いてます』の主演で女優デビューを果たし、その後、2014年に放送されたフジテレビ系のドラマ「ファースト・クラス」の川島レミ絵役でブレイクしました。主演の沢尻エリカを負かしてしまうような場面もあって話題となりました。ドラマでは、出版社のファッション雑誌の編集部でプライドと欲にまみれた女の戦いを最大限に演出していましたよね。

「情熱大陸」で菜々緒に密着

また、2017年11月26日(日)に放送された「情熱大陸」に菜々緒さんが出演し、番組では女優としてブレイクし、昨年NHK大河ドラマに出演を果たした彼女が自らの演技について「壁にぶち当たった」と涙をみせる場面もあり、そのストイックさにSNSでは「素敵」「尊い」などの声が続々上がっていたようです。

また番組では大河ドラマ「おんな城主 直虎」の撮影風景も紹介されました。“悪女”キャラで人気となった菜々緒さんにとって初の大河、しかも時代劇ということで、所作などについて細かい演技指導を受ける様子が映された後、カフェでのインタビュー中に「自分の芝居の能力に納得いかない。壁に当たっちゃった感じ」と涙を流す菜々緒さん。

場面はパラオへと移り、カヌーを漕ぎながら「自分が嫌だなと思う部分を全部置いて日本に帰りたい」「“強くありたい”というのはあるかも」と自らの心情を明かし「また新たに踏ん張ってできるかなという感じ」とリフレッシュした表情を浮かべた菜々緒さん。

参考:https://www.cinemacafe.net/article/2017/11/27/54094.html

菜々緒は悪女ぶりはマネージャーにも?

マネジャーといえば、モデルで女優の菜々緒さんは本格的に活動してから約8年間にもかかわらず、マネジャーが14人目であることが一部で報じられました。

同誌によると、菜々緒さんは、完璧主義者ゆえ仕事に厳しく、マネジャーにも高いハードルを要求しているようです。自分に関するネットニュースをいつもチェックしており、「なんで止められないの」とキレることもあるのだそうです。気性が激しいこともあり、続々とマネジャーが交代してしまうというのです。

参考:http://news.livedoor.com/article/detail/13886368/

菜々緒がブレイクしたきっかけは?

「“悪女と言えば菜々緒”といわれるのは光栄。スタッフから100を求められたら120以上を返したい。見てくれる人の心を揺さぶりたい」と語り、演じる役柄にあわせて自らメイクを施し、眉の角度1ミリにもこだわりながら、細部まで役作りをする菜々緒さん。悪女役と言えば菜々緒さんと言われる程にまでなっています。

そして、プライベートで最近彼女がハマっているのが「一人旅」だといいます。「誰も私を知らない場所で、役から離れて“素”の自分に戻りたい」と言って、仕事の合間を縫って、頻繁に外国へ一人旅に出かけています。今回、特別に番組スタッフを誘ってくれた旅先は、南国・パラオ。マネージャーもなし、ほぼすっぴん。雄大な自然や島の人々との触れ合いの中で解放され、今までにない表情や本音を見せていました。

また、“悪女キャラ”に関しては本人も意外と気に入ってるようで、「悪女のキャラクターが自分の中でも定着している実感がすごくある。どんどんレベルを上げていきたい」「(女王様キャラは)もしかしたら私が一番輝ける場所かもしれない」などと各記者会見で発言しているのでご本人も気に入って悪女役を演じているようですね。まさしく、菜々緒さんがブレイクしたきっかけは悪女役ということになるでしょう。

また、悪女役だけではなく、大河ドラマやCMなど幅広く活躍されている理由の一つには、仕事を完璧にこなす菜々緒さんの姿勢も大きく関わっているのでしょう。

そんな菜々緒さん、現場での評価も上々のようです。

菜々緒の現場での評判について

現在ではモデルだけではなく、CMにドラマ、バラエティーにと、マルチに活躍している菜々緒さん。最近では、すっかり“悪女キャラ”が定着し、4月スタートのドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系)では初の主演も決まって現在放送中です。

「本人も『悪女と言えば菜々緒といわれるのは光栄です』と言っていますね。見えるところではなるべくそのキャラのイメージを壊さないようにするなど、サービス精神が旺盛です」(テレビ局スタッフ)

今年1月から放送したの木村拓哉さん主演の「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)でも紅一点の警護人を演じていましたが、スタッフだけでなく共演者、特に木村拓哉さんからも「菜々緒ちゃんはすごい」と絶賛されていたようです。

「一切NGがなく、演出サイドからの要求には常に全力で応えています。そのうえで、共演者にはさりげなく気を使うんですよ、あの悪女キャラで(笑い)。そんな姿にキムタクをはじめ、現場での人気は抜群ですよ」(番組関係者)

別の番組スタッフは、楽屋での菜々緒さんの様子を次のように語っています。

「メイクも演じる役柄にあわせて自分ですることもあるんです。それもプロのヘアメイク顔負けの腕前で、眉の角度1ミリ、アイラインの長さ1ミリにまでこだわって、作り上げる。しかも、普通、女優さん同士ってあまり美容や健康のことなど美を保つ秘訣を聞かれても、具体的なことは話さないんですが、彼女は聞かれたら何でも答える。それだけじゃなく、相手に合うものまでアドバイスしたり……。『自分も相手も、みんなで成長していこう』という常に前向きな考え方をする人です」

役柄とはちょっと違う印象の菜々緒さん。スタッフや共演者に評判が良いのも、ドラマに出続けている証拠なのでしょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

菜々緒さんがブレイクしたきっかけについて調べてみました。悪女役と言えば菜々緒さんが思い浮かぶほどはまり役になっています。

今後もまだまだ菜々緒さんの快進撃は続きそうですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

元NGTの北原里英とイケメン俳優の笠原秀幸が同棲中?2人の馴れ初めとは?

元NGT48で女優の北原里英(27)さんと俳優の笠原秀幸(35)さんが、24日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で報じられました。双方の事務所はORICON NEWSの取材に対し「プライベートは本人に任 …

ビックカップル誕生か?桐谷美玲と三浦翔平の結婚の可能性は?

東京・六本木ヒルズ内の映画館では、公開されたばかりのディズニー映画『リメンバー・ミー』が上映されていました。シーンに合わせて振動や風、香りまでが体感できるとあって、ディズニー好きなら外すわけにはいかな …

「ZERO」降板報道のあった青山和弘の嫁はどんな人?元嫁とも顔見知りだった?

「セクハラがあったとおっしゃるなら、ちゃんと証拠を出してください!」 閑静な高級住宅街で松尾英里子(35)さんは肩を震わせ、ぽろぽろと涙を流していました。2006年に日本テレビ入社後、2011年に結婚 …

市川海老蔵の再婚候補は小林麻耶か?

「梨園はこのまま独り身で大丈夫か」と心配しています。実は数名の女性が”後妻候補”に名乗り上げているほど、周囲から嫁取りを望む声が高まっています。 今年6月22日に妻・小林麻央さん(享年34)がこの世を …

漫画家の浜田ブリトニーが妊娠を発表!そのお相手の男性はどんな人?

漫画家でタレントの浜田ブリトニー(38)さんが20日、自身のブログを更新し、妊娠8ヶ月を報告するとともに「シングルマザー(未婚の母)という道を選びました」と明かしました。 そんな浜田ブリトニーさんのお …

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

スポンサーリンク